アクティブなごやん

ドイツ、中欧に思いを馳せ、ブンデスリーガ VfBシュトゥットガルトへ移籍した元アルビレックス新潟の酒井高徳を応援します。


テーマ:

第34節 ホーム ヴォルフスブルク戦


ハンブルガーSV 2-1 VfLヴォルフスブルク


 今季、自動降格の2チームは既に決まり、あとは入れ替え戦にどこが回るかというブンデスだ。


 ハンブルクはこの試合で引き分け以下なら16位のままで入れ替え戦だし、勝てば33節終了時の15位を上回り、自動残留が決まる。相手のヴォルフスブルクがその対象だ。


 キャプテンのゴートク(酒井)はこの試合、右のAV(SB)で先発した。


 先手を取ったのはアウェーのヴォルフスブルクで、前半23分に決められてしまった。


 得点力の弱いハンブルクはどうなるだろうと思っていたが、前半31分、ホルトビーからのパスを受けたコスティッチが左足で押し込み、TOOOOOR!!! 追い着いた。前半のうちに同点にしたのはよかった。


 後半は拮抗した流れになり、なかなか得点を奪えないまま終了時刻が近づく。ヴォルフスブルクは引分けで御の字だ。ハンブルクはどうしても1点を取るしかない。


 後半41分、ハンブルクは最後の交代カードを切る。ホルトビーを下げヴァルトシュミットを入れた。そしてセンターバックのパパドプーロスを前線へ出し、パワープレーだ。


 すると後半43分、コスティッチのクロスをヴァルトシュミットが頭で合わせTOOOOOR!!!!!


 土壇場でハンブルクが勝ち越した。ギスドル監督の采配が的中した!


 ネットラジオのアナウンサーが大声で叫び、声が割れて言葉として聞こえない!


 こうなったらヴォルフルブルクは取り返すしかない。


 攻め立てるヴォフスブルクだがHSVはTW(GK)のマテニアを中心に最後までゴールを許さなかった。


 ブンデスリーガとしては異例の5分(実際には6分くらい)のアディショナルタイムもよく耐えたハンブルクは逆転勝利し、最終節で自動残留を決めた。


 「落ちないHSV」がまた今年もつながった。


 来季もゴートクはこのチームだろうか?またキャプテンだろうか?


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、新監督初戦は完封勝利)


ゴートクもよく頑張った⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なごやんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ハンブルガーSV」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。