離婚の危機から抜け出してもう一度愛されるスマイルカウンセリング

あなたは幸せになるために結婚したんです!旦那さんの機嫌を伺う、顔色を見る、見捨てら感、結婚しているのに孤独感、旦那さんに振り回される、旦那さんの休日が苦痛…これらを全て手放して、もう1度旦那さんと幸せになるためにあるきだしましょう!

あなたはなんのために結婚したのですか?
それはね…旦那さんと幸せになるためでしたよね^^
でも、どうやったらいいかわからなくて、自分から幸せを壊しているようなことをしていませんか?あなたと旦那さんが幸せになれるように、少しづつお伝えしていきます^^


5日間、離婚の危機を乗り越えて二人で幸せになる♪読むカウンセリング


10日間であなのたの心が軽くなる♪読むカウンセリング 
NEW !
テーマ:
●今の目標は次会ったとき、私から旦那さんにくっついちゃおうかなと思ってます。

こんにちは、庭田真理子です。

継続のクライアントのAさんから、とってもうれしいメールを頂きました!

Aさんは、旦那さんと別居中。

ところが、この3ヶ月で、旦那さんと夫婦仲が、ぐんぐんよくなってきているんです。

では、メールをご紹介しますね!(紹介了承済み)


image


(事情で会う約束が、叶わなかったという背景があります)

前の私ならこういう時、無理してでも会いに帰ってただろうなって。

せっかく会えるように、考えてくれてるのに帰らなかったら、嫌われるって思ってたと思うんです。

それでその時は会えていいかもですが、後で私はこんなに頑張ってるのに旦那さんは、何もしてくれないってイライラしたんだろうなって。

だけど、不思議ともぅそんなこと思うこともなかったんです。

断ることと嫌われることは、イコールじゃないって、怖いと思わなかったんですよね。

今日のことで会えなかったのは残念でしたが、なんだか片思いしてるみたいで楽しくなってきてる自分や、やっと旦那さんに触れたい、近付きたいって思ってる自分に気付きました。

今思うと、いつも会ってるとき旦那さんは、私に近づいてきてくれてたのに、私は緊張して距離をとってたなぁって…そりゃ旦那さん自信なくしますよね。

私旦那さんに近づくの怖かったんです。

拒否されたらどうしよって。

けれど、不思議とその怖さも、今なら越えられそうな気がします。

今の目標は次会ったとき、私から旦那さんにくっついちゃおうかなと思ってます。

なんなら後ろから抱きつきたいくらいですが(*^^*)

なんだか急速にいい方に進む予感が勝手にしてます。



Aさん、いい感じですね!

ぜひ、旦那さんに後ろから、抱きついちゃってくださいね^^

すっかり幸せな感じのAさんになれましたね!



ところが、つい最近までは、不安が大きいAさんでした。

その不安から、旦那さんを責めたり、これからの不安を旦那さんに訴えたり…と繰り返すことも少なくなかったと聞いています。

それが今では、旦那さんを信じて待つと決めた途端、夫婦仲がいい方向にシフトしていきました。




「前は断ったら嫌われちゃう」って思っていたのに、その気持ちさえも超えることができました。

旦那さんのために無理してでも、がんばっていた気持ちもなくなり、ゆったりと旦那さんを待てる気持ちになれました。

奥さんがゆったり笑顔で、いられることは、旦那さんにとっても安心なのです。


Aさん!欲しい結果まで、あと少しかもしれませんね。





最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
●【認められる方法③】「がんばらない自分には価値がない」をまず、緩めてあげよう」

こんにちは、庭田真理子です。

ブログを通じて、私の世界観を少しづつお伝えしています。

私の転機は、次男を産んだ直後の苦しい子育てを乗り越えたこと。

4歳、2歳、0歳の子を当時は真っ暗な出口のないトンネルの中で、育てていると思っていました。

もがいてももがいもて出られない…

その、ストレスを子供達と、夫にぶつける毎日でした…

そんな毎日でさえ、今でも意味があると思えるようになれました。

3人の子育てを通じて得たことを、少しづつお伝えしています。



これらのストレスは、認めて欲しい気持ちが、空回りにしていたもの。



もちろん、旦那さんに「褒めて欲しい、認めて欲しい」気持ちでがんばるのは、方向さえ間違えなければいい結果を得られますよね。

ところが、がんばる方向を間違えちゃうと、苦しい子育てになってしまいます。




がんばる方向が間違えるとは。

それは、「がんばらない自分には価値がない」と思っちゃうこと。

この思いが強ければ、強いほど、旦那さんに「私の全部を見て欲しい」「私の全部を分かって欲しい」と求める気持ちが、強くなります。

旦那さんとしては、「認めてるし、褒めてるしこれ以上は無理!」ってこともある訳で…




特に育児中は、大人としゃべるチャンスも少ないですよね。

「私は、忘れ去られちゃうかも」っていう不安もある…

それで、必要以上に認められたい気持ちが、大きくなっちゃうこともあります。






こんな時は、まず、自分のことを自分で認めてあげてください。

「がんばらなくても、そのままの自分には価値がある」と。

そして、我が子を見て、私ががんばってるからこの子は、ちゃんと育ってる、私は偉い!すごい!」って声を、自分に自分で声をかけてあげてください。




そうすることで、すこーし自分の中が落ち着いてきます。

肩の力も抜けてきます。

カラカラだった自分の心の中が、すこーし埋まってくるような気持ちになるかもしれません。

すると余裕もできて、余裕ある育児ができるはず。



すると、お子さんだって分かりますよね。

あなたがいつもニコニコしているから、お子さんもニコニコ。

そんな親子を毎日見ていたら、旦那さんだってうれしいですよね。




そしたら、きっと旦那さんだって気軽に「褒める」「認める」ができるはずです。

そうなったら、あなたもお子さんも旦那さんもハッピィになれちゃいますね^^







最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【認められる方法②】褒め言葉は待っていても来ないから^^

こんにちは、庭田真理子です。

今回は、認められる方法の②です。

今日は、認める=人から褒められるということで、お伝えします。

この記事のタイトルにもあるように、実は、意外と褒め言葉は待っていてもやって来ない…

人の批判は、直ぐに大声で言うけど…

間違いについては、厳しく追及するけど、合っている場合は、特に何も反応しないことも多いかも。

それに、特に家族の間で認めたり、褒めたりってしてきていないのです。




実は、あなたも、褒めたり、褒められたりがとっても苦手なはず。

胸に手を当てて、感じてみてください。



・・

・・

そういえば、褒められたことって少ないかも…

いやほとんど、家では、褒められなかったかも…



そして、こうも気付くかもしれません。

「私も褒め方が分からない…」と。




そうそう、今まで褒められた経験がないので、分からないくて当たり前です。

これはね、あなただけのことではないと思いませんか?

当然、旦那さんだった同じです。

褒められなれていないから、褒め方が分からないのです。



じゃあ、どうしたら旦那さんに褒めてもらえると思いますか?

それを順を追ってお伝えしていきますね。

旦那さんに、何をどう褒めて欲しいかは分かりますよね?

それを直接言葉で、旦那さんに伝えるのが一番なんです。



例えば、私もこんなことをしていました。

夫は食事に対して、あまり関心がなく、何を食べても無言、無反応でした。

それが、悲しかったし、嫌だった頃もありました。

そこで、よくこんなふうに言っていました。

「おいしい時は、おいしって言っていいんだよ」

これを長い間、夫に直接言っていました^^

するとね、さすがに気の付かない夫でも、気付くんですよね~~^^

最近は、自分から、時々「おいしい」と言うようになりました^^




旦那さんに褒めて欲しいと思ったら、ぜひ直接言って欲しい言葉を投げかけちゃってください。

そうしないと、旦那さんは気付かないし、その方がラクなこともたくさんあるはずです。




ここでね、気付いて欲しいことがあります。

「おいしいときは、おいしいと言っていいよ」と言い続けけなさいということではありません。

もっと、もっと旦那さんの、深いところを見て欲しいのです。




例えば私の夫だって、無言だからと言って、私が作ったものが不味いと思っているわけではないのです。

十分、おいしいと思っていたんです。

ただ、それを表現したら、妻が喜ぶってことを知らないだけなんです。

無言だからと言って、私の料理を無視しているということではないんです。





あ!そうそう、普通に食べることで、「料理はうまい」と言っているということなんです。

何も言わないことが、「肯定しているよ」「認めてるよ」ということなんですよ。





妻としては、夫から「今日の○○、とってもうまいよ!」って、言葉が欲しいですけどね。

沈黙も、あなたへの賞賛だったりする場合もあるのです。




そこに気付いたら、例え旦那さんが褒めてくれなくても、少し心が休まりませんか?






最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●おめでとう!!山中さん!!

こんにちは、庭田真理子です。

昨日は、山中シゲノフさんの出版記念パーティーに参加してきました。

総勢90名参加の大パーティーとなりましとた。

image


まず、山中シゲノフさんのお金に好かれる心理学を使った、お金の不安との付き合い方のお話。

何度も聞いてますが‥

聞くたび、聞いてる時の自分の中が、違うんですね。

前は分からなかったことに付いたり。

毎回新たなところで、深い納得感を得られます。

お金って、大事だけどそれが一番じゃないですよね。

ただ、無くなるのが不安。

この無くなることへの不安と、どう向気合うのが大切‥といつも山中さんは教えてくれます。


image



続いて、超売れっ子恋愛カウンセラー龍輝さんとの対談。

これは、もう、起業セミナーにそのままなっちゃいます的な、濃い内容でした。

メモを取ってる人もたくさんいました。


image


龍輝さんも、山中さんも仕事は、0からもスタート。

もちろん、収入が0の時があったそうです。

それが、今は、龍輝さんは年収○千万円越え!

その時期を超えて、今に至るまでのやってきたことを教えて頂きました。

「行動が自信に繋がる」という言葉が、とても印象的でした。

やってきた人にしか言えないことがですからね。




そして、私の一番好きな写真はこれです。

パーティーのフィナーレの山中さんの笑顔の写真。

めっちゃいいでしょ。


image


こんなに、愛されまくっている山中さんでさえも、「自分は愛されてないも!」って思っていた時期があったんだそうです…

不思議だわ~~

今度は、その辺りを突っ込んで、聞きたいなぁ~~^^


出版記念パーティー、大盛況おめでとうございました!





最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●自分の好きなように、思うまま生きていいのかなと思えました!とご感想を頂きました!

こんにちは、庭田真理子です。

今日は、継続のクライアントのKさんのメールを紹介させてくださいね。

Kさんはお母さんとのことで悩みがあり、カウンセリングを受けてくださっています。

そして、カウンセリングとメルマガのタブルで、大きな気付きがあって、メールをくださいました。

では、メールを紹介しますね^^


image



このメルマガは
「私のことも取り入れて書いてるのかな?」と思いました。

昨日も、カウンセリングの中で、本当にいい気づきができました。

今まで親に対して何か言っても、まず忙しくて聞いてない、否定、批判しかしないから、いつからか自分が言いたいことを言えずにずっと我慢していたのかもしれません。



カウンセリングの中で、親の視点に立って始めて気付きました。

親は私が傷ついてるとか、全く気づいてないしそういう風に考えたこともない。

そして、決して私を大切にしてないとか、そんな気持ちもない。

アダルトチルドレンは究極のコミュニケーションの行き違いなんですかね。




今、私は自立した大人で、親の意見ばかりを尊重する必要はない。

だから自分の意見を押し込める必要はない。

何か言っても相手から、否定がいつも返ってくるわけではない。

自分の好きなように、思うまま生きていいのかなと思えました。

まずは普通に人と話すことを楽しんで、仕事でやりたいことがあって、自信がなくて手を挙げられなかったことに、チャレンジしていきたいと思えました。



アダルトチルドレンは、多くの場合、子供の欲しい愛と、親が与えてくれている愛のすれ違いによって起こることが多いのです。

親としては、最高の愛を子供に与えているつもりなんです。

それが、お金だったり…

行き過ぎた過保護だったりします。




その理屈が本当に腑に落ちると、親に対する気持ちが、変化します。



でもね、だからといって直ぐに、親を許さなくていいのです。

まず、自分の気持ちが大事ですから。



あなたの気持ちを、整理して、それが終わってから、ゆっくりを親の立場を理解する…

そして、本当に腑に落ちて…

親を許したいと思ったら、許せばいいのです。





最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●【認められる方法①】ほとんどの男性って無口らしい…だからこそ必要なこと
ブログを通じて、私の世界観を少しづつお伝えしています。

私の転機は、次男を産んだ直後の苦しい子育てを乗り越えたこと。

4歳、2歳、0歳の子を当時は真っ暗な出口のないトンネルの中で、育てていると思っていました。

もがいてももがいもて出られない…

その、ストレスを子供達と、夫にぶつける毎日でした…

そんな毎日でさえ、今でも意味があると思えるようになれました。

3人の子育てを通じて得たことを、少しづつお伝えしています。



「夫に認められる方法を伝えしますね!」と、昨日書きました…

そもそもそれができずに、夫と喧嘩をしていた私でした(^^ゞ

ハードルが高いことに今更ながら気付いている私です。


ところで、私は、今、鍼灸治療院に通っています。

40代での男性で、とっても話しやすく社交的な人。

話がおもしろくって、治療中すごい眠くなるんだけど、寝るタイミングのないほど、話しかけてくれる。

うちの夫と全然違うわ!とずっと思っていました…



ところがね、その先生が、こんなふうに言っていました。

「今は、仕事で役割を背負っているから話ができる。でも、家だとしゃべらなくてもいいんだよね~。奥さんに、もっとしゃべってよ、反応してよって言われちゃいますよ」と言っていました。

わーーーって、もうびっくり。

こんなにしゃべる男性でも、家だとしゃべらないんだ…

「じゃあ、もともと無口うちの夫は、しゃべらないのが当たり前だわ…」と、妙に納得してしまいました。



今更ながら、男性の心理を実感しました。

つまり、旦那さんに「褒めて!しかも言葉をかけてよ!!」って言うのは、かなりハードルが高いということが分かりました…



じゃあ、このままの思いを抱えたままで過ごすの?

それは寂しすぎる…そうですよね…

やっぱり一番近い人、旦那さんに声かけて欲しい!!って思っちゃういますよね。



少しだけ、夫とのことを聞いてくださいね。



この間、こんなことがありました^^

私は、仕事の帰りが、たまたま夜8時過ぎちゃったんです。

私は、疲れていて、しかも夫が待っているから、焦り気味…

「今から、ご飯を作るからちょっと待ってて。息子たちもいないからカンタンなご飯でいいかな~疲れちゃったし」と、珍しく夫に声をかけました。

すると夫が、

「いいよーカンタンなご飯で、納豆とか、梅干とかさー」と冷蔵庫から出してきました。

「じゃあ、ご飯、炊くから、ちょっと待ってて」と言ったら、夫がこんなふうに言ってくれたんです。


そして、こんな言葉まで‥

「あ!ご飯炊いておけばよかったね。ごめんね」って。



私はね、たったこの一言で、救われたんです。

がんばって夕飯を作ろう!って、そこまで思えちゃいました。

実際には、作りませんでしたけどね^^



言葉、1つで、こんなに救われちゃうんですね~~。

自分でも、びっくりしました。

今回、夫に、なぜ言葉をかけてもらえたか…

それは…



夫の機嫌が、よかった。

それもあると思います。

ただ、それだけじゃありません。



image



それはね…

私が自分の状態を伝えて、お願いしたからだと思うんです。

今まで、私は疲れていても、がんばって無理して、家事していました。

でも、それはやめようって思っています。

それで、我慢せず夫に、自分の思いを言葉にして伝えることにしました。

今回も「疲れているから、カンタンなご飯でいい?」と伝えました。



それがなかったら、今まで通り、クタクタになりながら、イライラして夕飯を作っていたかもしれません。



「思いを伝える…」



すっごい大事です。

伝えないと、相手には全く伝わらないんです。

「さっしてよ!」100%ムリですから。



「我慢をやめて、思いを伝える」

それがあなたのことを旦那さんが認めてくれる1つ目の方法です^^





最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、庭田真理子てす。

昨日は、「子育てに失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室の仲村ゆりかさん主催のランチ会に、参加しました。 


{1C4EFEFF-9700-423D-A304-231703DBEBBB}



場所は、東京駅近くの「ふれんち茶懐石京都福寿園茶寮」です。

中は雅な感じで落ち着いた感じ。

後ろの屏風が素敵でしょ。


image


お料理は、お茶懐石なので、お茶を要所要所に使っていて、とっても珍しいし、美しいかったし、おいしかったです。


{4BB5331D-932E-4B76-9024-EC4A0C4046E1}



{0E7A0B39-E119-4961-8C75-32F3487D7299}



{9CB8CB81-0BF0-4A8A-B79F-878587E1E2F6}


どれも、春を感じさせ、しかもお茶があちこちに使われていて、そして目にも本当に美しいお料理でした。



初対面の人も多い中、さすがゆりかさんはすごい!

どんどんペースに巻き込み、あっという間に、その壁を崩しました。

おかげで、心に秘めていたものが、思わず口からボロって出てしまうパプニングも!!

そのおかげで、「私も!」みたいな告白が続き‥

話の内容が、めっちゃ濃いものとなり、それだけ結びつきがふかまったのです!

「次回もこのメンバーでやって!」って、早くも希望が出ています

さて、どうなるか‥は、お楽しみに♪


 では、ランチ会ご一緒してくださった人をご紹介します。


「platinumwoman」の安見 律子さん


{BF59F598-1F18-4F14-AC7C-A0AB6EA04395}


「東京・銀座・人形町の三味線教室」の常磐津齋櫻さん


{B7C78031-0090-4844-B5E4-A4BED39F3424}


 

紅茶生活アドバイザー 清田かほるさん


{0437FC3B-417B-4996-A895-B5C8B719F514}


こんなステキなランチ会を開いてくださってありがとうございます。

ゆりかさん、ありがとうございました。

image



最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「認められたい理由③」そもそもどうしてそんなに認められたかったのか?

ブログを通じて、私の世界観を少しづつお伝えしています。

私の転機は、次男を産んだ直後の苦しい子育てを乗り越えたこと。

4歳、2歳、0歳の子を当時は真っ暗な出口のないトンネルの中で、育てていると思っていました。

もがいてももがいもて出られない…

その、ストレスを子供達と、夫にぶつける毎日でした…

そんな毎日でさえ、今でも意味があると思えるようになれました。

3人の子育てを通じて得たことを、少しづつお伝えしています。



私は子育て中、夫に認めて欲しくてジタバタしていました。

「どうしてそんなに認められたかったのか?」の③です。

①子育てしていて一番うれしいのが我が子の成長を目にした時!だけどそれでじゃ…って思っていませんか?

②やってもやっても終わりのない世界…それが心底嫌だった



私がずっと欲しいと思っていたもの…

それは周りの人や夫に認めてもらうこと…

じゃあ、私はいったい「認めてもらう」と、何が手に入ると思ってたんだろう…



子育て真っ最中の私は、家事育児以外のことが何もなかった。

とにかく家事育児以外で、自分を表現する場も、時間もなかった。

しかもどこにも、自由に出かけれず…

そんな毎日だったから、私は、一人取り残されている気分だった。



それで、私は、こんなふうに感じるようになっていた。

「周りが認めてくれる」がないと、誰からも必要とされていない気がしていた。

深い孤独感に襲われていた…

世界中の全ての人に、忘れ去られてしまっていて、庭田真理子なんてどこにも存在していない…そんなふうにさえも思えていた。

それで、「誰か!私はここにいるから見て!」みたいに、心の中で叫んでいた。



本当に、そんな気がしてたな…

私のことなんか知っている人なんか、ごく一部なのに…

なぜか世界中の人に、心の中で叫んでいた。



そんなことをしてもムダなのに。

どうせ誰も振り向いてくれるわけないのに。

それよりももっと今やるべきことがあるのに。

もっともっと大切なことがあるのに…

それにも気付かずに…




私のすべきことを、その当時は一番粗末にしていた。

それは、目の前のもっとも自分を必要としている子供たちに、目を向けること。

そして、仕事をきちんとして、そしてできる限り手伝ってくれている夫に目を向けること。

そして、どんなに夫にストレスをふつけても、受け止めてくれていた夫に気付くこと。



image




そこに目を向けていたら、子供たちがどれだけ私を必要としていたかを、感じることができたはず。

夫がどれだけ、私を思いやっていたかに気付くはず。

私には、何にも見えていなかった。

欲しいものは、一番近くにあったのに。



そこに気付くことができていたら…

夫に、「私は応援されてる、分かってくれてる」って思えて、もっともっと楽しくがんばれたはず!

そうしたら、私の動きもパワフルになるので、家事も育児も、滞りながらももっといけてたはず!

そして、子供達とも、楽しく遊ぶ時間がたくさん持てて…子供たちも笑顔だったな。

そしたら、私もうれしいし、体中にうれしいエネルギーがどんどん湧いてきたかも。

そして、私は、もっとパワフルになれてたはず!




「認めてもらえる」だけで、パワフルな私になれるんだ!

私は、「これが欲しかったんだ!」と、今更ながら思う。

たぶん、現役子育て中の人も、思いはきっと同じ。

たった一言、認められたら、これだけのパワーを得ることができることを知っているから、「旦那さんに認めて欲しい」って思っちゃう。

じゃあ、この切ないほどの願い「旦那さんに認めて欲しい」を実現させるには、どうしたらいいの?



続きは明日書きますね(^o^)/






最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「認められたい理由②」やってもやっても終わりのない世界…それが心底嫌だった

こんにちは、庭田真理子です。

ブログを通じて、私の世界観を少しづつお伝えしています。

私の転機は、次男を産んだ直後の苦しい子育てを乗り越えたこと。

4歳、2歳、0歳の子を当時は真っ暗な出口のないトンネルの中で、育てていると思っていました。

もがいてももがいもて出られない…

その、ストレスを子供達と、夫にぶつける毎日でした…

そんな毎日でさえ、今でも意味があると思えるようになれました。

3人の子育てを通じて得たことを、少しづつお伝えしています。



「どうしてそんなに認められたかったのか?」の②です。

①1日目 子育てしていて一番うれしいのが我が子の成長を目にした時!だけどそれでじゃ…って思っていませんか?も合わせて読んでね^^


私が子育て苦しかった時、何がそんなに苦しかったのか…

それは、やっぱり終わりのない世界だっからかもしれない。



全てが、やってもやっても終わらなかった…

普通にやれば、さっと終わることすら、終わらない…

せめて、ここまでやろうと思うと、必ず、中断がされた。




その頃の私は、こんな中にいた。

あと少し…そう思っていると、もうすぐ3歳の長男に呼ばれる…

「お母さん、おしっこ!」

そう言われたら、何をおいても飛んで行かなくちゃいけない。

長男は、まだ、一人じゃなできないし、見ていないと、トイレの中が大惨事になってしまって、また私の仕事が増えてしまうかもしれない…

それだけは、困る!嫌だ!



長男のトイレを済ませたと思ったら、次男のミルクの時間。

「あーこれでまだ、30分、動けない…」

まず、次男のオムツを替える。

そして次男を抱っこして、ミルクを飲ませながら、長男の相手をしていた。

本を読んだり、おもちゃで一緒に遊んでいた。



子供たちは仲がよかったのです。



こんなことを朝から、何度も繰り返していた。

それが、次男を生んでからの毎日だった。

長女もいるから、時間までには、幼稚園に送り出さないといけないし、お迎えもある。

子供たちはお腹もすくし、ご飯を食べさせなくちゃいけない。

やってもやっても終わらない…

後から後から仕事が湧いてくる…

でも、やらないわけにはいかないし…

誰に変わってもらえない…



その頃の私は、たぶん何も考えてなくて…

感じる力もなくて…

目の前に起きていることを、淡々とこなすことしか考えていなかった。




目の前の子供たちの、命を繋ぐことは親としてやらなくてはいけない。

ここで、投げ出すわけにはいけないと、その気持ちしかなかった。

ただただ、毎日ご飯を作り、洗濯をし、子供の世話をしてた。



本当は、心の中は、もううんざりで…

やってもやっても終わらない家事育児。

毎日毎日、同じことの繰り返しの日々が、心底嫌だった。



決して子供たちが嫌いとか、そういうことではなくて。

ただただ、毎日同じことの繰り返しの日々が、うんざりだった。

だって、今までだったら、ここまでやったら終わりという終わりがあった。

それに、こうしたら結果が出せる!という方法があった。

そしてそれによって、「周りが認めてくれる」という、「もっとも欲しい!」って思うものが手に入っていた。



私はなぜ、こんなに「認めてもらう」にこだわっていたんだろう…

「認めてもらう」と、何が手に入ると思ってたんだろう…



続きは、明日書きます(^o^)/







最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●「カウンセリングって、こんなことするんだ!」と驚きました。

今日はありがとうございました。

今日は一日、電話カウンセリングの日でしした。

3月始まりの継続カウンセリングのクライアントさんのセッションが続々と続いています。

その中のお一人から、早速、メールを頂きました。
(紹介の了承済み)





今日は、カウンセリングありがとうございまいした。

「カウンセリングって、こんなことするんだ!」と驚きました。

しかも、まだ2回しか話したことがない庭田さんの前で、スルスルと涙があんなに出てしまったことに驚いています。

驚きがいっぱいです。



継続のクライアントさんの1回目のあと、直ぐに頂きました^^

ありがとうございます。



悩んでいるときは、自分では何に悩んでいるのかが、分からないんです。

悩んでいると視野も狭くなるし、表面上のことしか分からない。

それでなかなか解決しないのです。

ところが、じっくりと時間をとって、自分の気持ちと向き合う。

すると…

いつもは、感じないようにとか、気付かないふりをしている自分の本当の気持ちに触れるのです。

すると、自然と涙が出てくるんです。



そして、それを言葉にしたとき…

「やっと気付いていくれた」

「ほっとした」

そんな感覚を得ることができます。



そうやって心が少しづつ、開放されていきます。


今まで、がんばり続けた心は、ギュって固くなっています。

あるいは「こんな気持ち感じちゃいけない」と持っている心も固くギュッとなっています。



固くなった心を開放させてあげることで、少しづつ心が動き始めます。

今まで、押さえ込んていた感情も動きだします。




カウンセリングの一歩はまず、ここから始めます。




最後までお読みいただきありがとうございました。

庭田真理子でした。








カウンセリングはスカイプと対面(神楽坂、大宮)でお受けしています。

スカイプカウンセリングでは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、オランダ、韓国など、海外在住の方からもお受けしています。

離婚、夫婦喧嘩、離婚危機、旦那の顔色を見る、嫌われたくない、機嫌を伺う、結婚してるのに寂しい、私さえガマンすれば、アダルトチルドレン、孤独感、ストレス、見捨てられ感、ダメンズ、旦那イライラ、旦那ストレス、旦那モラハラ、産後クライシス、モンスター妻、仮面夫婦、家庭内別居





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)