朝から後輩が30代未婚女子を敵に回すブログを書いていた

 

 

 

結婚したいならやっぱり30歳までになんとかした方がいいと思う

http://ecochiko2.hatenablog.com/entry/2016/11/17/095045

 

 

最近この後輩にいろいろ言われる。

 

ある日の会話。この日はトランプが大統領になって円高にふれていた。

 

私 「円高だしFXでもしようかな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


後輩「婚活しなよ。」

 

 

 

え、FXと婚活って並列なの?え?

 

 

と思ってしまうが、要はそのくらい他のことに気を囚われず(しかもモテなさそうなFX)真剣に取り組まないと30代の婚活は厳しいということなのだろう。

 

30までに何とかしたほうがいい、というのには100%アグリーです。

 

 

30代の婚活を一言で言うと

 

「昔100円で買えていたものが200円払っても買えない」

 

 

これに尽きる。

 

要は自分を通貨に例えると、市場価値が落ちて圧倒的なインフレ市場に突入するわけです。

自分が知らないうちに

 

それなのに、こっちは100円で買えるスタンスでいるから、

 

「おっかしーな!なんで?」

 

っていう思考から抜けられない。

 

なので、高値のうちに売り抜ける

これ、一番いい。

 

 

しかし、これもマーケットと同じような話で「まだまだ価値上がるんじゃね?」と思って売り時を失敗する人がいることもこれまた真実。

もしくは高値のときに結婚願望がなかった、みたいな人もいると思う。

あと、そもそも結婚ってそんなにいいの?って価値観もあるし、何より私は30過ぎて未婚に対するレッテルがひどすぎると思っているのでそもそも悩むとこでもなくね?と思っているのもまた事実。

 

なので、30代で未婚でもメリットある、という20代で売り抜けた後輩が知らないであろう楽しみをお伝えし、後輩へアンサーしたいと思う。

 

 

1.自由

 

これは正直超、大きい(こんなこと言うと「だから結婚できないんだよ」と言われることも承知)

 

仕事もある程度分かってきた、世の中の面白さも分かってきた、美味しいレストランのことも知っている。

 

この無双状態。超楽しいのです。

 

旦那に金を使いすぎだと言われることもないし、保育園の送り迎えも、ない。

 

全てを自分で決めて自分で実行する自由さは、20代の時にはなかった気がします。

 

 

2.付き合う人に感謝できる

 

20代のときの彼氏は代替可能。別にもう一生代わりが現れない、っていう絶望感にさいなまれることはない。

 

しかし、30代の私と付き合ってくれる人、超ありがたい。

(なんせ市場価値が目減りしているからね)

 

相手にちゃんと感謝しながら付き合えるのはとてもいいことだと思います。

 

3.世の中には「30代モテ」が存在する

 

キャラにもよると思いますが…

ちょっとお姉さんキャラが好きな男性って世の中に一定数存在します。

自分がお姉さんキャラだなって人は意外と20代より30代の方がモテるかもしれません。

モテグラフでいうと28,29がどん底。

(これはこの年齢、というか数字が男性に与えるプレッシャーによるものだと解釈)

 

なんだけど、30になると信じられないぐらいモテ度が上がる、というパターンもかなり多い。

20代で結婚してたら味わえなかったな、と思うとこれは良かった。

 

 

 

こんな感じだけど、わたし、結婚願望あるけど結婚したいと思える人に出会ったことないんですよね。

男性と違って子供産むこと考えるとリミットもあるし、焦りはあります。

でも、なんかまだまだ先が長そうだなー笑

 

 

 

AD

コメント(3)