影響力

テーマ:


来た流れに乗る、とか言いますが

実際にそんな流れが来ちゃうと

乗っかるのめちゃくちゃ怖い!!!

それを痛感しています。



最近、まるでお膳立てされたかのような

出来事が目の前に差し出されるようになり

その度に、ビビりまくり。




先日の不動産屋さんを例に挙げると

まず、引っ越そうかなと思ったのは私。

それに伴い、仕事を探しているのも私。

だけど、私の頭の中のタイミングよりも早く

それがポイポイと目の前に来てしまうと

大いに戸惑い、決断が鈍る。




 そこに乗っかっても大丈夫なの?

この選択は正しいの?それとも間違い?

そんな疑問が頭の中をグルグルし始めた瞬間

動きがピタっと止まる。

そして、ぐわーっと湧いてきた不安に

ズブズブと埋もれていって

あまりの怖さに半べそ。




実際に、こんな状態になり

とある場所から動けなくなりました。

これは、玄花ワークス - 力 power を

受けた翌日の話。




玄花さん達に胸の内をさらけ出し

メールでやりとりをしながら

気持ちがほんの少しだけ落ち着いた時に

思ったことは…




今、やれることをしよう。

不安のままでいいし

やらないという選択だってありだ。

やらない選択は、一時的には安心する。

でもこれからもずっと今と変わらない状況。

不安でも安心でも

どっちにしても動くのは私。

誰も私の代わりに動いてくれない



だったら私はどっちを選ぶ?



不安なのは、この選択の先の

予想がつかないから。

でも、4月から今まで

怖い怖い言いながら、不安のまま動いてきた。

だからこそ、今がある。




だったら…



怖い方を選ぼう。






そうして動いてみたことで

気づいたことはたくさんあって

行動するって、宝の山だなと思います。





そうそう、今回の玄花ワークスの中で

影響力についての話があり

そのことを先ほど思い出していたのですが

今これを書きながら、ふと、思いました。



無自覚にも、影響を与える立場に

立っている人がいる。

そういう人って、何度も何度も繰り返し

行動することを選んできた人たちなんだ、と。

たとえビビって泣いても

ギャーギャー言っても

行動する  をひたすら選んで

愚直にやってきた人たち。



その積み重ねが、雰囲気に出たり

言葉に出たりして

ただそこにいるだけなのに

圧倒的な影響力があったりする。

たとえそれが本人無自覚だとしても

そうやって周りに影響を与えているんだ、と。


与えられる側ももちろん
そこは無意識にも敏感に察知している。




そんな無自覚のうちに影響を与えていた人が

影響力を与える側に立つことを

意識して動いたら…

そりゃ山も動くよね。

そんなレベルなんだってこと。







影響力を与える人というのは

欲しいものを、臆することなく欲しいと言い

それを、なりふり構わず取りに行く人だ。



と、なんか今思いました。




これが正しいのかどうかは知らないけれど

今の私が受け取ったもの。








最後に、3年前の私へ。


泣いてもいいから

不安なままでいいから

たった1ミリでもいいから

怖い方へ、進め。

欲しいものを、欲しいと叫べ。

泥臭く、生きろ。

{A4C4A7B7-4931-4A16-9F91-C36D7299AC96}
























AD