EL ORGULLO DE NIIGATA





闘え!新潟

powered by team A.D.E.A.N.

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Fri, February 13, 2009 23:20:01

裏管理人通信 vol.113 <最終話>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


オフシーズンいかがお過ごしですか?


今日は2009シーズン開幕瓦斯戦@味スタのチケ発売日でした。

まだ行けるかどうかもわかりませんが一応購入しました。まろも…(;^_^A


チームは清水で2次キャンプの真っ最中。今日も筑波大相手に6ゴールして、トレーニングゲームは目下3戦3勝!

1勝もできなかった去年に比べると、大いに期待が持てますなぁ。

この調子で怪我人を出すことなく、いい準備をして開幕を迎えて欲しいところです。



さて、何かと厳しいこのご時世、今年は俺自身、多分試合を見に行ける回数が減ると思います。

しかし、「俺たちの新潟」を精一杯応援する気持ちは変わりありません。

行ける時はゴール裏で声を張り上げたいと思います。

皆様、またよろしくお願いしますm(_ _ )m


そして裏管理人通信は今回を持って終了させていただきます。

今まで読んでくれた全ての皆様、関わってくれた関係各所には厚く御礼を申し上げます。


ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
Thu, January 01, 2009 02:01:47

裏管理人通信 vol.112 <新春を寿ぎ>

テーマ:裏管理人通信

皆様、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


約1ヶ月経過してしまいましたが、サボりすぎだし、最終戦終わりの忘年会の模様を張っときます。


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

上越忘年会@繁千萬


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

以下、頭のマッサージ器にハマったヤツラ。@アミューズ


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~

ろくなのねぇ~


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Tue, December 09, 2008 23:19:39

裏管理人通信 vol.111 <脚戦>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


聖地スワンにお集まりの皆様、寒い中大変に乙でした。


12月6日土曜日、早いもので’08シーズンの最終戦。

上越は日中青空だったらしいが、新潟には塩浜見参!!よって天候は当然の如く暴風雨台風 ギリギリ雪にならないくらいにめちゃくちゃ寒い一日でした。


自動降格はないものの、磐田と緑の結果次第では入れ替え戦の可能性が残る新潟。

なんとしても勝って自力で残留を決定したいのでありました。

気合いの110m断幕が登場し、スタジアムの雰囲気を一層そうさせます。関係者の皆様、大変お疲れ様でした。


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~


相手はアジア王者のガンバ。

千葉ちゃんが有給で寺川が入り、後はベストメンバー。数試合前からの累積リーチ者を多く擁する状況で、このメンバーが組めたことは非常に大きかった。

犬飼のボケにスタンドで座らせて見せてやりたいくらいに本当に大荒れの天候の中、試合は始まったのでした。


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~


先にペースをつかんだのは新潟。

ガンバの左サイド、下平のところからチャンスを作り出す。いい入りが出来た。

そして10分、そのガンバ左サイドを崩す。アレさんのヒールパスから抜け出したマルシオがドリブル突破でゴールラインまでえぐりマイナスに折り返すと、走りこんだ勲が落ち着いて決め先制!!

さらにチャンスは続くが、ガンバの高いラインにことごとくオフサイドにされ芽を摘まれてしまう。

それでも31分。マルシオからのパスを、やはりガンバ左サイドのスペースでフリーで受けた松下がクロスを上げたのだが、これがゴールへ向かい、藤ヶ谷の下手くそも手伝ってゴールイン!!2-0とする。

しかしこのゴール、最後はポストに当たってゴールインしている。この苦しかった数試合、さんざ嫌われていたポストとバー。これが魂というものなのか。

とにもかくにも2点リードした。


しかしガンバはここからギアを入れ替えて本気を出してくる。

1分後にはガンバらしくゴール前で細かく繋がれ、最後は寺田の左足。すぐに1点を返される。

あっけに取られる失点。ここらへんが課題。


このままハーフタイムを迎えるが主導権はガンバに。

後半頭から穴だった下平に代えて播戸を投入し2トップにシステム変更。守備の時間が長くなる。

61分、播戸のスルーパスに斜めに走ったルーカスがオフサイドラインギリギリで抜け落ち着いてゴール。ついに同点にされてしまう。


しかし、ここまではこの試合のクライマックスを演出するための付箋に過ぎなかったのだ。

そしてその時はやってきた。


Sスタンドにあるスクリーンの時間が45:00を過ぎ、消えてロスタイムに入る。

貴章が倒され左45度からのFKを獲得。キッカーは松下。

この時、ここぞ!と今年一番のレッツゴー!ゲットゴールオー!!スタジアムが一体となった。


松下の蹴ったボールはゴール前で永田さんのバックヘッドに合ったが、こともあろうか貴章がよけきれずクリアしてしまう。

しかし、このこぼれ球をウッチーが魂のゴール!!!!!


涙が出た…



12月6日(土) 2008 J1リーグ戦 第34節
新潟 3 - 2 G大阪  (14:34/東北電ス /34,287人)
得点者:10' 本間勲(新潟)、31' 松下年宏(新潟)、32' 寺田紳一(G大阪)、61' ルーカス(G大阪)、89' 内田潤(新潟)



このウッチーのゴールで新潟は他所の結果に関係なく残留が決定。

俺たちもこのゴールに救われた。

応援しても応援しても結果が出ず、本当に苦しかった今シーズンもこうしてなんとか締めくくれた。


来年も新潟はJ1を闘う。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, December 03, 2008 21:57:52

裏管理人通信 vol.110 <瓦斯戦@味スタ>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


味スタ参戦の皆様、先日は乙でした。


前日はサンハートくんの結婚式だったので、塩浜ブッチャーとさっきまで飲んでいたにもかかわらず、その数時間後には同じマルケーバスツアーにて味スタに乗り込むべく再会を果たすのでした。寝てればいいのに…

上越を出る頃はジャッチャ降りの冷たい雨。「寒い寒い、2人多い」と言いながらの出発でしたが、妙高を越えるとまるで別世界のように太陽が燦燦。


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~


味スタには昼過ぎに到着。ARKchanは第2回多摩川マラソンに出かける。太陽が暖かい。

さかっちと合流するが、何故かヤットミー☆氏の姿がない。


時は過ぎ開門の時間となりスタジアムに入ると日陰で風が冷たい。

まだヤットミー☆氏は何故か姿を現さない。


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~


気温も徐々に低下し、そろそろ選手がアップに登場するかというころになったので最後の一服に出かけると…


いた! ついにヤットミー氏発見!


早速塩浜ブッチャーにタバコたかられてるし…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

それにしても早朝にさかっちと同じバスで出発したというのに、今までどこで何をしていたのか?謎は深まる。


東京競馬場へ行ってたS氏も到着し、いよいよキックオフの時を迎える。

前日に千葉、磐田、緑が揃って敗れていたため、自動降格からは脱出が決定。これに勝てば残留が確定するというゲーム。

アレと永田さんが有給でスタメンはこう



     貴章 アトム

松下         マルシオ

     千葉 勲

松尾 刑事 千代 内田

      北野



石川ナオのサイド突破はさすがだったが、ヒマラヤはただいるだけだったし、エメルソンやカボレ、羽生に今野らにも決定的な仕事をさせることなく粘り強くDFして対応。ボランチ陣の横パスをカットされることでピンチに。

新潟はやはりマルシオを軸に、アトムが左右に流動的に動きチャンスを演出。松下のFKがバーを叩き、貴章のダイレクトボレーが珍しくジャストミートと思ったら塩田のファインセーブに遭い、後ろからの浮き球パスを、前から詰めてきた塩田よりも先にチョン蹴りした松下の決定的なシュートもクロスバー。運もなかったのは確かだ。

均衡が破られることなく後半残り15分。瓦斯は赤嶺を投入。

83分、CKからその赤嶺にヘッドで決められ終戦。



11月30日(日) 2008 J1リーグ戦 第33節
F東京 1 - 0 新潟  (16:04/味スタ /35,172人)
得点者:83' 赤嶺真吾(F東京)



内容は決して悪いものじゃない。が、しかし今出さなきゃいけないのは結果だ。

後ろがなんとか守っても、点の取れないチーム。選手層、交代要員の薄さ。選手の固定による研究、対応のされやすさ。すべてが負のスパイラル。


今年瓦斯とは3回やって3敗。監督の違いもあるだろう。

何度も言うが、内容は決して悪くなかった。しかし、これが限界なんだと俺は思う。


しかし残り1戦、対ガンバ@スワン。もうこれしかない。

良くも悪くもここまで闘ってくれた俺たちの選手に声援を送るだけ。今はそう思う。



おにぎり持参のコレ↓


☆A.D.E.A.N.☆~la niigata!!!~


ついに最後まで俺の腹に入ることはなかった。

悔しかった…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Tue, November 25, 2008 22:18:21

裏管理人通信 vol.109 <栗鼠戦>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


一昨日は寒い中参戦乙でした。


オラの今回の観戦記はさらに1日遡ります。

22日(土)消防の旅行で横浜へ。途中東京競馬場へ立ち寄り



鰹くんが万馬券をゲット!障害戦で…


で、夕暮れの横浜ですよ!

この暮れなずむ他所の街の雰囲気って俺バッカ好きだわな。






チラッとカニくんいるけど無視して、宴会は当然中華街だわな。




鰹くんはご機嫌だったわけですよ。試合こねーで。


そして夜が明け、連中は横須賀へジョージワシントンを見にいったのですが、僕は朝から池袋を目指し、そこから高速バスで新潟入り。えぇ大事な一戦ですから。

そしたら高坂PA過ぎたとこから事故渋滞。先週鳥取の帰りもくらったのにまたしても…

こんなん連チャンしねーでいいし、糞N1のパチンコで連チャンしねーもんかなと小一時間。まぁ寝てたら渋滞抜けてました。

しかし天気の悪い新潟。関東の青空が嘘みたいだけどこれが現実。

予定より2時間遅れ、俺がスワンに着いた時にはすでにフィールドプレーヤーを出迎える We Will Rock You が流れていました。


ここからバモローソン!



いつもコイツの元気ですか~!!にはジーンとくるぜ!!


入場ではコレオをやって出迎え。関係者様お疲れ様でした。



大事な大事なゲームはこうしてキックオフを迎えました。

新潟は左サイドに松尾と松下が復帰。


序盤から積極的に早いプレスをかけてくる大宮に対し、新潟は中盤で奪われカウンターをくらう。

奪って前線のラフリッチに当てて、落としたボールを大悟や主税らがワンタッチでサイドのスペースへ流すと、2列目や3列目から上がってきた選手を捕まえられずに度々決定的なシーンを作られてしまう。

これはウッチーがラストパスをなんとか足にかけてしのいだり、大宮の決定力不足に助けられるが、大宮のペースで試合は展開する。


新潟はチャンスらしいチャンスを作れずにいたが34分、貴章がPA内で倒されPKを獲得。

蹴った方向と止めにいった方向が一致して一瞬ヒヤッとしたが、アレさんのスピードが勝って先制点獲得。

おされ気味の展開でなんとかもぎ取った大きな先制点だった。


このままハーフタイムを迎える。




後半もペースの落ちない大宮がペースを握る。

そして、このプレーで今度はPKを献上。



なぁ~んか微妙な判定でPKもらうと、えてこうなる。嫌な予感はした。と、まろは語気を強めた。

これを負傷退場した主税に代わって入った小林慶行に決められ同点。


しかし直後、新潟右サイドのFK。松下が蹴ったボールをアレさんがドンピシャヘッド!再び勝ち越す。

が、喜びもつかの間。自身のゴールにテンションが上がりまくってしまったアレさん、ユニフォームを脱いで2枚目のイエローで退場処分となってしまう。


さぁ問題はここからだ。

新潟は完全に引いて守りに入った。

この時間の使い方が俺は気にいらんかった。


ただクリア。ひたすらクリア。

前線に大きく蹴り出すか、サイドに蹴り出すかのどちらか。


江角だけを相手方に残し、フィールドプレーヤー全てが新潟陣でプレーする完全ハフコートゲーム。

数的不利は分かるが、引きすぎもいいとこだろ。誰か1人でも前線に残して、そこからなんとか繋いで前線でボールキープして時間使うとかいう考えにならんか?

交代のカードの切り方も消極的、あるいは的外れ。そしてタイミングミス。


結果、終了間際に大宮のパワープレーをしのぎ切れずに失点。



11月23日(日) 2008 J1リーグ戦 第32節
新潟 2 - 2 大宮  (16:00/東北電ス /35,452人)
得点者:35' アレッサンドロ(新潟)、53' 小林慶行(大宮)、56' アレッサンドロ(新潟)、88' レアンドロ(大宮)


確かにアレはアフォだった。だけどな…


戦術、選手起用等は監督が決めることなので俺が評価することではないと思うが、それにしても糞つまらんかったわ。

これこそ金取って見せるような試合じゃねぇぞ!監督もう辞めてくれ。

追いつかれてのキックオフボールまでもサイドに蹴り出すってどういうこと?無策すぎない?


仮にあのまま逃げ切ってたら、結果を出したことに関しては評価しただろうが、糞つまらんかったことには変わりない。

どうしてこうなってしまったのか、誰かが責任取らんきゃいけんじゃねーか?

クラブか?監督か?選手か?サポーターか? 誰だ?


とにかく糞つまらんかったわ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, November 16, 2008 22:26:28

裏管理人通信 vol.108 <天皇杯 瓦斯戦@とりスタ>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


昨日は鳥取遠征された皆様、大変に乙でありました。


我々は今シーズン初アウェイが鳥取という奇抜な2人を含め、総勢5名での弾丸ツアーでした。

金曜日、仕事あがりで各々が集合。21時上越インター出発だって言ってんのに現れないヤツが一名…(;´▽`A``


まろじゃ…

またお前かヽ(`Д´)ノ


なんでも、小まろにチケットを隠され探していたんだとか…


こうして予定より約30分遅れての出発となったのでした。

その後は順調に車を走らせ、翌朝5時ころ鳥取砂丘に到着。ここで明るくなるまで仮眠を取る。

しかし高速降りてから市内まで70kmもあんのな。夜でも2時間弱くらいはかかってしまうんですわ。


6時を過ぎたころだったろうか?おもむろにサトル号とぐっさん号が朝の調教に出発。

約30分後に帰ってきたら、今度は俺と兄者が出発。





この坂路に向かってダートコースをひたすら歩く。



まだ早朝だが、観光客がチラホラいる。

みんな調教が好きだなぁ。

ってか他にすることもねぇーんだわな実際。

駅前もなーんもねえよ。


さすがにまだラクダの営業は始まっていない。




もうハァハァいいながら坂路を登りきるとこんな景色が。

直江津の海のようだ…




本当に30分くらいかかって朝の調教は終了。

バカ眠たかったけど一発で目が覚めた。

続いて記念撮影。






その場所で朝食。

調教後は飼葉の食いもいい。




さらに続きましては日本海を臨みながら風呂に。

ここで1時間ほど仮眠を取り




さて、行くか。

ということでやって来ましたとりぎんバードスタジアム。



こういうところにあります。

はい。なんもありません…

5kmくらいで市街地に入ります。




この日のスタジアムグルメは…

弁当  600円

カップラーメン  300円

とりスタ名物チキンナゲット  300円

スナック菓子

ビール ソフトドリンク


以上。


ってナメてんだろ?

せっかく鳥取くんだりまで来てんだからもっと何か食わせれや。まぁおそらくもう二度と来ないけどね。




しょうがないからあるもん腹につめました。

ガイナーレの試合の時はもっと店出てるようですが。


スタジアムは中国地方唯一の専用スタジアムで、ピッチとの距離が非常に近い。

ちょうど日立台のような感じか。




塩浜大明神が来てないこともあり、この日の鳥取はとってもいい天気。

気温も20度を超え、ホーム側ゴル裏は真正面から日差しを浴び汗ばむほどである。

新潟側の遠征組みは2~300人くらいか?

天皇杯ならではの地元のねーちゃんDJによるスタメン紹介で千代タンが紹介されず、ゴル裏からは猛烈なチヨ・タン・ダ!コール。


前日のweek等の予想スタメンでは、左SBに大野が入っていて楽しみもあった反面、まだリーグ戦で当たる相手でもあるため、ある程度手の内を見せずに戦わなければならずとても難しいゲームだったことには違いないが、それにしても新潟の選手は数がいなさすぎだ。

スタメンはこう。


     貴章  マルシオ

河原             アトム

      千葉  勲

ゴートク 永田 千代 ウッチー

        北野


ゴートク初出場に、アトム河原揃い踏みではあるが、アレさんやヒロシは遠征に帯同していない模様。

ここに来てのケガには十分注意していただきたいものだ。

瓦斯は代表に召集されている今野、長友らを欠く。


さて、試合開始。

立ち上がりからボールをキープし新潟のペースだ。ゴートクもしっかり守って機を見ては攻撃参加を見せる。

6分。そのゴートクから中央のアトムへパス。アトムが右足アウトで横に流したところをマルシオが押し込みあっさり先制点を奪う。

いつも点が取れないから苦戦は必至と思っていただけに、なんともあっさりといった印象だ。

その後もやはりマルシオがいる右サイドからの攻めが中心だったが、左サイドも河原とゴートクで攻めこんだし、前半のゴートクは素晴らしかった。


2点目は右サイドの深いところでボールを奪ったアトムがグラウンダークロス。そこに走りこんだ千葉が左足でシュートを放ち、相手DFに当たってコースが変わり追加点。

こういう形を待っていたんです!


押している展開ではあったが、瓦斯の反撃は31分。

瓦斯右サイドからの浮き球クロスがカボレに。カボレが競り勝ってヘディングしたボールが真上やや背中の方へはじき、付いていたウッチーが競り合いの着地にバランスを崩しているフリーの間に反転してボレーシュート。これは千代の正面で、頭ではね返したが、転がった先がエメルソンが走りこむ絶好の位置。そのまま豪快に蹴り込まれ北野一歩も動けず。


1点は返されたが、やはり新潟のペースは続く。

勲とアトムに決定機が訪れるが、これをことごとく外し、後半立ち上がりの貴章のチャンスも得点に結びつかない。後半開始からマルシオと交代で入った小暮がそのままトップに位置して、裏のスペースに抜けて作った貴重なチャンスだった。


この辺がこの試合のターニングポイントだった。

3点目を決めていればきっと違った結果になっていたと思う。

この後は全く違うチーム同士がピッチにいた。マルシオというキープレーヤーを交代させ、瓦斯のヒマラヤや石川ナオらを投入され、マークが微妙にズレ、前半は効いていたプレスも勢いをなくしてしまう。

前半は良かったゴートクだったが、少し軽率な守備から突破を許しクロスを入れられ赤嶺に決められる。完全にサイドの守備が後手。

さらにその後、今度は右サイドから金澤の浮き球パスに飛び出した梶山が絶妙なトラップから左足シュートで逆転を許す。付いていた勲の守備も褒められないが、これは梶山を褒めるべきか。

結局これが決勝点となり今年も天皇杯が終戦となった。



11月15日(土) 第88回天皇杯5回戦
新潟 2 - 3 F東京 (13:00/とりスタ/3,211人)
得点者:6' マルシオリシャルデス(新潟)、21' 千葉 和彦(新潟)、31' エメルソン(F東京)、53' 赤嶺 真吾(F東京)、62' 梶山 陽平(F東京)



小暮のFW起用とか、左SBが90分変えられない異常事態とか、(この試合は3人代えたが)交代枠使い切ることをしてない・出来ない状況とか、本当に腹が立つ。

俺たちは負けるために遠征してるんじゃないっつーの。鳥取のピッチにのうのうと社長様が歩いていらっしゃいましたが、もっとなんとかならんのか糞フロントは。スタジアムの飯くらいバカにしてるわな。

5年でタイトル宣言して、ついに取れずじまいでしたね。それどころか天皇杯は5回戦の壁を破れてないし、ナビスコに関しては予選すら突破できてないし。誰がどういう形でケジメつけてくれるんですかね?


確かに小暮のFW起用は悪くないよ。テクニックあるし、切り替えしのクロスからチャンスも作ったし。だけどね、スクランブルすぎてコンビになってないでしょ。貴章がキープしてヒールで落としてってシーンあったけど、誰も反応してねぇじゃん。ゴール前はあれに象徴されるわ。

バックラインもボール離すの多すぎだよな。たまにロングフィードも繋がるんだけど、サイドも前も裏のスペースに飛び出して受けに来てるのはわかるんだけど、前を向いた時に次の判断が遅くてすぐ寄せられてしまいボールを失うっていうシーンが多すぎ。この時も中の人数少なすぎ。

そんな時、ウッチーからシンプルにクロスが入り、小暮のヘッドってシーンがあったんだけど、これで良くない?リズム悪い時ほどシンプルにって思うね。シュートで終われと。






まぁこれでリーグ戦に集中できるってことで。

課題も多いが、若手が頑張ったしゴートクも使える目処ついたしそれなりに収穫もあったんじゃないか。

そう思おう。


とにかく次の大宮戦だ!全員集合!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, November 13, 2008 23:28:59

裏管理人通信 vol.107 <鹿戦@鹿スタ>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


先日は鹿スタへ遠征された皆様、誠に乙でした。


前日に栗鼠と磐田が勝ちやがって、残留争いの相手が着実に勝ち点を上積みする中で、このタイミングで首位の鹿島ですか…

しかも鬼門の鹿スタアウェイって…


でも負けるわけにはいかんのです!!


ってことで嫌だったけど行ってきましたわ。

だってここってものすげー行きにくいんだもん。


まぁいいこて。運転手は君だから♪



GOGO!!


と思いきや…




すーーーぐ寝てるし…


して!


まぁ渋滞もなく順調に昼12時ころ鹿島入り。

とりあえず市内の飯屋で空腹を満たしてから鹿スタへ。


そしたら腹一杯のくせに、また喰らってけつかるし。ちょこっとしか運転しなかったくせに。

太れ。太れ。






全く何しに来てんだか…

今日は負けられないんですよ!!



そしてキックオフでございます。

序盤はもう見てられないくらいボッコボコ。いつ点取られてもおかしくないくらいに攻めこまれる。クリアも中途半端で連続攻撃を許す。

しかしここで北野がファインセーブ。最後のところでなんとか防いだ。たまにはやるじゃん。


すると徐々に鹿島のプレスが弱くなり、カウンターもチラホラ出始めるが、決定機には結びつけられず。

鹿島ペースで展開するが、0-0で前半終了。


ハーフタイム明け、珍しく新潟の選手が先にピッチに出てくる。

気持ちを感じ、俺もありったけの声援を送るが折れてるアバラが痛い(ノ◇≦。)


後半もやはり大方は鹿島のペースだったのだが、新潟にもいい時間帯があった。

しっかり守ってからのカウンターや、サイド攻撃も出始める。キーマンは有給明けのマルシオだった。

そしてボランチの攻撃参加が有効で、攻撃に絡んでくると厚みは出るのだが、シュートの意識が低すぎ。何度「打てーーー!!!」と叫んだことか。千葉ちゃんよろしく。

それから中盤から終盤は鹿島の運動量が落ちて結構なスペースが生まれたのだが、そこを有効に使ってサイドから崩すのはいいわ。だけど中の動き出しはないし、クロスに対して中の人数1人とか2人だし。

そんじゃぁ点取れないわな。


シュートで終われってのに、スルーパスが合わなかったシーン何回あった?

守備意識が高いのはしょうがないが、もっともっとシュートでいいと思うけどな。

振り返れば、何回かあったセットプレーが一番の得点チャンスだったかもね。それも随分低い確率だがな。



11月9日(日) 2008 J1リーグ戦 第31節
鹿島 0 - 0 新潟  (16:04/カシマ /21,500人)



まぁ、鬼門で首位鹿島ということを考えれば引き分けOKなんだろうが、俺は悔しかったな。

ここに来て、リーグ戦5試合連続無得点って状況がかなりヤバイと思うのは俺だけですか?

ゲームの中のいろんなとこに、この悪影響は伝染しますよ。


次の大宮戦は正に天王山です。

だからみんなで声援を送りましょうよ!!

苦しいゲームになることでしょう。そこにあなたの後押しが必要ですよ。




その前に鳥取か…


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, November 06, 2008 01:29:08

裏管理人通信 vol.106 <天皇杯 邪戦画像集>

テーマ:裏管理人通信

再びこんばんわ。


世間じゃオバマだ、小室だ、ひき逃げ犯逮捕だ、おかわり君だと騒がしいですが、知ってました?

SHAZUNA来年3月に解散を発表だそうです。   活動してたの知らんかったわ…

いや、この記事書いてるすぐ横にニュース出るんすよ。そこに書いてあったもんで…


あ、さて、塩浜特派員のレポートに画像4枚付いてきて、一緒に貼り付けようと思ったのだが、そうすると記事自体がアップできなくなってしまうのです。

まだまだ使い方わからんわ…

てなわけで、せっかくなんで画像アップしときます。












ついでに…










さて寝よう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Wed, November 05, 2008 23:57:04

裏管理人通信 vol.105 <天皇杯 邪戦>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


天皇杯横縞戦参戦の皆様乙でした。

いよいよJ1勢が登場する4回戦が始まりました。おらったチームはそれどころじゃないって話もありますが…

僕ちゃんは参戦できませんでしたので塩浜特派員のレポートでお楽しみください。


感想でございます。

初めて、アタック号での乗り合わせで行く予定の俺。

上越I.C.集合だったのを、柿崎I.C,と間違えたのは内緒だ。

まず、今回は、Nではなくゾーン指定のEで観てました。

で、試合のほうだが、勝つには勝った。

まあ、ボール支配率も上回ってたし、シュートも相手よりも多かった。

だけど、やっぱり深刻な決定力不足。

アレのPKはいいとして、内田の得点は、クロスがそのままゴールしたようなもの。

はっきり言って、自分たちでゴール前で苦しめてた。

淳さんの狙い通りにサイドから崩し、または、カウンターでチャンスを作るが

最後の得点のイメージが共有できてないというか、得点の形が見えてこない。

再三、マルシオが中へ切れ込み、パスコースを探すが前線と合わず、チャンスを潰す。

サイドからのクロスも正確性を欠く。

ハッキリ言って、この試合は、5-0で勝てた試合。

だけど、この試合までに得点できていないことを考えれば、仕方ないことなのかな。

大事に行き過ぎるようにも感じる。もっと、シンプルでいいと思うよ。

残りリーグ戦も数少ないけど、1点でもいいから、チームで目指す得点の形でゴールできれば

残留も見えてくるとは思う。

いじょ



11月2日(日) 第88回天皇杯4回戦
新潟 2 - 0 横浜FC (13:01/
東北電ス /7,607人)
得点者:18' アレッサンドロ(新潟)、20' 内田 潤(新潟)


ということでございます。


去年が去年だっただけに今年はねぇ。まぁここは負けられませんわね。横浜FCも調子悪いらしいし。

ということで鳥取行きましょ皆さん。


それよりも残りのリーグ戦だな!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, October 29, 2008 23:52:12

裏管理人通信 vol.104 <浦和戦>

テーマ:裏管理人通信

こんばんは。


先日は乙でした。


もうホント記事書くモチベーションが上がりませぬ。


いいゲームしたって点取れなきゃ勝てないんですわ!

もう内容じゃなく結果でしょ結果。



10月26日(日) 2008 J1リーグ戦 第30節
新潟 0 - 1 浦和  (14:04/東北電ス /40,359人)
得点者:80' 細貝萌(浦和)







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。