他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は25日、多数の人が利用する公共施設を原則的に全面禁煙とするよう求め、都道府県などに通知した。ただし、施設管理者に「努力義務」を課すにとどまり、罰則はないため、実効性は不透明だ。
 通知では、学校や病院、事務所など全面禁煙の対象となる施設を広範囲に指定。屋外であっても、子どもの利用が想定される場合は受動喫煙防止のための配慮が必要だとした。
 飲食店など全面禁煙が困難な施設については、当面は分煙化による対応を認め、将来的には全面禁煙を目指すよう求めた。 

医療・介護ビジネスを将来の戦略分野に―産業競争力部会が初会合(医療介護CBニュース)
温暖化法案、原発利用を明記=連立相手の社民にも配慮-小沢環境相(時事通信)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(下)事業は国家社会への貢献(産経新聞)
未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を(医療介護CBニュース)
「尋問技術を磨いていれば…」谷垣総裁が反省(読売新聞)
AD