いつかさ

テーマ:




GUMI 会いたい


つい最近作られた歌みたい。
あまりに上手いのと、嫌な事ばっかり思い出すからここに貼ってしまおう。

確かに会いたい人ってたくさんいるよね。
リアルでもゲームでも。

”また会いましょう”

この言葉は契約の一種で、放ったからには永遠に続く時間の中でも
必ず次までその場の記憶を忘れずに居続ける。
そう必死に思っていた頃があったな、実際にそうしていたよ。

けれども言葉に錘を付けたからといって、
実際にはその錘の効果は殆ど出てくれなかったりね。

自然と経過し続ける時間。
時の流れは少しずつ砂を攫って行くかの様に風と共に過ぎてゆく。
何度も何度も朝と夜を繰り返す。
気付けばその場所には自分ひとりしか見られず、
記憶とその場所とその場所のぬくもりだけを残して、
未来という望んでいない現実に巡り合う。

その場の雰囲気も、曲も、思い出も、記憶も。
全てがそのままなのに、その場に佇む自分自身を含め。
その場所自体があたかも別の次元に行ってしまったかの様な、
そんな置き去りにされたという感覚に襲われる。

あの時預かった物、また戻ってくればいいと思い。
受け取る彼方達の遺品達。

それらが消えてしまったも同じものをと努力を繰り返し、
何とか同じものを得、またいつ来るかわからない
望んでいる未来を待ち続ける。

望んでいる未来など、とうに来ないのであろうと思っていても。
背を向けるのが怖くて、向けられるのが嫌で その場に留まり続けた。



っていう事が結構あったな、若い頃は。
そして、最後には待つのはやめた。
会いに行くことすら叶わない、もはや生存すらわからない人達の方が多い。

会いたい



そういえば、今いちばん会いたい人って誰だろう。
でも答えは出せないな。
だって、厳選できないから。




とまぁ久しぶり自分らしいクサい文章だ。
ではまた。

AD

驚異的ッ

テーマ:





ARiAの前の歌みたい、何気に聴いた事がなかったな。
SPiCa、スピカは星の意味だっけか。
これとか、かな。





そしてSPiCaの一周年らしいです。
しかしまぁ…胸囲の成長ッ!
これは凄い…、ある意味ARiAも一周年が気になってきました。
色々な意味で。


壁紙は、こちらから かな。
もし、pixivのIDを持っているなら、このステキなおじ様の場所へ直接行くのも。

因みにDVDも発売されるそうで、
地方の自分は委託販売を非常に楽しみにしておりまっすん。
と、いうか委託販売じゃないと買えないのよね。
コミケか~、一生に一度は行ってみたいなぁ…うん。


しかしまぁ、胸囲的な…。
1年って365日ですよね、あんなにも成長するもんだろうか…(笑
ではまた。

AD