英語講師でプロになる!英会話の先生&教室開業TIPS

子供英会話講師として独立開業したいという夢を支援します。フリーランスで活躍、または教室を開設や塾の経営に役立つ情報をお伝えできればと思っています。


テーマ:


資格不要!英語講師でプロになる!講師養成から英語教室開業支援まで


今日の小学校英語、授業のテーマは「文具」についてゲームしながら学ぼう!です。


公立小学校4学年の英語授業も4月にスタートして数回目になりました。


今日は「文具」について学びます。 場所は教室、クラスの人数は30人ほどです。


今日覚える「文具」の単語を皆で覚えていきます。


「えんぴつ、けしごむ、のり、はさみ、ホッチキス、セロハンテープ、ふでばこ、定規」の8つの絵が黒板に貼られていきます。


それぞれの絵の下には単語が書かれています。


先生の言った後に皆でリピートします。


最初は1つずつゆっくりとしたスピードで、慣れてきたら段々とスピードも速くなり、順序もバラバラになっていきます。


テンポよく先生についていけるでしょうか。


次にゲームをしてみましょう。


席の隣同士ペアになり、机を向かい合わせに並べます。


向かい合わせになった2人組のうちどちらかが自分の消しゴムを提供します。


消しゴムは2人のちょうど真ん中に来るように置きましょう。


言い争いにならないよう公平に。


先生が先ほど皆で覚えた8つの文具の中から、1つだけキーワードを決めます。


例えば先生が「pencil」をキーワードと決めたら皆に言いますので、生徒は両手を頭の上に乗せスタンバイします。


でも先生は最初から「pencil」とは言いません。


何を言ってくるのかは先生しかわかりません。


たとえば最初に「glue!」といったら生徒たちはそれを真似します。


生徒も真似して「glue!!」そのあと手を2回たたきます。


パン!パン! 再び手を頭の上に乗せてスタンバイ。


次に先生が言うのは…


「pencil case!」


生徒達「pencil case!!」パン!パン!(←手をたたく音)


再び手を頭の上に。


そしてついに先生「pencil!」


あ、キーワードが出ました。


そうしたら2人の間においてある消しゴムを取ります。


早く消しゴムを取ったほうが勝ち、です。


キーワードが出るまで皆耳を澄ましているのですが、けっこうな緊張感の中お手つきする生徒続出です。

お手つきしても特に罰はないのですが…。



~~~~~~~~~~~~~~~~~

次は違うゲームをしましょう。


机を元通りに戻し今度は縦の列に机を90度回転させます。


回転させた机をくっつけて細長い列を3列、机で作ります。


教室の前から見て縦に細長い机の列が3つできていればOKです。


そこに先ほど練習した8枚の文具のPCを置いていきます。


このゲームは班対抗です。


このクラスは6班あるので先ほど細長く並べた3列の端と端に各班スタンバイします。


スタートの合図とともに、端と端から各班1人ずつ並べられた文具のPCを読んでいきます。


列の真ん中あたりで敵チームに出会ったら、じゃんけんです。


「rock、scissors、paper、 1、2、3!」


じゃんけんに勝ったらどんどん先に進むことができ、負けたら引き返し最初からやり直さなくてはいけません。


このゲームは正確さとスピードが必要です。


全ての班のメンバーが参加して早く終わった班が優勝です。


ゲームを取り入れての45分の英語授業は生徒たちに毎回好評で、大変人気があるようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(この記事は2010年にオールアバウトコラムに執筆したものです)




いかがでしたでしょうか?


今まで全9回、公立小学校での英語の授業の様子をレポートさせていただきましたが、このレポートも今回でいったん終了となります。


世間では「小学生・英語必須化」についての是非が盛んに議論されていますが、とにもかくにも「見切り発車」のような形でスタートしたのが、今まで紹介したような『読み書き排除』『ゲーム中心』の英語です。


そして、この授業内容について、2013年の現在もほとんど変化がありません。


そのため、中学校に入った途端に、今までの小学校英語とのあまりのギャップに急に英語が嫌いになってしまう子供も続出です。

困ったものですね。



今後も、英語の授業必須化について、さまざまな形でレポートをお送りいければ良いな、と思っております。 どうぞよろしくお願いします。


_______________________

キャハハ☆アクティブの人気通信講座

  

クラスルームイングリッシュ  4,200円(送料込)

 レッスン全体の流れもつかんで頂けますパンダ


フォニックス入門  6,300円(送料込)

 フォニックス指導で大人気のワークブック(洋書)付

_______________________

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


資格不要!英語講師でプロになる!講師養成から英語教室開業支援まで
今日は「Shapes」についての小学校での英語授業の様子をご紹介します。


○「形」を学ぼう!


今回も前回の授業と同じく視聴覚室で行われました。


今日は「形」について勉強します。


まずホワイトボードに、「○」「△」「□」「☆」4枚の紙が貼られました。


それぞれの形の単語を5~6回ずつ練習します。


先生の後についてリピートします。


先生「circle!」生徒「circle!」


他の形も元気よく言うことができました。


大体覚えたら今日のメイン、「形を使ってお店屋さんごっこ」を行いましょう。


生徒はA~H、8つのグループに分かれています。


お店屋さんは「紫」、「黒」、「オレンジ」、「黄」、4つあります。


売り物は何かというと先ほど練習した4つの形が描かれた小さな紙(5cm×5cm位)です。


それぞれのカラーのお店に4種類の形が売られています。


形ごとに箱に仕分けされていて各20枚ずつくらい商品として用意されているようです。


例えば、紫のお店には「紫の○」「紫の△」「紫の□」「紫の☆」売っている、といった感じです。


形を買うなんてなんだか不思議な感じがしますね。


8つのグループを「お店屋さん」側と、「お客さん」側に分けます。


ハナさんがいるHグループは最初、お客さん担当です。


お客さん役は班ごとに団体で動かなくても良いので、個人で行きたいカラーのお店で好きな形を買います。


ハナさんはオレンジの□を買いに行きました。


「Orange square please.」「はい どうぞ~」


次に黒の☆を買いました。

「Black star please.」


この調子で6枚ほどの形を手に入れることができました。


先生から交代の合図が出されます。


「はい、交代してください!」


次はお店屋さん担当です。


Hグループは紫のお店を担当します。


4名いるので一人ひとつの形を担当します。


ハナさんは△「triangle」の担当になりました。


次々とお客さんはやってきます。


色と形の組み合わせということで難しくて言えないかと思いきや、ほとんどの子は上手に色と形を組み合わせ記憶して発話できるようです。


また、お店屋さんごっこはこの位の年齢の子に大変受けが良く、盛り上がって終わりました。


10分位のお店屋さんもあっという間にタイムオーバーです。


先生から合図が入り今日の授業は終了です。


(この記事は2010年にオールアバウトコラムに執筆したものです)


_______________________

キャハハ☆アクティブの人気通信講座

  

クラスルームイングリッシュ  4,200円(送料込)

 レッスン全体の流れもつかんで頂けますパンダ


フォニックス入門  6,300円(送料込)

 フォニックス指導で大人気のワークブック(洋書)付

_______________________

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


資格不要!英語講師でプロになる!講師養成から英語教室開業支援まで


今回は視聴覚室でおこなわれた3年生の英語授業のレポートです。


この日は数名の先生も見ており、皆ちょっと緊張気味です。


教室であらかじめ背の順にA~Eまでの5つのグループを作っておいたので、グループごとにまとまって視聴覚室に移動開始です。


各グループの人数は5~6名です。


移動が終わったらさあ授業がスタート、いつものようにハローソングを歌います。


今日のテーマは「カラー」です。


先ほど作ったA~Eの5つのグループ、5列に生徒たちは並んでいます。


教室の半分の空間は開けておきます。


まず、壁に3枚色画用紙を貼っていきます。


サイズは生徒たちが使用しているノートと同じサイズです。


次に色のついた直径30cmほどの輪を床に5つ置きます。


それをグループごとに用意します。


生徒たちからみてまず縦に5つの輪が並び、その向こう、自分たちがいるのと対面の壁に色画用紙が貼ってある、という感じです。


ここまで準備が整ったら皆で声に出して練習します。


先生が「red、yellow、green blue、write、black、brawn、pink、orange」と順番に言っていくので大きな声で繰り返します。


先生の発音をよーく聞いて何度も繰り返します。


大体覚えたら次にゲームの説明がされます。


先生の「Ready go!!」の合図とともにグループの最初の人がそのカラーのところまで歩いていき(走ったらアウト!です)、触ったと同時に大きな声でそのカラーを英語で言います。


1つのグループに1人の先生が付き添っており、その先生に聞こえるような大きな声で言わなければいけません。


また、触り方ですが毎回手、足、ひじ、どこで触るのか指示が出るのでそれに従います。


各色、紙は一枚ずつしかありません。


それでは、実際にやってみましょう。


先生「orange!手で触って!Ready go!」


1人目から5人目まで指示はずっと同じなので皆難なくクリア。


何回か繰り返して慣れてきたらレベルアップです。


先ほどまで指示は1つのカラーでしたが、だんだん枚数が増えていきます。


先生「red、yellow、green ひじで触って!」 更にどんどん枚数が増えていき、最後は8つのカラー全部を先生が言った順に言わなくてはいけません。


子どもの集中している時の記憶力には目を見張ります。


皆迷いなく次々タッチしていきます。


グループの最後のメンバーは勝敗がかかっているので、プレッシャーもかかってきます。


「はやくしろよー!!」 「いそいで!!」


容赦ないメンバーの声援?が聞こえます。


急ぎたいのに走ってはいけないとの指示…。


どのグループのアンカーも必死の競歩で指示されたカラーを触ってゴールします。


今日も授業も盛り上がりのなか終了です。



このレポートを書いていて思うのですが、この年頃の子どもたちは本当に競うことが大好きなようです。


今後も各年齢、学年それぞれの特徴を生かした授業を期待したいものです。



(この記事は2010年にオールアバウトコラムに執筆したものです)


_______________________

キャハハ☆アクティブの人気通信講座

  

クラスルームイングリッシュ  4,200円(送料込)

 レッスン全体の流れもつかんで頂けますパンダ


フォニックス入門  6,300円(送料込)

 フォニックス指導で大人気のワークブック(洋書)付

_______________________

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。