AC 共依存 夫のギャンブルや借金癖 離婚後の生活 自立について

※先日はお祝いメッセージありがとうございました。
お返事書きました、よかったらのぞいてくださいね。


私はアメブロがスタートしてすぐからACについてやシングルママの生活についてブログをはじめました。
その当時の私の職業と今のお仕事はずいぶん違いますが
それも子供と生きていくために働く女性にとってはよくある選択だと思っています。

当時、ACについて書く人は少なく、そういったつながりのある方の数も少なかったのですが
今では似た境遇の方のブログの数も膨大となり、私も多忙になり、検索して読みにいくこともなくなりました。

それでも、今私が拝見させていただいている、似た境遇の方、私の過去を見るような方のブログを拝見すると
当時のことを思い出したり心から「わかるなぁ」と思って読んでいます。

私自身、まだ自分の親との問題が解決したわけではありませんが
ギャンブル依存の元夫とは、彼が亡くなってしまうという結末で、関係が切れました。
それはそれで、子供の教育や子供の父性への影響など、問題は残りましたが
もう渦中ではなくなり、客観的に当時を見ることも少しはできるかも知れません。


話はそれますが、ドラマ「白い春」クライマックスですね
どうしようもない男という設定とあのアジア色のつよい阿部さんの面影が
死んだ元夫に似ていて、気になってみています。ハッピーエンドを心から願いながら(笑)
しかしながら、あの「ザ・クイズショウ」の櫻井君のフラッシュバック(爆)さながら
「白い春」のドラマの途中や、ACの方や元夫や現夫のモラハラなどに苦しんでいらっしゃる方のブログを読んでいると
嫌な汗が出たり、虚無感に襲われたりと、なかなか精神の傷は治らないのだなと感じたりしています。



似た体験中の方、ブログ友受付中ですので(笑)(多忙でぐるっぽもピグもやってないのですが)お気軽にお声かけてくださいね。

AD

半々

テーマ:

森から月をみる-25years ago

2005年12月16日に元夫が亡くなりました

45歳でした。


今年は私が45歳です

これからは、私が年上になっていくのですね


丸3年がたったわけですが

なぜか今年は早くから元夫のことをよく思い出しました。


息子たちに手を焼いているからかも知れません


なにげなく

昔の写真を押入れからひっぱりだしてみてみました。


新婚旅行での写真です。

二人とも安っぽい服を着ていました。

若かったし、お金もなかったもんね。


元夫の顔

長男に似ているとばかり思っていたら

次男と半々に

似ていました。

そっくりじゃないけど、半々に


よかったね、うれしいでしょう。今、何を思っていますか。

3人元気で、なんとか暮らしています。


AD

竜飛岬に観光に来ていた私はバスの中から氷交じりの海を見ていました。
そとは重く暗い灰色の雲が垂れ込めていて、一層寒そうでした。
同じホテルにいた小さい子どもを連れた親子さんとバスの中であれこれ話していると、突然の地震!
道路が隆起してバスは立ち往生、するとすぐに津波がやってきて私たちのバスは飲まれ、バスの乗客はすべて氷の海へ投げ出されてしまいました。
泳げないのでもがき苦しむ私、氷の冷たさに気を失いそうになりながらも一緒にバスに乗っていた子のことを心配したり、息子達のことを考えたり・・・


今朝そんなへんてこりんな悪夢を見ました(+_+)


きっと布団がうまくかかってなくて寒かったんだろうね・・・

いつもあと1時間寝れるって言うくらいの時に悪夢で目が覚めちゃうのよね~

最近ちょびっと凹んでいたのでそのストレスでも悪夢見てしまうんだと思います。

なんで凹んでいたかというと、元夫の一周忌がやってくる前日
私の知らない弁護士さんから『元夫が負債を抱えたまま死んだので、子ども達は相続放棄手続きをしないと負債を背負ってしまいますよ』という旨の手紙が届いたのでした(((゜д゜;)))

ビビリな私はビビリまくってしまって、頭からそのことが離れないし、怖いし
手続きが済めばなんてことないと思いながらも、初めての手続きだし、心配で・・・(iДi)

そして、その手続きが昨日やっと終わりました。


手続きが終わっただけで、家庭裁判所の裁判長が決定をくださないと、本当に終わったとはいえないんですけどね。
不備はないので、通ると思います。

それにしても、戸籍謄本を何通も(こちらと亡くなった夫分)取ったり(子どもが2人なので2通申請書が必要なため)
謄本を取りにいく交通費もかかるし、申請にもお金がかかるんですよ~(2人分)
どうして、何にも悪いこともしていないのに、お金がかかっちゃったんだろうと呆然としています。

このことは次男には話してないけど、長男には話しました。
「オトン、最後まで、死んでまで、やってくれるなぁ」って笑ってました。
私もいっしょにへらへら・・・笑うしかないですよね(T▽T;)

AD

月日(つきひ)は薬?

テーマ:

今【10/15夜】のヤフーニュースに載っていますが

昨年4月のJR福知山線脱線事故で亡くなった方の同棲相手だった方が、「生きる希望がなくなった。私の明日、私のすべてを返して」というメモを残してマンションから飛び降り自殺されていたと書いてありました。


事故で亡くなってから1年半後のことになりますね。



ご冥福をお祈りいたします。




それとは関係ないですが。


一昨日かな?私が元夫の病院のベッドに添い寝するという夢を見ました。


個室なのか、大部屋でカーテンしてあるだけなのかわかりませんが

私が、もう亡くなるほんの少し前の頃の元夫のベッドに自分から添い寝をしました。


元夫は「・・・まだ死にたくない・・・」と言って小さな声で無念そうに泣いたので

私も一緒になって泣いてしまって「大丈夫やよ、丸山ワクチンが効くよ

まだまだ生きられるよ」とかいって二の腕をさすって励ましてあげていました。


もちろん、実際にそんなことをしたことなかったし

離婚して長かったので彼の体をさすったこともなかったのです。


ただ、それだけの夢だけど

起きたらまだ夜で、真っ暗で、現実と夢の区別が付かなくて

ここどこだろう?とか思ったり、しばらくまだ泣いたりしていました。


でも、お通夜の会館ではもうガラスケースに入っていて、体をさすることが出来ませんでした。


次男をつれて、彼の実家へ真っ先に行った時も息子も私も遠慮してしまって上がりこむことが出来ず

次男だけ上がらせてもらってそばでしばらく泣いただけでした。

私は彼をさすってあげたかったなあ・・・


実は彼の死んだお父さんがクモ膜下出血で意識不明でICU?に入っていた2週間の間も

私は恐くてあまりお世話できなかったけどいつもフトンからはみ出してしまってる足にフトンをかける前に

そっとなでたり、薄目をどうしても開いてしまうので濡れた脱脂綿をまぶたに掛けてあげたりしました。

(そのままでは、乾きすぎてしまうので、意識が戻ったとき目に障害が出る恐れがあるため)


なんでもそうだと思うけど

なんで、もっとやってあげられなかったんだろう

なんで優しく出来なかったんだろう

って、人は後悔ばかりですね。


○○さん・・・ほんの少しでも

わたしは成長できましたか?


私は優しくなれてるかなあ・・・

怠慢の日々に埋もれて

何も変わっていない気がします。


だからあんな夢を見させたのでしょうか?


・・・反省します・・・遺影も良く見てるよ

すぐ猫たちが倒すけど

それは怒らないでしょう?

私が気が付いたら起こしているからね。


いつも懐かしい目で見てるでしょう。


この頃に戻れたらいいのにねぇ・・・


やっぱりまだ涙が出ます。


どうしたらいいのかなあ・・・


初盆

テーマ:

平成15年4月



さっき、だらけた次男を叱って

「お父さんに、自分に似て頭が悪いんだなんていったらどう思うかな!

お父さんは成績が悪くても、悪いことしても叱らなかったけれど

それは、罪悪感から叱れなかっただけだよ

本当は勉強も頑張ってほしいし、いい子に育って欲しいと思ってたに決まってるヤン!!

都合の悪いこと、お父さんのせいにしたらあかんよ。」


と話すと・・・



関を切ったように次男が泣き出しました・・・


私も耐えられずに泣いてしまいました・・・。





元夫がガンとわかって入院したのが8月3日


亡くなったのは12月16日


お医者さんが言うとおり4ヶ月しかもたなかった。


それまでも一人でやってきたけれど


元夫がガンとわかってからは、一人で子育てしてきた感がすごく強い


なつきもやっぱりそうやったんやね。さみしかったんやね。



SAMさんが「子供がいるから頑張れる」という記事を書いてTBしてくださったけど


丁度昨日


元夫が離婚後2年目位のときで最低に堕ちた生活をしていたときに

「もう死にたい」

「北海道か東北まで行って死ぬ」と連絡してきたことがあったと

はじめて子供達に話した。


子供達にはまた別に「旅行に行く」と言って電話をかけてきていたらしい。


私は「しっかりして!!あんたは父親やで!!!!!!!!!」と電話口で叫んだ。


それと同時に私はすぐに小学校と中学校に出向いて担任に話して、もし学校に元夫が子供を迎えに来ても

渡さないで欲しいとお願いにいった。


道連れで、心中されたら困るからだ。


どちらの先生も必ず子供を守りますといってくださって

実際には元夫は死に切れず、お母さんに説得されて大阪に帰ってきたんだけどね



彼は子供を手放してしまっていたので

絶望から死にたくなったんだなと思います。



「お盆やし、お父さん、そばにおるかもしれん。お父さんに頑張るわなって言ってあげてな」と次男に言ったら

次男は泣きながら「うん」と言っていました。


そうは言いながらも本当に私のそばにはいるのかしら?

きっと子供のそばにはいると思うけれど・・・


いまね、子育て、(肉体的にではなく)すごーくしんどくて迷うことばかりなんだけど・・・

ああ・・・・・、言っても、もともと頼りがいのある返事なんかくれたことなかったよね・・・

んじゃあ、子供が怪我しないように、無茶しないように、しっかり見張っててほしいな・・・

頼むよ~ほんとに~




忙しすぎるからか、頭が回らなくて、
上手くまとめられないというか、なにが言いたいのか自分でもよくわからないのですが。
不快感と、悲しさに落ち込んだ2日間でした。


8年ぶりぐらいにある女性と会ったのです。
前にあったのは離婚した直後でした。
嫌なときにばかり会う人なんですかね。


でも、その人は元夫が死んだ事を人つてに聞いて知っていました。
だいぶ年配の方で、偶然あったけど話しがあるからってお茶しました。
元夫が死ぬ間際の経過を聞かれたので、私が簡単に話したあと、その人は言いたかったことを話し始めました。


その人は会社の社長さんなので、元夫は生前お金を何度も借りに来ていたそうです。
「あんまりしつこいから、1度だけあげたわ、こんな人に貸して返ってくるわけないと思ったから、最初から「あげるから、二度とくるな」っていってやったのよ。」と得意そうにおっしゃってました。


私は「スイマセン・・・」と頭をさげました。なんとなく、血の気が引いていくような気がしました。


その人は「あんたがもう別れてたのは知ってるから別に返してほしいとかなんとも思ってないのよ。」とは言ってくださいましたが。

「死んでよかったなあって、正直、思ったわよ」とも言われました。


困惑した私の顔をみて「だけどあなたもさぁ、自分で【この人とはつりあわない】と結婚するとき思わなかったの~?、だって学歴とか、違うじゃない、私は貴方達の結婚の話を聞いたとき、おかしな組み合わせだなあって思ったのよ、貴女なら会社の中でもっと学歴のあるエリートとも結婚できたでしょうに。」と言われたので

「思いませんでした。」と言いました。


「出世できないことなんて、最初からわかっていました、子供にお金がかかるようになったら共働きすれば何とかやっていけると思っていました。
普通に暮らしていけたら、それで、よかったんです。あんなことになるまでは、何も問題なんてなかったんです・・・。」というと


その人は、一瞬口をつぐんでいましたが、「でもね、実際、つりあわないなあと思うカップルはみんな別れてるよ。生まれや育ちってそれくらい大きな問題なのよ、貴女ももうちょっと考えてりゃ、今頃こんな苦労することもなかったのにね。
もう、厄介なこともなくなったんだから、早く再婚しなさいよ、でも、次はちゃんと考えてね・笑」

そん感じで話は終わりました。


私は私学出身であることで、誤解されてるようですが、生まれも育ちも悪いです。
元夫は彼のお父さんがその会社にいたので引っ張ってもらって就職し、私は父が縁故で決めた会社に就職し
そこでお互い出合ったのです。元夫は一見柄が悪そうでも、生粋のサラリーマン家庭の息子なのです。

ある意味、元夫より、柄が悪いのは私の方なんです。
生まれや育ちが悪いからこそ、サラリーマンに憧れて、つつましくても真面目な生活に憧れていました。
元夫は、私の生い立ちを知っていたけど、一度もそのこと口にしたことはなかったし、態度にも出しませんでした。



それにしても
元夫がお金を貸してほしいと回ったところはかなり広範囲だったのだと改めて知りました。
居場所を知ってる人のところには全て回ったのでしょうね。
私が離婚後、ほとんどの知り合いと連絡を絶ってしまったので、よくわかっていませんでした。


「大の男が、恥を知らないのかしら」とその人は言いました。
私もそう、思います。 でもこんな話を聞けば聞くほど迷惑をかけた方には申し訳ないのですが元夫は「病気だ」と思います。


ギャンブル依存になる前の元夫はとても無口で人に自分から進んで話しかける人ではありませんでした。
それなのに、何度も何度も借金の無心に行っていたなんて、同じ人間だとは思えません・・・


彼が一人ぼっちになって、なにを考え、なにを想い、過ごしていたのかと考えると悲しくてしょうがありません。

休日に次男を呼びだして、公園で遊んでいた時に、彼は何を考えていたのかなぁ

私にできたことは、なかったのか・・・

なにを考えても、もう遅いですが。

『でも、次はちゃんと考えてね』
違う意味で、この言葉が頭の中をぐるぐる回ります・・・


今朝

テーマ:

睡眠不足なのに

元夫の夢を見て、目が覚めてしまいました。


そんなにひどい夢じゃなかったけどね


起きたときは一瞬、夢か現実かわからなくなってしまう


今も不安定で不安な毎日だけど


元夫と一緒にいてもきっと不安で不安定な毎日だっただろうな


なのに夢の中ではまだ夫婦をやっていたし


子ども達はまだまだ小さいままだった


やり直すことができないのに


こんな夢を見るのは辛いです。


私のそばにいるなら


もっといい夢をみせてね。












(ノ_-。)マズイ

テーマ:

ルルがうちに来たときね

ルルが昔飼っていたアメショーのイヴにちょっと似てたから
元夫が一時退院中にうちの近くに来たときに
まだ小さいルルを抱いて見せにいったことがあるの


イヴは元夫が大事にしてた(はずの)猫だから
懐かしいかな~と思って


もう、ガンだとわかってて
でも元夫とどうやって話していいかわからなくて

ルルをみたらちょっとは気持ちが明るくなるかなあって


ルルをみて元夫は「イヴの方がかわいかった」なんて毒づいていたけど
ルルの頭をなでていた



急にそのシーンがフラッシュバックされてしまって
今朝満員電車の中で涙出ちゃって大変でした。
思わずコンタクトレンズの調子が悪い振りしました。


でも、我慢しないで突っ伏してでも泣きたかったよ・笑
あ~疲れてるのかな・・・

四月怪談・・・?

テーマ:
四月怪談・・・

ハイ、大島弓子さんのパクリです。

今年に入ってすぐ、元夫の夢を見たことをブログに書いたのですが

その夢の現場は土木作業の現場でした、なのに夫婦で働いていて
私は変な夢だなあって思っていたのです。

建設作業員さんは男性だけだと思っていたのです。

もちろん夢の中では私が肉体労働していた訳ではなく、元夫は外で、私はプレハブの事務所のようなところにいたのですが・・・



ところが4月から新しい(かけもちの)仕事をはじめたのですがそこである求人広告を見てびっくりしました。(広告を扱う仕事なのです)

「土工・作業員 夫婦者急募!! 寮あり」

夫婦で働ける仕事だったんだ!!!

どうして、こんな仕事があることを知らなかったのに、私は夢に見たの????
同時に元夫のことを思い出さずにはいられませんでした。

時間の経過はおかしいけれど
 『この職場に就職できたのは元夫のおかげ?????』


ついでに
『元夫は私とやり直したかったんだな・・・』と思いました。


さらに・・・
4月からはじまった新しい仕事ももうすぐ一月です。体力的にはもうフラフラで
GWが来るのを今か今かと待っています。


そんな昨日。
午後から眠くて耳を引っ張って耐えてたんですが・笑
ふいに【昔あけたピアスの穴、まだあいてるかな?】と思い立って
クリップを伸ばして刺してみたら・・・通りました。
もう、かれこれ10年ほど放っておいたのに、びっくり。

でも、もう全然ピアス持ってないからなぁ・・・何か残ってないかなあと
家に帰ってごそごそ探すと小さなピアスが1セット出てきました。これまたびっくり。
いつ買ったのかも思い出せない小さな金のピアスです、早速つけてみました。


そして・・・

同時に指輪の箱が出てきました。
あけてみると昔していた指輪が2個入っていました

やっぱり10年ほど前にしていたものです。

質に入れられるものは全部入れたので、お金にならない安い指輪だけは残っていたのです。

とっくの昔に手放したと思い込んでいました。

安い指輪だけど、自分で選んで買った好きなデザインの指輪でした。
まだ、キラキラしていました。キラキラしてるので仕事にはつけていけないけれど
なんだか思いがけなかったので嬉しかったです。

元夫の仕業でしょうか?


仕事も子育てもがんばってるって言ってくれてるのかな?
ご褒美をくれたのかな?


なにもかも、ただの偶然なのかも知れないけれど

元夫がまだそばにいてくれてるような気がしました。


ブログ自体も更新をストップされるかも知れないとのことです。
さみしいけれど・・・、ゆずちゃんの考えを尊重しなくちゃね・・・。・゚・(ノД`)・゚・。涙
今回、「パチンコ記事」をさかのぼってまた読ませてもらうと、2004年の11月頃から私も読ませてもらっていました。
本当に辛いです。たかがギャンブルで親子の、夫婦の絆がこんなにボロボロに、めちゃくちゃにされてしまうなんて。
愛していた人が変わってしまうのを、目の前でみることになるなんて。
親子だから、夫婦だから、裏切られても、何度でも信じるのに、何度信じてもまた全て裏切られてしまう。
ギャンブルの資金作りのためなら友だちも、親も、親戚も、自分の子供すらも利用してしまう、嘘に嘘を重ねて考えられる全ての手段でお金を集めてまたギャンブルに走る。
どんなに親に泣かれても、配偶者に泣かれても、子供に泣かれても、それでもいくら借金しているか、絶対に本当のことは言わない。
説教が耐えられなくなったら逆切れする。
みんなの心配してくれる言葉が自分のために言ってくれてることがわからないかのような顔つき。あるいはひたすら謝ってその場を切り抜けるだけ。
家にお金がなくっても、なんとかしてお金を作ってギャンブルへの依存はひどくなるばかり・・・
こちらは真剣に関われば関わるほどに、嘘に傷つき、逆ギレに痛めつけられていく。
お酒なら・・・まだ嫌酒剤などお薬もあるだろう、入院もさせてもらえるかもしれない。
だけどギャンブルだと本人が病気と自覚してくれればまだどこかに相談もできるけれど、自覚がないと病院にもいきにくい。
「死ぬまで治らないのかな?」被害にあった人はみんな、一度は思うのではないでしょうか?
実際・・・元夫は死ぬまで治りませんでした・・・
今、「ギャンブル依存」とキーワードで検索してここに来た貴方。
今、過去の私やゆずちゃんのように苦しんでいるとしたら、同じような経験をもう進んでいるとしたら解決はなかなか難しいです。
貴方と貴方の周りの人がこれ以上の迷惑を掛けられないように自分自身を守ることをまずはじめてください。
逆切れて、DVもあるなら、できるだけ早く、逃げてください。
自分が借金の保証人になっていないか、家が抵当に入っていないか、保険や貯金はどうなっているのか、調べられるなら借金の全額を調べてください。【自分や子供や兄弟の分も】
金融機関以外でも、遠くの知り合いにでも、PTAで知り合っただけの人でも、いろんな嘘をついて、借金はされていると考えておいてください。
自家用車も名義はもう自分のものではないかも知れません。退職金も、次のボーナスも、もう借金の抵当になっているかも知れません。
とにかく、想像も付かないようなところから借金が出てきます。信じていることが根底からひっくり返されています。
・・・その状態で、どうしたらこれ以上被害が進まないか、これ以上、その人を信じることは無駄ですからとりあえずやめて、解決に集中しましょう。(解決とは借金の返済のことではありません)
一人で抱え込まないで、必ずどこかに相談に行ってください。相談する人がいなければ福祉課や民生委員さんでもいい、SOSを出さないとだめですよ。
先ほども書きましたが、解決とは借金の返済のことではないです、借金の返済は本人が考えることです、貴方は今はそのことに奔走しないでください、自分と周りを守ることが解決への道になります。
この時点では、もう、「自分が悪かったのか」や「自分のせいでは」など考えたり、相手の考え方や行いについて話し合っている時間がないと思います。だから今はそのことを考えないで事務処理を急ぎましょう。
立場が全然ちがっても、ゆずちゃんと私の経験してきたことはほぼ同じです。私たちも、いろんな方法をとり、何度も解決策を考えたけれど、情がからんでなかなか上手く行きませんでした。時間がかかればかかるほど、被害だけは大きくなってしまいます。 どうか記事を読まれて、そのことを理解してもらって、解決にむけて行動してもらえればと思っています。
ギャンブル依存症が脳の障害なら、一日も早く、改善できる薬が開発されることを願ってやみません。