幸福を実現するブログ

ブログの説明を入力します。
救国のナイトとして、愛国の戦士として、止むに止まれず、徒然なるままに世界の繁栄に貢献するために、発言します。
コーヒーブレークもします。


テーマ:
安倍政権では、多くの改革がなされた。

マスコミに引きずりおろされてなければ、今、日本の防衛に悩むこともなかっただろうと思う。

再評価をすべきであり、第2次安倍内閣を望む声も大きい。

ここで、2チャンネルの記事を転載します。
『安倍晋三の実績 就任わずか3カ月で、

教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、

就任早々から各国との外交を精力的にこなし、

経団連の圧力に負けずにWCエグゼンプションの対象者を目標だった年収1000万円以上の近くで踏みとどめ、

それでいて企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせ、

児童福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、

国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、

北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、

パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、

貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、

「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも重要な選挙に連勝し、

「女系天皇容認」を白紙に戻し、

「日本海」を「平和の海」に改名しようと提案した盧武鉉大統領のアホな要求を見事に拒否し、

人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、

国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、

中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、

在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。』転載終了

これが、在任1年での功績。

しかし、報道されなかった。

もう1記事、2チャンネルから、


『安倍内閣、約10ヶ月間の実績

*北朝鮮経済制裁
*朝鮮総連圧力 →実施中
防衛省昇格 →済
海洋基本法・集団的自衛権 →済・研究中
日米豪印4ヶ国同盟・韓国除外 →実施中
サウジ等中東関係強化・中国サミット正式参加 →実施中・拒否
宇宙基本法(偵察衛星) →準備中
国家安全保障会議(日本版NSC)創設 →準備中
*国民投票法・憲法改正9条破棄 →済・準備中
犯罪収益移転防止法(マネーロンダリング) →済
*教育基本法改正 →済
*教員免許更新制度 →済
*少年法改正厳罰化 →済
*政治資金法改正(小沢10億円不動産禁止法) →済
*社保庁解体(非公務員化) →済
*年金時効撤廃法(時効の貰い損ね救済) →済
*天下り制限・公務員削減・給与削減 →済・準備中・準備中
*国立追悼施設阻止・女系皇室典範阻止 →実施中
「従軍」慰安婦捏造・南京「虐殺」捏造 →国会で強制否定・未(否定の動きあり)
マスごみ捏造放送対策・朝日捏造対策 →準備中・提訴中
*在日参政権阻止
*人権擁護法案阻止 →実施中
サラ金壊滅・*パチンコ壊滅・同和利権にメス →ほぼ済・検定規制強化中・実施中
在日朝鮮人資産凍結・在日特権剥奪 →未

* 印は、小沢一郎(民主党)が反対した項目

こうしてリスト化された物を見てみると、安部内閣の実績と、 民主党に政権を委ねた場合の怖さがよくわかる。 (2007年9月時点の記事) 』転載終了

マスコミに報道されないわけだ。

これでマスコミは、売国マスゴミと確定されたことが証明された。

朝日新聞の社是では、安倍政権の功績は、報道してはいけないとの記事を見たことがある。

とんでもないことである。

良いことは、良いと報道し、悪いことは、悪いと報道するのが、本来のマスコミの正義である。

中国共産党からの圧力に屈し、我が国を貶めることは、後に国民から必ず、必ず、糾弾されることであろう。

あのとき、正しく報道しなかったことで、必ず血祭りに上げられるに違いない。

国民も、気づき始めている。

誰が悪い、誰が正しいではなく、何が悪く、何が正しいときっちりメリハリつけて報道するのが、マスコミの使命だろう。

中国が正しい、日本は悪いと言い続ければ、必ず、自らの首を絞めることになり、後悔の日々を送ることになるであろうと警告をする。





Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。