あれから23年・・・。

テーマ:

今年もあの日を迎えた。

 

もう23年。
神戸の街も大きく変わりあの日はすっかり遠く・・・。

 

 

人は変わっていく。

そして街も変わっていく。

 

たとえ変わっていこうともボクの中であの日の記憶や体験が消えることはない。

それは決して忘れてはならないこと。

 

 

今日を生きていられることに感謝して今年も祈りを捧げたい。

平穏な1年であることを心から願って。

 

 

今日はあの日。
阪神淡路大震災から23年。

10/27に天皇賞(秋)金曜日発売ということでWINS梅田で木村健騎手と竹之上次男アナのトークショー(天皇賞予想会)が開催されました。

 

 

 

 

そのときの前半のトーク部分を文字起こししました。

 

(太字は木村騎手・赤字は竹之上アナ)

 

口調などで若干の相違はありますが内容はほぼ合っていると思います。

 

公の場に出てくるのはおよそ3ヶ月ぶりです。
大きくなって帰ってきました!(会場笑い)
56kg制限でしばらく乗ってましたね。
今は64kgあります。
絶対に56kg乗れないですね。56kgだと54kgぐらいに絞るんですかね?
はい。今は10kg越えです(苦笑)
腰を痛めてしまって減量で負担がかかっていたところもあったんですよね?

そうですね。

今は調子のほうはどうですか?

今は痛み止めも飲まなくてもいいんで絶好調です!
減量をしてギリギリの身体にしてから騎乗するということで腰にかなり負担がかかるんですよね?
そうですね。体重が重いのでそれは仕方ないですね。
そのあたりのことはファンのみなさんも気にかけていると思います。

 

では木村騎手のことを紹介していきます。

21715戦3560勝で重賞70勝。

さらにJRAで ショウリュウムーンに騎乗してチューリップ賞を制しているので71勝。

これは兵庫生え抜きの騎手としてはいずれも1位の記録です。(会場拍手)

 

これをどんな風に思ってますか?
そんなに乗ってたんだなと。乗ってたことに感動を覚えますね。
乗ってたことに感動を覚えるんですね。
今まで1頭1頭全力で乗ってきて2万も乗ったんかと思ったらすごいなと。
木村騎手と言えばパワフルな騎乗でオレンジ色の勝負服で目立つ。そしてレースぶりも目立つんですよね。そんな木村騎手だからこそファンも自信を持って賭けられるんですよね。

今その木村騎手がいないのはさびしいんですよね。

戻ってこないんですか?

とりあえず体重落とさないと・・・。
今はリハビリもかねてと発表されている調教師試験を受けるということで調教師の仕事のために馬の世話をしたりしてるんですよね?
24年間馬に乗ってばかりだったので馬の世話をしたことがなかったので手入れをしたり脚を触ったりと勉強させてもらっています。
馬と触れ合ってみてどういう思いが?
下から見たら恐いですね。やっぱり。なんか叩かれそうで。
今までは上に乗ってて御す立場。

目線が上にいるというだけで優位に立ってたんでしょうね。
下からだとホンマ怖いですよ。
もう慣れてきましたか?
今はもう慣れてきましたね。
それをやってらっしゃる厩務員さんというのは。
いやーすごいですね。

ホントすごいです。ゲートでもホントすごいですよ。

前もってもらってるというのがね。
ゲートって狭いところですよねあそこに入って。
いやーホンマすごいと思います。
ホントに間近に馬がいてたまに突進して馬に踏まれそうになってる人いますもんね。
ホンマそうですね。

僕ら馬に乗ってるんで突進しても馬に跨っていれば落ちなければいいんですけど踏まれますからね。厩務員さんは。
それを見てるとその立場になってわかるということがあるでしょうしこれからの第2のホースマン人生にも役立つと思いますので。

今の経験がいい方向に向かっていってもらえることをみなさんも願っていただきたいと思います。
調教師試験はまだ受かるかどうかわかりませんが・・・。
そうですね(会場も含め笑い)
受かれば1月試験で2月発表で3月末まで騎手ということになります。

もう一度騎乗姿を見てみたいと思うんですが・・・。
乗ってみたいと思うんですけど腰もありますんで・・・。

それはわかんないですね。
まぁ今後トークショーなどに出ていただくこともあると思うんでみなさんにはまた身近に接していただきたいと思います。

 

これまでのレースぶりということで3560勝ですが重賞3連覇を実は3回もやってるんですね。
兵庫ダービー・園田ユースカップ・摂津盃。

同一重賞3連覇というのはなかなか聞かないですがそれを3回やってるというのはすごいなと思います。
ありがとうございます。
さらに兵庫ダービーは6年中5回優勝。(会場から「おおお」と感嘆の声)

めちゃくちゃすごい人ですよ。


その中でも思い出に残るレースがあると思うんですがどんなレースが印象に?
やっぱりタガノジンガロのかきつばた記念ですね。
ダートグレード競走ですね。

当時JRA勢相手にレースをするのは厳しい中で・・・。

当日は馬場もかなり。

いやー悪かったですね。
ドロンコ馬場の状況でレースをするんですが最後は大接戦になるんですがそれを制するところをみなさんとともにスタートからゴールまでみっちりと見ていただきたいと思います。

(モニターにレース映像が放映されそれを見ながら振り返る)

 

(輪乗りの場面)

このときの気持ちはどんなかんじで?
やっぱりグレードなんでドキドキしましたね。
勝てるかどうかというのはどれぐらいの%であったんですか?
新子先生がきっちり仕上げてくれていたんでいい勝負はするかとは思ってました。
二人三脚で調教を進めていましたもんね。
(なお会場には新子調教師も来場されていたようです)
ノーザンリバーはじめJRAは強力なメンバーでした。
内枠でどういう風に思ってレースをしてましたか?

クセのある馬なので1角でかからさないように乗ってましたね。
他の馬の動きや位置取りはどう思いましたか?
不良馬場だったので前には行きたかったんですけどあんまり押すとかかって外に張るクセがあるのでそこまで押していかなかったんです。

けどまぁ中団ぐらいを取れたので。
ポジションとしてはいいなぁと?
そうですね。
相手関係はあまり考えなかったですか?自分自身との折り合いというところで。
力はあると思っていたんでいい勝負はするだろうと。
(映像は3角から中間点あたりへ)
前が壁になるような状態で当面の相手と思われたノーザンリバーが上がっていくんですよね。
ここ外に張ってるんですよ。
いま5・6番手ですね。
(4角から直線に)
前は捉えられるという手応えでしたか?
前は捉えられると思ったんですけどすごい脚で後ろから。
ノーザンリバーですね。
(ゴール前の接線の)
みなさん「指せ!させ!」言うてくださいね。
(ゴールの瞬間に会場からは「ワー」という声と拍手)
勝ったかどうかわからなかったですね。
接戦でしたがそこを制して。
このときは54kgに乗れてました。(会場笑い)
ダートグレード競走は地方競馬の中では賞金が非常に高いレースですが地方勢はなかなか勝てない。
ホント中央は強いですよね。
そんな中で勝ったというのはうれしかったでしょうし力も示したということで注目も集めたわけですが。

他の重賞とは違うというところはありましたか?
いやーやっぱり違いましたね。
勝ってから変わったところはありましたか?
いやそれは特に(汗)
でも喜びは本当にひとしおだっただろうなと思います。
兵庫の馬もドンドン全国区で活躍してもらいたいですね。

そうですね。もっともっと出てきてほしいですね。
木村騎手は調教師を目指すということですがそういう馬を育ててもらいたいなと思います。
まずそれには調教師の試験を受からないといけないので(会場笑い)
筆記試験があるんで(苦笑)
筆記試験は難しいですか?
このまえ学校いったんですけどぜんぜん頭に入ってこなかったですね(会場笑い)
乗る勉強はずっとしてたんですけどやっぱり筆記はダメですね・・・。
いや乗ることはホントすごいんですよ。

そんなんみんなわかってるんですけど。

さすがに勉強は確かに必要になるかもしれません。

でもしっかりがんばって試験がんばってほしいと思います。
はい。

 

 
 

 
 
 

 

 

このあと天皇賞(秋)の予想が披露されて木村騎手の本命はサトノクラウンということでした。

あと竹之上アナのどの馬に乗ってみたい?との問いにはキタサンブラックと。

 

 

武豊騎手デビュー30周年展の開幕イベントとして大阪・うめだ阪急本店でトークショーが開催されました。

 
 

 

 

司会は関西テレビの岡安アナ中島アナ

 

ゲストはシャンプーハットの2人(こいでてつじ)。

 
 

30分弱のこのトークショーの内容をメモ起こししました。

 
(太字はユタカさん。それ以外は上記名前の文字色と合わせました)

※メモから起こしたので口調など若干の相違がありますが大筋で内容の誤りはないかと思います。また途中()で補足を入れました。オークス関連の部分は話の流れを一部前後させている部分があります。

 
それではどうぞ!
 
 
 
Q:今回の展示で特に見てもらいたいところは?

30年分あってみなさんそれぞれ思い出があると思いますのでこのとき自分はどうだったとかを重ね合わせて見てもらえたらと思います。

87年デビューでまだ昭和でしたからね。

デビューのころはメチャメチャかわいい感じでしたよね

30年はあっという間でした。

こういうイベントをやってもらうといろいろあったなとか30年やって来れたんだなと思います。

 

Q:今まで乗った中で一番強い馬は?

場所(距離や枠などいろいろな条件)によるんですかね?

まぁそうですね。

今だったらキタサンブラックのような感じがするんですけど。

北島さんの耳に入ることを思えばキタサンブラックって答えなきゃいけないですかね?(笑)

現役を言わないとしょうがないですかね。キタサンブラックなしなら?

これはよく聞かれるんですけどボクだけの秘密っていうことで。ボクだけの特権ですよ。

たとえば芝1800ならサイレンススズカとかこの条件ならとか思いますもんね

そうですね。いずれにしてもわからないぐらい大接戦です

そしてそれも競馬の魅力の1つだと思います。

 

Q:今まで多くの名馬に乗ってらっしゃいましたよね?

それは本当にありがたいです

この馬が出るときは見に行こうとか徹夜してまで見に来てくださるわけですよ。

その馬の背中に跨ってるというのは騎手って本当にいいと思います。

お前のお母さんに乗っててんぞっていたくなりません?

30年だからお母さんどころかおばあちゃんもやで。

本当にそうですね。

 

Q:今年の天皇賞(春)について強かったですね

キタサンブラックには去年から乗せてもらってるんですけど間違いなくドンドン強くなっていってますね。

他の馬と明らかに違うところは?

まず背が高いですねそして身体も大きいけど脚が長い。

ゲートの中で他の馬より一段高い感じなります

レコードタイムでかなりしんどい展開でしたね。

馬は大変だったと思います。

レース後は全馬止まっていましたから実力を問われるレースだったんでしょう。

ディープのときに(レコードは)しばらくは破られないとわれてたんですけど今年ゴールしたときにひょっとしたらと思いました

ただあんなに破ってるとは思ってなかったですけどね。コンマ2・3秒ぐらいだと。

まぁオーナーが北島さんだからレコード出すのはね。オーナーの仕事ですから。

 

Q:今週末のオークスについて

(リスグラシューは)人気するでしょうね。

3歳牝馬の2400はみんな初めてなのでキツイとは思います

ただそんなにマイナスにはならないかな?と。

父ハーツクライで母は長いところってわけではないですが。

脚質的に合うかなと。距離は伸びた方がいいと思います

桜花賞は忙しかったですから立派な2着だったと思います

まだ崩れたことがなくG1は2回2着なので勝たせてあげたい。

僕自身エアグルーヴからオークスを勝ってないのでそろそろ勝ちたいですね。

確実に走りますマジメな性格で一所懸命に走ります

東京でも勝ってるのでコースは問題ないと思います

マイナス要素は少ないと思いますね。

オークス(というレース自体が)難しいですね

距離は合わないけど出られるから一か八か出ようって馬もいますからね

東京2400だと枠は内の方がいいですね

ただ雨の影響で先週・先々週と内の方はボコボコしてるのでそんなに内がいいというわけでもないんじゃない?と思います

今週は天気でやれそうですけどどんな風(レース)になるんでしょうね?(笑)わからないんですよ。

展開については当日になるまで考えないですね

理想の枠は4・6・8で位置は団ぐらいにつけて。

たぶん先行はできないと思いますゲートが下手なので。

ただ後方におかれるのはイヤだなと

直線(通るところ)は馬場状態によると思います

マークする馬などはまだ決めていません

 

Q:ライバル・ソウルスターリングについて

見た目がかっこいくてきれいですね

天海祐希みたいな感じ?(一同頷き)

母が仏オークス・父がフランケルと世界的な名馬でピカピカ走る馬でしょうもちろん強いです

 

Q:外国人ジョッキーについて

先週ルメール騎手勝ち過ぎですね。日本の流儀がわかってないですね(笑)

やっぱり気になるものですか

勝つのはさすがだなと思いますただ当然(彼らには)負けてられないですからね

この春1気でG1勝っているのはユタカさんだけですね。

これが日本の流儀ですよね・笑

あいつらに教えてやってください。

 

Q:この春の過ごし方について

まずまずの結果は残せてるかなと。

キタサンブラックが大きいですけどキタサンブラックのことでよく街で声をかけられます

ディープ以来ですね。こういうことは。

 

Q:凱旋門賞について

次走宝塚ですがそれまではまだはっきりとは決められないですね

この馬で行きたいですけどね。

日本馬の凱旋門制覇は日本の騎手で武豊で勝ってほしい。(会場拍手)

それが流儀ですよね

今までいろんな馬が行きましたが過去の馬とはタイプが違う気がします

逃げても先行してでも行けますしパワーがありますし

チャンスは十分にあると思います

日本の馬は今は強いですから。

今年もドバイや香港でも勝ってますしね。

しっかり宝塚を勝てば行かなきゃ仕方ないって感じになるのではないかと思います。

 

ここでフジテレビ福原アナ登場>

完全アウェーのカンテレワールドですがディープの3冠のとき以来のコラボだと思います。

キタサンブラックにはぜひ挑戦してほしいですね

今回は行ったらいいと思うよと言うホースマン多いですよ。

ディープとかのときもいましたが今回はシミジミ言われるんですよ。

それは日本から出ていってほしいってのがあるんですよw

キタサンさえいなければGI獲れるのにという陣営も。

福永祐一くんがシミジミってました(笑)

キタサンブラックは天皇賞の後も順調タフなレースましたが2・3日で元に戻ったようですし

 

Q:炎の体育会TVについて(場内歓声)

真剣にやりすぎました。バラエティーというのを忘れてました。

(ロデオは)デムーロとの違いを見せたかったんです(笑)

ミルコもあれだけ勝ってるんだから体感強いはずなんですけどね。賞金かかってませんでしたからね(笑)

 

Q:キタサンブラックで凱旋門賞勝てますよね?

正直天皇賞でゴールした直後に世界での馬より強い馬いるのかな?と思いました

武さんの言葉だけに重みがありますよね

早急に「まつり」ってフランス語でどういうか調べてたほうがいいですね・笑

 

Q:福原さんからぜひファンが知らない武さんの素顔

実はユタカさん歌うんですよ(会場どよめき)

「まつり」歌いたかったんですか?

「まつり」は歌ったことないです。

何を歌われるんですか?

カラオケですよね?まぁいろいろ

の前はまつりに近い曲。かなり歌うまいですよ

ただ歌っちゃったらレコード会社から話が来るかもなのでガードされてるんです。

では十八番はいったいなんですか?

これでポロッと言うとどこへ行ってもそれをって言われるので(と言葉を濁す)

 

Q:今後40周年に向けて一言

今回30周年ですけど40周年をまたやりたいなと。

58のときですけどぜんぜん大丈夫です。

 

Q:ジョッキーを今後も続けていかれますか?

ずっと(馬に)乗りたいですね。

調教師は弟(幸四郎師)がなったので弟の後輩にはなりたくないです(笑)

幸四郎厩舎の馬でGIはそうなればいいですけどね。

どうなんでしょうね。がんばってほしいですね。

ディープの仔で幸四郎厩舎でとなれば盛り上がりますよね。

 

Q:ダービーはあといくつ獲りますか

今日ダンビュライトの追い切りに乗ったんですがいい動きをしていました。

皐月賞思った以上にがんばったんで(笑)急にダービーが楽しみになりました。

ただ1勝馬は70年以上ダービーを勝っていないって言われて「ええ・・・」ってなったんですけど。

皐月賞3着馬は結構勝っているんでそっちで考えて行きます。

人気になるのでは?

さすがにまだ人気はないと思います

 

Q:最後にファンへの思い

1年で7会場目。

そのたびにファンの方と近い距離で話をさせていただいたんですが改めて競馬はファンがあって成り立っているんだなと思いました

声援・応援が本当にありがたいです

まだまだもっとがんばらなきゃなとそしてまだ(うまく)なれると思うので。

今回はいい経験をさせてもらいました

普段オフがないのでこういう機会で振り返ったり思い出したり改めて30年を感じられたので自分にとってもありがたかったです

 

あれから22年・・・。

テーマ:

今年もあの日を迎えた。

 

もう22年。
今年の新成人は96年生まれ。
本当に遠いあの日になってしまったようだ。

 

 

でもボクが生きている限り何年経ったとしてもこの日を忘れることはできない。

そして今年も祈りを捧げたい。

 

 

昨年は熊本地震で大きな被害が出た。
東日本大震災の被災地もまだまだ復興途上だ。

 


今年はどうか平穏な1年であることを願って。

 


今日はあの日。
阪神淡路大震災から22年。

あれから21年・・・。

テーマ:
今年もあの日を迎えた。

昨年は20年ということで関西圏では多くの特集番組が組まれていた。
だが今年はほとんど組まれていない。


ボクは生きている限りこの日を忘れることはできない。
そして今年も祈りを捧げたい。


95年1月17日。
生まれ育った神戸の街が一瞬にしてその姿を変えてしまった日。


その日の夜。
それまで混乱で喧騒としていた街に一瞬の静寂のとき。


三宮のJR高架の南側。
中央幹線と呼ばれるところを巡回で歩いた。
その前日まで街灯が灯りネオンが煌々としていたところ。

しかし停電した街は一切の光がない。
懐中電灯を片手に歩く。
こんな経験は2度とすることはないだろう。
そして2度と経験したくない。



今年も心静かに亡くなられた方々へ祈りを捧げたい。



今日はあの日。
阪神淡路大震災から21年。