幸福を実現するブログ

ブログの説明を入力します。
救国のナイトとして、愛国の戦士として、止むに止まれず、徒然なるままに世界の繁栄に貢献するために、発言します。
コーヒーブレークもします。


テーマ:

人気ブログランキングへ

「なぜ、女系天皇は、ダメなのか?」の過去記事の再掲です。

なぜ、許されないか?

許してはいけません。

なぜ、ダメか?

最後まで読めば、理由は分かります。

説は、いろいろあります。


1 万世一系でなくなる。

万世一系とはと言うと主に伊藤博文が定義しています。

皇位継承における万世不変の原則として、万世一系を以下のようにしています。

第一 皇祚を践むは皇胤に限る

第二 皇祚を践むは男系に限る

第三 皇祚は一系にして分裂すべからず

のことだと思います。

これに反することは、万世一系とは言わない、言えなくなるのです。


2 染色体説

これは、昔の人が知っていたかどうか理解しかねますが、

染色体は、22対の常染色体と1対の性染色体、計46本の染色体を持ちます。

性染色体の組み合わせは女性では2本のX染色体、男性ではX染色体とY染色体1本ずつとなっています。

そうすると、女系では、男のY染色体が、遺伝しないことになります。

Y染色体は、“孤独な”染色体であると言われ、組み替え反応、すなわち多様化や修復が行われず、祖先のY染色体がそのまま、父親から男の子へ連綿と遺伝されるとのことです。

アダムのY染色体は、連綿と続くけれども、イブの染色体は、組み換えや修復が頻発に行われ、イブのものとは、分からなくなるということですね。

皇室の継承で何よりも重視されるのは「血の継承」であり、それは一定の約束事を守ることで初めて「守られた」ということになります。

ここでは、染色体になりますね。

日本の皇室の場合は、

「天照大神の子供」の血が「父親に必ず入っていること」

という約束事を守ることで初めて達成されたとされているのです。

女系=天照大神の血がその時点で断絶するということです。


3 現行の皇室典範

現行の皇室典範第1条には、

「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」

とされているので、女系天皇派は皇室典範の改正が必要と考えています。

現行の皇室典半範では、女系天皇はダメですね。

手続きの仕方は、昭和22年法律第3号の公布番号を持つ現在の「皇室典範」は「法律」として制定されているので、他の法律と同様に、その改正は国会が行い得ることになっています。


4 王朝が変わったと同じことになる

易姓革命と言う言葉があります。

後漢(劉氏)から魏(曹氏)のように、前王朝(とその王族)が徳を失い、新たな徳を備えた一族が新王朝を立てる(姓が易わる)というのが基本的な考え方です。

そうすると、父方の名に変わると言うことは、革命が成った、王朝が変わったことになるのです。

天皇を国家元首とすると、いつの間にか、昔の基準で言うと国が変わったと同じ意味になるのです。

ハプスブルグ王朝とか、ササン朝ペルシアとか言いますよね。

それが、女性天皇の婿様が山田さんだったら、山田王朝になるのです。

中国で言うと禅譲が起きてしまったことと同じ衝撃なのです。

禅譲が起こると言うことは、天から地を治める承認が得られなく、徳がなくなったとされ、有徳なものに天子の位を譲り渡したこととなるのです。

今の日本で言うと、天皇家の徳がなくなり、国民の怨嗟の声が満ちて、天からの信もなくなって、他家に天皇の位を譲り渡したことになります。

あり得ません!

あっ、想像して、つい怒りに満ちてしまいました。

でも、女系天皇は、そういう意味もはらんでいると理解してください。

これは、ナンセンスだと思わないで理解して頂けると私としては、嬉しく思います。


ここで、あるエピソードを紹介します。

スーパーモーニング(2006年9月6日)で皇統問題を巡って八木秀次と高森明勅が論争していました。

高森氏は女系容認派で、八木氏は男系派です。

論争の途中に悠仁親王誕生が報じられました。

すると、八木氏が感動の余り号泣する一幕があったのです。

その間、高森氏はむすっとした表情だと聞いてます。

そのコマーシャルのときに高森氏は、なんと、「これで、私が不利になりましたね。」と述べたと伝え聞かれています。

女系派は、何を守りたいのでしょうか?

プライドでしょうか?

男系天皇派は、涙を流してまで、日本を守りたかったのです。

緊張感がとれ、ほっとしたのでしょう。

それだけ、男系擁護派は、日本が日本でなくなるという気持ちで論戦をしていたのです。

私は、愛子様が天皇になることは、決して否定しませんが、女性天皇は、良いけれども、女系天皇はダメだと思います。

こういうことは論じられませんが、天照大神の血は断絶され、万世一系ではなくなり、他家のY染色体が入るということになるのです。

そういう時代ではないと言われるかも知れませんが、愛子様が黒人と結婚されたら、その子が天皇になります。

中国人や韓国人と結婚なされたら、その子が天皇になります。

まぁ、こういう皇室だったら、何かをかけてまで守りたいとは思わないでしょう。

だから、女系天皇擁護派の意図は、その本心は、日本を滅ぼしたいのです。

一般人が、愛子様と結婚すれば、その子が天皇になれてしまう女系天皇を容認してはなりません。

下手をすれば、自身の子供を天皇にしたいと画策する者も出てくるでしょう。

歴史上そんな輩は数多く出てきましたが、それがあまりにも容易にできてしまうのです。

私でも愛子様と結婚すれば可能になってしまうのです。

ですから、女系天皇は、現行の皇室典範を曲げてまですることではないと提言します。

それに旧皇族がいます。

いくらでも男系を継いでる人がいるのです。

その人たちの臣籍降下は、GHQによって、一般人とされたのです。

これを鑑みれば、GHQによって、無理やり宮家を剥奪されて、だから継承権がないとする話は、それこそ、左翼の洗脳にやられていると思うのです。

なので、旧宮家の復活を視野に入れて、継承権を論じなければならないと思います。

まだまだ、戦後は続いてます。

我々は何が正しいか真かをよくよく考えて物事を進めなくては、知らないうちに日本を破壊したい勢力にやられかねません。

その日本を破壊したい勢力の1つに女系天皇容認があることを知ってください。

切にお願い致します。


リブログ、拡散大歓迎です。一緒に日本を守っていきましょう。



にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「皇室」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。