テーマ:

僕じゃないですが、プレイステーションVRをする仲間

これ、めっちゃやばいですよ。。

 

 

 

さて、前回記事では僕の人生とは切り離せない「怒り」をテーマに書きました。

 

 

 

思いの外、反応があり、感情の取り扱いって誰もが知りたいところなんだなぁと感じています。

 

 

 

今日はどこまで書けるのかわかりませんが、

 

 

 

僕のルーツとなる、ちょっと痛い僕の中学生時代の話なんかを赤裸々に書きながら笑

 

 

 

話をしていきたいなと思っています。

 

 

 

そういえば、この角度から僕の過去を人に話したことはあまりなかったし、

 

 

 

最近意識化できたことなので改めて書こうと思っています。

 

 

 

みなさん、中学生時代をどのように捉えていらっしゃいますか??

 

 

 

僕の中では「中二病」だった。

 

 

 

その一言につきる中学生時代でした。

 

 

 

 

思春期特有の正義感や社会との葛藤や摩擦に苦しむ、

 

 

 

典型的な中二病患者だったと思います。

 

 

 

こと、怒りをテーマに書くとしたときに、

 

 

 

中学生時代は怒りが収まらなかった時代だったということができます。

 

 

 

僕にとって、その当時に、俗にいう「ワル」と呼ばれるような子たち、筋が通っていればそれは認める対象になっていましたが、

 

 

それがなんとなくかっこいいからと迎合してワルになっているような奴らは全員死ねと思っていましたし、

 

 

 

集団の雰囲気とかに流されて、秩序を乱すやつとか、

 

 

 

もう本当に死ね!!って思っていました笑笑

 

 

 

最悪なのは自分のポリシーもなく、集団に流されるやつ。

 

 

 

 

とにかくそいつはワルだろうがまじめだろうがみんな死ねと強く思っていたのを記憶しています笑

 

 

 

そして、重症なのは、まじめな子たちに対しても、

 

 

 

こんな学校教育・暗記教育をしたところで、実学になりえるのか、現実に役にたつのかとか本気で考えていて、

 

 

 

そこにまじめに迎合して先生にへーこらしている奴らとか、

 

 

 

塾に通って点数取ることに集中してる奴らも全員死ねと思っていました笑笑

(ちなみに中学入学当初の成績はまぁまぁよかったですが、そんなスタンスだったので、徐々に落ちていきました笑)

 

 

 

うーん、死ねとしか思っていない笑

 

 

 

当時、自分の中の正義感が非常にあり、

 

 

 

ちょうど中二の頃に担任だった先生にノートに自分が感じる周りの学生や社会に対する問題意識を書きなぐって、

 

 

 

先生にそれを見せて、困る反応を見ながら、そこに優越感を感じるような非常にイタイタしい学生だったことを記憶しています。。

 

 

 

やばい。中二怖い。(そして、あとあと振り返って後悔するわけです笑)

 

 

 

自己啓発の本を読み始めたのもその頃ですが、

 

 

 

秩序を作るためには強制的な平和を執行するような必要があるんじゃないかとか、

 

 

 

 

ずいぶんファシズム的な思考になっていきました笑笑

 

 

 

 

こーいう話は大なり小なり、中二男子が通過する道なんじゃないかなぁと思いますが、

 

 

 

、、、、、まぁ、中学生の感受性って、非常に豊かですよね〜。(他人事)

 

 

 

 

さて、これだけだとただの僕の恥ずかしい話になって、

 

 

 

せっかくこんな恥ずかしい話を引っ張り出してきたのに、

 

 

 

思春期特有の反応だからしょうがないとか、

 

 

 

死ねとかいうのはよくないよとか、

 

 

 

勝手に思い思いに整理されても困るわけですよ笑

 

 

 

自分の中にここまで怒りが沸き立つルーツはなんなのか?

 

 

 

社会に対して、周りに対して憤るその自分のルーツはなんなのか?

 

 

 

それを知りたかったのです。

 

 

 

一つ、無意識のエンジンを発見するセッションを通して、

 

 

 

過去の家族との関係の中で、

 

 

 

強烈な決断をした瞬間があることがわかりました。

 

 

 

その瞬間から、僕の中で「世界は裏切るものだ」と結論づけられ、

 

 

 

世界の存在は僕の存在を完膚なきまでに認めさせるものとしてある、

 

 

 

という復讐の対象」として認識されるようになっていたことがわかりました。

 

 

 

その決断のパターン1個で、そのあとの僕の行動パターンはその一点を通過しながら、

 

 

 

同じパターンを繰り返していることがわかったのです。

 

 

 

このエンジン、結構ひどいですよね笑

 

 

 

内容は様々ですが、無意識のエンジン。人間には誰しもあるもの。

 

 

 

今、これを読んでいる皆さんにも一点に凝縮されるパターンがあります。

(来月からこの無意識のエンジンを発見するセッションを行っていきますので、ご興味のある方はご連絡くださいね。)

 

 

 

そして、これを自覚することは難しい。

 

 

 

 

何故ならばそれはあまりにも自分の大前提なっているからです。

 

 

 

 

または、このパターンに気づいても変化をさせることが難しい。

 

 

 

何故ならば、それを通しながら世界をみているので、パターンの外のイメージ自体がもてないのです。

 

 

 

この仕組みが、人間共通の脳の仕組み、存在の仕組みとつながって、

 

 

 

たったひとつのパターンとつながったとき、、、

 

 

 

見えちゃったものがありました。

 

 

 

過去のトラウマとかをみて、自分がどんなパターンがあるのかとか、

 

 

 

見える人はいると思います。

 

 

 

しかし、なぜ「怒り」が生まれるのか?

 

 

 

その源泉が説明できますか?

 

 

 

そのルーツがわからないから、怒りは自分にも向くし、相手にも向く、

 

 

 

その強烈なエネルギーを悪者にしやすいです。

 

 

 

怒りの因数分解に成功し、そのルーツとの関係性を理解したときに、

 

 

 

怒りそのものを道具にして自らの人生に活かすことが可能なのだなということが、

 

 

 

自分の経験を通して腑に落とすことができました。。

 

 

 

て、ところで、またこんないいところで引っ張るのかよ!!

 

 

 

とツッコミが起きそうですが、

 

 

 

次回はその源泉との出会いとつながったお話を書きたいと思います。。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

ご意見&ご感想&ご質問

perspective496@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日のテーマは「憤怒」→怒り についてです。

 

 

ということで、自分の中にある感情の源泉について書こうと思います。

 

 

 

さて、皆さんは「怒り」というものをどのように捉えているでしょうか?

 

 

 

イライラすることはよくないとか、ネガティブな事例として捉えることが多いんじゃないかと思います。

 

 

 

確かに、怒りのエネルギーは強烈で、イライラしてる人のエネルギーは漏れ出ますし笑

 

 

 

そんな人の身体を触ると矢印が自分に向いてるケースも多くて、大変そうだなーって感じることもあります。。

 

 

 

今まで僕と出会ったことがある方ならわかるかと思いますが、

 

 

 

通常、僕は人といるときはなるべく笑顔をします。

※韓国にいくとスマイリーに似てると言われます

 

 

 

なるべく「口角を上げている方がいい」という刷り込みがあるからです笑

 

 

 

まぁ、基本的にたいていのことは笑って流せるのですが、ここ数年で気づいたことは、

 

 

 

結構我慢してるということ。

 

 

 

人間関係とかでも秩序を乱す人が苦手で、文句をいう人がいたりとか、そのような場面や事例に当たると

 

 

 

イライラが漏れ出します。

 

 

 

そして睡眠時間が少なくなるとイライラしてきます。

 

 

 

友人からも、そのときの堀江のエネルギーは人を殺しそうとまで言われる始末でした笑

 

 

 

まぁ、それ相応に心理学からコーチング、キネシオロジー、スピリチュアル、前世なんかも見てますし、

 

 

 

無意識の階層を何枚破いていったのかわかりません。。

 

 

 

そんなこんなで、一般的に魂が喜ぶことなんかはたくさんやってきた自覚がありますが、

 

 

 

こーの湧き出る怒りがなんなのか。その源泉がつかめませんでした。。

 

 

 

だけど、

 

 

 

つい最近自分の『無意識のエンジン』を明確に掴むことができた瞬間があって、

 

 

 

そこには強烈な諦めが付随した怒りの決断だったことが発覚しました。

 

 

 

また、そのストーリーは次の機会にでも書きたいと思います。

 

 

 

「自分が作りだす世界」、言い換えれば「自分の宇宙」とも言えますが、

 

 

 

過去の決断の一点に固定されていることをわかったときに、自分の人生を手のひらの中にいれるように

 

 

 

シンプルに眺められた経験をしました。

 

 

 

しかし、わからなかったのは、その怒りがどこから来るのか?ということ。

 

 

 

確かに、自分の思考や感情、行動選択、関係構築のパターンが、

 

 

 

幼少期の体験も土台にしながら作られていくということはわかる。

 

 

 

しかし、なぜここまで怒るのだろうか。

 

 

 

その怒りのエネルギーの源泉がわかったとき、

 

 

 

それは自分の中で強烈なエネルギーとしてあつかえるんじゃないか。

 

 

 

そう思って、『怒りがどこから来るのか?』

 

 

 

この質問を携えながら、日々を過ごしていました。

 

 

 

明確な質問を持っているとそこに答えがやってくるんですね!

 

 

 

実は先週、その答えが完璧につながったんです。

 

 

 

 

僕が人生を通して考えていきたいテーマ。そんな話ともつながります。

 

 

 

 

と、いいながらいいところでその答えはまた明日にでも書きたいなと思っています。。

 

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

ご意見&ご感想&ご質問

perspective496@gmail.com

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はこんな記事をみての雑感を

AIで仕事はなくならない ―― なぜか過剰被害妄想の日本の本当の危機』



『情報』にたいする処理イメージが明確に変化する必要がある時代


複雑で大量な情報をシンプル化して取り扱う能力が育つこと


そしてたくさんの情報があるなかで人間が真に善となる道を紡ぎ出せる能力が育つことが重要であることを感じた。


意思決定の構造を明確化し、共有可能な意思決定構造があってこそ、


人の意見も融合し、新たなイメージが生まれてくる


しかし、現状では共有可能な意思決定構造は持ちにくいのではないか?    

それこそ、このままいったときに二極化は避けきれない。


情報を使う側、使えない側


もしかしたら、あえて非テクノロジーに回帰し、


使わない側という選択肢もあるかもしれない。


どちらにしても多様な階層の人が生まれていくなかで、


境界線は深刻化し、修復不可能なところまで時代が進んでしまうことも考えられるだろう
いずれはシステム全体がおかしくなるときが来るときがあるんだなぁと。


だからこそ、人間の情報処理、認識方法自体が変化する必要があり、その技術が必要になる。


体の健康も情報を処理できずに訴える症状もどんどん増えていくことが予測される。


うーん。面白い時代だなぁ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。