アクティブなごやん

ドイツ、中欧に思いを馳せ、ブンデスリーガ VfBシュトゥットガルトへ移籍した元アルビレックス新潟の酒井高徳を応援します。


テーマ:

第18節 アウェー アウクスブルク戦


FCアウクスブルク 1-0 ハンブルガーSV


 長いクリスマス休暇の後再開されたブンデスリーガ後半の初戦でハンブルガーSVはアウェーでアウクスブルクと対戦した。この試合、キャプテン酒井高徳(ゴートク)はベンチスタートだった。


 前半は両者拮抗する試合でスコアレスで折り返すと思われたアディショナルタイムにアウクスブルクが先制し、ハンブルガーSVは追う展開となった。


 後半、HSVが攻め込む場面が多くなったが、結局追い着くことができず、降格圏から抜け出すことはできなかった。


 次節は最下位ケルンをホームに迎えるが、決して侮ることなく、確実に勝利してほしいものだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、美術館、旅など)


ブンデスブログです⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ハンブルガーSV」 の記事

テーマ:

Wir wollen schnellstmöglich diesen Platz verlassen

                   (この順位から一刻も早く抜け出したい)


 ドイツブンデスリーガ、ハンブルガーSVは現在スペインのヘレスでトレーニング中であるが、それに先立つ1月1日、今年最初のウェブサイトにキャプテン酒井高徳(ゴートク)の決意を掲載した。


 その中で、今季前半は満足できるパフォーマンスを見せることができず、まて日本代表としても出場機会に恵まれなかったことを反省し、自分自身が変わることでチームを降格圏から脱出させようとしている。


 ゴートクは前半、本来のサイドバックだけでなく、ボランチやウィングも経験した。これらは経験にはなるのだろうが、やはり、「本職」で実力を発揮してもらいたいものだ。


 リーグ戦後半のスタートは1月13日だ。


 とにかく早い時期に降格圏から脱し、もっと上位を目指してほしいと思う。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、美術館、旅行など)


頼むよゴートク⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第17節 アウェー メンヒェングラートバッハ戦


ボルシア・メンヒェングラートバッハ 3-1 ハンブルガーSV


 HSVの今季前半の最終戦は他試合より早く、金曜日に行われた。


 キャプテンのゴートク(酒井高徳)は右のサイドハーフ(!)で先発した。


 開始直後から圧倒的にメンヒェングラートバッハにボールを支配され、前半9分に先制を許してしまった。


 その後もHSVは少しずつボールを保持するようにはなるが、完全に相手のペースで前半を終えた。


 後半に入るとHSVはやや持ち直し、後半8分、アーロン・ハントのクロスからアンドレ・ハーンが左足でシュート。これが決まって同点に追い着いた。ハーンは「恩返しゴール」だ。


 しかしその後は両チームともなかなかチャンスを作れない。


 そんな中で終盤の後半30分、35分に立て続けに失点してしまう。


 こうなるとメンヒェングラートバッハは守るだけだ。


 結局HSVは降格圏に沈んだまま長いクリスマス休暇を迎えることになってしまった。


 明日のブレーメンの結果では17位まで転落する可能性もある。


 年明けからの再生が望まれる。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、旅、美術館・・・)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

第16節 ホーム フランクフル戦


ハンブルガーSV 1-2 アイントラハト・フランクフルト


 日本時間早朝の試合を追うのは厳しい。出勤直前に試合が終わるので、ブログは夜になってしまう。


 この試合、先手を取ったのはHSVだった。


 前半9分、EB(CK)からキリアコス・パパドポウロスが頭で叩き込んだ。HSVにとっては4試合ぶりの得点だ。ホームだし、この調子で進めば・・・


 が、しかし前半16分に追い着かれ、24分には逆転されてしまった。


 HSVのチャンスは後半開始早々だった。


 ヤン=フィーテ・アルプらがゴールを襲う。しかし得点できない。


 後半22分には伊藤達哉を投入し得点を狙うが追い着けない。


 結局、HSVは前半早い時間帯の逆転を取り返せず敗れた。


 下位のフライブルクが勝利し、HSVは16位に転落した。今日のブレーメンの結果では17位に後退する可能性もある。昨季に引き続きピンチだ。


 チームキャプテンのゴートク(酒井高徳)はベンチ入りしたが出番はなかった。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、美術館、短波受信などなど)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第15節 ホーム ヴォルフスブルク戦


ハンブルガーSV 0-0 VfLヴォルフスブルク


 素晴らしい攻めを示した。


 相手シュートを2本に抑え、枠を捉えたシュートは打たせなかった。


 自らは12本のシュートを放ちチャンスも作った。


 しかし無得点。


 3試合連続スコアレスだ。なかなか残留争いから抜け出せない。


 ゴートク(酒井高徳)はこの試合、先発は外れ、出番がなかった。


 伊藤達哉は先発し、チャンスメイクもしたが、後半16分にベンチへ下がった。


 次節は中2日でホームにフランクフルトを迎える。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、BCL、美術館、旅行、などなど)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第14節 アウェー フライブルク戦


SCフライブルク 0-0 ハンブルガーSV


 ドイツブンデスリーガ第14節は12月1日に1試合行われ、酒井高徳(ゴートク)の所属するハンブルガーSV(HSV)はアウェーでフライブルク(SCF)と対戦した。フライブルクは16位、HSVは15位で、HSVとしては勝てば翌日の試合結果によっては13位まで浮上する可能性があり、SCFを突き放す意味でも勝利がほしいところだ。


 前半10分、SCFのシュートをTW(GK)のクリスチャン・マテニアが弾いてセーブすると、19分にはHSVのフィリップ・コスティッチのクロスからアーロン・ハントがシュート。これは相手キーパーに阻まれる。

 さらに前半36分にはハントのクロスをボビー・ウッドがシュート。これも相手TWがキャッチし得点を奪えない。


 両チーム無得点で折り返した後半8分、コスティッチのクロスからゴートクの左足が炸裂。ゴールに突き刺さるかと思われたが相手TWがダイビングで阻止。惜しい!


 結局スコアレスドローに終わったこの試合でハンブルクは現状に留まってしまった。


 ただ、17位、18位との勝ち点差をみれば今季降格圏へ沈む可能性はない。


 ゴートクは毎回シュートするものの、「惜しい」で終わっている。ここはなんとかしてほしいものだ。


 尚、HSVの伊藤達哉はベンチ入りしたが、出番はなかった。


 次節は12月9日(土)、ホームにヴォルフスブルクを迎える。下位対決を制し、上位浮上のきっかけをつかんでほしいものだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、BCL、美術館、旅行等)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第13節 ホーム ホッフェンハイム戦


ハンブルガーSV 3-0 TSG1899ホッフェンハイム


 DAZN等と契約していない私の情報源はもっぱらインターネットだ。


 ハンブルガーSVの試合は地元の北ドイツ放送(NDR)でラジオ中継があるのだが、完全中継ではなく、途中、多くの時間を音楽番組に費やすので、通常HSVのネットラジオを聴いている。この試合も例外ではない。


 この試合、キャプテンのゴートク(酒井高徳)はボランチで先発した。


 試合は開始早い時間帯に動いた。


 前半6分、相手SR(PA)近くでドウグラス・サントスが出したボールを相手選手が処理しようとしたが、それが自陣のゴールに流れ込み、オウンゴールになり、ハンブルガーSVが先制した。


 試合の流れとしてはホッフェンハイムがボールを支配していることが多いが、前半はこの1点を守ったHSVが1点のアドヴァンテージで折り返した。


 後半、ハーフタイムでの選手交代はない。


 後半、なかなかチャンスをつかめなかったHSVだが、30分、フィリップ・コスティッチのFS(FK)が直接ゴールネットを揺らし、HSVが追加点をあげた。


 更に後半終了間際の43分、デニス・ディークマイアーのクロスからギデオン・ユンクがシュート。これが決まってHSVが突き放す。


 そして、試合はそのまま終了し、HSVは完封勝利を収めた。


 ゴートクはフル出場し、見せ場も作ったが、いまひとつ決定力に欠けたようだ。

 伊藤達哉はこの試合、ベンチ入りはしたが出番がなかった。


 次節は12月1日にアウェーで16位のフライブルクと対戦する。ここはしっかり勝利し、残留争いからの完全脱出の起点にしたい。


相互リンク⇒なごやん(降格決定にもかかわらず勝ち続けるアルビレックス)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第12節 アウェー シャルケ戦


FCシャルケ04 2-0 ハンブルガーSV


 前節久しぶりに勝利したHSVはアウェーでシャルケと対戦した。これまでの対シャルケ戦の成績は悪くはないが、勝っているのはほとんどがホームゲームだ。


 ゴートク(酒井高徳)はダブルボランチの一角で先発した。また、伊藤達哉は右のサイドハーフで先発した。


 試合は前半17分という早い時間帯に相手にEM(PK)を与え先制された。


 HSVはボールはよく支配するのだが、有効に運ぶことができない。


 先発の伊藤は相手選手のマークが強く思うように動けずイライラすることもあり、前半28分、イェローカードをもらってしまった。


 そして前半35分、HSVは伊藤に代わってジャン=ルカ・ヴァルトシュミットを入れてきた。伊藤は怪我をしている様子はないので、恐らくは戦術的なものであろう。今日の伊藤だと2枚目のイェローカードをもらいかねないと思われたのかもしれない。


 そして前半を1点ビハインドで折り返した。


 後半に入っても、HSVは攻め入る場面も多いがなかなか得点できない。しかし、シュート数は増えて来た。


 そんな中で後半22分、流れの中で失点し、2点を追う立場になってしまう。


 そしてそのままタイムアウトを迎え、HSVの連勝はならなかった。


 ゴートクはチームをうまくまとめているのだろうが、試合では決定機にはちゃんと決定してほしいものだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、初めての降格)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。