作業療法士 菅原洋平のブログ

7/27新刊「すぐやる!行動力を高める科学的方法」発売!


テーマ:

おはようございます。
作業療法士の菅原洋平です。

 

【睡眠薬を減らすタイミングは?】
 

睡眠薬の飲み始めは、

生体リズムトレーニングのスタート。

 

飲めば眠れる、という考えでは

ずっと飲み続けることになってしまいます。

 

睡眠薬の力を

しっかり使うには、

「起床から4時間以内に光をみて、

6時間後に目を閉じ

11時間後に姿勢を良くする」

4-6-11睡眠の法則が必須です。

 

その上で、

睡眠薬を減らしていく

タイミングはどのように

見分ければよいのでしょうか。

 

 

【3つの兆候で減薬のタイミングを見分ける】

 

次の3つの兆候が

みられたら、

いよいよ減薬スタートです。

 

 

①「飲む前に眠気が出る」


週4日以上、

夜に薬を飲む前からあくびが出たり、

頭がぼんやりして眠くなるようになったら、

自前のGABAが脳を鎮静させる準備が整ってきたサインです。

 

 

②「朝に頭が働かないような残った感じが出る」

 

自前の物質が増えると、

少量の薬でも効果が出過ぎて起きた後にも

ぼんやりする持越し効果が出ることがあります。

 

 

③「飲んでも飲まなくても変わらない感じが出る」


最も重要な判断基準は薬との信頼関係。

やっぱり飲んでいるから眠れているのかも、

という気持ちがあるうちは、

上記2つが満たされていても

減薬のタイミングではありません。

 

生体リズムの力がつくと、

自然に服薬が億劫になってきたり、

飲んでも意味ないかもという考えになってくるので、

この感覚が出てくるまでは、

しっかりリズムを鍛えていきましょう。

 

【眠れるカラダづくりをしよう!】

 

朝は窓から1m以内に入る
夕方には眠らずに体を動かして体温を上げる
おやすみレッグウォーマーで足首を温め放熱を促す
ひんやりジェルシートで耳から上の頭を冷やす

 

これらで
生体リズムの力がつくと
この3つの兆候が出るので、


ここから
錠剤を半分や4分割に割って
2週間毎に減らします。

 

減薬を始めるときには、
必ず睡眠の記録をとりましょう。

 

 

減らす前と減らした後の記録が
さほど変わっていなければ、
減らした分の薬は余分だった、
ということ。

 

2週間毎、
事実確認をしながら減らしましょう。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。