今日もアクセスありがとうございます。

 

肝の流れについてお話しします。

 

20180413_今日のお花

 

 

女性は肝病と言いまして。

肝臓病とは違うんですよ。

 

ストレスを受け止める肝というところを

生理を毎月起こすという作業で酷使しているため

弱くなる、またはバランスを崩す人が大勢います。

 

肝というのは、気の方向性をコントロールしています。

 

例えば、緊張すると吐き気を起こす人がいますよね。

この吐き気は胃腸が悪くなったとみるより。

ストレスがかかったために肝に負担が起こり気の方向性が乱れてしまい

胃腸は食べたものを下へ下へと向かわせなければいけない方向を

逆に向けてしまった。という見立てになり、胃腸の症状なのに

肝をコントロールする必要が出てくるのです。

 

 

排卵、ホルモン分泌も、生理を起こすということも関係している

臓器なんですが、肝とも密接です。

何か作ったものを出す。出す。排泄させるという臓器なんです。

疏泄(ソセツ)と言います。

 

ネットで調べてみてください。

詳しく書かれているページがあるはずです。

 

 

うちにいたスタッフが書いてくれた肝の経絡の図なんですが

ご覧になっていただくと

http://www.acsysun.co.jp/counseling/woman/img/keiraku.gif

 

 

頭痛、胸が張る、イライラする、足の付け根が痛い。など

流れが悪い人の該当症状が書かれています。

もともと、チョコレート嚢腫などの子宮卵巣系の病気の方への

ページ用に作成したものです。

 

漢方相談にいらっしゃる女性で肝の経絡と関係のある症状を抱えている

女性は多くいます。

 

婦人科の病気で漢方相談にいらっしゃる女性たち、

子宮内膜症、子宮腺筋症、チョコレート嚢腫、卵巣嚢腫、子宮筋腫。。

だいたい肝の経絡の図を見て「これ私じゃない!」と思った。

とおっしゃいます。

 

そしてやはり肝の経絡に関係する症状を抱えた不妊女性がいらっしゃるのです。

 

緊張すると手が冷たくなるのは、肝が上手く働かず、流すことができないため

に起こる症状です。緊張を和らげて血流改善をしなければいけないのです。

一般的は血流改善漢方薬では効きません。

 

肝の流れがスムーズにいかないと色々なところにしこりが出来ます。

筋腫もそうですよね。肩こりなども肝と関係あります。

滞りがあると、気、血、水がスムーズに運ばれない。

それが不妊や病気の原因になるんです。

しこらないようスムーズに流すためにはメンタルコントロールも必要です。

 

私が教わったのは瞑想ですね。

目をつぶって、目の奥を更に奥へと引っ込めるイメージで静かな時間を過ごします。

これもタダで出来ますね。

 

良く、目をむき出しにして怒るというでしょう?

怒りすぎている人は目がぎょろぎょろしてくるんです。

 

怒らないような体質にするためには、イライラしてぎょろぎょろしそうな目を引っ込めるように

目を閉じて、目を奥へしまう感じで静かに過ごします。5分から10分。

それを毎日やるんです。

 

私は数年前、目を引っ込めるという瞑想を教えて頂いて実践しましたら

かなり肝の症状が楽になりましたよ。

最近、怒りっぽくなってきたからまたやろうかしら。笑。

 

 

肝の経絡を通したり、血流を改善する漢方を服用する。

マッサージや鍼灸などで刺激をする。

などしてケアしてあげると良いですよ。

 

 

思い当たる症状はありましたか?

 

 

今日はここまで。

 

ランキングに参加しています。

 

それぞれ一回づつ。

ご協力お願いします。^^

一番下の緑にもお願いします。

 

にほんブログ村 不妊(長期赤ちゃん待ち)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ

 にほんブログ村 不妊(高齢赤ちゃん待ち)