公明党の夏の参院選マニフェスト(政権公約)の全文が3日、明らかになった。雇用対策では、新卒の未就職者に対する就職活動支援を掲げ、大学卒業後3年間は「新卒者扱い」とする法整備を進める。

 低所得者や高齢者向けの住宅としては「セーフティネット住宅」を100万戸確保。国会改革では、国会議員の歳費を削減するとしただけで、素案で「3割削減」とした数値目標は見送った。議員定数の削減目標も明記されなかった。

 主要政策として(1)雇用保障や年金・医療の充実など新しい福祉を提案(2)景気対策・成長戦略(3)クリーンな政治の実現(4)国民のための行政の実現-の4つを掲げた。

【関連記事】
「鳩山辞任」財政にメス 景気動向、連立組み替えが鍵
「独り勝ち」のみんなの党、無党派層吸引
樽床氏「親小沢、反小沢の2極化は考えない」
「責任重大」他党の批判が集中 参院選民主陣営からは安堵の声も
清算する気ある?小沢独裁を脱せ…高村薫、森田実さんらに聞く
「はやぶさ」帰還へ

たちあがれ、公認1人取り消し(産経新聞)
<米映画>「ザ・コーヴ」都内上映館ゼロに イルカ漁批判(毎日新聞)
<実物大ガンダム>6割完成 新たに「ビームサーベル」持ち(毎日新聞)
<私大>初年度納付金 平均131万円 授業料も過去最高に(毎日新聞)
新型インフル総括会議が提言 「おおむね目標達成」だが、反省点も指摘(産経新聞)
AD