宴の後に

テーマ:


追記しました。


『遙か祭り2016』3月26日の部にお越しくださいました皆様。

本当に有難うございました。

楽しんで頂けたでしょうか?

あの時間と空間が少しでも皆様の人生に良い形で刻まれたのでしたら、これ以上ない喜びであります。



今年の10大ニュース第1位を早くも確定させてしまった「遥か祭り2016」。
こうしてキーボードに打ち込んでる今もまだどこか頭がぼーっとしております。


右も左も分からない初参加の自分にも温かく、懐深く迎え入れてくださった神子様達にはただただ頭を下げるばかり。
もう人生折り返しを過ぎてるかと思いますが、間違いなく最良の時間を過ごさせて頂きました。
本当は皆様を楽しませなければいけないのに僕自身が楽しんでしまってなんだか申し訳ない限りです。


終演の挨拶の時にも言いましたし、ご覧になった方には伝わってしまったかも知れませんが緊張しっぱなしのステージでした。
特に昼公演。
マジで逃げ出す5秒前、というよくわからないフレーズが頭を駆け巡る程度に追い詰められてました。
結果としてお見苦しい所をお見せしてしまったのは猛省の限りです。

でもドラマの時と夜の部は全然緊張しなかったんですよ。
え?そんな事はなかった?


フリートークと開演・終演の挨拶は最後までガチガチでした(汗)
「グダグダになってもそれを笑いにするのも役者の努め」とは師匠の言葉ですが、そもそものスキルが違う。
真っ当な形に出来ない者の「グダグダ」は果たして努めでどうにかなるものなのだろうかと。


しかし15年も続いてるこの作品。
その積み重ねてきた時間と関わってきた人達の思いや努力を、僕レベルの木っ端が1日足らずでどうこう出来るものではないと同時に、僕のような者でも受け入れてくれる深さと温かさに救われました。

スタッフの人たち、メンバー、そして来て下さった皆様、来られずともTwitterなどで励まして下さった方々、皆さんが支え、背中を押してくれたお陰で最後まで板の上に立っている事が出来ました。

座長の寺島君を始めレギュラー陣の方々、次郎さん、星野君、そして阿部君。
こんな緊張しいのオッサンを色々フォローしてくれたりで、原田君と「持つべきものは良き上司と良き弟だ」などと話しておりました。

今回はチナミのために死ぬ(活きる)というつもりで臨んだのですが、結果としてチナミに活かされました。
不甲斐ない兄貴でスマン・・・いやマコトはそんなことはない訳で。

夜公演でチナミの方から肩を組んできてくれて、何かやっと役以外でも兄貴として認めてもらえたのかな、などと。

迷惑かけっぱなしでしたからねぇ。

でもデュエット出来たのは本当に嬉しかったし楽しかった。
有難うね。




沢山お手紙を頂戴しました~!

なんか人生のピークが来ちまったって感じです。

一通一通、大事に読ませて頂きました。




こんな素敵な物も。


お花もたくさん頂いたそうで、改めて感謝あります。

マネさんが教えてくれたのでこれは写真を撮りに行かねばと思ってたのですが、

行けませんでした。

時間が全く無かった訳ではなく、単に燃え尽きていただけなんです。
本当に申し訳ありません。

でもそのお気持ちはしっかり受け取らせて頂きました。
めちゃめちゃ嬉しかったですよ!


とにもかくにも人生最初で最後になるであろう遥かイベント。
思い残す事もなく終わった事に安堵と一抹の寂しさを覚えております。
あれだけあったプレッシャーも懐かしく。
「遥かなる時空の中で」という偉大な作品の一端に加われた事を、自信と誇りに変えて今後に繋げていければと思っております。


まだまだ作品も、そして祭りも続きます。
厚かましくありますが、変わらぬご支持とお力添えをお願いして。

最後に改めて感謝の言葉を。


本当に有難うございました!
AD
久しぶりの更新となります。


まず最初に、本日お越し下さいました皆様に、心より厚く御礼申し上げます。

お陰様で無事に夏コミを終える事ができました。

本当に、本当に有り難く、嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

この厳しい暑さの中、誠に有難うございました。


途中、雨も降ったせいか、格段に上がった湿度が暑さ以上に厄介でしたね。

そんな中、自分の予想以上に多くの方が脚を運んでくださいまして。

ある方は遠方から。

ある方は忙しい合間を縫って。

ただただ、感謝の念しかありません。


体調は崩されませんでしたか?

忘れ物、失くしものなどはありませんでしたか?

無事にお帰りになられたでしょうか?

失礼な事など無かったでしょうか?


恥ずかしながら自分もかなり緊張していたようで、朝に食べた以外は差し入れで頂いた物をつまむ程度でしたがお腹が全く空かず。

帰りのバスの中でようやく空腹に気づく始末。

個人的には精一杯の応対をしたつもりでしたが、この様子では何か失礼な言動をしていないか、ひたすら不安です。


自分はイベントなど表に出る事が殆どないので、今日のように皆様とお話できる機会が持てたのは、とても幸運でした。

個人的にはもう少し自分から上手くお話を振ることが出来ればなぁと、己のトーク力のなさを今更ながら痛感している次第です。

ですので(?)次回はもう少しだけ、接客スキルを磨いて臨みたく思いますので、もしまたお会いできる機会があれば、是非皆様からもお声をかけて頂けると嬉しいです。

結局他力本願じゃねーか

というツッコミはなしで^^。


まだまだ暑さも続きます。

少しでも楽に、楽しく、残りの夏を過ごせますよう願いまして。
AD

書き捨て

テーマ:
自分に都合のいい言葉、単語だけを抜き取り、

自分に都合のいい結論に結びつけ、そのことで他者を批判・否定する人がいます。

昨年、某新聞社がそれで大失態を犯し、世間から批判の嵐に晒され、多くの人がそれを知っているにも関わらず、個人レベルで同様の愚を行う人のなんと多いことか。


人は自分の信じたいものを信じる生き物。

ならばより客観的に冷静であれと、自分自身にもに強く言い聞かせております。

最近、知人とちょっとそんな話になったので書き捨てついでに。


AD

2015年新たに

テーマ:
2015年もはや半月が過ぎ。

ようやくの新年のご挨拶です。

今年もまた一つ一つの仕事を精一杯、の気持ちでやっていければと思います。

なかなかに大変な時代ですが、自分を貫ける強さを持てればと。


頑張るべ~。


ご報告

テーマ:
久々の更新です。

いつも声優・加藤将之を応援して下さる皆様に、ご報告させて頂きます。


本日、12月26日。

私、加藤将之は入籍する事となりました。

当年42歳、厄年での決断ですが、最悪な時だからこそ前を向いて進めれば、と都合よく解釈しております。

いまだ役者としても人間としても中途半端ではありますが、助け助けられ、成長できればと思う次第です。

そして仕事の方でも、少しでもいい芝居、いい作品をお届け出来るよう、今後ともより一層の精進をして参りたいと思います。


取り急ぎの乱文で恐縮ですが、改めて感謝を込めて。



2014年 12月26日(金)

加藤将之