忘れた。

テーマ:

こんばんは。


といっても此処には既に誰も居ない。

私を含めて、ね。




あれから既に何年も月日が経っている。

単刀直入に行って、とっくの昔にあの日々は過去になっている。

ああ、想い出になっている。


確かに堕ちに堕ちたが、それだけホンキだったと言う事だ。

本気で助けたかったから、その分堕ちる度合いが激しかった。

ただそれだけの事だ。

実に問題ない。


それは、それ。

これは、これ。




結局この運命に逆らう術はなく。

逆らう気も無く。


今また同じ事をしている。

繰り返している。

巡る廻る輪廻の様に、メビウスの輪の様に。

私はこの螺旋から逸れるコト無く、離れるコト無く。


嗚呼、人は何故こうもか弱いのだろう。

あゝ、それでは私は何度目かの再起動を。

真の覚醒を。

…とっくにしてるんだけどな。



ま、どうでも良い事か。

私の事は私だけが知っていれば良いのだから。


此処は私の場所。

ならば少しでも欠片を残そう。

"意志表明"

としてこの地に。



AD