空気は相も変わらず

テーマ:
この前の事件から何日かが過ぎた。周囲の注目も既に離れた。

僕にとっては安堵できる兆候なのだがしこりはあるのだが。

あれから仕事は普通に順調でトラブルになりそうな事も所も無い。



なんともはやこんな日になってしまっていた。

以前の事件はたしかに打撃だったが期日は果たさないと

無理せずできる作業を頑張っていれば、評価もまた変化するだろう。

しっかり見てくれている人間は絶対どこかに存在するのだ。



チョコに没頭している時間も余裕も無いのだ。今よりもっと必死にならないと。

これ以上ヘタな事をしてしまうワケには行かない。

逆に考えたところ切羽詰っているのだが、この状況もどことなく悪くない。

最近チョコも出来ていないけれどこんな状態では仕方あるまい。



ひたすら僕の行うべきことだけを精一杯やる。

この考えが仕事で給料をもらって人生を送るための、必要最低限のルールなのだ。

ルールを破れば淘汰されてしまうだけだ。給料もいただけない。

が、しかし、そんな風では本当にマズイので精一杯やらないといけない。



AD

ようやく収まりつつある

テーマ:
追われていたのも集中して生産をしたおかげか、収束しつつある。

四六時中地獄にいるような生活が続くのはどう考えてもやめてほしいしね。

そうしてまた次の頑ばり時に備えて休む。



僕は根本的に仕事をするのは嫌いではない。

とはいうものの仕事一筋でもありません。

家庭の方もかけがえのないものにしていきたいと常に思っている。



くやしいことに、どちらかに思いが偏っていく事になってしまうものである。

家庭を取ってしまえば仕事の方が仕事を取ってしまうと家族の事がおなざりになってしまう。

自分の家族を持っているのであればお分かりいただけるだろう。



両方を間に合わせでしてしまうこととはわけが違う。

一方にすべてを注いで、調和が取れない状況になってきたらもう片方に。アンバランスな状態も、バランスがとれていると言えてしまうかもと思う。



AD

広いところで運動させてやる

テーマ:
職場から疲労して家にかえると一番に出迎えてくれる。

こどもは若干親離れしているから、僕のいやしになる。

僕なんかを信用しきっているウルウル輝くめでからみついてくれる。

そんなところがとても、たまらなくカワイイからこまりものだ。



餌代や薬代が結構かかってしまうが、これといって嫌とはおもっていない。

このいやしを守り抜くためなら、いくら疲労しても耐えられると思う。

無理を言ったり、嫌みも話さないとこが一層癒されるのかも。



あんなにいつでも走りまわっていればそんなに心配しなくてもOK?

飯を良く食べるけど、そんなんで大丈夫か不安になる。

歯垢予防と同梱の物だが、体に悪いなんて事は無いかな。



隣のNさんの庭くらい広大な公園みたいなものがあったら喜ぶだろうな。

そうするには、日々の生活をキッチリとこなさないとダメダメですね。



AD