お花見

テーマ:

父です

テポドンか衛星が日本を横切っている最中
私は両親と3人でお花見にいきました
「大川」沿いOAPまで車で行きました。
川沿いの桜はちょうど満開、お天気もよかったです。
たくさんの桜と大道芸を見て父はご機嫌でした。


父はあまり歩けないので、あまり歩かなくてもよいお花見コースを考えて連れて行きました。

あと、春の奈良と夏の身延山に行きたいというので
計画をしています。

少しずつ痴呆が出てきて、いろんなことを忘れたり、思い出したり
昔のこととごっちゃになったり、母は困り始めています。


数年前の私なら、どこにいくのも超いやいや同行していましたが
最近、私は父を見ていると
短くなったろうそくを見ているような気持ちになり
少しでも思い出を作ってあげようとおもうのです。

10代の終わりごろは早く死んでほしいと思った父
10代半ばは、この人はキチガイだと思っていた

違った親子関係だったらよかったのになと思うのは
昔も今も変わらない。
あと何年、一緒に花見にいくのかな。


AD

コメント(6)