遠くなる。

テーマ:


遠くなる。

遠くなる。

遠くなる。


あの頃の思い出のままのはずが、遠くなる。

気がつけば一人で次の未来へ行っているような気がした。

ふと立ち止まった時、あなたはもうココに居ない気がした。


遠くなるよ。

遠くなるの。

とても、遠くなっている。


あの頃と同じ歌を聴いたよ、涙が…出なくなっているよ。

出なくなっているんだよ。

すぐにわかったんだよ、今はもう、あの頃じゃないってコトが。

違う…んだね。


何がかわったの?

ただ、思い出にすがり付いて生きているだけなのに。

この世界のこの時間の流れはなぜ、望まない未来をくれる?

望まなくっても、結局は次の未来という場所に辿り着くの?


なにも…何もかもがあの頃と同じで固まってしまえばいいのに!




夢は、夢だから、夢なんだよ。


何もかもが替わってしまっている。

自分という存在のカタチだけ残して、時の流れは全てを流し落としてしまった。

今、僅かに残るこの、朱色の風という温もりと束縛を残して。


あれを感じたのは、一体いつが最後だったのだろう?


瞳が涙で濡れる事がわかる。

けれども、それ以上涙腺を刺激してこない。

思い出は堅くなるのだろうか、思い出せなくなってゆくのだろうか。


それでも泣ける場所があったのに、必ずあの頃のまま持ち歩けると思っていたのにね。

持ち歩けなくなっている、人の成長は…何故こうも加速度を増してゆくのだろうか。

一秒くらい、止まればいいのに…ね。




しるしは消えない。

しるし、という言葉も消えない。

詩も消えない。


ただ、でも、あの頃の自分はもう、消えてしまっているのだろうかもね。


今あなたが私を見ても、誰だろうと思うのかもしれない。

あの頃のままだよって笑うのかい?

またあの温もりで優しく包み込むのかい?

あなたは何もしていないのに、それでも私はあなたに包まれた感じになる。




どこまで…いけるだろうか。

この時の流れをどれだけ掌握出来るのだろう。

可能性はどこかに存在するのだろうか。

何が変わっていても何が変化しても、忘れない事は出来るだろうか。


そういう日々を送りながら、56ヶ月が経過している。



あなたを知らない日々は まだこない


まだ、いらない。





AD

2008は平成20年と。

テーマ:


毎度。

明けましておめでとうございます。

今年も宜しく願い…ます様な人が居るでしょうかな。

数少ない人々もまた貴重な存在なのでしょう、

その人々らだけでもうれしゅうございますよ。

…なんてね。

にしてもこのBlog、いいランクになりましたね。

相応しくなってまいりました。


そしてメインのデスクトップPCが不調で遂におかしな動きをしたので

思い切ってノート型を買いましたよ先生。

とりあえずこうしてできていればいいかなというLvのつもりが、

意外といいものを買えるのですね、8万程度払うだけで。

ラヴィというノート型の初期型が懐かしいですわ。


そうそう、HP-530ってってやつを購入、静か過ぎてむなしい…。




それでは今年もよろしく願いますね。

とある大切な存在は、今元気で居るだろうか。

とある貴重な存在は、今のんびりと過ごしているだろうか。



どうか、今年もあなた達にとっていい年でありますように。

私はそうですね、あなた達の笑顔があれば、幸せですよ。



AD