雑誌に掲載されました(*^_^*)


BABジャパン様 「セラピスト」誌


http://www.therapylife.jp/latest/2013/03/201337.php


特集記事 「施術力がもっと上がる!セルフコンディショニング術」


にて、「手」に関するケア方法についてお話させていただいております(*^_^*)





セッション・施術を受けたい方 『心+人生+リ・ハビリス』


http://ameblo.jp/achoct/entry-11082344392.html


メルマガ 「新しい時代の健康を創る 時代を治療する治療家 堀江直樹の挑戦」


登録は下記アドレスからご登録、または上のメールにてメルマガ希望でご連絡ください。


http://www.mag2.com/m/0001521130.html



堀江 直樹 facebook アカウント


http://www.facebook.com/#!/naoki.horie.7


友達申請お待ちしています!日常のつぶやきやおもしろ動画を投稿しています。。


テーマ:
おはようございます。




前回の新しい教育のヒントとなる量子的な思考という記事はまぁまぁ反応がよかったです。




シェアしてくださった方、ありがとうございます。




続きを書こうと思ったのですが、ちょっと難しくなりそうなので編集中です。




さて、今日は8月27日に控える札幌でのイベントの新しい教育とは何か?




をイメージしやすくするように書こうと思います。





皆さんはご自身の夢ややりたいことを描いていますか?




これは大きな夢でもなくて大丈夫です。




勉強をするときにも、人間関係を作るときにも何かしら頭の中に描くはずです。




自由自在に絵を描きたい!そう思ったときに皆さんだったらまず何をしますか?




想像してください。目の前に真っ白なキャンパスがあって、そこに何か自由に絵を描く場面を。







どこまでも広がる真白いキャンパス。





そこに自由に色をつけていい!となったら、心踊るはずです。




不安に感じる?そんな人もいるかもしれませんね笑





でも、そこにすでに沢山の色や絵が載っていて




その上に絵を書いてくださいといったらどう思いますか?




当然、書ける絵の範囲も限られたり、




変に色が混ざったりしたら描きたい絵は描きにくいですよね。




これ、人生に置き換えるなら、




今までに皆さんが出会った人、知識、考え方、様々な情報はキャンパスに載った絵や色です。




皆さんが意識する/意識しないに関わらず、




勝手に色は乗っかっていきます。相手から話を聞くたび、ネットから情報を得るたび、




たくさんの絵と色があなたのキャンパスに投げられていくわけです。




別の言い方をするなら、その対象から排出された「う◯こ」みたいなもの。




知識を披露したくてしょうがないタイプの男性なんかがいると、ついけむたくなるとか、




うわぁって思いたくなるのは、言ってしまえば自分のう◯こをきれいなう◯こと思って



投げつけてくるから。




世界はう◯この投げ合い状態です。




だから、人から何かを押し付けられたり、洗脳される感じがしたりすると怖くなっちゃうし、苦しくなっちゃいますよね。




(お食事中の方、失礼しました)




話が脱線しましたが、




よく、「まっさらな気持ちでみましょう」とか、「先入観をなくみましょう」とか、




セミナーでも人間関係でも言います。。




これって実は難しい。




真っ白なキャンパスをイメージしたからといって、まっさらに聞けるかというと、




そーいうもんじゃないのはよくわかると思います。




むしろ、話を聞くときにそんなことイメージしてたら話を聞けなくなります笑笑





なぜこれが難しいのかというと、着目するポイントにあるのかなと僕は考えます。




大抵の人がフォーカスするのは乗っかっている絵に着目するんです。




自分はこんな考え方、価値観をもっているから、相手はこんな考え方、価値観をもっているから。




お互いの内容の差にフォーカスがいきやすいです。




しかし、それでは本質的な解決には至りません。




実は本当に着目すべきは「キャンパスそのもの」なんです。





その「キャンバス」を別の言い方をするなら「観点」といいます。




この「観点」を自由自在に扱うことができたときに、




キャンパスそのものをまっさらにすることも、自由に色付けすることも自由自在になります。




絵の内容が「意識」だとしたら、キャンパスである観点は「無意識」





意識と無意識の生まれる仕組みと構造を説明することができますか?





それがつながったときに自分のやりたいことも人間関係も




自由自在に描いていくことができます。




自分の知っている世界から自由になる教育。




これは記憶を失うということではありません。




「知る」ことの構造をわかることで、物事にとらわれなくすることです。




これを「ゼロ化」するといいます。




だから、そこから自由自在に自分を構築することができる。



そんな教育を語るイベントが8月27日の札幌であります。是非足を運んで欲しいです。
https://www.facebook.com/events/1106463576087595/




本日もお読みいただきありがとうございました。





ご意見ご感想はこちら
perpective496@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。




前回記事で、夢の形というテーマから、新しい教育が必要だという話で文章を終えました。





それがどんなイメージになるのかを記事を引用しながら書きたいと思います。





引用する記事はこちら。





この記事を読んで興奮される方はおそらく変態だなぁと思います。




「量子力学を応用した、未来のマーケティングシステム「Scanamind」(スキャナマインド)」
http://wired.jp/2014/12/15/scanamind/


「概念を理解するためには量子的であらねばならない」
http://wired.jp/special/2016/deloitte/chapter2/




さて、内容的には解説を含めて書いていくとシリーズ物になっていきそうなので今日はパートを抽出しながら書こうかと思います。





今回着目するのは、1番目の記事に出てくる「局所性」「非局所性」という言葉から。




ウィキペディアから参照しますと



局所性とは・・・・・


「ある地点で行われた行為や起こった現象によって、遠くの実験結果が直ちに変わることは無い」


という性質。



これがないと物理学の基本的な概念が成り立たなくなるので、古典物理学の大前提にある論理でした。




非局所性とは・・・・・


「この宇宙における現象が、離れた場所にあっても相互に絡み合い、影響し合っているという性質のこと。」


量子力学で量子もつれといって離れた素粒子同士が影響しあっているという話とつながっていきます。




簡単にいうと、



部分を部分としてみる視点が局所性。


部分と全体を分けることができない視点が非局所性という視点になります。



そして、文中にもありましたが、概念を理解するためには非局所性である必要があります。




例えば、「人体」という概念をみていくためには




まさに非局所性の極地じゃないかと思うんです。




僕たちセラピストは「筋反射の原理」なんかを「原因と結果」のプロセスで授業で習ったと思いますが、



確かに仕組みとしてわかるけど




これがどう歩行のときに働いているのかとか、



たくさんの刺激がある中で何が原因になって結果になっているのか、




原因と結果が逆転していたり、




相互的であったり、



どうにもシステム全体を説明するのに適切ではない印象を受けるのではないかと思うんです。




きっと、そーいうしっくり来なさから代替医療とか学ぶ範囲を広げた人も多いのではないかと思います。




筋骨格の筋活動や歩行を勉強しても、内臓全体のシステムとの関係性は?




脳神経、自律神経との関係性は?



様々な要素を局所的に捉えるのが医学が得意とする分野であると思いますが、




矛盾や説明の限界に行きやすいのではないでしょうか。





http://wired.jp/2014/12/15/scanamind/
より引用




こちらの図では局所性と非局所性の構造の違いを視覚的にわかりやすく説明してくれていると思いますが、




仮説を立てて検証するとどうしても局所的になってしまうという話ですね。




これは医学とか科学的手法で導き出してきた知識のある種の限界を指しているのではないかと考えます。(医学がだめだとか言っているわけではないですよ!)




全体の概念に共通する仕組みやパターンを見れることが、概念の本質的な特性である「固有状態」をみるということなのだと考えます。




記事のほうではスキャナマインドというプログラムを使って、この固有状態をみながらマーケティングに活用していくというものでした。




この考え方は今までの医学や学問の限界を補う新しい知の方向だと思います。




さて、こちらのスキャナマインドの詳しいところはわからないのですが、




人間そのものの認識にこういった仕組みを活用していくにはどうしたらいいでしょうか。



これは人生全体をどのようにコンサルしていくのか、本当の強みはなんなのか。



未来への意思決定をどのように行っていくのかなど様々なパートに活用ができるイメージがあります。



それを可能にするためには部分だけでなく全体をみることが必要です。




では具体的にはどんなプロセスが必要でしょうか。




人間が観測する「ものさし」を変化させる必要があります。




今までの「ものさし」は見た事、聞いた事、感じた事、体感したこと、経験したことが基準でした。




科学的手法と言われるものをものさしとする人もいると思います。が、これも個人の経験を通過して活用されます。




その範囲とするものがどんなものかを知らないままにそのまま活用する状態。




みなさんそれぞれの人生の範囲が人生のものさしになっていきます。




その基準が絶対に正しいと言い切るには難しいですよね。




ものさしがどんな形をしているか?目盛りをもっているか?そこに普遍性があるのか?




適切に測ることができないならば人生を選択するときの判断も難しくなります。




じゃあ、そこにどんな新しいものさしが必要なのか。




そこを新しい教育として提案していこうとするイベントがあります。。



これはある意味



人間そのもののパラダイムを大きく変化させるすごく刺激的なチャレンジです。




全国をリレー講演の形で回っているこのイベント。第4回目として8月27日の北海道で開催されます。
https://www.facebook.com/events/1106463576087595/?ti=cl



最近、北海道に滞在することが多くなっているのもこのイベントの準備のため。




個人的には是非とも成功してほしいし、多くの人に知っていただきたい。





本日もお読みいただきありがとうございました。




ご意見、ご感想はこちらまで
perspective496@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、GAPの学生たちの話を聞いて思ったことがある




夢のかたちは様々




まぁ、個人的な内容なのでここでは、あげないけど、





具体的なアーティストのトレーナーの名前や、





具体的な球団の名前がでてきたときに




どちらかというと




普段、自分が接する人たちと違う感じがした。。





例えばすごく抽象的であったり、漠然としていたり、





まぁ、だんだん、そうなってくるのもよくわかるんだけど、





どこかから習ってきたビジネスの形そのままになっていたり。





例えばリハビリセラピストで、開業したいなんて夢もしかり。




いろんな人を見ていて思ったことは




人はその所属する集団の影響をもろに受けるってこと。





いつのまにか、その集団での価値観が自分のやりたいことになったり、生き方になったりする。。



例えば僕も高校の時に医療を志した理由が、




部活動で自分が上手くなるために考えられる限りの




トレーニングやケア方法を研究して勉強していくなかで




たまたま後輩から頼りにされたから。





スポーツでは既にスタートラインが違うから、





医療の分野なら一番になれると思って選択したのを覚えている。




そして、その当事に描いた方向性も社会に出て、いろんなものと出会い、




学んでいくなかで軌道修正されていく。




自分の夢であったものも次第に形が変わったり、




それまで描いていたものでは突破しきれない、




そんな感覚も得るようになってくる。




人は関係性の中で生きるものなので、





集団を無視することはできない。




あ、これはそれを否定しているんじゃなくてそーいう、構造になっているって話。





それを苦しいと思うか、自由になりたいと思うかは自由。。



だけど、僕個人の感覚としては




本当にすべてから自由になって、





やりたいこととか生きたい生き方を描くって




ものすごく難しいことなんじゃないかと思う。




そんなことに問いかけをする前に




目の前の生活があるし





周りはどんどん進んでいくし





その不安があるから足を止めることはできない。




そんなひとも、多いんじゃないかと思う、、





そしてそーいう人はだいたいフェイスブックとかに疲れている(笑)(笑)




ポジティブ疲れ、リア充疲れ、演出も大変です。。




人間が本当にやりたいことを描くためには




人間の認識がバージョンアップする必要があると考えています。。





そのためには新しい教育が必要。。




今までの当たり前をぶっ壊して、





新しい基準をつくる教育が必要だと考えます。。




本日もお読みいただきありがとうございました。。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。