NEW !
テーマ:

[疲れで発熱? 無理がきく人は要注意]

 (家庭の医学  2017年04月18日)


<原因不明の発熱・・・疲れ、ストレスの場合も?!)

<疲れによる発熱は薬が効かない?>
疲れの症状は人によってさまざま。
だるさや痛みだけではなく、疲れた体や弱った心が、発熱というサインを
出していることもあります。
かぜなどの原因が見つからないのに熱があるとき、疲れすぎを疑って
みましょう。

かぜをひいているわけではないのに、仕事がハードで休みがとれなかったり、
疲れがたまったりすると熱が出るという人がいます。
微熱の場合、つい軽くみることもあるでしょう。
多少熱っぽくても、無理を重ねてしまう人も少なくありません。
しかし、発熱は異常が発生しているという体からのサインです。
無視しつづけるのは禁物です。


本来、発熱はウイルスや細菌などが外部から侵入したときに起こります。
体温を上げることには、ウイルスや病原菌の増殖を防ぐために白血球の機能を
促進する、免疫機能を高めるなどの目的があります。

ウイルスや病原菌と戦うのは、白血球やマクロファージなどの免疫活性食細胞
ですが、これらが戦闘態勢に入ると体内の防御機構を活性化させ、脳の視床
下部にある体温調節中枢に「体温を上げて」という情報を伝える物質をつくり
ます。
情報を受け取った体温調節中枢は、自律神経や筋肉など各部に「体温を
上げろ」という指令を出します。
すると、皮膚の血管を収縮させて熱が逃げるのを防いだり、筋肉をふるえ
させて熱を生みだしたりといった反応が現れ、発熱するのです。


一方、疲れによる発熱は、過度な活動やストレスによって自律神経の働きが
乱れ、熱を上げてしまうことが原因と考えられます。
ウイルスや病原菌が原因の発熱とはメカニズムが異なるため、解熱剤を
飲んでも熱が下がらないこともあります。
こうした疲れやストレスによる発熱を「心因性発熱」と呼ぶこともあります。

かぜでもないのに発熱がみられたら、まず、原因を探りましょう。
体のどこか、たとえばリンパ節や腎臓その他に炎症や感染がないか、膠原病
などの自己免疫疾患でも発熱することがあるので、多くの可能性を検証
しましょう。

発熱を繰り返す人は、医療機関で調べてもらうことをおすすめします。
診断の結果、身体の異常がみられなければ、疲れやストレスによる心因性の
発熱と判断できるかもしれません。
その場合、無理をしがちな生活習慣や環境の問題がないか、振り返りが必要
でしょう。
なかなか改善しないようなら、心療内科や専門機関に相談してみてください。





(監修:東京医科大学病院 総合診療科准教授 原田芳巳)




https://news.goo.ne.jp/article/kateinoigaku/life/kateinoigaku-20170413133209498.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

[地域の坂の傾きが1.5度で中等度の糖尿病リスク18%減
                        医科歯科大など発表]

(時事通信社  2017年5月8日)


地域の坂の傾きが約1.5度上がると、住民が中等度の糖尿病になるリスクが
18%低下するとの調査結果を、東京医科歯科大などの研究チームが8日、
発表した。

同大の藤原武男教授(公衆衛生学)は「日常的に坂を歩くことで、運動と同じ
効果が得られている可能性がある」と分析している。


研究チームは2010年、愛知県武豊町など6市町46地域に住む65歳以上の
男女計8904人の調査を実施。
住んでいる地域の坂の傾斜と、糖尿病との関連を調べた。

各地域の坂の傾斜は約1~10度で、平均は約3度。
1カ月の血糖値の状態を表すHbA1cが7.5%以上である中等度の糖尿病だった
のは223人だった。
坂の傾きが1.48度上がると、中等度の糖尿病になる可能性は18%下がって
いた。

軽度も含めた糖尿病(HbA1cが6.5%以上)になるかどうかでは、違いが
みられなかった。


研究チームは「自治体が運動用の道を造る際、軽い坂のあるコースを設ける
などしてもいいのでは」と指摘している。 





http://news.livedoor.com/article/detail/13034455/




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

[お酒で赤くなる人は骨折に注意?]

(家庭の医学  2017年8月15日)


<若いうちから骨貯金を>
お酒を飲むと赤くなる人は珍しくありません。
このような体質の人は、そうではない人に比べ、骨粗しょう症になりやすく、
大腿骨近位部(股関節に接する辺り)の骨折のリスクが高いことが、慶応義塾
大学医学部の研究チームが明らかにしました。


アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドという有害物質が発生しますが、
この有害物質は「ALDH2」という酵素で分解されます。
しかし、お酒を飲むと赤くなりやすい人は、このALDH2の働きが遺伝的に
弱いまたは欠けていることがわかっています。

ALDH2の機能が失われると、アセトアルデヒドが体内に溜まりやすくなり
ます。
アセトアルデヒドの血中濃度が高まると、骨を作りだす骨芽細胞に機能障害が
生じてしまうのです。


今回の研究では、大腿骨近位部骨折を経験した92名と、骨折したこともなく
骨粗しょう症でもない48名の遺伝子を比較。
その結果、骨折した患者は、ALDH2の働きが遺伝的に弱いまたは欠けて
おり、骨折のリスクが2.48倍高くなることがわかりました。


また、ビタミンEの摂取によって骨折予防の効果が期待できるとも報告されて
います。
マウスの細胞を使用した実験段階ですが、ビタミンEの摂取で、骨芽細胞の
機能不全が避けられることがわかっており、さらなる研究が待たれます。


骨粗しょう症による大腿骨近位部骨折は増加しており、2014年で19万件も
発生しています。
高齢者の場合は、この骨折をきっかけに寝たきりになるケースも多く、
健康寿命にとって大きなリスク要因です。

持って生まれた遺伝子は変えられませんが、例えば節酒を心がけたり、骨を
丈夫にする生活習慣を続けたりすることで、骨粗しょう症による骨折をできる
だけ予防することができます。

しかし、骨粗しょう症の予防は短期的には難しく、若いうちから「骨貯金」を
しておくことがすすめられています。
バランスのよい食事、カルシウムやビタミンD(カルシウムの吸収を促す)が
豊富な食品の摂取のほか、定期的な運動も必要です。
ふだんから積極的に体を動かすようにしましょう。





(監修:東京医科大学病院 総合診療科准教授 原田芳巳)




http://sp.kateinoigaku.ne.jp/kiji/124621/



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

[水虫で転倒しやすく? 歩き方に異変、高齢者注意]

(NIKKEI STYLE  2017年9月23日)


多くの人を悩ませる水虫。
たかが水虫と侮るなかれ。
爪の水虫にかかると、下肢機能が低下して転倒するリスクが高まるという。
毎日のケアで、完治・予防しよう。


水虫の原因になる白癬菌はカビの一種。
高温多湿の環境を好み、皮膚の角質に感染して水虫を引き起こす。
長時間靴を履いている働く世代で悩む人が多いが、高齢者にとっても人ごと
ではない。

文京学院大学の藤谷克己教授が一般成人と65歳以上の高齢者計159人を調査
したところ、白癬菌を散布しているのは、64歳以下の9パーセントに対し、
高齢者は55パーセントに達した。

白癬菌が足の裏や指に感染すると足白癬に、爪の中に入り込むと爪の水虫
「爪白癬」になる。
爪白癬はかゆみなどの症状がなく、気付かない人も多い。
進行すると、爪が白や黄色に変色し、厚くなったりボロボロになったりする。
放置すると爪が変形する。

問題は、水虫は命に関わらない疾患だと見過ごされがちなことだ。

実は水虫が高齢者の転倒リスクを高める恐れがあると分かっている。

早稲田大学スポーツ科学学術院の中村好男教授らが1万581人を対象に調査
したところ、足の指や爪に水虫などの問題を抱えている高齢者で、過去
1年間に転倒経験を持つ人の割合は、そうでない人よりも高かった。

水虫や爪白癬など「足に疾患があると、足の指が地面に付きにくくなり、
バランスを崩したり、すり足になったりして転倒する可能性がある」
(中村教授)。

足の爪は移動するときに重要な役割を果たす。「歩行時に足の指で地面を蹴る
とき、足の爪には大きな力がかかる」と中村教授。
ところが「爪白癬にかかると爪がもろくなるため、足先に力が入らずよろけて
しまい、転倒するリスクを招く」と藤谷教授は指摘する。

なかでも爪白癬になりやすい足の親指は、踏ん張るときに力がかかる場所だ。
水虫で爪が弱ると、踏ん張れなくなって転んでしまう。
さらに「水虫にかかった爪が剥がれることで、歩行困難に陥るケースもある」
(藤谷教授)という。

高齢者は特に注意が必要な水虫だが、「予防はシンプルで、完治も可能」と
藤谷教授。
一番有効なのは、1日1回足を洗って、原因の菌を取り去ることだ。

白癬菌は水虫の人の足から剥がれ落ちた垢に数多く潜み、スポーツジムや
介護施設など人が集まる場所でまき散らされる。
足に付いた菌を放置すると、約24時間かけて角質に侵入し、感染する。

せっけんを泡立てて指の間や爪の溝の周り、足裏をよく洗う。
水で流してから、乾いたタオルで拭きとる。
バスマットの共有は避ける。
足の指の間を拭くのも効果的だ。
ただし「消毒用アルコールでは菌は落ちない」(藤谷教授)。
せっけんの方が殺菌作用が大きいという。

足の爪は短く保つ。
同じ靴を履いたり、靴下を長時間履き続けたりすると、足が蒸れて白癬菌の
増殖を招くので、毎日履き替えよう。
サンダルの素足履きでかかとがかさつき、菌が入りやすくなって水虫に感染
する例もある。
クリームで保湿を心がけたい。

日ごろの足の使い方も重要だ。「歩き方を意識しないでいると、水虫は繰り
返す」(中村教授)。
歩行時はかかとと親指の付け根、小指の付け根の3点を意識して、かかとから
足の指へ重心を移動する習慣を身につけたい。


水虫は完治を目指せるだけに、皮膚科専門医による見極めが必要だ。
毎日足を洗うことに加えて、菌を持つ人が自覚してしっかり治療を受ける
ことが、他の人の水虫の予防にもつながる。



(ライター 高谷治美)




https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170923-00000008-nikkeisty-hlth

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

[糖尿病男性の半数がEDに?]

(あなたの健康百科  2017年11月17日)


糖尿病は、進行すると失明や人工透析、足の切断といった恐ろしい事態を招く
病気だ。

確かにこうした合併症の怖さは意識しなければならないが、男性患者に
とっては「男性力」への影響も気になるところではないだろうか。

この度、欧州を中心とする研究グループが、糖尿病の男性では半数以上に
勃起不全(ED)があり、その頻度は健康な男性の約3.5倍に上るとの研究
結果を報告した。

詳細は、9月発行の医学誌「Diabetic Medicine」(2017;34:1185-1192)に
掲載されている。



<糖尿病患者の52%がEDと推算>
糖尿病患者においてEDがよく見られるが、その頻度は不明である。
今回、研究グループは、糖尿病患者におけるEDの相対的な有病率を明らかに
するため、2016年11月までに報告された1型および2型糖尿病患者のEDに
関する研究から145件を抽出し、統合的に解析した。

145件のうち、アジアでの研究が61件と最も多く、次いで欧州が48件、北米が
17件、アフリカが15件となっていた。
対象となった男性患者は合計8万8,577人で、平均年齢は55.8歳だった。

糖尿病の男性患者におけるEDの有病率は35~80%と、研究間の差が
大きかった。
それは、糖尿病の合併症についてのデータがないなど、各研究間でデータの
偏りがあることも要因だという。
そこで、それらの偏りを調整し、糖尿病患者におけるEDの有病率を算出した
ところ、全体で52.5%と推定された。



<1型よりも2型糖尿病でより高率に>
EDの有病率は地域によっても違いがあり、南米、オセアニア、アフリカでは
71~75%弱と高く、アジアで67.0%、欧州で53.6%、北米で34.5%となって
いた。

病型別のED有病率は、1型に比べて2型で有意に高かった。
推計では、1型のみ(12件)、2型のみ(70件)のED有病率は、それぞれ
37.5%、66.3%だった。

糖尿病患者と健康な男性を比較した研究は8件あり、糖尿病によりEDの
リスクが3.62倍に上昇することが示された。


研究グループは、「EDの男性は、心血管系の病気を発症するリスクや、
それによって死に至るリスクが高い。糖尿病の男性患者に対するEDの
スクリーニングが、心血管系の病気のリスク評価にもつながるだろう」と
コメントしている。




http://kenko100.jp/articles/171117004421/#gsc.tab=0




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

[薬の服用から数年後…遅発性の副作用の苦しみ]

(読売新聞  2017年10月19日)(心療眼科医・若倉雅登のひとりごと)


私が医学部を卒業して眼科医として歩み始めた昭和50年代、所属先の教室の
大きな研究テーマが、有機リンやカルバメート系農薬の視覚への影響でした。
私も、薬物中毒の動物実験に参加しただけでなく、慢性的に苦しむ患者さんを
診察する機会が他の医師よりも多かったのでした。

そのような経験もあって、医療で使う薬物や、環境中にある化学物質が
人体―特に視覚―にどんな影響があるのか、ずっと関心を持ってきました。


この関心を持ち続けたことが、副腎ステロイドの使用によって網膜の中心部が
はく離する「中心性 漿液性網脈絡膜症」、睡眠導入剤や安定剤として用い
られるベンゾジアゼピン系薬物による「眼瞼けいれん」「眼や視覚の感覚
過敏症( 眩しい、痛い、ぼやけるなど)」などの副作用があることを見つけ
出す素地になったのだろうと思います。


また、1995(平成7)年3月に起きた地下鉄サリンテロ事件に遭遇した
人々が、いつまでも眼や視覚の症状に苦しんでいることについて、さまざまな
可能性を考察する機会もありました。
サリンにはたった1回だけさらされただけなのに、ずっと後になってから
(遅発性に)脳の一部の萎縮が進行したり、視覚や神経の症状が発現したり
するケースがあることがわかりました。


薬物、化学物質の副作用は、さらされてから短期間に出現する急性のもの
ばかりが注目されます。
ところが、眼球や脳といった中枢神経系の仕組みは、長期間にわたり低濃度の
薬物にさらされることで徐々に変化することもあります。
サリン事件のように、突然高濃度の薬物に短時間さらされた後、しばらくして
から症状が出てくる(遅発症状)こともあるのです。

しかし、こうした事実については、医師も製薬会社もかなり反応が鈍いと思い
ます。

そもそも、薬物を開発する時に行う副作用調査は、使用から間もない急性の
症状に限られています。
市販後に行う調査も、流通してから6か月間に限って調査するという原則が
あります。

それゆえ、数年から10年以上もたってから出現してくる、例えばベンゾ
ジアゼピン系薬物による眼瞼けいれんといったものは、調査の対象外です。
診療する医師が「おかしい」と気づくかどうか、その視点に委ねられている
のが現状です。

副作用報告を出そうにも、服薬期間が長すぎて、しばしば使用薬物が変更
されたり、処方する医師が変わります。
患者自身の記憶もあいまいになりやすいため、調査は困難です。
しかも、同時に服用している薬も多く、因果関係がわかりにくいため、結局
報告は出ない(出せない)ことになります。

さらに困るのは、症状が表れてきたころには、薬の特許が切れてジェネリック
(後発医薬品)がたくさん出ている時代になっており、責任の所在が
あいまいになることです。

製薬会社でも監督官庁でも、そのころには、すっかり昔の薬のことは忘れて
しまい、結局副作用はなかったことになってしまうーー。
そんな怖さが潜在的にあるのです。

とくに、薬物の長期投与による人体への影響は、その薬の開発時には想定して
いません。

長期にわたり薬の副作用をモニターして、遅発性の小さな変化でも検出できる
システムを作っておく必要があるのではないでしょうか。
そうしないと、誰も気付かないうちに、人類がいつまでもその薬害を受け
続けるという不幸な事態になりかねません。




(若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)




https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171018-OYTET50007/?catname=column_wakakura-masato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

[線維筋痛症と「眩しさ」]

(読売新聞  2017年9月21日)(心療眼科医・若倉雅登のひとりごと)


米国の人気歌手、レディー・ガガさんが線維筋痛症だと公表したことで、
原因不明のこの病気が脚光を浴びています。

線維筋痛症は、欧米では1950年代から知られていましたが、日本では一部の
医師しか認識しない時代が長く、ようやく2003年に厚生労働省が研究班を
発足させました。


私がこの病気に注目しているのは、眼球そのものに問題はなくても、
 眩しさや目の痛みのために目を開けて見ることができない 眼球使用困難
症候群の重症例に、しばしば体の痛みが起き、線維筋痛症と診断されている
例があるからです。

この11月の日本神経眼科学会(横浜市)で、最重症例の眼球使用困難症候群
8例について報告します。
全例私が診察しました。
皆、終日、弱い光でも目から入ることを拒絶せざるを得ない生活をしている、
重症な方々です。
部屋を暗くして両眼を閉じ、それだけでは足りずにアイマスクや遮光眼鏡を
かけ、外光が入る部屋ではカーテンや帽子が欠かせない、という状態です。
それほどまでに光を防御した格好をしていてさえ、日中は外出ができません。

8例の内訳は、男性3人、女性5人で、年齢幅は26歳から67歳、40歳未満の
方が6人います。

この中で、からだの痛みの強い人が5例、頭痛を持つ人が2例あり、うち
2例は線維筋痛症の診断も受けています。

線維筋痛症は、痛い部位が次々と変わる慢性疼痛が特徴で、関節痛、頭痛、
筋肉痛、疲労感、 倦怠感、めまいなどの身体症状が出ます。
光や音やにおい、気温や気圧の変化などを契機に痛みが強くなるという現象も
よくみられます。
わずかな光に強い眩しさを感じる「 羞明(しゅうめい)」がある例も多く、
米国の報告では70%を占めます。

先に挙げた5例の中心症状は羞明です。
一方、線維筋痛症側からみれば、合併症に羞明がある、と解釈します。
これは、もしかすると同じ病気を異なる立場から見て診断しているということかもしれません。


また、線維筋痛症は、慢性疲労症候群や化学物質過敏症などと臨床症状に
類似点が多いようで、これも、そういう解釈ができるということなのかも
しれません。

いずれも感覚系が過敏な状態にあり、感覚をコントロールする神経機構に
不調が存在するという共通項があります。


日本リウマチ財団のホームページによると、線維筋痛症は日本では一般人口
あたり1.7%の有病率(患者数約200万人)。

今年 8月24日のコラム でおかしな制度だと指摘した難病指定基準の「人口の
0.1%」を超える高頻度ですから、国は難病に指定していません。

一方、実際に医療機関を受診している患者数はわずか4千人前後という数字が
あり、医師の無理解や診療拒否が背景にあると思われます。

これは、痛み、しびれ、眩しさといった、測定しにくく、画像診断がほとんど
役立たない感覚異常を軽視してきた国や医療界の姿勢と無縁ではないで
しょう。
この国が「患者の訴えを最も重視する患者本位の医療」になかなか行き着け
ないことを端的に示している好例といえると思います。

ガガさんの勇気ある公表が、海を越えて、日本におけるこの理不尽な姿勢を
改める契機になればいいと思います。




 (若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)




https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170920-OYTET50012/?catname=column_wakakura-masato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

[口紅やリップグロスには人体に有害な金属が含まれているとの調査結果]

(IRORIO  2013年05月02日)


女性のメイクに欠かせない口紅やリップグロスには、人体に害が及ぶレベルの
金属が含まれている可能性があることが、予備調査によって明らかになった。


米カリフォルニア大学バークレー校のキャサリン・ハモンド教授が行った
調査によると、ドラッグストアやデパートなどで買える人気ブランドの
口紅やグロスなど24品の成分を検査したところ、カドミウムやクロム、
アルミニウムなどの金属が検出されたそう。

こういった金属は、例え微量であっても継続的に摂取すると健康被害を
もたらしかねないといい、特にカドミウムは、重い腎臓疾患などを引き起こす
可能性があるとか。

恐ろしいことに、実験では、1日に2回こういった口紅を使用したところ、
優に許容可能な値を超えてしまったという。


ただし、だからといって世界中の口紅を処分するのはまだ早すぎるそうで、
今後も研究を進め、口紅が人体に及ぼす影響についてハッキリさせる必要が
あると、研究者らは語っている。





http://irorio.jp/asteroid-b-612/20130502/57000/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

[ニッケルに触れている人は糖尿病が多い?]

(MEDLEY  2015年5月8日)


<中国の成人で関連あり>
ニッケルは50円硬貨、100円硬貨の重さの25%を占める原料であり(旧500円
硬貨も同じ成分でした)、充電式電池にも使われている、身近な物質です。

そんなニッケルが体に入ったとき、2型糖尿病との関連があるという意外な
報告が、中国の研究班から出されました。



<北京と上海で調査>
動物実験では、以前からニッケルが血糖値を上げる現象が報告されていま
した。
この研究では、北京と上海に住む55歳から76歳の参加者2,115人を対象に、
尿中ニッケル濃度が計測され、2型糖尿病との関連が検討されました。
また、空腹時血糖値など血液と尿の検査値も同時に比較されました。



<ニッケルが多いほど2型糖尿病が多い>
参加者全体のうち35.3%の747人が2型糖尿病でした。
尿中ニッケル濃度が高いほど2型糖尿病が多い傾向があり、この傾向は
生活習慣の要因、BMI、家族に糖尿病があるかどうかの効果を除いても、
統計的に有意でした。ま
た尿検査の値に影響しうる尿中クレアチニン、尿中CRPの効果を除いても
同様の傾向が統計的に有意に見られました。

 
この研究からただちに「ニッケルは体に悪い」と言うことはできません。
北京や上海でニッケルが日常的に体に入るのはどういう状況なのか、といった
ことも解釈に関係しそうです。


微量の金属が健康に与える影響にはまだ知られていないことも多く、こうした
研究から新事実が見つかることもあるかもしれません。
生活環境改善のためには今後の研究が期待されます。





http://medley.life/news/item/554378d65d99390301008c5b


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

[微量の金属によって緑内障の頻度が違っていた]

(MEDLEY  2015年8月12日)


<韓国2,680人の横断研究>
体にごくわずかに含まれる金属が、健康状態に影響することがあります。

韓国の対象者について、金属の量と目の病気の関係を調べたところ、緑内障の
頻度に金属との関連が見られました。



<韓国の19歳以上の人が対象>
研究班は、韓国の全国調査に参加した19歳以上の人2,680人について、血液
または尿に含まれる金属の量と、その時点で眼の病気がある割合の関連を
調べました。

 

<マンガンが多いと多く、水銀が多いと少ない>
データの解析から次の結果が得られました。

潜在的交絡因子を調整したのち、血中マンガンレベルは緑内障の診断の
オッズと負に関連した(オッズ比0.44、95%信頼区間0.21-0.92)。
血中水銀レベルは緑内障の有病率と正に関連した(オッズ比1.01、95%信頼
区間1.00-1.03)。


血液中にマンガンが多い人では緑内障が少なく、水銀が多い人では緑内障が
多い傾向が見られました。

研究班は、「微量金属元素が緑内障の発症において何らかの役割を担うことを
より確かにするためには、前向き研究によってそうした微量金属元素の存在が
緑内障の発症率を増加させることを確かめる必要があるだろう」と述べて
います。

 


研究班が述べるように、この研究の方法では、マンガンや水銀の量が緑内障の
原因だったのか、緑内障の結果として変化していたのか、それらに共通の
ほかの原因があったのかは区別できません。
地域や生活習慣などとの関係についても検討することで、何かの因果関係が
浮かび上がってくるかもしれません。





http://medley.life/news/item/55c9e09df214e35b07a88396



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。