友達に、セクシャルマイノリティ問題に直面している子がいて。
その子は先日、堂々とカミングアウトした。
私も含めて友人にはカミングアウトしてたみたいなんだけど。
とある企画で。
公式的に、大々的にカミングアウトキメてた。

格好いい。
でんちゃん最高!

そして、セクシャルマイノリティの根深い問題に直面した。
私はずっと「バイセクシャル」だと思っていた。
彼女がいた時期だってある。
相手も「バイセクシャル」だったので、その後幸せな結婚をしたという知らせを聞いた。

そしてその子から「パンセクシャル」という言葉を聞いた。

「バイセクシャル」は男と女がハッキリ分かれていて、
「パンセクシャル」はその境の概念がない。

つまり。
私は。
「バイセクシャル」じゃなくて「パンセクシャル」だということに気づかされたのだ。
男の子であれ、女の子であれ、私には「性」という概念が欠落している。
全ての人類は「人間」として認識するだけだからだ。
性別なんて全く関係なく恋をする。
性別なんて全く関係なく嫉妬する(ネタであっても許されざるべきではないのだ)。

だから、好きになる人は男も女も関係なくて。
たまたま男性だった、たまたま女性であっただけに過ぎない。

その程度の問題である。

「性別」という垣根は、私には存在しない。

前世が男率高かったのは普段の行動に現れる。ちっぱいだけど自分のおっぱいも含めてあらゆる全てのおっぱいが大好きだし、公共の場で変な妄想膨らむとなぜか股間を押さえるクセが未だ残っている。

いわば女性の身体を持った「精神的両生類」なのだ。
だからと言って、特別なこととは全く思わないのだけど。

ちな、女社会の現場は……もうずっと苦手です。
気遣わなくて良いから男性の多い職場のほうがありがたいです。
AD