私は、自然。

 

強さは自分の中にある。

 

というセリフ。

 

そして、ナチュラルな山口智子さんの姿と共に流れる、

 

私は、植物幹細胞。

 

という言葉に反応し、ついつい手がとまってしまいました。

 

植物幹細胞コスメ LITSさんのCMテレビ

 

LITSさんのホームページより画像お借りしました)

 

 

『私は、植物幹細胞。』

 

になぜ反応したかって、それは、

 

 

葉っぱジェモセラピーは、植物幹細胞療法と呼ばれているから葉っぱ

 

 

植物幹細胞とは、葉・枝・花などに分化する前の母細胞で、細胞を修復・再生する働きがあります。

 

蕾のなかには、植物幹細胞のほかに、ビタミン・酵素・成長ホルモンなど、葉・枝・花などに成長するための、外へ出ようとする強いエネルギーが含まれています。

 

それらを取り入れることで、私たちの細胞にも働きかけて、排泄機能や各臓器の機能を高めてくれるのです。

 

結果、美容や健康に効果がもたらされる。

 

レメディとして直接体内に取り入れるジェモセラピーは、なんて贅沢!と改めて思ったりおねがい

 

肌トラブルもなく、透明感のあるお肌でいられる美肌効果は、ジェモセラピーで経験済キラキラなのでコスメとして使用するのもいいんだろうなーと興味津々。

 

 

 

LITSさんのHPにも、おおもとの細胞である"幹細胞"から、人間の体のいろいろな部品ができあがります。骨、筋肉、臓器、お肌や髪の毛さえも、すべて元をたどればひとつの"幹細胞"から始まります。

“植物幹細胞”は、人の“幹細胞”を守り、その力を引き出します。若々しくあり続けるために、疲れた肌を元気づけるために、いま最も注目されているのが“植物幹細胞”です。(一部抜粋させていただきました)


とありましたが、

 

本当に、パワフルな植物幹細胞ビックリマーク

 

植物幹細胞という言葉が、多くの人に届くのって何だか嬉しいな♪

 

植物幹細胞療法 ジェモレメディを飲んでみたい・購入してみたいという方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

HPはこちらをご覧ください。

お問い合わせは、こちらよりお願いします。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Adele Green(アデルグリーン)渡部涼子

 

 

AD

今夜はまもなく、下弦の月を迎えますね。

 

下弦の月は、『自分と向き合う日』に適している日。

 

見直し・確認・調整が入るタイミングでもあり、

何だかモヤモヤ、スッキリしたーい。。。という方もいらっしゃるのでは??

 

そんな夜にオススメ、『グラウディング シリーズ』やしの木

 

グラウディングとは、「大地にしっかりと足をついて生きる」こと。

 

新年度が始まり、色々と思うことや疲れも出てくるころ…もやもや

 

現実の世界に、自分の足でしっかり立つことは、とっても大切なこと。

ここ(足元)がしっかりしていないと、ついつ周りの影響をうけてしまいがちにアセアセ

 

 

アップ写真は、どちらもグラウディングがテーマのフラワーエッセンスとアロマオイル。

 

ココロとカラダから、しっかりと自分の足で大地に立つことを手助けけしてくれます。

 

私、何にザワザワしているんだろう。

 

私、何にピリピリしているんだろう。

 

私…キョロキョロ

 

外からの情報や他人目線の感情からは、少し距離を置いて、
 

今ここにいる、自身の内側を感じてみる。受け容れる。

 

そんな夜の時間を持つのも、ほっと一息、良いかもしれませんね。

 

素敵な夜を…流れ星

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

Adele Green(アデルグリーン)渡部涼子

 

AD

 

女性の身体に毎月やってくる生理。

 

PMSや生理痛に悩まされる方も多いかもしれません...

 

そんな女性に、ラズベリーは味方してくれますグラサン

 

そして、そんなトラブルに悩まされることもあるけれど、

生理って、子宮が妊娠の準備をする大事な働き。

女性ホルモンと脳の関係の記事も、参考にしてみてください)

 

生理&女性ホルモンのしくみ・サイクルを今一度。

これを知ると、なんだか身体を愛おしく感じるのですドキドキ

 

【卵胞期・低温期】 ~エストロゲン分泌中~

 

エストロゲンには、

・卵子を成長させる

・子宮内膜の厚みを増す

・女性らしい身体をつくる

・自律神経のバランスを整える という働きがあります。

 

受精卵の育つ子宮内膜の厚みは、3層になります。

着床したときに痛くないように、ふかふかのお布団を準備しておくイメージ照れ

 

【排卵期】

女性は生まれた時から体の中に何百万という原子卵胞を持っています。一つずつ成長し、完全に成熟したものが卵子となって、卵巣から飛び出すこれが「排卵」とよばれます。

 

【黄体期・高温期】 ~プロゲステロン分泌中~

 

プロゲステロンには、

・子宮内膜の厚みを維持する

・基礎体温を上げる という働きがあります。

 

この時、子宮は、妊娠状態だと思っています。

そのため、生理前に以下のような症状が出るのです。

 

・身体に水分を溜めこむ → むくむ。

・母体を休ませるようとする → 眠くなる。

・栄養素を吸収しようとする → 食欲が増える

 

【月経期】

受精卵の為に用意した子宮内膜は、精子と出会わなかったら、血液とともに体外に流れ、子宮をお掃除します。

 

 

ホルモン分泌の司令塔である視床下部は、自律神経の最高中枢でもあります。


ホルモンバランスの乱れは自律神経バランスの乱れ、そして生理周期の乱れに繋がるのです。

 

女性は、ココロとカラダの調和が、子宮をも労わります照れ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Adele Green(アデルグリーン)渡部涼子

AD