アキュラ鍼灸院院長の著書紹介 ☆アマゾンにて好評販売中
アキュラ鍼灸院ブログへようこそ!

私は東京都渋谷区にあるアキュラ鍼灸院の院長です。

様々な疾患の患者様がお見えになりますが、不妊治療に力を入れております。
当院の患者様の70%は不妊鍼灸を受けに来院しております。高度生殖医療を併用している方がほとんどです。

毎日、不妊治療、体外受精、顕微授精を受けている患者様に寄り添い、鍼灸・サプリメント・生活習慣の改善を通じて、良い結果へ患者様を導くお手伝いをさせていただいております。

サプリメントについては様々な臨床文献を参考に、2003年より当院独自の妊活専用サプリメントを開発し、流通コストを省き、安く患者様にお分けしております。また、アキュラ鍼灸院オリジナル無農薬灸の販売も行っております。

2002年5月~渋谷・表参道の地で開業しました。
詳細は鍼灸院のホームページ をご覧ください。

近年、ネットには極めて沢山の情報が氾濫し、中には間違った情報も多く見受けられます。正しい情報をお伝えし、多くの方に赤ちゃんを授かって欲しいと思います。

このブログでは養生、健康増進、美容、妊娠しやすいカラダ作り、妊娠報告、治療院の近隣情報など、わたくし院長をはじめスタッフが情報更新してまいります。

最後に、妊娠には良い精子と卵子の両方が不可欠です。お互いの違いを認識し、協力しあう姿勢こそ、もっとも大切なことだと思います。是非ご夫婦で一緒に読んでいただければ幸いです。

アキュラ鍼灸院へのアクセス

妊娠しやすいカラダ作り

誰も教えてくれない妊娠・出産に大切なこと (アメンバー限定記事 誰でも申請いただければ承認します)

妊娠報告年齢別・治療回数・通院クリニック情報を記載しています。

よくある質問 まとめ

男性不妊関連記事 まとめ

甲状腺関連記事 まとめ

子宝レシピ関連記事 まとめ

東洋医学関連記事 まとめ

育卵・着床のための鍼灸治療関連記事 まとめ

逆子・つわり関連記事 まとめ

高度生殖医療(ART)関連記事まとめ

サプリメント関連記事 まとめ

English Blog


その他テーマは左下に表示されてますので、こちらも合わせてご覧ください

------------------

読者の皆様からの質問にお答えしております。質問をされる方はアメンバー申請をお願いします。アメンバーの登録は、左側コラム、「メッセージを送る」の下の「アメンバーになる」をクリックしてください。質問は「メッセージ」から受け付けています。質問への回答はアメンバー限定記事で公開しています。その際、個人が特定されないよう、記述内容には十分に配慮していきたいと思ってます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Fri, June 24, 2016 10:56:12

医療面接について

テーマ:院長ブログ


昨日は院内にて問診・医療面接の違いについての講義をし、ペアを変えながら体験してもらいました。医療面接は私達にとっては治療を行う上での情報収集ですが、患者様にとってはきちんと聞いてくれているという安心感につながります。患者様の立場になって色々と体験することで、いままで見えていなかった「気づき」に出会うことができるのです。

医療面接と問診の違いとは?

丹沢章八先生の『鍼灸臨床における医療面接』より抜粋

問診は、医療者が患者様を主に医学的関心の対象、つまり臓器や器官をもった人として見る立場で行われるものである。一方、医療面接は、患者様の身体面(臓器や器官を持った人)だけを対象とするのではなく、苦しみを抱えながら生活し、活動している人(地域社会の生活者)として、心理的な面や社会的な面もみんな含んだ、つまり患者様を全人的に捉える立場でおこなわれるものである。」

患者様と治療を通じて共有する「時間」をどう有効に活用していくのか?それも臨床では非常に大切なファクターではないでしょうか。

アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, June 22, 2016 12:19:15

古来より伝わる、蘇りのツボと魚

テーマ:東洋医学について
古来、中国より伝わってきた東洋医学は、今では日本でもよく発展し、特に日本人の鍼灸治療はどの国でも喜ばれるほど大きく発展・貢献してきましたニコニコ

中国、日本、どちらにしても使うものは「漢字」。昔から伝わる何百ものツボには先人からの知恵が詰まっており、ツボに1つ1つ与えられた名前には深い意味が込められています目

〔精神と神〕
例えば、脳という概念がはっきりしていなかった時代には精神状態や意識状態を漢字一文字で「神(しん)」と捉えてきました。その影響で、気持ちを落ち着けるツボや精神疾患に使うツボには「神」という文字が使われていることが多いです。神門、神庭、神堂などなど。。。


〔蘇りとは〕
さてタイトルに話を戻しましょうアップアップ蘇りのツボと言いましたが、まず「蘇る」とは“いったん死んだ人が息を吹き返す。生き返る。転じて、いったん失せたものが、また力・命を取りもどす”といった意味です。もちろん、死んだ人が生き返ることは現実には難しいかもしれませんが、力を取り戻す元気のなくなった状態から復活する、という意味では実感が得やすいかもしれません。そして、元気を取り戻す、というのは鍼灸や漢方を始め医学全般が行おうとしていることの本質でありますひらめき電球

〔薬師如来と魚〕
話は変わりますが、薬師如来をご存じでしょうかはてなマーク衆生の病苦を救い、どんな病気も治す薬を持っているという医薬の仏様です。奈良薬師寺の薬師三尊でも薬師如来が鎮座しております。こちらにある仏像、また、古くインドの仏石含め、足の裏に魚魚が刻まれています。

仏像の足にわざわざ刻まれている「魚」。「蘇る」という文字の中にも入っている「魚」。母なる海から生まれた私達にとっての祖先であり、生命の源である水の流れに逆らってまで産卵を行い種をつむいでいく「魚」。生物の中で、流れに逆らうのもまた魚のみなのです。現代では人間も流れに逆らおうとしていますが。。


〔魚の力〕
こういったところから、古来より魚には神秘的な力、生命の根源たる力があると考えられていたのかもしれません。さらに、薬師如来の足の裏に刻まれている魚の絵、そこからさほど遠くない部分に「湧泉」というツボがあり、これは身体の中で水を象徴する腎という臓腑の井穴です。井穴とは、そこから力が出てくる、気が湧き出るツボの種類のことです。東洋医学における腎は「生殖機能」を司ります。さらにさらに、薬師如来の足の魚の位置を手になぞらえてみると、そこには「肺」のツボである「魚際(ぎょさい)」があり、肺は腎を力づけてくれる役割も担っているのです目目


〔つながっていく文化と宗教と医学〕
多くのことがつながってきました。まとめてみましょう
古来より母なる海に住んでいる「魚」に対し、先人達は強いエネルギーと神秘的な力を感じていたようです。それが仏教では人を癒す薬師如来の足に刻まれ、同じ位置に生殖機能を高める為に必須となる「腎(水)」の重要なツボがあり、さらには示し合わせたように手の同じ位置にはその力を強める魚の文字が入った「魚際」があるのですえっ


中国では古くから魚佩(ぎょはい)という2尾の魚をデザインした玉石を貴族のシンボルとしていたようです。薬師如来の足にも、同じく2尾の魚が刻まれていて、聖徳太子も魚佩を腰にぶら下げていました。今回の話とつなげれば、人の身体でいうこの2対の魚は手足のツボに宿っているのかもしれません合格

〔人体に隠された魚の力〕
肺と腎は水分代謝を司り、呼吸もコントロールしています。様々な観点から見ても、古代人の知恵、魚という力強い生物と象徴に魅力を感じずにはいられません音譜こういったエネルギーや、それに合ったツボが、皆様の力を蘇らせてくれるかもしれませんラブラブ!


☆当院HPにてツボの取り方を見ることができますので、ご自宅で是非お灸やマッサージなどを試してみてください☆
湧泉 ~プレママプラスより~
http://www.premamaplus.com/okyu/tsubo/t10/

参考ページ
isobekai   http://blog.goo.ne.jp/isobekai/e/e45e64dca09d663eeaf459a08310c599
wkey長野式研究会 http://www.wkey.jp/infomation/news035.html
国宝をたずねて http://www.kokuhoworld.com/bb28.html



鍼灸師  西村 亮二
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, June 17, 2016 07:16:35

鍼灸で産後までお手伝い

テーマ:誰も教えてくれない妊娠・出産に大切なこと
初夏のさわやかな風が気持ちの良い5月の最終日曜日晴れ、女性鍼灸師フォーラムに参加しました。
今回のテーマは、産後ケアの学習会です。

アキュラ鍼灸院に来院されている患者様は、不妊治療中の方が過半数。
ほとんどの患者様は、妊娠に至るまでのサポートとして鍼灸を受診される目的にされていることかと思います。患者様の念願が叶い、安定期に入ってアキュラを卒業、順調に妊娠継続して、母子ともに健康で過ごされることを心から願っておりますが、母体は大きなホルモンの変化、身体の変化にさらされ、妊娠、出産に伴うマイナートラブルに悩まされる方が大勢いらっしゃいます。つわり、逆子、安産支援、乳汁分泌不全など、鍼灸は幅広く対応が可能であるにもかかわらず、卒業時に、「こんなことも鍼でケアできますよ」とお伝えすると「え!そんなことにも鍼が効くんですねー!」と、まだまだ一般的には知られていないのだなぁと思い知らされることがあります。

また、最近メディアでも頻繁に特集されている「産後うつ」に関しても、鍼灸の産後ケアで予防の手助けができたらと考えています。そんな私にとって、今回の学習会は、妊娠前から産後まで、トータルサポートのために参考になるお話が盛りだくさんでした。ニコニコ

講演の中で、女性のホルモンの分泌量変化について、通常時(月経周期)私たちのホルモン変化が、20階建のマンションクラスの高低差だとすると学校妊娠中に徐々に高まり、出産時のピークにはエベレストの高さにまでなり富士山出産後急激に落ち込むとのこと。ダウン
そう簡単には、このホルモン変化についていけないのは当然だなと思います。ショック!
産後うつの原因は、急激なホルモンバランスの変化と共に、育児や経済的不安、周囲のサポート不足、完璧主義などが挙げられ、妊婦全員の体に起こる変化に、複数の要因が重なることで、深刻さの度合いが変わると考えられます。
あるNPO法人の調べによると、10人中8人が「自分は産後うつだった」という回答があったと報告もあり、決して特別な事ではなく、誰にでも起こりうることなのです。

高齢出産が増加し、体力の回復も遅い上に不安でいっぱいの毎日、眠れない、話す相手も手伝ってくれる人もいない、あちこちが痛い。そんなつらい状況でも、赤ちゃん優先で自分の身体を後回しにしていたら、当然身体は悲鳴をあげます。

そんな時、鍼灸治療を受けて頂けたら、自律神経を整えることによって血流の改善、ホルモンバランスの回復を促し、また、産後に起こりやすい腰痛、ガチガチになった背中や肩こり、腱鞘炎、痔などのつらい症状をお話を伺いながら一つずつ改善していくことで、心身共にリラックスし、体力の回復を促すお手伝いをさせていただけるのではないかと思います。
元気になったお母さんのエネルギーは、お子さんをケアする源となります。ドキドキ

私は、ー昨年、大学時代の友人を産後うつで亡くしました。
卒業後、連絡は途絶えていたとはいえ、大事な旧友の一人です。同級生から連絡を受けた時は、おしゃれで、友達が多く、笑顔の絶えなかった学生時代の友人の顔が目に浮かび、何が起こったのだろうと現実を受け入れることができませんでした。
後日、同級生と共に自宅を弔問し、ご家族にお話を伺い、友人を失った悲しみと共に、赤ん坊を産み育てるということは、命がけだと言うけれど、こんなにも体と心に大きな負担を与えることもあるのかというショックと、自分がもし連絡をとっていて「鍼灸師になったよ。何かお役にたてれば」と伝えられて彼女が思い出してくれたら、何かできなかったのだろうかという後悔が頭の中をぐるぐると巡っていました。
その出来事を機に、家族の他にも困った時に頼ろうと思いつく人や場所が複数あることがいかに大切かと感じ、自分が誰かにとってのそのような存在になれたらという思いで治療にむかっています。

女性は、ライフサイクルに応じた健康管理が必要となります。
身体も心もしんどい、どこを頼ったら良いのかなと悩まれたときに、病院、地域の子育て支援情報、助産師外来、母乳外来などに加えて選択肢の中に「鍼灸」という項目が浮かんでくれることを願い、多くの方に鍼灸の適応範囲を広めていけたらと思います。

鍼灸師 中嶋恵子
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, June 16, 2016 11:05:13

夫婦にそっと「気づき」を与える!鍼灸とカウンセリングで妊活サポート

テーマ:取材特集

「未来の家族のために、夫婦が共に知るべき情報」を提供している famit の取材を受けましたのでシェアさせていただきます。

私が不妊鍼灸に取り組む理由についても書いてあるので、興味のある方は一読願います。

http://famit.jp/archives/1073

アキュラでは毎月多くの患者様の卒院を見守ってきています。

☆アキュラ鍼灸院では妊娠後も継続して通院していただくことをお勧めしております。不妊治療のクリニックでは心拍を確認できた8週ごろ卒業となりますが、当院では妊娠が安定する12週ごろまで鍼灸治療をお勧めしております。つわりや妊娠初期のマイナートラブルに対処することも可能ですので、何なりとご相談ください。


当院を卒院された皆様の写真です。受付で
掲示させていただいております。


アキュラ鍼灸院 院長 徐 大兼
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, June 12, 2016 08:00:00

排卵コントロール方法

テーマ:不妊治療について
本来1回の月経周期には1個の卵子が排卵されますが、人工的に月経周期に分泌されるホルモンをホルモン剤で操作して採卵することによって沢山の卵子が取れる方法があります。

一般に排卵コントロール法は、排卵抑制で自発排卵を抑え、排卵誘発剤で卵子を育て、排卵促進剤で卵子を成熟させて採卵します。

排卵誘発法は人工的に排卵周期を作り出す方法で、どれくらい人工的な刺激を与えるかによって「低刺激」「中刺激」「高刺激」に分かれます。

自然採卵法
月経開始時期からスタートし経腟超音波で卵巣の中の卵胞の育ちを計測しながら卵胞が18~20㎜になるころを予測して採卵日を決定し採卵します。採卵される数は通常1個ですが、排卵誘発剤を使用しないので体への負担もなく加齢により卵の質が低下した方にも有効で毎周期行うことも可能です。しかし、通院回数が増えたり、月経周期が安定しない方やホルモン分泌に問題がある方は卵が育たないことがあるので採卵できないこともあります。また、自然排卵してしまい採卵できないこともあります。

※卵胞は月経開始から毎日、約1.5㎜ずつ成長します。

低刺激周期採卵法
月経開始5日目から内服の排卵誘発剤、または数回の注射による排卵誘発剤を使用して卵を育てます。自然採卵法と同じく卵胞が18~20㎜になるころを予測して採卵日を決定し採卵します。内服薬はクロミッドやセキゾビットやフェマーラ(レトロゾール)、注射はhMG(ヒュメゴン・ゴナピュール・バーゴグリーン・HMGフジ)を使用します。

クロミッド
クロミッドは排卵をコントロールしている脳の視床下部に働きかけGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)の分泌を促します。
メリット…排卵誘発作用が緩やか。黄体機能の改善効果がある。GnRHの分泌を促すため複数の卵胞が育つことがある。
デメリット・・・エストロゲンのレセプターと合体してエストロゲンの分泌を認識しにくくするため頸管粘液の分泌が悪くなったり、子宮内膜が薄くなることがある。

セキゾビットはクロミッドに比べると排卵誘発作用は弱めですが頸管粘液や子宮内膜には影響がありません。

フェマーラ(レトロゾール)
フェマーラ(レトロゾール)はアロマターゼ阻害剤の一種で、卵胞、副腎や脂肪組織で作られるアンドロステンディオンをエストロゲン(卵胞ホルモン)に変換する酵素を阻害する薬です。
自然の生理ではエストロゲンが卵胞の成長を助けた後、排卵に向けて徐々に減少していきます。そのとき、エストロゲンの減少に耐えた1つの卵胞が排卵される仕組みになっています。フェマーラを使用することによってエストロゲンが減少し排卵直前と同じ環境が作られるため排卵が促されるというかたちになります。
メリット
・アロマターゼ阻害剤の一種のため頸管粘液に影響を与えたり、子宮内膜が薄くなりにくい。
・卵巣そのものに刺激を与えるわけではないので、過剰に卵胞が成長するOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりにくい。
・クロミッドに比べてフェマーラはすぐに体外に排出されるため子宮内膜症を患っている方にも利用できる。
デメリット・・・排卵を誘発できても新たに卵胞の成長を促して排卵数を増やすことはできない。

hMGはFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)の両方を含むホルモンで剤で卵巣内の卵胞の発育、成熟を促す効果があります。副作用として注射した部位の筋肉痛や過敏症状、稀にOHSS(卵巣過剰刺激症候群)を引き起こします。

こちらのブログも参考にしてください。

高刺激周期採卵法
「ロング法」
前の月経周期の高温期半ばごろから、GnRHアゴニスト製剤の点鼻薬(スプレキュア・ブスレキュア・ナサニール)を使い始め、1日2~3回の噴霧を排卵促進剤を投与するまで毎日続け、自発排卵を抑えます。
採卵周期の月経開始3日目から、排卵誘発剤のhMG製剤(ヒュメゴン・ゴナピュール・パーゴグリーン・HNGフジ)を注射します。超音波検査で卵胞の大きさを確認しながら7~9回ほど続け、卵胞が16~18㎜に成長させます。通院の負担を減らすため自己注射をすることもあります。
複数の卵胞が18㎜程度になった時点で、排卵促進剤のhCG製剤(HCG「F」・プロファー・プレグニール)を注射して卵子の成熟排卵を促します。注射から36時間~40時間後に排卵が起こるので、34時間~36時間後に採卵します。

※排卵を抑制する薬、GnRHアゴニスト(スプレキュア・ナサニール・プレセキュア点鼻薬)は脳に働いて排卵を促すホルモンの分泌を抑え、子宮内膜症の治療薬としても使用されます。更年期障害と似た症状がでることがありますが、短期間の使用では副作用はほとんどない。

※排卵を促進する薬、hCG製剤(HCG「F」・プロファー・プレグニール)は排卵誘発剤とセットで使われることが多く、注射して36時間~40時間後に排卵が起こります。とくに体外受精の排卵前に採卵のタイミングを合わせるときに使用します。排卵誘発剤とセットでの使用でOHSS(卵巣過剰刺激症候群)をおこすことがある。

メリット
採卵日のスケジュールをコントロールしやすい、卵胞が成熟しても排卵しにくい、複数個の卵胞が均一になる
デメリット
薬を使う期間が長い、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)になりやすい、薬剤量が多いので体に負担がかかる、治療費が高額になる、前周期は避妊が必要
ロング法が向く人
始めて体外受精を受ける・卵巣機能に問題がない

「ショート法」
採卵周期の月経開始1~2日目からGnRHアゴニスト製剤の点鼻薬(スプレキュア・ブセレキュア・ナサニール)を使い始めます。これを、排卵促進剤を投与するまで1日3回、連日噴霧します。
点鼻薬を使い始めた翌日から、排卵誘発剤であるジhMG製剤(ヒュメゴン・ゴナピュール・パーゴグリーン・HNGフジ)を毎日注射します。超音波で検査で卵胞の大きさを確認しながら7回ほど続け、卵胞を16~18㎜に成長させます。卵胞が18㎜程度になった時点で、排卵促進剤のhCG製剤(HCG「F」・プロファー・プレグニール)を注射して、卵子の成熟、排卵を促します。注射から34~36時間後に採卵します。

メリット
治療期間が短く、薬の使用量も少なくて済む、短期間で卵胞が育つ
デメリット
ホルモンの大量分泌で悪影響がでるリスクがある、治療の効果が事前に予測しにくい
ショート法が向く人
卵巣機能が落ちている・ロング法で卵子があまりとれなかった・OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の心配がある

「アンタゴニスト法」
採卵周期の月経開始3日目から、排卵誘発剤のhMG製剤(ヒュメゴン・ゴナピュール・パーゴグリーン・HNGフジ)を注射します。超音波で卵胞の大きさを確認しながら連日続けます。
卵胞の大きさが14㎜に成長したらGnRHアンタゴニスト製剤(ガニレスト・セトロタイド)とhMG製剤を一緒に2~3日間注射します。卵胞が18㎜程度になった時点で、排卵促進剤であるhCG製剤(HCG「F」・プロファー・プレグニール)を注射して、卵子の成熟、排卵を促進します。注射から34~36時間後に採卵します。

※排卵を抑制する薬、GnRHアンタゴニスト製剤(ガニレスト・セトロタイド)は即効性があり、30時間持続するのでGnRHアゴニストより短期間の仕様で済む。副作用として皮膚の浮腫や発疹が出るとこがある。

メリット
採卵日を調整しやすい、卵胞が成熟する前に排卵する人にも排卵を抑制できる、ロング法に比べると薬剤の使用量が少ない
デメリット
排卵抑制に個人差があり、通院回数が増える、薬剤の費用が高くなる
アンゴニスト法に向いてる人
排卵誘発でOHSS(卵巣過剰刺激症候群)になった・ロング法で卵子があまりとれなかった・多嚢胞性卵巣症候群がある

注)上記は一例であり、各クリニックによって薬の種類や使用量、スケジュールは異なります。

参考文献:はじめての妊活スタートブック 赤ちゃんがほしいときに読む本
     監修:日本赤十字社医療センター産婦人科 宮内彰人・笠井靖代

鍼灸師 安田直子
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。