アクティブなごやん

ドイツ、中欧に思いを馳せ、ブンデスリーガ VfBシュトゥットガルトへ移籍した元アルビレックス新潟の酒井高徳を応援します。


テーマ:

第34節 ホーム ヴォルフスブルク戦


ハンブルガーSV 2-1 VfLヴォルフスブルク


 今季、自動降格の2チームは既に決まり、あとは入れ替え戦にどこが回るかというブンデスだ。


 ハンブルクはこの試合で引き分け以下なら16位のままで入れ替え戦だし、勝てば33節終了時の15位を上回り、自動残留が決まる。相手のヴォルフスブルクがその対象だ。


 キャプテンのゴートク(酒井)はこの試合、右のAV(SB)で先発した。


 先手を取ったのはアウェーのヴォルフスブルクで、前半23分に決められてしまった。


 得点力の弱いハンブルクはどうなるだろうと思っていたが、前半31分、ホルトビーからのパスを受けたコスティッチが左足で押し込み、TOOOOOR!!! 追い着いた。前半のうちに同点にしたのはよかった。


 後半は拮抗した流れになり、なかなか得点を奪えないまま終了時刻が近づく。ヴォルフスブルクは引分けで御の字だ。ハンブルクはどうしても1点を取るしかない。


 後半41分、ハンブルクは最後の交代カードを切る。ホルトビーを下げヴァルトシュミットを入れた。そしてセンターバックのパパドプーロスを前線へ出し、パワープレーだ。


 すると後半43分、コスティッチのクロスをヴァルトシュミットが頭で合わせTOOOOOR!!!!!


 土壇場でハンブルクが勝ち越した。ギスドル監督の采配が的中した!


 ネットラジオのアナウンサーが大声で叫び、声が割れて言葉として聞こえない!


 こうなったらヴォルフルブルクは取り返すしかない。


 攻め立てるヴォフスブルクだがHSVはTW(GK)のマテニアを中心に最後までゴールを許さなかった。


 ブンデスリーガとしては異例の5分(実際には6分くらい)のアディショナルタイムもよく耐えたハンブルクは逆転勝利し、最終節で自動残留を決めた。


 「落ちないHSV」がまた今年もつながった。


 来季もゴートクはこのチームだろうか?またキャプテンだろうか?


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、新監督初戦は完封勝利)


ゴートクもよく頑張った⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第33節 アウェー シャルケ戦

 

FCシャルケ04 1-1 ハンブルガーSV

 

 第33節、34節は全試合同時刻にキックオフだ。第33節のハンブルクはアウェーでシャルケと対戦した。

 

 前半に1点を先制される苦しい戦いになった。他の下位チームはそれぞれに奮闘している。

 

 このまま後半もアディショナルタイムだ。残留争い相手のチームは何とか頑張って、同点に追い着いたりもしている。

 

 このままいけば、入れ回戦が濃厚という絶体絶命の大ピンチに首の皮1枚で最終節につながるゴールを決めたのは途中出場のラソッガだった。

 

 その少し前にビッグチャンスを逃していただけに、それを補うゴールだった。

 

 順位は16位で変わらないが、自動降格は免れた。次節、最終節は15位のヴォルフスブルクと対戦する。この試合で引き分け以下なら入れ替え戦に回るしかないが、もし勝利すれば15位以上になり、順位が変動する。入れ替え戦を待たず残留を決めてほしいものだ。

 

 ゴートク(酒井)は守備では貢献していたようだが、何回かのチャンスを逃している。シュートは枠に打たなきゃ。

 

相互リンク⇒なごやん(新潟、浮上の足掛かりをつかむか?)

 

ブンデスブログです⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第31節 ホーム マインツ戦

 

ハンブルガーSV 0-0 1.FSVマインツ05

 

 ドイツブンデスリーガ第31節を終えて16位と下位に低迷するハンブルクはホームにマインツを迎えた。

 マインツの勝ち点は33でハンブルクと同じだが、得失点差がマインツ-11、ハンブルク-29とマインツが大きく優位に立っているため、15位がマインツ、16位がハンブルクになっている。ハンブルクとしては、ここで何とか勝利し、勝ち点3を上積みしてマインツの上に行きたいところだ。

 

 試合は両チームともチャンスは作るが最後の場面で決定力に欠き、あるいは相手キーパーの踏ん張りで得点できず、結局スコアレスドローに終わった。

 

 ゴートク(酒井)は序盤によいクロスを送ったりしていたが、得点にはつながらなかった。

 

 そういったところで、順位は15位マインツ、16位ハンブルクと、残留争いは最終節まで続くことになるであろう。

 

相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、監督交代へ)

 

ブンデスブログです⇒

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第31節 アウェー アウクスブルク戦

 

FCアウクスブルク 4-0 ハンブルガーSV

 

 今節、最下位のインゴルシュタットが2位のライプツィヒと引き分け、17位のダルムシュタットはフライブルクに完封勝利を果たし、下位がジワジワと差を詰めてきている中で、ハンブルクは残留争いの相手でもあるフライブルクとアウェーで対戦した。この試合で敗れると、アウクスブルクと順位が逆転する。

 ゴートク(酒井)はボランチで先発した。

 

 試合はハンブルクも見せ場は作ったものの、アウクスブルクの完勝だった。

 

 前半に2点を先取したアウクスブルクは後半も攻めたて、終盤にもダメ押しのダメ押しとも言える4点目を奪い、ハンブルクを突き放した。

 

 この結果、ハンブルクは16位に後退し、更に17位、18位との差も縮まったと言える。

 

 降格チームの決定は最終節まで持ち越されそうだ。

 

 あと3試合、とにかく勝利が求められる。

 

相互リンク⇒なごやん(泥沼新潟、再起なるか)

 

ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第30節 ホーム ダルムシュタット戦

 

ハンブルガーSV 1-2 SVダルムシュタット98

 

 残留争い真っ只中のハンブルガーSVはホームで最下位のダルムシュタットと対戦した。ゴートク(酒井高徳)はダブルボランチの一角(右)で先発した。

 

 前半はゴートクコスティッチハントらがシュートを放つなど攻め込んだが決定打にはならず、同点で折り返した。

 

 しかし、後半6分と8分、立て続けに失点すると、その後、チャンスを作ってもなかなかゴールを奪えない。

 

 後半アディショナルタイムにようやくオウンゴールで1点を返したもののzu spät。

 

 他の下位チームの中ではマインツがバイエルン・ミュンヒェン相手に踏ん張って引き分け、勝ち点1を得たため、ハンブルクは得失点差でマインツを下回り15位に後退した。

 

 ゴートクも見せ場は作るのだが、得点につながらないと意味がない。あと残り4試合だ。最後の力を振り絞り残留を確実にしてほしい。

 

相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、FC東京に完敗)

 

ブンデスブログです⇒

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第29節 アウェー ブレーメン戦

 

SVヴェーダー・ブレーメン 2-1 ハンブルガーSV

 

 残留争いが激しくなってきたドイツブンデスリーガ第29節でハンブルクはアウェーのブレーメン戦に臨んだ。Nordderby(北部ダービー)だそうだが、また、ハンザダービーでもある。一時はHSV同様降格圏に沈んでいたが、ここにきて調子を上げているブレーメンは手強い相手だ。

 

 この日もHSVのネットラジオを主な情報源とした。

 

 ゴートク(酒井高徳)はボランチで先発した。

 

 試合は前半6分、アーロン・ハントの右サイドからのクロスにミハエル・グレゴリッチが頭で合わせ、試合開始早々にハンブルクが先制した。

 

 その後もハンブルクはゴートクを含めいくつかの見せ場を作ったが得点できない。すると前半41分という嫌な時間帯に追い着かれ、1-1の同点で折り返した。

 

 後半はブレーメンがペースを握る。それでもHSVはなんとか踏ん張りチャンスも作るが得点できない。

 

 すると後半30分、ブレーメンに逆転を許した。

 

 そして試合はこのまま終了し、HSVは勝ち点を積み上げることができず、順位を1つだけ下の13位に下がった。本当にますます混戦になる残留争いだ。

 

相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、今季初勝利)

 

ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第28節 ホーム ホッフェンハイム戦


ハンブルガーSV 2-1 1899ホッフェンハイム


 この試合もHSVのネットラジオとライブティッカーで試合を追った。


 ホッフェンハイムは現在3位、すなわちチャンピオンズリーグの出場権を得る位置にいる。


 そのホッフェンハイム相手に、前半は膠着した攻防が続いていたが、前半25分、アーロン・ハントがFS(FK)を直接決め、HSVが先制した。

 しかし前半35分、今度は相手に11m(PK)を与えてしまい同点に追い着かれた。


 前半は1-1で折り返したが、後半に入ると両チームとも好守入れ替わり激しい動きになった。


 その中で後半30分、ボビー・ウッドのパスからまたもやアーロン・ハントの右足シュート。これが決まってHSVが勝ち越した。

 

 その後、ホッフェンハイムも猛攻をかけるが、シュートの精度を欠いたりで得点できない。


 アディショナルタイムはブンデスリーガにしては異例の5分。これもなんとか凌いだHSVが勝ち点3をもぎ取った。


 この日、13位のヴォルフスブルクが敗れたため、HSVは13位に浮上した。15位のマインツも敗れ、下位との差が少し広がった。ただし、まだ6試合残っているため、まったく予断は許さない。


 キャプテンのゴートク(酒井高徳)はボランチでフル出場し、序盤、中盤にシュートも放ったがゴールすることはできなかった。


相互リンク⇒なごやん(勝てない新潟、17位に沈んだまま)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第27節 アウェー ドルトムント戦


ボルシア・ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV


 風邪で絶不調の私にとって早朝覚醒は無理なことだった。

 従って、結果だけをみた。


 完封負け。後半アディショナルタイムにまで叩き込まれて。


 それでも、下位チームが次々に敗れ、順位は変わらなかった。ただ、ここにきてインゴルシュタットが元気を出してきた。残留争いが激化する。早く安定させなきゃ、ゴートク


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、ラジオ、美術館、旅などなど)


ブンデスブログです⇒
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第26節 ホーム ケルン戦


ハンブルガーSV 2-1 1.FCケルン


 いつもは「中立的な」ラジオ中継を聴くのだが、この日はHSVのネットラジオで経過を追った。

 ヨーロッパでは夏時間になったため、日本時間でこれまでより1時間早くキックオフになったのはありがたい。23時30分と22時30分では昼間の1時間と意味が違う。


 ゴートク(酒井高徳)はベンチスタートだった。


 前半13分、ウッドのパスを受けたミュラーの左足が炸裂しHSVが先制した。さすがHSVのアナウンサーで、すごいはしゃぎようだ。


 前半25分に追い着かれた時は淡々とアナウンスしていた。否、淡々よりももう少し残念さを出していた。


 後半はユンクに代わってエクダルが投入された。なかなか得点に結びつかない。


 後半25分、HSVはワレシ(ソウサ)を下げてゴートクを入れてきた。


 直後、グレゴリッチホルトビーとシュートを仕掛けるが得点できない。後半30分にはホルトビーのスルーパスをゴートクが捉えたが、オフサイドに引っ掛かった。


 後半41分、ウッドのスルーパス。これを受けたホルトビーがゴールネットを揺らしたが、オフサイドだった。


 終盤も終盤、アディショナルタイムは3分。


 そして後半45+2分、ホルトビーが左足を振り抜くとボールはゴールマウスへ吸い込まれた。HSVのアナウンサー、叫び声だ。マイクが壊れるぜ。


 この勝利で、HSVは暫定13位に浮上した。ただし、明日のマインツ、明後日のヴォルフスブルクの結果によっては15位まで下がる可能性はある。いずれにせよ、降格圏からは脱したことになる。


相互リンク⇒なごやん(勝てない新潟、ホームで逆転負け)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

W杯アジア最終予選 ホーム タイ戦


日本 4-0 タイ


 先日のアウェーUAE戦で勝ち点3を得た日本であったが、その試合で酒井高徳(ゴートク)の出場はなかった。

 今日のこの試合ではダブルボランチの一角として先発出場した。予想されていた器用ではあるが、日本代表としてボランチで出場するのは初めてじゃないか?


 試合は前半2点を先取した日本であったが後半はタイに攻め込まれる展開が続いた。


 しかし、終わってみれば日本の完封勝ちで予選突破に大きく近づいた。


 ゴートクは、やや危ない場面もあったが、全体としてみればまあまあ無難に役割をこなしたのではないだろうか。ピンチを逃れる守備もあったし。


 ブンデスは次に第26節、ハンブルガーSVの試合は4月1日にホームにケルンを迎える。あと9試合、なんとしてでも降格圏を脱してほしいものだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、ラジオ、美術館、昆虫、旅、などなど)


お疲れゴートク ブンデスでも頼むよ⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。