雑誌に掲載されました(*^_^*)


BABジャパン様 「セラピスト」誌


http://www.therapylife.jp/latest/2013/03/201337.php


特集記事 「施術力がもっと上がる!セルフコンディショニング術」


にて、「手」に関するケア方法についてお話させていただいております(*^_^*)





セッション・施術を受けたい方 『心+人生+リ・ハビリス』


http://ameblo.jp/achoct/entry-11082344392.html


メルマガ 「新しい時代の健康を創る 時代を治療する治療家 堀江直樹の挑戦」


登録は下記アドレスからご登録、または上のメールにてメルマガ希望でご連絡ください。


http://www.mag2.com/m/0001521130.html



堀江 直樹 facebook アカウント


http://www.facebook.com/#!/naoki.horie.7


友達申請お待ちしています!日常のつぶやきやおもしろ動画を投稿しています。。


テーマ:
9/11からの長期研修のアシスタント講師としての準備のため



9/3から韓国入りしています。




前回の記事で明日に書くと言っていながら続きが書けませんでした。




さて、前回記事では



歴史ツアーという話から




線でつなぐという話、




私たちの「今ここ」につながることが大事であるという話をしました。




常に私たちが今ここ、瞬間瞬間に使い続けているものは何でしょうか?




それは「認識」です




人間が5感覚の情報を集めて




編集デザインし、1つの意識体として統合しています。




その認識にフォーカスしたイベントが8/27に札幌の共済ホールでありました。

講演会には402名、懇親会には276名の方がご参加されました。



テーマはIT以降の新経済と新教育





最近ではAIの発達により、




20年後には様々な仕事がAIによって代替されていくといいます。
http://lrandcom.com/automation




人間の歴史はいかに生命としての安定と安心を作りながら




より自由度を求める生き方を追求してきました。




農耕の発達による定住の可能、




市民権の獲得、




様々なテクノロジーの発達により人間の外をどんどん開発してきました。





例えば車や船、飛行機の開発は多くの人を移動の自由度を高め、



PCの開発、インターネットの開発により、




世界中の様々な情報がどこでも手に入いるようになり、




スマートフォンの開発により、



コミュニケーションから情報の取得や発信まで、




そのスピード感は年々早く、




時代の波は大きくなっています。





現在では「インダストリー4.0時代」と言われています。
※インダストリー=産業革命




http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/spv/1606/24/news097.html
この記事にもある通り、インダストリー4.0の時代の特徴は全てがつながっていくことです。




Iot(インターネットオブシングス)の登場、



それを制御するAIの発達




最近では病気の診断にもAIが使われ、ある成果を納めたという記事がありました。



http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO05697850U6A800C1000000/
この記事を知っていますか?



当日のトークライブでも話題に上がりましたが、




僕が驚いたのはこの発見した人工知能がIBMのワトソンだということです。




ワトソンの動画をみたらわかると思うのですが、クイズ番組で答えるやつなどは有名です。








このワトソン、医学の専門的なソフトウェアではなくて、





汎用人工知能であるということです。



これ、様々なパートが代替されていく象徴だなぁと見ます。




一個の成功はコピーを産み、爆発的な発展につながっていくと考えます。




未来がどのように転ぶかはまだわかりませんが




ここに意識があるのと無いのとでは明確な差を作っていくと考えます。





講演会ではこのような時代の背景が話されながら、



北海道のもつ歴史的な背景や意義も語られ、




人間の知性を大きく越える知性が誕生するという歴史的なターニングポイントのなかで、




人間自体をいかにバージョンアップさせていくのか。




そのために新しい教育が必要だというお話がされていました。




人間の意思決定能力=認識をどのようにバージョンアップさせていくのか。




人間の意識と無意識の仕組みをコンピュータの0.1、デジタルと繋げて整理する教育コンテンツ




言葉を聞くと難しそうですが、




イメージ的には、0と1の2を活用して様々な物事を整理ができるようになるので凄くシンプルになります。




この領域の開発は世界中のどこの国も着目していない領域。




人間の無意識空間の開発を行います。




北海道の土地は開発開拓の土地であるからこそ、




新しい領域の開発開拓し、現実化していくミッションがあると考えています。




この文章を書きながら様々なことを思いますが、




私たちの今の時代は、




人と人とが本音で最大限循環しあえる社会を作れているでしょうか。




いかにインターネットオブシングスで全てが繋がり、




人間の意識空間とインターネットが繋がったとしても、




いじめや自殺、殺人や戦争は無くなるでしょうか。





人類全体の共通の危機限界があるからこそ、




それを道具にしていかに未来をデザインしていくのか。




そんな発信がされたイベントだったと思います。




僕自身、イベントの開催に向けて準備など手伝いましたが、




土地と出会うこと、人と出会うこと
様々なことを経験し、




とても勉強になりました。





北海道で出会った皆様には本当に感謝です。




また12月に行こうと思っていますのでそのときはどうぞよろしくお願いしますね!




僕自身も9/11から始まる3ヶ月の長期研修のスタッフを通して、




さらなるバージョンアップをしたいと考えています。





本日もお読みいただきありがとうございました。





ご意見ご感想
perspective496@gmail.com


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
既に9月に突入しましたが




8月の下旬から月末まで北海道に滞在していました。




今回は活動の報告なんかをしたいと思います。




普段、あまり経験しないようなことを経験したので書きたいと思いますね!





まず8月26日




北海道博物館での歴史ツアーを行いました
IMG_20160902_162306848.jpg
総勢23名の方が参加




人生初のツアーガイドでしたが、やった僕自身がとても勉強になりました
IMG_20160902_162306531.jpg





おいおい、セラピストなのにツアーかよ。。




なんて、いろいろ思う人もいるかも知れませんが笑




ただの歴史ツアーじゃないんです。




皆さんはご自身の生まれた土地の歴史や人物史をご存知ですか?




なかなか興味がないという人や知らないという人も多いはず。





自分たちのルーツをどのように思うのかって非常に大切なことだと思いませんか?




そんな歴史教育がうまくいかない原因にはいろいろな原因もあって、知らないことが悪いというよりもそうなってしまう理由をみていく必要があると思っています。




その原因の一つとして考えられるのが点を暗記するような形になってしまうこと。



自分とつながらない勉強だとやっていても面白くないですよね。



これは医療の教育でも似たところはあるのかなと思います。



歴史は線です。



点と点がつながり、線となっていきます。



だけど、この線のつなぎ方がわからないから、多くの人が困るのではないかと思います。




セラピスト目線で応えるなら、知識を習っても、線でつなげて自分のなかで体系化していくことが苦手な人も多いのかなー。




そこにこーいう歴史教育なんかも影響しているのでは?と考えています。




この歴史ツアーでは、物事を線で繋いでいくための根本的なイメージをベースにしながら、




今の自分たちにつなげながら話をしていきます。




北海道の開拓の歴史が今の自分たちにつながる。。ってすごくないですか?




道民の人が聞いたらめっちゃいいですし、道外の人が聞いても日本が見えてきます。




非常にパワーのある内容になっていて、様々な気づきや人生における示唆を得ることができますよー。



次回は急ですが明日にあるみたい。北海道近郊でお住いの方で興味がある人がいたらご連絡ください。。



perspective496@gmail.com





今日はさらに深く書いていきますね。




様々な情報や知識を活用するために重要な視点が




「今こことつながるのか?」というところにあると考えます。




歴史ツアーを今の自分たちとつなげられる理由はそこ。




今ここに使えない知識や技術であれば様々なことに応用することは難しくなりますし、




それぞれの知識が分離し、様々な条件で仮説が立てられることにもなるので部分の解析になりやすくなります。。




これは前々回ぐらいに書いた量子力学的な観点からみた新しい教育のヒントの話とつながってくる話です。




私たちの「今ここ」(Here & Now)に常に活用される仕組みとは何か?





そこでフォーカスするのが認識になります。




そんな認識にフォーカスしたイベントがその次の日にありました。




長くなってきたので、今日はここまでにしてまた明日に続きを書きたいと思います。




本日もお読みいただきありがとうございました。




ご意見ご感想はこちら
perspective496@gmail.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日、友達と話していての気付き






クライアントの心にどこまで寄り添えているのか




例えば病気でメンタルは保たれていても、




言語的なコミュニケーションが難しくなったとき、




どんな気持ちでいるんだろう




体の自由が奪われて排泄の世話を





伴侶や子供に頼るしかなくなったとき、





どんな気持ちになっていくだろう





障害需要とひとくくりにまとめられるところには





もしかするとただの諦めと開き直りであって




そこの涙をどこまで感じられるだろう





相手の尊厳を大事にするとはどう言うことなのか




クライアントの立場もあり、




介助者、医療者、それぞれの立場がある




それぞれがそれぞれの立場に立つだけでは融合は起こらない




それぞれの立場も語り




お互いに立場を変えられる




出会うと言う言葉





お互いの立場から出て会うということ





昨日の記事では考えや知識、経験なんかを絵ととらえ、その土台であるキャンパスに着目するという話をした




お互いのキャンパス=観点がどんな素材なのか、どんな大きさなのか、





人の心がどのように動きどんな解決の仕方をするのか



そんなことをわかっていると本当に相手への立場にたつってイメージが変わるなって思う




お互いが自らのキャンパスからも自由になって、




そこから共通の問題を見つめることができたとき、



お互いの現在地を認めあうことも、共に未来を考えることもできる




そんな関係を作っていきたい




問題意識の共有はこちらで
https://www.facebook.com/events/1106463576087595/




本日もお読みいただきありがとうございました。




ご意見ご感想
perspective496@gmail.com







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。