自称NPO団体「あしたばの会」による大阪市の転居支援費用の生活保護費詐取事件で、大阪府警捜査2課は2日、同団体代表の男(62)が関与した疑いが強まったとして、詐欺容疑で逮捕状を取った。容疑が固まり次第、逮捕する。

捜査関係者によると、代表は同団体幹部・畑勲容疑者(47)らと共謀し、昨年11~12月、生活保護受給者の山本一人容疑者(46)が大阪市内から神戸市内に転居するように装い、大阪市に申請、転居支援費用計約36万円をだまし取った疑いが持たれている。

代表は、これまで読売新聞の取材に複数回応じ、「4年前まで『あしたばの会』として児童支援をしていたが、生活困窮者支援はしていない」「団体は活動停止中で、畑容疑者に頼まれて名義は貸したが、不正には関与していない」と説明していた。

広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
歩道橋事故 元明石署幹部らの実刑確定へ 最高裁上告棄却 (産経新聞)
<鳩山首相>続投に意欲 「しっかりとした政治を取り戻す」(毎日新聞)
元専務ら強制捜査へ=ローソン子会社の不正流出―特別背任容疑・東京地検(時事通信)
電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)
AD