1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-06-29 13:57:38

「官」と「民」の考え方に落差

テーマ:高専賃
先日行なわれた「第3回サ住協研究大会」の
内容が書かれた記事の中で

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を
制度化した国交省の担当者によると

サ高住の入居対象者は「中程度の所得者」で
「虚弱~要支援、要介護も低い高齢者」という
説明があったそうです

以前に厚労省からも
「サ高住は自立や軽度者向け」という発言が
あったように「官」としては一致した考え方なんでしょう

こういった国の考え方は自治体にも及んで
千葉市では「8室に対して1組の台所が必要
しかも2口以上のコンロを備えること」といった

基準を事業者に押し付けているところもあるようです

サ高住は自立者が多く、相談や状況把握くらいで
大丈夫だから重度者には向かないという発想は
あまりにも短絡的すぎます

併設する介護や医療のサービスによっては
十分に重度者の対応ができる体制を整える
ことが可能なはずです

もう少し柔軟な考え方をしていかないことには
サ高住も狙い通り増えていかないのでは?
と感じてしまいます


本日は以上となります
最後までお読みいただきありがとうございます


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-02 16:36:34

大手の介護事業者も・・・

テーマ:高専賃
先日、「ワタミの介護」がサービス付き高齢者向け住宅への
参入を検討する考えを示しました

やはり特定施設だけでは厳しいと踏んだのでしょうか

自治体によっては24年度の改正で特定施設の枠を
設けないところも結構あったりしますので

このことから考えると自然な流れなのかとも思います


大手介護事業者でいうと
「メッセージ」も同じような戦略で有料老人ホームの
開設を抑制してサービス付きの開設を年に40~50棟
考えているようです

介護業界以外からの参入も目立っている
サービス付きはこれからどんどん増えていくことは
間違いないと思います

ただ
数だけ増えて質が確保できなければ意味がありませんし

そういう状況になるといろいろ規制などがかかる
可能性があります

運営する側も運営を委託する側も「質」というものを
どう考えていくかが大切になってくるでしょう


本日は以上となります
最後までお読みいただきありがとうございました



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-05-19 11:53:24

サービス付き高齢者向け住宅+α

テーマ:高専賃
今回は
サービス付き高齢者向け住宅+αという
内容でお伝えしていきます

最近は不動産・建築といった業界だけでなく
介護やその他の業界でも話題になることが
多くなってきました

特に
医療機関での関心が高まっているように感じます

とあるアンケートでも
今後実施したい医業外事業にサービス付きが
トップに躍り出たようです

実際にどのようなモデルでサービス付きを
運営するかというと

急性期や療養型の病床を持っている病院が
疑似病床としてサービス付きを使うといった
考え方です

サービス付き自体の建築コストは出来るだけ下げて
賃料を低く設定

賃料収益よりも在宅医療や介護サービスといった
ところから高い収益を得る

といった医業外収益を狙った運営するといった
モデルです

このようにさまざまなモデルのサービス付きが
今後建てられる可能性があります

単に不動産的な感覚で
「一括借上げだから安心です」と営業をかけてくる
業者ならば少し検討した方がいいかもしれません

不動産としての要素ももちろん必要ですが
介護や医療といった面を含めた事業を提案できる
業者を選定するということが大切になってくるでしょう


本日は以上となります
最後までお読みいただきありがとうございました



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。