ブリュッセルと北京からの刺客

テーマ:

▲先日会社の先輩(在ブリュッセル)と同期(在北京)がインドに遊びに来ました。金曜夜中に到着して、日曜夜のフライトで帰るという弾丸ツアーでしたが、超中身の濃い2日間を過ごすことが出来ました。


食事は基本的に全てカレー。滑らない話対決や夫々の仕事の話など、無駄な時間は一切無かったね。インドで働く僕を訪ねてベルギーと北京から同僚が来る。。。今の会社に入社する前には想像もできなかった環境ですが、今ではこれが当たり前。世界がどんどん身近なものになっていくことが肌で感じられる環境がたまらなく楽しいです。


あちょー、今はインドにいます。

↑一日しかない観光。バラナシと迷いましたが、やはり一度は見たいということでアグラに行き、タージマハルへ。


あちょー、今はインドにいます。

↑デリー観光のハイライトはメインバザールの屋上カフェ。ここで飲んだビールは最高だったね。


あちょー、今はインドにいます。

↑アブ・キ・バサントの紅茶屋で先輩は死ぬほど紅茶買ってました。

AD

社内旅行

テーマ:

▲先日社内旅行に行ってきました。行き先は北インドのムッスーリ。風光明媚な良いところでした。


あちょー、今はインドにいます。

↑こーんな山にある街です。くねくね道にリゾートホテル(っていってもめっさインドホテルですが)がたくさんあります。


あちょー、今はインドにいます。

↑わけも分からず高度3000メートルクラスの高地で山登りをさせられ、ちっこいヒンズーの寺を見せられました。ちょっと歩いただけで息は上がるし、太ももパンパンになるし、わけわからんって感じでした。


あちょー、今はインドにいます。

↑小さい滝も見ました。うちの社員は滝に打たれてました。


あちょー、今はインドにいます。

↑当然の流れですが、夜はダンスパーティーになります。これは序盤戦の序盤戦。キャンプファイヤー(15分位で火が消えました)を囲んで歌&ダンス対決。


▲今回はインド人7,80人に対して日本人は僕一人。帰りのバスは予定では20時にデリーに到着するはずが実際に着いたのは夜中の3時。インド人のタイムマネジメントのだらしなさや道の悪さに辟易しつつも、良い経験ができたと思います。


(1)やっぱりインドには色々な景色がある

先日の南インドもそうでしたが、今回は高地にあるリゾートということでこれはこれで中々素敵。日本やヨーロッパの高原リゾートとは全然違いますが、丸ごと自然という素朴な感じが良い。インドの他の景色も見てみたいと思いました。


(2)インド人は純粋

綺麗な山々の景色が見えてくると「見てください!これがインドの景色です!こんな美しい山々は日本でもヨーロッパでもアメリカでも絶対に見られないでしょ!This is incredible Indiaなんです!」と熱いスピーチ。すぐに他の国と比較してインドを持ち上げるのはインド人お得意の行動パターンですが、如何せん実際に他の国を経験したことが無いので自分たちの位置付けがあらゆる意味で分かってない。今回の場合は山の景色、もちろん綺麗でしたが、なんつーかこう、普通山の景色でした。。。。そんな彼らと話していると、山の景色より、純粋過ぎる君たちの心のほうが綺麗だぞ、と突っ込みたくなりました。


(3)結局は歌って踊れればOK

初日の夜も二日目の昼も移動のバスの中も常に歌ってるか、踊っているかです。しかもノンアルコール。どんな綺麗な景色を見ようが、お寺でお祈りをしようが踊ってる時が何よりも幸せなんだな、と改めて感じました。彼らにとっての最高のエンターテイメントはやっぱりダンスです。一緒に踊ってると次の日からの距離が縮まります。


(4)腰が砕け散った

12時間ボロボロのバスに揺られたおかげで腰が砕け散りました。もう数週間経ちますが一向に治りません。一生腰痛持ちになったらこの旅は忌まわしい思い出になること間違い無し★


でも来年も行こうと思います。

AD

南インド旅行

テーマ:

▲先日、ひょんなことから出会った日本人の友達2人と3人で、連休を利用して南インドに2泊3日の旅行に行ってきました。酒ばっか飲んで、爆笑しっぱなしの楽しい旅行。ここのところ仕事も忙しかったので良い気分転換になりました。


僕は後から乗っかった形だったので行き先とかもよくわからなかったのですが、訪れた2都市はどちらもインドにしてはリゾート感たっぷりで素晴らしかったです。


▲一日目に行ったのはマハーバリプラム。聞いたこともない街でしたが、欧米人観光客もかなり多く、南インドのリゾート街としてそこそこ有名らしいです。


あちょー、今はインドにいます。

↑マハーバリプラムで泊った宿。コンドミニアムタイプですな。一人1500円位だったかな?目の前はビーチです。


あちょー、今はインドにいます。


↑目の前のビーチから見える海岸寺院。この街一番の見どころだと思うんだけど、実際行ってみるとめっさ小さくて凹みます。


あちょー、今はインドにいます。

↑クリシュナ(インドの人気神様の一人)のバターボールといわれるでっかい石。絶妙のバランスで傾斜した岩山の上に乗っかっています。


▲2日目がどちらかというとメインとなるポンディチェリ。旧フランス領ということで、フランス料理が楽しめたり、街の一部にフランス人街があり中々かわいらしい。ビーチの雰囲気が懐かしく、若干湘南を思い出した。

あちょー、今はインドにいます。

↑ポンディチェリで泊った超いけてるホテル。これも一人1500円ちょいかな。近づくとあんまきれいじゃないです。

あちょー、今はインドにいます。

↑街並みもデリーとはかなり違った雰囲気でやや落ち着く。

あちょー、今はインドにいます。
↑ホテルのベランダでビールとワインを3人でがぶがぶ飲んでネタ対決して遊んでました。


▲一緒に行った友達も行っていましたが、この手の旅って行き先とかってさほど重要じゃないんですよね。どれだけ思い出に残るかどうかは一緒に行く人で決まると思うんですよ。その意味では偶然出会った友達とこれだけ楽しい旅ができたことに感謝。


▲出張で南インドに行ったことは何度かありましたけど、今回は全然違ったリゾートとしてのインドをみることができました。当たり前だけど、実際に一歩踏み出すと一つの国にも色々な面があることが分かる。くだらない固定観念とかって本当無意味だし、人生つまらなくするだけだから、常に好奇心を持って足を動かしていきたいなって思いました。仕事も遊びも。



AD

日本一時帰国

テーマ:

▲ということで年末年始にガツンと休暇を取って(今の会社は大晦日も元旦も通常営業)日本に帰ることにしました。


今回もとにかく『食って、飲んで、話す』がテーマ。


寿司食って、焼肉食って、ラーメン食って、牛丼食って。。。一食たりとも妥協しない方針でいきます。


又、久しぶりに友達と遊べるのが今から超楽しみ。。。別に半年前と僕自身は全く変わってないわけですが、普段限られたコミュニティでの生活を余儀なくされると友達のありがたさが本当に身に沁みます。飲むぞーーーーー!!!おりゃーーー!


▲普段読めない仕事関係の資料やブログの更新何かもしちゃおっと。

アマン@デリー

テーマ:

▲先日デリーにもオープンしたアマンホテル。ここのスペイン料理が中々美味いという噂を聞きつけ、早速先輩方に連れて行って頂きました。


ホテル自体は流石アマン。デリーにいるのに強引にリゾート感を出しており、中々良い感じ。無駄にスペースを使うことで強制的に開放感を感じます。


期待していたスペイン料理は・・・うーん、まぁまぁ。てか、かなり高いんすよ。コストパフォーマンスを考えると結構微妙。立ち食いカレー屋の方がうめぇ。


でも、雰囲気は抜群。3フロアぶち抜きになっているのですが、1Fのラウンジも地下1Fのバー(?)も良い感じでした。

あちょー、今はインドにいます。


1泊500ドル~らしい。っざっけんな。

僕のランチ。

テーマ:

▲カレーはうめぇ、イタリアンも結構うめぇ、てか、インドうめぇ。とか言いながらも、ランチでは結構苦労しています。勿論カレーを食べようと思えば幾らでも食べる場所はあるのですが、毎日カレーというわけにもいかず。短い昼休みを利用して食事を取ろうとするとどうしてもMかKに頼ってしまいます。


今日はM。ま、ここは世界中どこで出会っても安心を与えてくれますよね。インドではマハラジャマック(とりあえず色々入れまくったでっかいバーガー。肉がまじぃ)やマックベジ(野菜カレーコロッケが入っていて中々うめぇ)をはじめインドオリジナルのメニューが沢山あるので結構お勧め。


あちょー、今はインドにいます。

↑マックなのですが、なぜか入口にはいつもガードマンが立っています。これは治安対策というよりも物乞いの人たちなどお客さん以外の人が入ってこない様にする為という理由の方が大きい気がします。



あちょー、今はインドにいます。

↑今日はマックチキンとベジピッツァ(パイ生地の中にトマトソースで味付けしたあっつ~い野菜が入ってる物体。うめぇ)にしてみました。


▲毎日ファーストフードが体に悪いことはよーくわかってるのですが、短い休み時間でさくっと食べようとすると中々選択肢が無いんですよね。てか、アメリカいた時と変わってないな。デリーもフロリダも似た様なもんだな。

インドのクリーニング事情

テーマ:

▲一人暮らしのリーマンにとってクリーニングは超重要です。日本にいる時は近所のクリーニング屋を幾つか試し、一番クオリティが高いところを集中的に使っていました。アメリカにいる時は美味いサンドイッチ屋の隣にあるクリーニング屋を集中的に使っていました。(シャツが幾つか縮みましたが、サンドイッチ屋が美味過ぎたので最後まで使っていました)


さて、インドではどうしているか。これが結構大変なのです。


当然日本の様に家から歩いて5分圏内にクリーニング屋が何軒もあるわけはなく、当然アメリカの様に美味いサンドイッチ屋の隣に英語を殆ど喋れないギリシャ人のおばちゃんがやってるクリーニング屋があるわけでもない。気合いでクリーニング屋を探すわけです。


僕はスーツは普通のスーツでしたがシャツは比較的ちゃんとしたものを買うタイプなのでシャツのクリーニングのクオリティは非常に重要なわけです。


てことで、色々と駐在員の奥様から情報を集めて見つけました。



あちょー、今はインドにいます。

シャツ1枚100ルピー(≒200円)なので日本と殆ど同じ価格設定。インドではかなり強気だと思いますが、仕上がりはちゃんとしてます。これからはここを使いまーす。

TISSOT

テーマ:

▲腕時計が止まってしまったので先日近所のモールにあるTISSOTのお店に行きました。2年位前に電池が切れた時は八重洲の某デパートで数千円出し、1週間位掛かったことを記憶しております。


まあ今回もそれ位は仕方無いなぁと思っていたのですが、何と5分で電池を取り換えてくれた上に値段はRs.400(800円)!! 思わず感動して店員と握手してしまいました。


この国はたまに訳わからんものが高かったりするのですが、やっぱり基本的に物価は安いですな。日本に帰った時にカルチャーショックを受けない様に無駄にお金使いまくって感覚を慣らしておこうと思います。



立ち食いカレーまじでうめぇ。

テーマ:

▲休日にオールドデリーの立ち食いカレー食ってきました。 以前から美味いと評判だったので、先輩に連れて行ってもらいました。結果的には想像通り激んま。かなりパンチ効いてるので、カレー初心者にはきついかも知れませんですが、もはや完全にカレー大臣になっている僕的には素晴らしかったです。


あちょー、今はインドにいます。

↑こんな通りにあります。ちょいとメインストリートに出ると物乞いが半端無いです。


あちょー、今はインドにいます。   あちょー、今はインドにいます。

↑今のマスターは2代目らしいです。       ↑こんなテーブルで食べます。


あちょー、今はインドにいます。

↑うわ、見た目えぐっ。でもこれをプラオ(インド風チャーハン?)に掛けて食べるとオーマイコンブ。


▲大人5人で散々食って一人Rs.200(≒400円)でした。カレーんまーい! こういうのが好きな旅行者や出張者にはぴったりの場所ですわ。いい店教えてもらって良かった~♪危険なことにこれを食った夜にはまたこのカレーを食いに行きたくなってしまいました。カレーリスク発覚。


あちょー、今はインドにいます。

↑食後はこんな水道で手を洗って終了~。






六厘舎☆

テーマ:

▲はい、言わずと知れたつけめんの名店 ですね。先日日本に出張された先輩がお土産に買ってきてくれました。こういった食べ物は貴重なのでいつも賞味期限ギリギリまで粘り、流石にヤバい!ってタイミングで食べるのですが今回はちょっと賞味期限切れちゃいました。ま、勿論そんなの無視して食いますが。


六厘舎のつけめんはこういったラーメンには珍しく麺もスープも完全冷凍。おかげで作るのに15分位掛かります。んーでも、完成した時の味はまっじっで最高☆


ぶっとい麺が超濃厚なスープに絡み合い、まさにオーマイコンブ 状態。あー、まじでラーメンうめぇ。日本人すげー。源流に遡ると中国人か?あー、中国人すげー。あーどっちでもいいから、ラーメン創った奴、まじ神。お礼に焼肉死ぬほどおごってやりたぃわ。



あちょー、今はインドにいます。
↑完全にソフト麺みたいに見えちゃいますがこれが実際は完全に美味いんです。