アクティブなごやん

ドイツ、中欧に思いを馳せ、ブンデスリーガ VfBシュトゥットガルトへ移籍した元アルビレックス新潟の酒井高徳を応援します。


テーマ:

第21節 ホーム フライブルク戦


ハンブルガーSV 2-2 SCフライブルク


 今節、既にブレーメンが勝利し、ハンブルクは暫定16位に逆戻りしていた。また、最下位のダルムシュタットは敗れたが、17位のインゴルシュタットは好調フランクフルトに完封勝ちし、ハンブルクとは勝ち点1差にまで迫ってきていた。


 今日もネットラジオが頼りだ。


 キャプテンの酒井高徳(ゴートク)は右のサイドバックで先発した。


 試合は前半15分、フントのゴールでハンブルクが先制した。しかし前半23分に追い着かれてしまった。

 そして前半31分、ハンブルクのパパドープロスが負傷退場し、ジュルーと交代した。前半での交代は痛い。


 前半は五分五分の戦いだったが、シュートはハンブルクが3本とフライブルクの半分に終わった。ただ、枠は捉えている。後半に期待したい。


 後半、ハンブルクはディークマイアーを下げ、グレゴリッチを入れてきた。


 後半12分、そのグレゴリッチがゴール直近でゴートクのパスを受け左足で押し込み、ハンブルクが勝ち越した。


 しかし、このリードを守れないハンブルクは後半27分に再び追い着かれてしまった。


 なんとしても勝ち越したいハンブルクは後半38分、エクダルに代えワレシ(ソウサ)を投入した。


 後半43分、フントが相手SR内でファールを受けEM(PK)を得た。これをフント自ら蹴ったが、ナント、セーブされてしまった。絶好のチャンスを逃したハンブルクだ。


 結局試合は引き分けに終わり、HSVはなんとか15位はキープしたが、また際どい展開が戻ってきた。


 優勝争いはともかく、下位の攻防がし烈なブンデスリーガだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、SWL、美術館等)


ブンデスブログです⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日(2017年2月18日)の朝刊、テレビ欄です。


 同じ時間帯の美の巨人たち(テレ東系)は上村松園で、これも見たいけど・・・

 今日はNHK優先だな。


 午後10時のサタデースポーツを楽しみにしていましょう。


 試合は日本時間明日2時30分。ホームにフライブルクを迎え撃ち(打ち ^ ^)ます。


 DAZN加入の人は見られますね。


【追記】

 結局、スマホのワンセグをNHKに合わせそばに置き、TVでは美の巨人たちを見て、スマホの画面がゴートクになった時、TVのチャンネルをNHKに替えました。

 内容は・・・うーん、私としてはイマイチだったかな。

 「そうだよ。」、「今更かよ。」という感じでした。


 普段からもっとゴートクに注目しろよ、NHKさん!


相互リンク⇒なごやん(開幕控えて不安なアルビ)


連勝で一歩でも安定へ近づけ⇒

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今季序盤から不調に喘いだハンブルガーSVは第10節終了後、キャプテンをヨハン・ジュルーから酒井高徳(ゴートク)に代えた。


 すると、第11節、12節は引き分けだったが13、14節と連勝し、徐々に成績は上向いてきて、20節を終わった段階で、とりあえず降格圏から脱した。


 もちろん、まだまだ予断を許さないが、この調子でいけば、なんとか中位へ行ける可能性もある。


 ゴートクがドイツへ渡った当初、ニュルンベルクの祖母とも言語によるコミュニケーションががとれないほどだったが、今では、(多分)フツーのドイツ人並みの言語力だと思われる。選手間のコミュニケーションもうまくいっているのだろう。


 ちなみに第10節までと11節からの結果を下表に示す。


表.ハンブルガーSV、第1節~10節と11節~20節の比較(第11節以降のキャプテンがゴートク) 

     第1節~第10節   第11節~第20節    第1~20節合計
0 5 5
2 2 4
8 3 11
勝ち点 2 17 19
得点 4 15 19
失点 23 12 35
得失点差 -19 +3 -16

 失点が半減しているが、それにも増して得点力が向上していることがわかる。


 これから対戦する相手はほとんどが上位に位置するチームではあるが、攻撃力の増したハンブルクは上位チームにとって脅威であろう。


 ゴートクが今後どのようにチームをまとめていくか。その力が試される。


相互リンク⇒なごやん(旅日記(4)紀伊國へ)


これからが正念場だ。頼むぞゴートク⇒
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第20節 アウェー ライプツィヒ戦


RBライプツィヒ 0-3 ハンブルガーSV


 なんとしても降格圏から抜け出したいハンブルクだが、今季は絶好調のライプツィヒが相手で、しかもアウェーだ。前期に惨敗した相手で、手ごわいぞ。


 今日の情報源もネットラジオとユーロスポーツ等のライブティッカーだ。


 序盤からライプツィヒがボールを支配するが、ハンブルクは決定的なチャンスを作らせない。


 するとハンブルクは前半18分、EB(CK)を得、ミュラーが蹴ると、これを受けたパパドープロスがヘディングシュートを放つ。ボールはゴールマウスに吸い込まれた。アウェーのハンブルクが先制だ。


 前半24分、またもやミュラーのEBをワラシ(ソウザ)がヘディング。これも決まってハンブルクがライプツィヒを突き放した。


 ハンブルクが前半のうちに2点リードし折り返した。


 後半はライプツィヒが攻める展開になるが、ハンブルクは有効な攻撃を許さない。


 ハンブルクは後半38分、コスティッチを下げ、ディークマイアーを入れた。


 さらに終了間際の後半45分、ホルトビーに代えてエクダルを、そしてアディショナルタイムに入るとすぐにウッドに代えてフントを入れた。


 するとすぐにその後だった。


 アディショナルタイムも終わろうとする後半45+3分、カウンター攻撃からミュラーのパスを受けたフントの左足が炸裂し、ダメ押しゴール!


 ミュラーは3アシストだ。


 ライプツィヒにリベンジを果たした。


 他試合の結果も含め、ハンブルクはとりあえず15位に浮上した。明日の試合結果にもよるが、次節にはもう少し上へ行ける可能性も出てきた。


 ライプツィヒに15シュートを浴びながら、1本も枠に打たせなかった守備は見事だ。


 ゴートク(酒井)キャプテンは右サイドバックでフル出場し、完封勝利に貢献した。

 

相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、美術館、旅、BCLなど)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DFBポカール 3回戦 ホーム ケルン戦


ハンブルガーSV 2-0 1.FCケルン


 少しずつ調子を上げてきているHSVではあるが、リーグ戦ではまだ降格圏の16位に沈んでいる。

 週末に第20節を控えた昨日(日本時間今朝)、DFB-Pokalの3回戦でHSVはホームにケルンを迎えた。


 試合は開始早々の前半5分い動いた。

 前線でボールを受けたHSVのヴァルトシュミットがシュートし、相手TW(GK)がはねのけたボールにユンクの右足が反応しゴールネットを揺らした。


 1点のアドヴァンテージで折り返したHSVだったが、後半は攻められる場面も多く、なかなか追加点が奪えない。


 しかし後半30分、ユンクのパスを受けたウッドがドリブルで中央へ進み、落ち着いてシュート。これが決まって決定的ともいえる2点目を奪った。


 試合はそのままハンブルクが勝利し、準々決勝進出が決まった。


 ゴートク(酒井高徳)は右のサイドバックで先発し、キャプテンとしてタイムアップまで試合をコントロールし、勝利に貢献した。


 この調子でリーグ戦も勝ち進んでほしいものだ。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、美術館、旅、SWL等)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第19節 ホーム レヴァークーゼン戦


ハンブルガーSV 1-0 バイエル04レヴァークーゼン


 今節、HSVは金曜日の試合で、ホームにレヴァークーゼンを迎えた。キャプテンの酒井高徳(ゴートク)は累積警告(5回)で出場停止だ。


 HSVはキーパーのアドラーが怪我から復帰して、この試合のキャプテンを務めた。


 私は3日、泊りがけ出張でライブで試合を追うことはできず、帰宅後結果を知った。


 試合はレヴァークーゼンがやや優位に進めたが、チャンスはHSVが作っていたようだ。しかし、両チーム得点なく前半を折り返した。


 後半、HSVはミュラーコスティッチがチャンスを作るが決めきれない。


 しかし後半31分、FS(FK)のボールを受けたミュラーが左サイド中央よりから弓なりのクロスを上げると、反対側で前線へ上がってきていたIV(CB)のパパドープロスが頭でシュート。これがゴールに転がり込み、HSVが先制した。


 この1点を守りぬいたHSVが勝ち、昨日の試合でインゴルシュタットが敗れたため、HSVはとりあえず自動降格圏からは抜け出した。今日の試合で15位のブレーメンが敗れれば、次節、15位浮上も可能だ。


 その前にDFB-ポカール、ケルン戦があるが・・・


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、旅行、短波、美術館など)


ブンデスブログです⇒
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第18節 アウェー インゴルシュタット戦


FCインゴルシュタット04 3-1 ハンブルガーSV


 この日も情報源はラジオのライブ中継を聴きながらユーロスポーツのライブティッカーだ。


 なんとか残留争いから抜け出したいHSVはアウェーで17位のインゴルシュタットに挑んだ。


 HSVはボールは保持するものの、なかなかシュートにまで持ち込めない。すると前半14分、流れの中で先制されてしまった。


 更に前半22分、今度はフリーキックを直接決められ引き離される。


 HSVはウッドグレゴリッチと仕掛けるが、枠を捉えられない。前半42分にはウッドのシュートが相手キーパーにセーブされてしまった。


 前半、HSVは2点ビハインドで折り返した。


 後半、HSVはオストロツォレックヴァルトシュミットを下げ、ユンクディークマイアーを入れてきた。


 しかし後半開始早々、代わったはかりのディークマイアーがインゴルシュタットにEM(PK)を与えてしまい、これを決められ、差を3点に広げられる。なんちゅうことか・・・


 後半18分、ゴートク(酒井)がSR(PA)の右、少し離れたところから右足でシュートすると、これか弾丸ライナーとなりゴールマウスに吸い込まれ1点を返した。


 後半23分、HSVはグレゴリッチに代えてミュラーを投入した。


 後半30分、決定的なチャンスにホルトビーが外してしまう。


 結局、HSVはゴートクの1点止まりで、残留争い相手に完敗してしまった。


 その結果、インゴルシュタットが16位に浮上し、HSVは自動降格圏の17位に後退した。次節、また巻き直しの試合だが、ホームとはいえ、相手はレヴァークーゼン。苦しいが、ここが頑張りどこだ。


相互リンク⇒なごやん(旅日記(2)東海道新幹線からの富士山)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第17節 アウェー ヴォルフスブルク戦


VfLヴォルフスブルク 1-0 ハンブルガーSV


 長いクリスマス休暇を経て、ドイツブンデスリーガが再開された。今日は前半戦最後の試合だ。HSVはアウェーでヴォルフスブルクと対戦した。


 HSVは前半33分、ボランチのエクダルが2枚目のイェローカードをもらい退場。10人での試合を強いられた。


 前半はスコアレスで持ちこたえ、後半も終盤まではなんとか無失点できたHSVであったが、後半43分、ついに失点し、試合はそのまま終了。勝ち点を積み上げることができなかった。


 酒井高徳(ゴートク)は右のサイドバックでフル出場したが、勝利はかなわなかった。


 下位では15位のブレーメン、17位のインゴルシュタットが敗れ、18位のダルムシュタットは14位のメンヒェングラートバッハと引き分け、HSVの順位は16位のままだった。


 来週から後半戦になる。相手はインゴルシュタットで、「裏天王山」とも言える。しっかり勝利してほしい


相互リンク⇒なごやん(BCLで世界を見よう)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 明日、ドイツブンデスリーガが再開され、ハンブルクはアウェーでヴォルフスブルクと対戦する。

 この試合、キャプテンの酒井高徳(ゴートク)はどのポジションで出場するのだろうか?


 ドゥバイキャンプ中に中国のヘナンチェンイェー(河南建業)FCと行った練習試合(2-1でHSV勝利)では前半はオストロツォレックと、後半はエクダルとボランチを組み、フル出場した。


 ブンデスリーガのホームページでは右サイドバックが予測されている。


 実際にはどうなるか。明日夜(日本時間)を待つことにしたい。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、BCL、美術館、旅行、usw.usw.)


さあ、巻き返しだ、キャプテンゴー⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハムダーン・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームチャレンジカップ


アル・ナスルFC 0-5 ハンブルガーSV


 アラブ首長国連邦(UAE)のドゥバイでキャンプを張っているハンブルガーSVは1月9日、ハムダーン・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム*チャレンジカップでUAEの古豪アル・ナスルFCと対戦した。

*ハムダーン・ビーン・ラシード・アール・マクトゥーム:ドゥバイの副首長


 前半1点リードで折り返し、後半4点を叩き出したHSVが5-0と快勝し、優勝カップを手にした。

 

 詳細はHSVのホームページをご覧になればよいが、ゴートク(酒井高徳)は前半は右サイドバックで、後半はボランチで出場し、後半30分に退いた。HSV total に映し出されたゴートクの嬉しそうなこと(笑)。


 TW(GK)は前半がアドラー、後半がマテニアで、アドラーが復帰した。


 相手が相手とは言え、新年、よいスタートをきったのではなかろうか。


相互リンク⇒なごやん(アルビレックス新潟、旅日記、美術館/博物館、短波、その他雑多)


ブンデスブログです⇒

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。