四国運輸局は11日、宇高航路(高松市-岡山県玉野市)の事業廃止届を出していた「四国フェリー」(高松市)が、届け出を取り下げたと発表した。「国道フェリー」(同)は今月4日に同航路の廃止届を取り下げており、四国フェリーも存続に向けた経営合理化策を検討していた。四国フェリーによると、1日往復22便の現行ダイヤを維持し、来年3月までの運航は継続するとしている。

 運輸局は取り下げの理由を「一定の経営合理化のめどがたった」と説明。同社によると、全従業員約100人は今月末、いったん退職金を支払って解雇し、希望者は別会社で再雇用する。人件費を中心に年間数億円のコスト削減を目指す。

 四国フェリーと国道フェリーは先月、廃止届を出して今月26日で宇高航路から撤退する意思を表明。航路の存続が危ぶまれていた。国や地元自治体が構成する協議会が先月末に発足し、対応策を協議している。【三上健太郎、中村好見】

【関連ニュース】
座礁:フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘
津波:足止めフェリー、未明に220人下船 八戸と苫小牧
津波:紀勢線で特急20本運休 瀬戸内海のフェリー欠航も
雑記帳:横浜港に停泊のフェリーで青森県の物産展
宇高航路:3月廃止 100年の歴史に幕

SS活動家を送検=傷害事件でも捜査-海保(時事通信)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)
<能古島切断遺体>不明の32歳会社員と判明(毎日新聞)
<枝野担当相>事業仕分け第2弾対象選定開始 50法人公表(毎日新聞)
政治主導法案、月内成立は困難=与党、子ども手当など最優先(時事通信)
AD