中山貴弘センター長のブログ

不妊治療にたずさわる生殖医療専門医が、体外受精をはじめとする不妊治療について日々考えていることを、自らの体験談をまじえながら話していきます。 


テーマ:

今回から卵子の話の本題に入るわけですが、最初に身近にある電気製品のコンセントを見てみましょう。標準的~少し小さめのものを見てください。

 

それが大まかな卵巣の大きさです。

 

この卵巣は子宮の横にひも状のものでくっついております。コンセントについているコードと同じ構造です。このコードでお腹の中でブラブラしているわけですね。

 

このひも状のものは卵巣固有靭帯と呼ばれていて、中に2本の血管(卵巣動脈と卵巣静脈)が通っています。コードの中にある2本の電線の束と同じです。この卵巣動脈を通る血液で卵巣・卵子は養われています。

実際のところ靭帯は、コードよりやや細くて、血管は電線の束よりさらに細いです。 

 

卵子は卵巣の表皮のすぐ下、コンセントで言いますと表面のビニール直下に、全周囲にわたりちりばめられたように存在します。

 

そしてご存知のように、卵巣内の卵子は生まれた後はその数が増えることはありません。

 

生まれた時には誰しも数十万個の卵子を持っていますが、それが生涯にわたり減るいっぽうになります。

毎月の排卵で1個ずつなくなっていきますがその数は知れています。

計算してみますと、閉経までに40年間、毎月排卵を続けるとして、それが年に12回ですから計480個が使われるのみです。

 

その他はどうなるのか?

 

自然消滅していきます。

 

一日に数個~10個、1か月に100個~300個が所有者の意思とは関係なく消えていきます。

 

皆さま、小学生のときとかに、頭をぶつけた時に、

「痛~っ!いまおれの脳細胞が1万個破壊された~」とよく言っていたと思いますが、

(えっ、言ってたことない!?)

 

卵子も脳細胞と同様(?)、何らかの外的な要因でこの消滅のスピードが速まります。

 

そしてこの消滅のカギを握っているのが、卵巣動脈を流れる血液の量と質です。

卵子はこの血液だけが頼りです。

 

いわば、生まれたての赤ちゃんとお母さんが与えるミルクとの関係に似ていますね。

赤ちゃんは自分で食べることができません。お母さんのミルクだけが命綱です。

 

ミルク不足やミルクの質が悪いとミルクだけが頼りの赤ちゃんにとっては大変深刻な事態となってしまうわけです。

 

続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、

 

男性と女性では、どちらが機能的に優れているか?

 

という、生殖医療からいささか逸れたお話です。

 

太古の昔より、この世の中では力の強い男性が女性を虐げてきたと言っても過言ではないでしょう。今でも倫理感の乏しい国々では女性の地位は低く、そのようなところでは男女問わず、まずほとんどの人が「そりゃ男性の方が優れているに決まっている」と考えていると思います。

 

しかしながら、ものの解釈によるとキリスト教的には女性の方が男性より上みたいです。聖書に書いてあるようです。

 

「そんなの一言も書いてない。」

 

と聖書に詳しい方やキリスト教徒の方がいらっしゃったら思われるかも知れません。

 

聖書の創世記には、まず神様は男性(アダム)を造られて、その肋骨から女性(イヴ)を造られたと書いてあるようです。

 

「ほら!女性は男性の一部から作られたんだから男性の方が優れているじゃない。」と思われた方、

 

それは間違った解釈です!

 

話は逸れますが、

 

私、昔、トヨタのウインダムという高級車に乗っていました。これが素晴らしい車で、10年間乗っていて故障ゼロでした。外国の方を乗せた時、あまりの乗り心地の良さに感激されて、「この車、私もほしい!○○国でも買えるか?」と言わしめたほどです。

 

実は、このウインダムは格下の大衆車、カムリの部品をベースに作られていました。ドアとかはカムリと全く同じものですが、他の部分は少しづつレベルアップしています。カムリの改良型です。

 

ここまで書くとお分かりいただけた方も多いかとは思いますが、  

 

男性から女性が作られたという文章をそのまま解釈すると、

 

女性も男性の改良型(高級仕様)のようです(☜かなり決めつけている)。

 

男性に子供を産み、お乳で育てるという機能を付加した創造物です。

 

男性=大衆車、女性=高級車でしょうか。

 

私は産婦人科医なので?この解釈には賛成です。私見では公平公正にみて女性の方が機能的には優れていると思います。

 

ただ、こうなると泌尿器科の先生の意見も聞きたいですね。

 

「そりゃ機能的には男性の方が優れてますよ。」

 

とか言われたらまたそれはそれで面白いですよね(たぶん顔見知りの先生は全員、言いそうな予感)。

 

でも皆さまは、体の中に卵子を持っていて、そしてその卵子を赤ちゃんまで育て上げる子宮も持っていてすごいと思います。ホントにすごいことですよ。

 

これからしばらくの間、その卵子や子宮に目を向けて一緒に考えていきましょう。皆様の自身が持っている卵子や子宮への理解がより一層深まれば幸いです。

 

続く

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨今、学校の先生の良からぬ言動が時折、メディアで報道されています。

私が義務教育を受けていた今から50年近く昔も、そのようなことは日常茶飯事に起きていました。当時、学校の先生は地域社会の中では地位が高く、ある程度何かしても許される風潮がありましたね。

 

体罰も教育の一環でごく当たり前のこととして認識されていましたし、生徒にとってはとても文章に書けないような理不尽なこともありました。先生が朝からべろべろに酔っぱらっていたり、怒って生徒に唾を吐きかけたり等々。

 

(普通に書いてるやん)

 

でも、そのような昔と違って今の学校の先生はストレスが多くて色々と大変だと思います。今どきの学生は昔みたいに先生に絶対服従ではないでしょうし、学習の達成目標もありますからね。昔は皆無だったモンスターペアレントもいますし。やはり教員の方の不妊症にも仕事場での精神的肉体的ストレスの関与は少なからずあると思います。われわれも、われわれのできる患者様のストレス解消法は何かを今後も追求していきたいと思っています。

 

さて、 

 

よく、「小学校の恩師、中学や高校の恩師」という言葉を耳にしますが、私は常々、「そういう先生に出会えた人は幸せだな、うらやましいな」と感じながら聞いていました。

 

「小中高での恩師みたいな先生は?」と聞かれても残念ながら私には思い浮かばないからです。  

 

ところが、ついこの間、昔の大事にしていたものを整理していたら、小・中学校の時に通っていた英語塾の月謝袋(下図)が出てきました。

 

タルイ塾とみんな呼んでまして、タルイ先生(そういえば漢字を知りませんでした)というおじいちゃん先生が教えていました。

 

50年近く前の山間の超田舎でそんなハイカラなものがあったのか、中山は英才教育受けてるやん、と思われる方もおられるかもしれませんが、このタルイ塾は、私が生涯で月謝を払って通った唯一の学習塾です。そして、タルイ先生は尋常小学校が最終学歴の田舎のおじいちゃんです。

 

なんでも、先生は尋常小学校卒業後、進駐軍相手のバーテンで生計を立てていて、その時英語を見よう見まねで覚えたそうです。塾の机も寺子屋と同じ二人用の長机、座布団座りでした。

 

今になってよくよく考えてみれば「私の小中高大の恩師」は、このタルイ先生だったかなと思います。立派な恩師といっても過言ではない存在です。それでこの月謝袋も何となく無意識のうちに50年近く捨てることなく大事にとっていたのでしょう。 

 

タルイ塾の内容は昔としてはかなりの高水準で、先生は授業中、質問攻めでした。息つく暇がありません。1時間の授業でしたが、中身濃厚で終了後はいつも達成感がありました。

 

テストも頻繁にあり、採点後みんなの前で返されます。成績の良し悪しはすぐわかります。返す時に先生の顔が変わるからです。良い点数や良いアンサーをしたときはこの上なく嬉しそうにします。でも言葉は一切発しません。至福の表情だけです。

 

そして、成績が悪かったり、間違ったアンサーの時は、

 

決して怒りません。

 

ただ悲しそうな顔をするのです。やはり何も言いません。

 

そうしてその顔にはこう書いてあります。(一体どうした? 君だとこれくらいできるはず。自分の教え方が悪かった? 残念だ。)

 

ちなみに良い時の顔に書いてあるのは、

 

(よくやった。だいぶん実力つけたな。すごくうれしい。教師冥利に尽きる。)

目を細くしてとてもいい笑顔です。お地蔵さんのようです。

 

そういえば、特によくできた月はよっぽどうれしかったのでしょう、次月の月謝をタダにしてくれました。

 

私は、「このタルイ先生を悲しませてはいけない。」、「喜ばせてあげたい。」と思って一生懸命勉強しました。

 

今思えば、

 

「自分の成績が悪いことで先生を悲しませてはいけない」「成績を上げて先生を喜ばせてあげたい」と生徒に思わせ、その思いが勉強に対する強力なモチベーションになる先生って究極の先生ではないでしょうか。

 

私にも立派な恩師がいたということです。 

 

ところで、

 

世の中で、あと先生といえば、代議士、弁護士、、、そして医師ですね。

 

私もタルイ先生のおかげで「先生」の一人になりました。

 

今からでも、遅くない。タルイ先生のような理想の先生(医師)になりたいものです。

 

タルイ先生が医者だったら、不妊治療担当医師だったらどんな人物になっていたでしょうか、と考えました。

 

まず、自分の人生目標、生きている証を、無意識のうちに自分のことよりも患者様の幸福(妊娠・出産)実現に設定しているでしょう。そして患者様と同等以上に患者様の幸福を切望していると思います。そしてその思いは言葉に出さなくても、患者様にひしひしと伝わり、それが妊娠へ向けての治療の大きなエネルギーになるでしょう。「この先生の思いに応えないといけない」といったところでしょうか。ここまでくると、もうお地蔵さんというよりも地蔵菩薩の領域ですね。 

 

このように考えますと、若輩者の私は、その道を極める厳しさに気が遠くなりそうです。

まだまだ、タルイ先生の足元にも及びません。

恩師タルイ先生の姿を自分に重ね合わせて少しでもそれに近づけるよう今後も精進していきたいと思います。

                                  完

 

追記 

皆様、お気づきでしょうか?月謝袋に書いてある ”チャーリー” は、塾での私の英名でした。タルイ先生には塾以外でもチャーリーとしか呼ばれたことがありません。私はこの名前が好きではありませんでした。チャーリーというとチャーリーブラウンとかチャーリー浜(芸は好きですが)を連想させるからです。トムとかベンとかが羨ましかったです。過去に国外で「チャーリー!」との言葉に思わず振り向いたことが二回あります。たぶん国内でも後ろから「チャーリー!」と呼ばれたらまず振り向くと思います(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は週に1~2回ですがダイエットのためジムに泳ぎに行っております。

 

泳ぐのはとても心地よくて楽しく、良い雰囲気のジムなのですが、

 

ただ一つ不満あり。

 

それは、

 

・・・・・

 

お風呂のお湯が熱すぎる!

 

一応表示には42度ですと書いてありますが、

 

「これ絶対ちゃうやろ!」というくらい熱い。

 

「絶対43度、ヘタしたら43.5度あるわ。これ。」とかなり疑いの目をもって、いつも浴槽を横目で見ながら、

 

水温40度のシャワーを浴びています(熱くて入れない)。

 

そして水風呂、

 

これがむちゃくちゃ冷たい! 入っている人見たことない。

 

「絶対、水道水そのまま入れてるやろ!」

 

「大寒波きて水道管凍結した日の水温はほとんど0度やろ!」 

 

風呂でむちゃくちゃ熱くて、次、水風呂でむちゃくちゃ冷たい、、、

 

「どっちも入られへんやろ!これ拷問かい?!」

 

・・・・・・

 

え~

 

とまあ、

 

そうゆうわけでこのような急激な温度変化は、絶対、体(心臓)に良くないと思います。

 

人間、体調を崩しやすいのは日々の寒暖の差が大きい時なんですね。

 

毎日、斎場の前を通って出勤しますが、急に暑くなったり、急に寒くなったりした後は葬儀がどうも多くなるような印象があります。

 

なので、長生きしようと思ったら気温が暑かろうが寒かろうが、年間を通じて気温の変化が少ないところがお勧めです。

 

 

ここで本題ですが、実は、精子や卵子も同じことが言えます。

 

精子を採取後保温して早めに持ってきてくださいと申しておりますのはやはり、冷えると傷がついて弱ってしまうからなんです。

 

もう少し具体的に申しますと、温度変化により精子のDNAが切断されます。これと同じことが卵子や胚にも起こります。

 

例えば室温で顕微授精操作や日々の胚発育の観察などを漫然と行っておりますと、知らないうちにDNAに少しずつ傷がついて弱ってきます。この弱り(ダメージ)は肉眼ではわからない(見かけは同じ胚のグレード)ことも多いのです。

 

ですから、これらの温度変化による潜在的な精子や胚のDNAの劣化を防ぐためには、それを取り扱う胚培養士にスピード感が求められます。

 

特に顕微授精操作はいちばん胚培養士の技術が要求される手技です。早くて丁寧でないとダメです。世間では遅くて丁寧でもOKという風潮がありますが、それは間違っています。

 

一般的に件数をたくさん行っている施設(胚培養士)の方が顕微授精の成績が良いといわれておりますが、それもこのような理由によるものだと思います。

 

当院の経験豊富な胚培養士達は、抜群のスピード感を持った丁寧な顕微授精を行い、その他この温度変化に対応するために胚の取り扱いにおいて様々な工夫をいたしておりますのでご安心いただけたらと思います。

 

このように精子(卵子や胚も)は、熱い環境だけではなくて冷えすぎても良くないんですね。非常にナイーブです。

 

おそらく精子は細胞質が卵細胞に比べてほとんどないので、核にあるDNAが外部温度変化の影響をモロに受けやすいのでしょう。痩せてる人が脂肪が少ないため寒がり暑がりであると似ていますね。

 

ということは、ヒトもある程度脂肪がついていた方が、温度変化を受けにくいという点で健康に良いのかも知れません。

 

そう考えると、

 

・・・・・・

 

私もダイエットの必要がないということか!???

 

精子の話(完)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

精子の中の大切な配線、それは遺伝情報が刷り込まれているコード、DNAです。カセットテープのテープに例えると解り易いですかね。

 

えっ? カセットテープ使ったことない? 

 

今は昔の話ですが、

 

音楽鑑賞用のカセットテープを車の中に置いたままにしておくと、夏の高温によりテープが伸びて音質が変わったり聞けなくなったりしました。

実は精子のDNAでもそれが起こります。精子が高温にさらされるとDNAの劣化(断裂)が起こり、遺伝情報が正しく伝わらない事態となります。そしてその後の胚の発育にも多大な影響を及ぼしてしまいます。カセットテープの再生音が変になって変な音楽ができてしまうのと同じです。

 

実際の臨床の場では、精子を取り巻く環境が高温になる代表的な疾患として精索静脈瘤が挙げられます。精索静脈瘤では睾丸表面の静脈の流れが滞ることによって睾丸の温度が体温と同じ37度に温められる状態となります。

 

ちょうど湯たんぽで睾丸を温めている状態ですね。

 

一見、37度は体温と同じですから普通の温度のようですが、精子たちにとっては私のワーゲンの電気配線が切れてしまうくらいの高温なんですね。

 

ただし精索静脈瘤で温められて弱った精子でも、顕微授精で強制的に卵子内に注入すると、難なく受精し妊娠も成立します。

 

が、しかし、

 

最近ではそれでも精索静脈瘤の手術をあえて行い精子の状態を改善したうえで顕微授精を行うという選択肢もあるようです。顕微授精を行っても良質の胚ができない場合は、精子の質の改善を図るという意味でこの精索静脈瘤の手術は選択肢のひとつかもしれません。

 

職場環境によって精子が悪くなるケースもあります。昔からよく言われているのが日常的に高温にさらされている製鉄所勤務の方です。また暑い日でも一日中戸外で働いている方、このような方も精子が常に高温の環境に置かれ続けているといってよいでしょう。

 

「あつい」環境といえば夏の暑さはどうでしょうか?

 

実はこれも精子に影響を及ぼしているらしいことが解ってきています。

 

「夏は精子の状態が悪くなる」?

 

いえ、実は一年のうちで精液所見が悪くなるのは秋のようです。一見不思議ですが...

 

ただ、皆さまご存知ですよね、精子は二か月半かかって丁寧に作られていることを。

 

なので、その製造過程である過去二か月半の間に起った睾丸の高温状態は、精子に何らかの影響を及ぼしているといっても過言ではないでしょう。例えば3月に行った精液検査がすごく悪くて、よく考えたら新年早々にインフルエンザにかかっていたとかよくある話です。

 

同じように8月の暑さの影響は10月、11月に完成品となる精子の品質に現れてくるというわけです。

 

では、さらなる疑問がわきます。

 

暑い気候の国の人は男性不妊症が多いのか? 例えばアフリカの人とか。

 

残念ながら、これはデータ不足でわからないようです。 

 

しかし、どう考えてもアフリカ男子と比べて、日本男児の妊孕力が勝っているとは思えません(これは完全に個人的な見解です)。

 

暑い気候の国の男性は、暑さというハンディを凌駕する妊孕性増強ファクターを持っているのかも知れませんね。

 

暇があったら研究してみたい興味あるテーマです。               

 

よく考えますと、日本の夏もアフリカなみに温度が上がりますので男性の方はこれからの季節、注意しましょう!

 

精子の話(6)熱と精子 続く

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。