Related Posts with Thumbnails
2008-08-24 20:19:57

男のための自分探し

テーマ:生き方を考える本
男のための自分探し/伊藤 健太郎



¥1,260

Amazon.co.jp


 NHKのコント番組「サラリーマンneo」がけっこう好きで、レギュラー放送開始前のテスト版から見ていたりします。NHKらしからぬ、民放には決してまねできないギャグセンスは、日ごろNHKをデフォルトチャンネルにしている私のツボを押さえてくれています。

 その「サラリーマンneo」のニュースのコントにあったネタで、些細ながら忘れられないやつが一つあります。それは、「自分探しの旅に出かけたOLの○○さんが、ついに自分を見つけるのに成功しました。毎年自分探しに旅立つ人が多い中で、実際に自分を見つけたのは○○さんが史上初のことです」というもの。すごいニュースです、確かに。「自分」が見つかっちゃったんですから。

 こうしてギャグとして扱われてしまうくらいですから、「自分探し」というのはかなり非現実的な行為の気がしますね。その「自分探し」とは何か、探している「自分」とは何かを、理詰めで解析していこうというのがきょうの一冊、「男のための自分探し」です。

 一応哲学書です、これ。書いてる人も哲学者。文体自体は柔らかく、字数も少ないので、さらっと読むことはできますが、書いている内容はけっこう難しいです。で、自分探しとは本当の幸福を探すことであるとした上で、幸せとは結婚であるといいながら、「愛は4年で終わる」と、なかなか衝撃的なことを書いています。4年とは、子供を産み育てるのに最低限必要な時間で、それを過ぎると、特に男は浮気をしやすくなる。それは種を少しでも多く残すためで、男という動物のしくみなのであるとしています。ずいぶん刺激的です。

 さらに、「給料が増えても幸福は増えない」「「死」を見つめたとき、人間は「本当の自分」になる」「すべての人間は、沈没するタイタニック号の上で騒いでいる乗客と同じ」など、ふだん「明日に向かってがんばろう」といった成功本を読み慣れている人たちにとっては苦痛にしか映らない言葉が書き並べられています。

 私も読んでいてだんだん不愉快になってきましたが、一呼吸置いて読み進めると、案外心理を突いてくる言葉だとも思えるのです。人は死に向かって戦い続け、いずれその戦いに敗れることが定められている。言われてみれば当たり前の理屈です。そしてその敗北の日は明日でない保証はどこにもない。

 「モーニング娘。」を引き合いに出したり、手軽さを演出している本ですが、男の生き様の核心に迫る、問題提起の一冊といえます。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ADAKENさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■はじめまして!

ADAKEN様

jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20081006/1223270748

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。

2 ■はじめまして!

ADAKEN様

jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20081006/1223270748

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。

1 ■今日は

はじめまして。あなきんと申します。書評を頂き、どうも有難うございました。

たしかに仰るとおり、「明日に向かって頑張ろう」というノウハウ本とは、哲学なので一線を画していますね。

「死」や「生きる意味」という、重い問題に、軽い気持ちで触れるきっかけになってくれれば、望外の喜びです。

他の方の書評と一緒に、当方のブログ『愛と哲学の自分探し』に紹介させて頂きました。どうも有難うございました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。