しゅん…

テーマ:


もう、さ。

此処には何も書く事はないな~って思ってた。

遠い遠い未来にきたな~って。

気持ちや想いも気付けば追い抜いて追いついて。

もう違うカタチに変わって、生まれ変わったんだな~って思ってたんだよ。


泣いてしまう歌も、全く別のものに聴こえるんだもの。


終わらない恋に終わりを告げよう。

自らの心に終止符を。

そして鳴り止まない鐘の響きを最後としよう。

永遠に終わりは来ないと判っていても。




でも夢を見た。

日曜日、夢を見た。


あの人が出てきた、何気ない顔して私の傍に居た。

会った事がないのに、顔見知りでもないのに。

何であんなに親しげに話してくるのだろう、接してくるのだろう。

手と手が触れ合った事すらないのに、何故なんだろう。


言葉を残していった、最後に。

「これからも よろしくおねがいします」

大きな文字だった。

携帯電話へのメールだった。

一度も、あの人から送られてきた事がないのに。


そこで目が覚めた。


何も言えなかった。

感じたくなかったね。


何も考えずに、再び眼を閉じた。

次に起きたのは午後19時を過ぎた辺り、詳しくは忘れた。

一度目に目が覚めたのは、朝方だった。


見れなかったなぁ。

続きを。



続きなんてないよね。終わってるんだから。

終わってるんだけれども、終わってないんだから。


涙は出てこない。

本人にも伝えたいなぁ、けれども困惑されそうだなぁ。

苦しいよ正直、いつまでも未練たらしくするのだろうと。

未練など無い筈なのに、

其処には後悔を置いて来てはいけない場所なのに。

何をしてもしてしまっても、今がどうなり未来がこの先どうなろうと。

決して、間違ってはいないのに。


夢は、時に恐ろしいものを見せてくれやがりますね。



あの。

本当に、一生このまま届かなくても。

愛し続けて…いいですか?


言葉は要りません。

返事も。

ただ…


愛をありがとう





AD