テーマ:

「自分を無くせる能力」

著作者:guzzphoto

 

 

 

前回から続く「自分を無くせる人が重宝する時代」 その2

 

 

 

人が変化したいとき、自分に対するイメージ=セルフイメージが変化することが大事だとよくいいます。

 

 

 

しかし、事実として自分はある。

 

 

 

過去の経験、トラウマもある。

 

 

 

あるあるある。

 

 

 

そんなセルフイメージから自由になるためにはどうすればいいのか?

 

 

 

まずなぜそもそも自由になれないのか。

 

 

 

適切な問題意識をもつところから物事はスタートします。

 

 

 

今回は動画で語ってみました。

 

 

 

人が変われない理由を発育発達学・免疫学的な観点から説明。

 

 

(13分なのでさらっと見ることができると思います)

 

 

 

私たちは生物学的な観点からも「自分」というイメージから自由になりにくい構造をもっています。

 

 

 

ではここから自由になるためにはどうすればいいのか?

 

 

 

そこに活用するイメージが「0=∞=1」になります。

 

 

 

このイメージについてはここでは語りません。

 

 

 

まず、理解と納得の順序が重要です。

 

 

 

「知識」は普通、自分と分離してしまいます。

 

 

 

知の限界を越える「知」の世界。

 

 

 

そこに心を置くことができたとき、新しい変化のイメージを得ることができます。

 

 

 

言い換えるなら、本当の変化のためには

 

 

 

人のもつ無意識の基準点が変化すること=認識が変化する

 

 

 

必要があります。

 

 

 

そうなったとき、「自分を無くせる」ことを無理無く、自然に行うことができます。

 

 

 

そんな自分の無意識の輪郭を発見していくセッション。

 

 

 

明日5/14、大阪で開催されるこちらのイベントでも公開セッションが行われます。

https://www.facebook.com/events/150409582140233/?ti=cl

 

 

 

 

人間の心を見つめる技術が、未来のAI全盛の時代のその先を描くヒントになるなんて!

 

 

 

AIは過去を基準にして情報を判断しています。

 

 

 

ビッグデータをもとにした意思決定の正確さはすでに人間が追いつけない精度を様々な分野で発揮するようになってきました。

 

 

 

過去に依存する形の認識を「経験認識」

 

 

 

人間が過去に依存した認識しかできないならば、AIとの関係性は対等以上に結ぶことは困難です。

 

 

 

そこに対して未来のその先を描いていくためには、

 

 

 

時間空間存在の概念を超えた概念からスタートする新しい認識方式が必要です。

 

 

 

それを「概念認識」といいます。

 

 

 

聞きなれない言葉とは思いますが、あまり気にせずに!

 

 

 

 

新しい単語にワクワクしながら未来の先を共に今から作っていこうじゃありませんか!

 

 

 

 

それではまた!

 

 

 

ご意見&ご感想&セッションのご依頼

perspective496@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

「自分を無くせる能力」

 著作者:guzzphoto

 

 

こんな単語を使うといろいろなイメージが生まれそうですね。

 

 

 

皆さんはこの単語を聞いてどのようにイメージしたでしょうか?

 

 

 

「自分を無くす」

 

 

 

というのは今の時代の流れからみたら逆行しているのかもしれません。

 

 

 

インターネットも発達してそれぞれが自己表現、自己実現をしたい!

 

 

 

そんなことが当たり前にできる時代になってきました。

 

 

 

だからこそ、この能力。

 

 

 

実はすんごく重要なのです。

 

 

 

では、この自分を無くせる能力をどのように定義するか?

 

 

 

「自分を無くせる=我(エゴ)を無くす能力」であると規定しています。

 

 

 

 

今、僕がする施術のスタイルは触れる方式と、言葉を介して行う方式とがあります。

 

 

 

その中でお互いの循環がどこまで起こるのか?

 

 

 

なんてことをイメージしながら施術を行っています。

 

 

 

例えばコミュニケーションにしても、こちらの伝えたい意図が伝わらなく止まってしまう感じや、

 

 

 

相手の中にある思いがとどまったままで循環しない場合にもすっきりしないですよね。

 

 

 

体の中の様々な循環も滞りが生まれたときに様々な問題が出てきますし、人間関係でも一緒です。

 

 

 

家計でも経済でもそうですし、

 

 

 

どこかで循環しない関係性が生まれてくれば、それがストレスとなり、何かしらの歪みが生まれてきます。

 

 

 

歪みも何かしらの手段によって補われるのであれば循環していきますが、

 

 

 

歪んだ関係が終着点で固定していけば、様々な調子を狂わす原因となっていくと考えています。

 

 

 

様々な分野、ジャンルにも共通する最も大敵になる要素は何か?

 

 

 

と問われたときに僕は「無意識に発揮されたエゴ=自分と思い込んでいるイメージ」によって、

 

 

 

 

様々な循環が損なわれると考えています。

 

 

 

これ、国家レベルでもなんでもこのイメージから整理もできるのですが、

 

 

 

今回はセラピストの目線から整理をしたいと思います。

 

 

 

僕の持論ですが、セラピストが見ている観点によって、そのセラピストの世界は変化します。

 

 

 

クライアントの体をこちらが物体としての接点をもって接すれば、物体として反応します。

 

 

 

生命体として触れれば生命体として反応しますし、

 

 

 

エネルギーとして接すればエネルギーとして反応をしてくれます。

 

 

 

これも定義づけによりますが、

 

 

 

エネルギーの世界を感じようとすると、その世界は非常に早い動きになります。

 

 

 

セラピスト側の心がいついている(とどまっている)状態ですと、

 

 

 

かえって相手の動きを止めてしまうと感じています。

 

 

 

それを妨げる最大の弊害が、セラピスト自身が自分を”有る”と認識していることにあるのです。

 

 

 

施術を受けて体調が悪くなる、なんていうのはわかりやすい例ですが、

 

 

 

何度受けても症状が変わらない、なんて現象が起きている方も、

 

 

 

そういった世界観を無視した施術を受けている場合が多い気がします。(経験則)

 

 

 

セラピスト自身も自分の知っている世界が大前提なので、そーいうもんだと疑問にも思っていないかもしれません。

 

 

 

何よりも、治療をしてもよくなれない、変われない(と思い込んでいる)クライアントさんと出会った時、

 

 

 

セラピスト、は試されるなって思います。

 

 

 

相手の心をどこまで受け止めきれるのか?

 

 

 

もちろん、いうべきこと、やるべきことあります。

 

 

 

しかし、クライアントさんの中には自分の思いを受け入れてもらえず、分かり合えないところにいらっしゃる方も多くいるのでは、と感じています。

 

 

 

もっと深く相手と循環する世界に行くためには、

 

 

 

「自分を無くせる能力」が非常に重要になってくるなと感じています。

 

 

 

だけどこれ、無理やり無くそうとしても実は難しいんです。

 

 

 

エゴを無くす、なんていうと修行のようなイメージもくるかもしれません。

 

 

 

仕組みを知らずしてそれをやろうとしたら、それこそ我慢大会ですね笑

 

 

 

仕組みをわかってそのイメージを活用することができれば、

 

 

 

 

ただ、触れて離すだけでも、会話するだけでも循環を作れるなって、実践を通して感じています。

 

 

 

「自分も、自分が認識するこの宇宙も実在しない。」

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3057957/Are-living-HOLOGRAM-time-scientists-prove-strange-theory-true-realistic-models-universe.html#i-692eba98e8cba4cb

より画像を引用

 

 

 

(諸行無常もそうですが、虚無感を感じるのはナンセンスですからね!)

 

 

 

最先端の科学のイメージも活用しながら、それを日常生活とつなげられた時、

 

 

 

様々なことに活用することが可能です。

 

 

 

まず無意識に反応するエゴの仕組みを理解してみましょう。

 

 

 

直近で興味がある方は5月14日の大阪、講演会があります。

https://www.facebook.com/events/150409582140233/?ti=cl

 

 

 

 

講演会の中では公開セッションが行われます。

 

 

 

このセッションでは無意識の構造が「エンジン」のようなものとして理解をすることができます。

 

 

 

この無意識の構造。一言で言うと、人生の範囲を決定しているものです。

 

 

 

悩み、ストレスの根本原因にもつながってきます。

 

 

 

一人でも多くの方と共有したいと思っていますので、ぜひご紹介いただけたら嬉しいです。

 

 

 

僕も当日に開かれている体験ブースの一つのセッションブースにお手伝いとして参加する予定です。

 

 

 

大阪でお会いしましょうね。

 

 

 

それでは!

 

 

ご意見&ご感想&セッションの依頼について

perspective496@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日は午前中に神奈川の方とオンラインセッションをし、

 

 

 

 

お昼には今携わっている長期の人材研修のミーティングでした。

 

 

 

 

まったく異業種の立場も年齢も性別も異なるメンバーをまとめる塾長をやらせてもらっています。

 

 

 

3ヶ月前からスタートし、ちょうどセンターと塾長とが関わる最後のミーティング。

 

 

 

これからは各チームがそれぞれ習慣化に取り組みながら、継続してフォローをしていくことになるのですが、

 

 

 

この3ヶ月の感想として、

 

 

 

ある一つの集団が、共通の方向性を共有しながらアクションをしていくことの大変さを感じ、

 

 

 

主体性を作っていくこと、それこそ主体性に対してのイメージもバラバラな中でどのようにそれぞれのイメージを均一にしていくか、

 

 

 

というチャレンジがありました。

 

 

 

つい、僕自身がやってしまうのは、上手にお膳立てしたり、

 

 

 

うまーくアドバイスしてしまったり、

 

 

 

ゆだねきったり、任せきったりするのが苦手なこと。

 

 

 

だけど、道が見えないものに対して、動けと言われてもどう動いたらいいかもわからないものは、

 

 

 

協力することも難しいわけです。

 

 

 

 

リーダーシップの取り方、教育者としてのあり方、たくさん学びがありました。

 

 

 

 

その3ヶ月のテーマとして最終的に一つ見えてきていることは、

 

 

 

「習慣化」

 

 

 

です。

 

 

 

ほんの些細なことでもいい。

 

 

 

ちょっとでも毎日続けていることがありますか。

 

 

 

 

それを個人のレベルだけではなくチームで共有できていることはありますか。

 

 

 

 

実はこれって結構難しいことなんだなって、自分がチームを運営していて思いました。

 

 

 

 

ただ、お客様として扱うだけではなく、プロの教育者として、

 

 

 

どんな情報を相手に食べさせ、

 

 

 

どのように立場を共有しながら、お互いに成長しあうのか。

 

 

 

普段あんまりしない現在地のアウトプットなんかもしてみようかしらとチャレンジしながら、

 

 

 

日々悪戦苦闘中です。

 

 

 

3ヶ月の区切り。

 

 

 

そして、また新たな3ヶ月が始まる。

 

 

 

今年はとても大切な年です。

 

 

 

毎日を本当に大切に過ごしたい。

 

 

 

そう思った時間でした。

 

 

 

今から、友人の主催するイベントに遊びにいってきます。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ご意見&ご感想&セッションのご依頼

 

 

perspective496@gmail.com

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。