合同公演『かもめ』特設Blog

演劇集団アクト青山が総力を挙げてお贈りする『かもめ』3チーム
(劇団員・準劇/本科生合同チーム×2)による2017年6月の公演をいち早く、よりよく知っていただくためのBlog。


合同公演『かもめ』がいよいよ本格指導。稽古場レポートは勿論、役者さんの紹介まで本番までを徹底サポート。

テーマ:

作品後記 『かもめ』

 

演劇集団アクト青山主宰の小西です。

{0C86D5DB-94A8-40EB-B4BC-914F279AEC26}


 

先週、合同公演『かもめ』が無事に終わりました。

{794A2A3B-98E5-4BD4-809F-7EC43D6DBED6}


チラシを置かせてくださった千歳烏山のお店の皆さま、せんがわのお店の皆さま、本当にありがとうございました。

また、ご来場くださったお客様も、日頃より応援してくださっている皆様にも重ねてお礼申し上げます。今回公演の「成功」はひとえに皆様のお力添えの賜物です。

この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

 

えーと。

作品後記ですよね。

書くのやだなぁ()

正直ね、今回はちょっと書くのが難しいです。

でもね、楽しみにしている人がいて下さるので頑張ってみます。

 

{E8923F5B-A1C6-439B-AE4C-06E73B2671CE}

{D3CF8A16-D500-469B-9977-CF8EC1804472}

{42B406E7-906A-4CDB-82F6-89C055A152D3}

{CB19D65B-3B53-4C67-887F-AC2E402058F7}

{388C9A1E-81B8-4E55-9F45-45026819B212}

「プランX100点のかもめだとしたら、そもそも今回はプランA70点のかもめ」

 

なにそれ?

って思うでしょ。

そうなんです。

そもそも、チェーーホフ劇は三人の登場人物による人間関係の崩壊喜劇が基本的な路線なんですね。四代戯曲はどれも。『かもめ』で言ったら、ニーナ×トレープレフ×トリゴーリンのお話なんです。でも、現状の僕の演出する力ではこの「三人」の人間関係が鮮明に描けないんです。

だから僕が考えて来たのは二人の人間関係によって形成されるコメディ、って部分です。

 

今回は特にニーナ×トリゴーリンに特化して作りました。ただですね、この組み合わせだけだとやっぱり退屈しちゃうんです、チェーホフって。そこで、マーシャ×メドベヂェンコとポリーナ×ドールンを思い切った形で「外から」関わらせようと思って下手客席通路と上手側特設舞台とに分けて一幕を創っていきました。まーこれが形になった時点で、僕の中ではおおよその青写真は出来ていたし、今回はそんなに失敗しないかなって思いましたね。

あとは二人ずつの組み合わせを三組作るのは、三人の組み合わせを二組作るのと「構造上」同じに近いので、自分の演出的な短所もこれでカバーできたかなと思うわけです。

ただですね、こうなるとトレープレフとアルカーヂナは演出の構造上「脇役」になるわけです。仕方ない。全部をとったら作品は成功しない。だから配役は冒険せず、地力の高い役者さんのお願いしました。その甲斐あってか(いや、結果だけ見たらそれ以上に)バランスの良い出来上がりになったんだと思います。

その点に特化していえば、本科生たちはここの部分で作品の完成度が劇団員と違ってしまったかなと。もちろん彼らには彼らにしかできない素晴らしい何かはあったんだけど、渋谷さんのアルカーヂナは本当に今回のエポックメイキングな出来事、として認知したい出来だった。

 

さて、次にね「テーマってありますか?」ってよく聞かれるんです。作品を創ってると。

 

テーマはお客様がお感じになったそれがテーマですよ、っていつもは思うんだけど。今回は違いました。テーマはあります。言ってないけど()

 

テーマはですね『夢~旅の終わり~』なんです。誰も感じなかったでしょ?なんでこんなテーマかっていうと、僕にとって夢と旅は「現実」の裏返しの単語なんです。実際に描きたいのは現実なんだけど、現実っていうのは三者間の感情摩擦じゃなきゃ出ないから、じゃあ、逆に夢と旅をテーマにしちゃおうと思ったわけです。だから、上手の特設舞台の横には切符とか本とか鞄とか、旅行に関係するものがたくさん飾ってあったし、手紙とかお酒とか旅を彩るものが置いてあった。

 

これらは小屋に入ってから思い付きで飾ったものばかりで、稽古中は誰一人目にしてなかったから、これが完成した時が今回の公演で一番興奮した。まー、飾ってあったものの中には「地球の歩き方ロシア」とかチェーホフ関連の書籍もかなり含まれてたから多分に悪ふざけだったんだけど。

 

あとはそれに混ざって、前回の『野鴨』で死んだヘドヴィの衣裳も飾った。これは「悪い予感」のシンボルとして、配置することをしたかったのと、『野鴨』を見て下さったお客様がちょっと得するというか前回との関連付けをしてくださるといいなって思ったので。やっぱり、続けてみて下さるお客様になんでもいいから「お得感」って発生させられないかいつも考えるんだけど、今回はああいう形でやってみました。

 

後は…。

なんだろうなぁ。

起承転結じゃなくて、序破急で創ってますよ、とか。

いつものやつですよね。

今回は特に一幕の劇中劇までを「序」、劇中劇から四幕のロトーまでが「破」、ロトーからエンディングまでが「急」で、構造上「破」が長いけどここは本当に何にも起きない。チェーホフっぽい。面白いのは「序」と「急」だけ(あ、面白いっていうのはドラマとしての在り方の問題です)で、しかも「序」はすごい稽古した。すごい稽古した。どうしても成さねば成らぬくらいの勢いで、口を酸っぱくして耳にタコとイカが出来るくらい全員を叱咤激励して。なのに「急」はすごい適当にやった。

いや、

語弊があるな。ちゃんと稽古して、でも「マスト」とは思わずに流れていくものに任せていた。ていうかね、これができるようになってきたのがもしかしたら一番の収穫かも。四幕まで来たんだから、お客様の想像力と情報の蓄積を信じてあんまり頑張ってやらないって気持ちが出てきた。多分『ヘッダ・ガーブレル』くらいから気づいてきたと思う。それが実を結んできて、僕らがリラックスして劇をクローズしていくことで、お客様の中で「もう少し観たい」が発生するようになってきたかなって感じる。

 

二時間半は長い、実際に物理的に長い。でも、そうじゃない。そうじゃないを出来るだけ発生させて、楽しんでほしい。僕らも一分でも長く、台本が許す限り長く舞台にいたいし、お客様にもそう願ってほしい。そのためにテキスト(台本)と死力を尽くして(文字通り)向き合ってるし、役者には基礎が重要だと説いてるし、演出に力を入れている。

 

 

今回の『かもめ』は僕史上、最高傑作です。間違いない。

 

 

全米も泣かないし、日本中が笑ったりはしないけど、僕にとっては節目の年に、本質的な意味ですごい仕事をしたなって自分を褒めたいです。

チェーホフの『かもめ』であんなに客席が笑ったり、カーテンコールが出来レースでもなくダブルだなんて奇跡です、奇跡。

すごく嬉しかった。こっちが感動しました()

 

 

 

次も頑張ります。

約束します。

次も、頑張ります。

 

 

楽しみにしてほしいです。

これから、を。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨ですね。
皆さまいかがお過ごしですか?

ディエーニ/小間使い
ノーチ/ポリーナを演じました

竹中春菜です。

{83D47D76-9048-4208-9871-B2E8EDE153D1}



先週はアクト青山本公演「かもめ」でした。
大きな事故も怪我もなく、たくさんのお客様に見守られて、無事終演いたしました。

{BB6F9AAE-7AC3-494B-B5F8-0382BBDDB419}

{F633F195-4C6F-4AC0-8526-1CCF2B91B99C}



応援してくださった方々、ご来場くださったたくさんのお客様。
チラシやポスター設置にご協力いただいた、団体さま、商店さま。
アクト関係者様。
スタッフ様。
座組みの皆様。


公演まで関わった全ての方に、この場をお借りして深くお礼申し上げます。





作品後期です。


チェーホフ作品に出演させていただいたのは3作品目。
「桜の園」シャルロッタ
「熊」ルカー

そして今回「かもめ」でポリーナと小間使いに配役していただきました。

【ノーチ】のポリーナについては、配役時に「竹中には難しい」と言われていました。

確かに私も理解不能な役でした。


「おうおうおう?不倫だって??」

{C5E3ED14-C2D6-4EEA-A51F-1970DFEC4574}


「ばっきゃろうー好きなら好きでさっさと駆け落ちしやがれ」

と、思っている単細胞です。
なんて情緒のない発想の持ち主なんでしょうね。

・・・藁をもすがる思いで、「恋愛依存症の分析」の本を買ってみたり。

よくわからないけど、大人の階段を必死に登る竹中。

大人って
大人って・・・

複雑ですね。


ポリーナの生き方は、お客様の目にはどう映ったのか。ちゃんと届けられたのか。
届いていてほしいです。


{8AD492A2-0B92-453D-B261-7515A78414C4}

千秋楽にてシャムラーエフ家族でパチリ(笑)
シャムラーエフ役の後藤さんと娘マーシャ役の山辺恵ちゃん。

{58790033-7F69-4B41-AB48-09D4EB13142C}
メドベジェンコと不機嫌なマーシャ。

幕開き、2人が飛び出す姿に勇気をもらいました。
伊藤君、恵ちゃんありがとう。


{2F2F0717-AE34-46DA-8880-DBF9E29BDA54}


ポリーナの夢。
せつないなあ。

ドールンのけんちゃん
8ヶ月お世話になりました。ありがとう!!




【ディエーニ】の小間使いは、小間使いは、、、

皿が
カップが
グラスが
椅子が!!!!

ポリーナ役のよしざわちかちゃんや、ルナーで小間使いをやった華奈ちゃんとも話したのですが、

メインの役より緊張すると。

ニーナをやった華奈ちゃんでさえそういうのですから、よっぽどです。

特に稽古期間中は、昼は小間使い、夕方からポリーナ、時に稽古が続くときは、ポリーナの衣装の上から小間使いのエプロンしたりと、、、自分が今なんの役をやっているのかわからないこともしばしば。
カーテンコールの並び方を何度間違えそうになったことか(汗)

不器用ながら精一杯やらせていただきました。



【ルナー】では演出助手をやらせていただきました。

毎週毎週、毛穴を全部広げてルナーの座組みの方たちのお芝居を観察していました。

小西さんにも「勉強しにくるな、仕事をしに来い」と言われて、ただ最初はノートだけとって右往左往していたわけですが、その間も辛抱強く見守られていたような気がします。

常に要領が悪くてオーバーヒートしかけたときに、先輩方がなにかと心配してくださったり、本科の座組みの人達が「こっちの仕事は気にするな」とストップかけてくれたり。
途中参加した桃木さんもスーパーマンに見えました。

思い出しただけで、涙がでます。

有難いなと思います。

あらためて集団芸術の一員として関わっているのだなと認識しました。


演出助手の印象深い思い出としては、小西さんが客演で不在だったこと。
ルナーの自主稽古を生でみて、聞いての貴重な機会でした。


海外製のかもめの剥製がなかなか届かなかったことも、思い出です。
まだ来ないまだ来ない、、、と、輸出状況を携帯とにらめっこ。海を渡れないかもめ。
ヒヤヒヤしました。

{8975FB22-E230-4DDC-8C2B-9B2F6BB8E79E}

あとは、劇中劇幕の幕ってどんなのだろう??と、あーでもないこーでもない!と、ゆかさんやみさきさんや桃木さんと考えたこと。布いっぱい広げて。

宇宙を作ろう!とワイワイして。
なんだか幸せな時間でした。


今回自分が関わったことすべてが、お預かりした役にも反映されて「すべては繋がっているのだ」と感じました。

小西さん。

ポリーナと小間使いを配役していただいて、

また演出助手という形で関わらせていただき本当にありがとうございました。



いま、終わって思うことは安堵しかありません。

ノーチの千秋楽が終わった後、全身に力が入らなくて、歩くのもやっとでした。
足がもつれておりました。
なんだかポッカリと喪失感もありました。
今回は色んな人に「さみしーさみしー」とボヤいていました。

・・・だらだら書かないと決めていたのにやっぱり書いてしまいました。


チェーホフせんせぇーーい!!!

かもめーー苦しかったーーー!!!!!!


しばらくチェーホフのチェの字も無理!!って思うのですが、



やはり恋しくなるのでしょうね。

いつか、また。
いつか、また。


ありがとうございました。

2017年6月
竹中春菜


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます、松谷です。

{E992994C-0F09-4996-A7D8-A5E713A339EF}




演劇集団アクト青山 合同公演「かもめ」、改めましてご来場いただいた皆様、チラシの貼っていただいた千歳烏山や仙川のお店の皆様、来れなくても応援していただいた皆様、本当にありがとうございました!


{8EE11121-7073-4F16-BC5F-3D863EE8D497}




作品後記ですね。

これを書いてる1週間前に「かもめ」の千穐楽を迎えました。

今ちょうどルナーの第二幕が始まるくらいでしょうか。(現在14:40ごろ)


演劇集団アクト青山に関わって、気づけば10ヶ月も立ちます。

昨年のテアスタ(冬)「傀儡の夢」から、「魔女狩り」「春の朗読会」、そして今回の「かもめ」。

公演の度に、座組の皆さんに助けていただき、アクト青山の皆さんに助けていただきました。


今回のメドヴェヂェンコは、僕が振られることのないような役で、本当に苦戦していました。

相手役の明代さんに助けていただき、自主稽古を後藤さんや達也さん、桃木さんに見ていただき、本当にいろいろと助けていただきました。

{C53BA59C-8DCE-46CE-9FBA-8A554289BC27}


劇団という在り方について、今回の「かもめ」ですごく考えさせられました。

アクト青山で受け継がれているものを、経験の差こそあれ、みんなで体現していこうともがく姿。

みんなが同じものを見て、みんなで支えられる劇団という姿がとても素敵でした。

小劇場で、毎回初めましての人たちでつくるプロデュース公演と比べて、より濃密な稽古をしていました。

これは、演出の小西さんからレッスンを受け、何回も演出を受け、先輩方のお芝居を観て、アクト青山が受け継いできた伝統があるからだと思います。

素敵な座組で公演ができて、本当に良かったです。


ありがとうございましたッ!


{D36AB8F6-5E29-4178-8952-0F8D0A376CE5}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かもめが終わりもうすぐ一週間が経とうとしてます。

ディエーニチームでポリーナ、ノーチチームで小間使いをしましたよしざわちかです。
{5F77E617-857F-4507-96DC-21158BD09FC4}


{42BEAFA7-964B-4332-8DB4-F73930A21359}

まだ帰り道にポリーナの台詞を口ずさんでて1人で苦笑してしまいます。

終わったんだなぁという気持ちがこんなに残るのが初めてで戸惑っています。

約8ヶ月の稽古を終えて、本番も無事に全日程が終演致しました。


スタッフの皆様。
演出の小西さん。
共演者のみんな。
支えてくれた諸先輩方。
直向きな後輩のみんな。
いつも協力してくださる千歳烏山商店街、仙川の皆さん。

そしてご来場くださったお客様。

この公演に関わった全ての方。

本当にありがとうございました。


{B9562201-DAEF-4B18-BA2D-7EB115BAE091}

{D84FA037-D412-44BE-8A07-10E6F7D7329F}


作品後期。
8ヶ月の中から何処から書けば良いのか…

この8ヶ月間の中で多分、人世初めての挫折を味わいました。
何をしても何をしても何にも近づかない。
考えれば考えるほどポリーナから離れていく。

そんな挫折の中で余裕もなく回りにたくさんの迷惑をかけました。
余裕が無くなり誰も自分も信じられない時に支えてくれた女性陣の方々には本当に感謝してもしきれません。
 
{85BCC019-4DE7-402F-BD5D-708BDC4094E2}

{82B01957-00E1-4BE5-8307-7B6D51FD164D}


見つめ合えたこと。
結局逃げてしまったこと。
でもまた見つけたこと。
 
たくさんあった8ヶ月間でした。



{6EB1B261-C6E7-4A69-8370-99744FEC2825}


{51007089-BD1A-4010-8BBD-853F5A5BC37E}

{1FEEAA0A-905F-4F03-B86B-E8D654A52684}
ポリーナはわたしにとって大切な役だったんだなと思います。
心の奥の一番嫌な大切なところをすり潰して生クリームにするような気持ちでした。 
一番向き合わなかった部分を見せつけられる役でした。 

それでも舞台上に立てたのはダブルキャストの竹中さんの存在が大きかったです。

本当にありがとうございます。



最後にもう一度。
この作品に関わった方々、本当にありがとうございました。

またお会い出来る日まで。
 
よしざわちか
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「かもめ」一週間前がチームルナーの千穐楽でした。

まだ一週間しか経っていない、というのがビックリです。

 

今回、チームノーチでメドヴェジェンコ役を演じさせていただきましたKJこと伊藤潤です。

 

IMG_20170604_122007306.jpg

この「かもめ」、たくさんの方々に支えられてきました。

ご来場くださったたくさんのお客様、また千歳烏山や仙川でチラシを置かせていただいたり、ポスターを貼らせていただいたお店の方のお力もとても大きかったです。

 

本当にありがとうございました。

 

 

さて、作品後記ですね。

 

今回の「かもめ」で私、3度目の客演でした。

それでも戸惑いはたくさんありまして。それはお芝居上のことでも他のことでも。

 

お芝居上のことでは、1幕の幕開き一番初めのセリフがメドヴェジェンコの「どうしてあなたは黒い服を着ているんです。」から始まります。

 

私がお芝居をやってきた中で幕開き一発目のセリフ、出番というものがなかったのでとにかく緊張がすごかったです。

 

そして私自身、未熟なところが多いもので、特に幕開きの稽古では座組の皆さんや演出の小西さんからはたくさんのダメ出しをいただき、とにかく自分の視野が狭くて、あー何もわかってないなと感じて悩んだことを覚えています。

image

 

 

いやー、幕開き稽古はたくさんしました。

座組の方々にも何度も自主稽古の時に見てもらいました。

初めはメドヴェジェンコが結婚詐欺師に見えてたらしいです(笑)

 

IMG_20170520_231750798.jpg

 

私なりのメドヴェジェンコを演じることができたのも座組の皆さん、そして演出の小西さんのおかげです。

私だけでは何もできなかったと思います。

 

関わってくださった方々、皆様に感謝、感謝です。

ありがとうございました。

 

そしてメドヴェジェンコ役に配役してくださった小西さん、ありがとうございました!

 

IMG_20170623_100654371.jpg

 

実は私の客演がまだ続くのですが(笑)次回は9月のテアスタ秋「僕の東京日記」に出演させていただきます。

そちらでまたたくさんのお客様にお会いできることを楽しみにしております。

 

本当にありがとうございました!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。