にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 映画ブログへ
SEO
TOMCAT SYSTEM
2008-12-04 21:33:30

とらドラ! 第10話「花火」

テーマ:アニメ感想 よろず
 【ストーリー】
昨夜の怪奇事件のため、一睡も出来ずにリビングで朝を迎えてしまった高須竜児と逢坂大河の2人は、櫛枝実乃梨に対して幽霊で驚かせるのをどうするかと検討する。
と、その会話を北村祐作に聞かれてしまい、2人が実乃梨を驚かせていたのだとばれてしまう。
大河は苦し紛れで実は実乃梨は怖がっているが、その怖いのが好きなのだと嘘を吐く。北村は大河の嘘に、実乃梨が怖がりながら目が輝いていたと納得すると、自分も参加し、川嶋亜美にも手伝わせるとやる気を出してしまう。

実乃梨が朝食の準備をしようと意気込んでキッチンに来ると、既に竜児が朝食の準備を終えていた。更に一日遊ぶつもりらしいから、とお昼のサンドイッチとスープの準備もしているところだった。ならばと実乃梨は竜児の手伝いをする。

慣れた手付きでタマネギを切る実乃梨。両親が共働きで高校生の弟の弁当を作ったりしているからなのだという。
実乃梨は竜児の料理の腕を褒めると、竜児のお嫁さんは幸せ者だと笑顔で語る。
竜児が昨日の事を話そうとすると、実乃梨はあの時の話は秘密にして欲しいと告げる。
そんな2人の会話を立ち聞きしていた亜美は、そっとその場を離れるのだった。

海で遊ぶ実乃梨は、海を怖がる大河を海へ誘って遊んでいた。
北村と竜児は浜辺にいたが、亜美がやってこない。
竜児が亜美を呼びに行くと、彼女は部屋の鏡の前でポーズをとっていた。自分に見惚れていたと答える亜美に呆れる竜児だが、亜美は水着姿について感想を聞いてくる。しかしそっけない態度の竜児に対して胸の飾りが取れるのだと見せる亜美。照れた竜児に、亜美は付けて欲しいと迫るも、照れた竜児は焦ってそれを拒む。

亜美は竜児に何故実乃梨に喜んで欲しいのか、と訊き、5秒以内に答えなければ協力しないと迫ってくる。カウントダウンする亜美だが、結局竜児は答える事が出来ない。と、亜美は急に冷たい態度を取り、そそくさと浜辺に行ってしまう。
突然、協力を拒否する亜美に驚く北村だが、頑なに拒む亜美。
止むを得ず、北村は実乃梨たちにトイレだと告げると、亜美の書いた地図を頼りに自分一人で準備をする事になる。

お昼。
竜児たちが先にお弁当を食べていたところに、洞窟で準備を終えた北村が合流する。北村がお昼の後で洞窟へ行こうと告げようとするが、そんな北村の言葉を遮って亜美が素敵な場所があると実乃梨を洞窟に誘う。
手伝わないと言っていたにも関わらず、協力する姿勢を見せた亜美を不思議がる北村たち。

亜美が案内した洞窟は暗く、『危険』と書かれた看板が倒れているような場所だった。
口では強がって見せるも、明らかにびびっている実乃梨。
未確認生物と遭遇するか、と言い出して実乃梨を丸め込んでいく北村の口車を感心する竜児だが、大河は「あの口車格好いい」と呟いて竜児を呆れさせる。
「ようし、行くぞ、北村探検隊
 黄金の双首コブラを見付けるのだ!」
ノリノリで洞窟へと進む北村。

怯える実乃梨を背にして、奥へと進んでいく北村。
彼が第1関門として用意したのは、糸で吊した油揚げ。しかも実乃梨には当たらずに、大河の顔面を直撃する。
北村の仕掛けを知った竜児と亜美は、北村は頭は良いが「アホ」なのだと再確認してしまう。
「北村君を悪く言うな」
油揚げの油で顔をテカらせながら、大河は2人に文句を言う。

更に先に進んでいく北村探検隊。
大河はケチャップの匂いを感じて足を止める。
と、壁にはケチャップの血文字で「ぎゃぁぁ」と書かれていた。
亜美と竜児は「やっぱアホだ」とため息を吐き、そんな2人に大河はまたも抗議するが、若干トーンダウンしていた。
が、壁に手を突いた竜児の掌には何処かで見覚えのあるぬめりのあるものが。

先に進んでこない3人を迎えに戻ってきた北村と実乃梨。
実乃梨は竜児の手に付いた髪の毛を見るやいなや「傷心旅行でこの洞窟に迷い込んで非業の死を遂げた女性の呪い」と言い出し、出してくれと喚き出す。
それを竜児の仕掛けたトラップと勘違いした北村は、「ナイスアシスト」と良いながら、最後のトラップがこの先50mの所にあると囁く。

北村のトラップだと思い込んでいた大河は感心するが、竜児からこの髪の毛が北村でも竜児でもなく、昨夜と同じ「本物」だと告げられ、怖がって実乃梨と手を繋いで進む事にする。

亜美はそんな遣り取りをくだらないと言い、みんなと別行動を取り、近道で帰ると言い出す。
そんな亜美の行動に竜児は右往左往しながらも、亜美の後をついていく事にする。
だが、その事で2人がいないと知った先の3人は、驚くことになる。

亜美に付いてきた竜児は本当に道が判っているのかと問いかける。
当然だと答える亜美だが、暗いところなどがそれほど得意ではないという竜児に、亜美はこのまま置いていってしまうと怖いのか、自分が必要なのか、一緒にいて欲しいのか、早く実乃梨の所に戻りたいのか、と矢継ぎ早に問いかけてくる。
「高須くんにあの子はあわないと思う」
そう口にする亜美に、惚けようとする竜児。
「高須くんに合うのはね」
だが、その言葉の続きを口に出来ない。自分のいる場所が判らず、迷ったと泣き出してしまう亜美。
そんな亜美を必死に励ます竜児だが、それは真っ赤な嘘だった。

嘘だと知り、怒りながら手にしていた油揚げで亜美を叩く竜児。
「高須くんてさ、結構しょうもない奴だよね」
突然の亜美の台詞。
「でもそういうとこ、嫌いじゃないな」
亜美は竜児と実乃梨が合わないというのは本当だと語る。
「だって、高須くんはだから」
「なんだそりゃ」
「実乃梨ちゃんは太陽
 側にいたら焼き尽くされて、消えるだけだと思うわ。
 だって、高須くんは実乃梨ちゃんの事、ぶったりできないでしょ。
 憧れだけじゃ対等になれない。
 対等になれるのは、アタシみたいな」
だが、そこに実乃梨の悲鳴が聞こえて来る。慌てて走り出す竜児と、それを追いかける亜美は途中で転びそうになるが、咄嗟に竜児が支える。

北村達のところに駆けつけた竜児たち。
しかし実乃梨が何かに連れ去られたと言い、様子を見に行った北村も悲鳴と共に戻ってこない。
更に洞窟内に聞こえてくる奇妙な声に、キレた大河が突撃する。
が、大河の悲鳴が聞こえると、亜美と北村が「大河に事故発生」だと言い出す。

実は全て北村と実乃梨の共犯による仕業だった。
大河と竜児が2人で脅かせようとしていたやり方があまりにも甘かったので、実乃梨は北村を仲間に引き入れて逆に脅かせていたのだ。
実乃梨は実はホラーが大好きで、お化けなどが怖いと言っていたのは、そう言うと必ず誰かが驚かせてくれるので、それを楽しみにしていたのだ。

一件落着し、花火を始める一同。
気の抜けた竜児と亜美。竜児は不意に洞窟での亜美の問いかけに答える。
「俺は、お前がいないと寂しいぞ。
 てゆーか、俺か寂しがるかどうかじゃなくて、お前が寂しいかどうかじゃないの?」
「あたし、自分が寂しいかどうかなんて、考えたことない」
そんな亜美にだったら考えろという竜児は、辛くなったら、真っ直ぐ表現すればいいという。
「高須くんてさぁ……たまに優しいんだから」
自分たちが対等だという竜児に、亜美は花火には加わらず立ち去りながら小さく呟く。

最後の夜だから楽しもうと実乃梨に花火に誘われた竜児は不意に礼を言う。
怖かったが、実乃梨と一緒にいるとどんな時も楽しいという竜児に、実乃梨はそれは自分の台詞だと答える。
「私も、本当に楽しかった。
 カレーもおいしかったし、私の変な話も笑わないで聞いてくれた。
 高須くんはちゃんと判ってくれた。
 怖がらせて本当にゴメンね」
竜児が幽霊を見たいと言っていたから、幽霊を見せたくて頑張ったのだという実乃梨。
何故竜児が自分を怖がらせようとしたのか、という質問に実乃梨が幽霊が嫌いだと大河から聞いたからだと答えた竜児の言葉を否定する実乃梨。
竜児は人が嫌がる事はしない、いつも人を楽しませようとしている。そんな竜児が何故こんな事をしたのか、本当に知りたいと思っているという実乃梨。
竜児は実乃梨に幽霊を見せたかった、見えなかったからと言って諦めるのはまだ早いのだ、と告げる。
竜児に今度は一緒にUFOを、そしてツチノコを探しに行こう誘う。
その時、突然遠くで花火が上がる。実乃梨はUFOが爆発して、宇宙戦争勃発だとはしゃぐ。
しかし2人の様子を線香花火をしながら見ていた大河は少し表情を曇らせる。

次回 第11話「大橋高校文化祭・前編」

 【感想】

あの怪奇事件はやはり実乃梨や北村たちのイタズラでした。
まぁ、そうだろうね。みのりんが幽霊を怖がるというのも、なんか不自然な感じがあったもんなぁ。

そして竜児はモテ期到来。ただし本人はまったく気付いていないようですが。

実乃梨が料理上手なのはバイトだけではなく、家で家事をやるからなんですね。

亜美の竜児に対する思いはどうやら本気のようだ。
竜児はモテ期到来ですが、まったく気付いていません。
亜美は竜児の実乃梨への想いを気付きながらも、ハッキリしようとしない態度に腹を立てたのでしょうね。

やっぱり最終的には大河と竜児をくっつけるつもりなのかな?
亜美の台詞はそのまんま大河に当てはまるものなしな。む

次回は早々に夏休みも終わり、文化祭です。
次回は前編で準備までのようですが、何故か竜児は大河パパと会って欲しいと大河に頼まれるらしい。
てか、大橋高校って名前だったか。あんまり高校名を意識したこと無かったな。



■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)へお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいアップ

関 連 商 品
とらドラ! Scene1(初回限定版)
¥5,972
Amazon.co.jp
とらドラ! Scene2(初回限定版)
とらドラ! Scene3(初回限定版)
とらドラ! Scene4(初回限定版)
とらドラ! Scene5(初回限定版)
とらドラ! Scene6(初回限定版)
とらドラ! Scene7(初回限定版)
とらドラ! Scene8(初回限定版)
¥5,426
Amazon.co.jp
とらドラ! ドラマCD Vol.1/ドラマ
¥2,940
Amazon.co.jp
とらドラ!オープニングテーマ プレパレード/逢坂大河(釘宮理恵)
¥1,143
Amazon.co.jp
バニラソルト(初回限定盤)(DVD付)/堀江由衣
¥1,350
Amazon.co.jp
とらドラ! サウンドトラック/TVサントラ
¥3,000
Amazon.co.jp
とらドラ! 逢坂大河トートバック
¥1,500
Amazon.co.jp
とらドラ! 逢坂大河Tシャツ/ライトベージュ-XL《予約商品01月発売》
とらドラ! 逢坂大河Tシャツ/ライトベージュ-L
とらドラ! 逢坂大河Tシャツ/ライトベージュ-M
¥3,045 あみあみ
とらドラ! 手乗りタイガーTシャツ/ホワイト-XL《予約商品01月発売》
とらドラ! 手乗りタイガーTシャツ/ホワイト-L
とらドラ! 手乗りタイガーTシャツ/ホワイト-M
¥3,045 あみあみ
アニメ 感想 レビュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

黒虎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。