• 31 Jul
    • 2016年夏 熊野詣(7)

      熊野詣でも終わりに差し掛かっています。締め括りは大斎原にお参りします。 産田社  大鳥居両脇は一面の稲田。側溝にはきれいな水が流れ、小さな魚が泳いでいます。 音無川の河原の入口には通行止めの看板が立っていました。普段は河原に下りて川を眺めるのですが、今回は省略しました。 熊野本宮大社 旧社地 緑に包まれ明るい日が差しています。優しい雰囲気の場所です。 一遍上人の碑  来し方を振り返りますこの辺りは鹿が出るようです。今回は復路に飛行機を使ってみました。熊野本宮大社から南紀白浜空港まで2時間半のバス旅も車窓から眺めが楽しめました。 今回の旅では、熊野の神様に結婚などこの一年に起きた出来事を報告することができました。次は夫と訪れたいです。 

      8
      2
      テーマ:
    • 2016年夏 熊野詣(6) 番外編

      発心門王子から熊野本宮大社へ到着し、しばし休憩。     

      3
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 2016年夏 熊野詣(5)

      伏拝王子(ふしおがみおうじ)を目指します。 地元富士「百前森」です。  こんな看板もあります。 「ほんまもん」を観てみようかな。  果無山脈(はてなしさんみゃく) 昨年は十津川村に泊まり、果無山脈に登りました。今回は眺めるだけですが、また訪れたい場所です。  果無山脈の案内板  そうこうしていいるうちに、伏拝王子に着きました。11時前だったので、伏拝茶屋はまだ開店していませんでした。   ここには、和泉式部が和歌を詠んだ場所です。以前ここを訪れた時のことを書いた記事に、この和歌にまつわるエピソードを書きましたが この和歌は熊野権現の懐の広さを示すエピソードとして語り継がれたようです。 (参考: 和歌山観光情報ホームページより)  伏拝王子までくると、熊野本宮大社へは1時間ほどです。   歩幅の広い石段には上りもあります。 記憶というのは不思議なもので熊野から帰って1年も経つと私のお馴染の発心門から熊野本宮大社までのコースには下りしかないものと勘違いしていました。ルートのほとんどが平地か下りで、上りといってもきつい傾斜ではないためだと思います。  見晴台から大斎原(おおゆのはら)を望む ここまでくると、ゴールまであと少しです。  下っていきます。  住宅地に降り立ち、しばらく歩くと裏参道の終わり付近に祓戸王子があります。 祓戸王子 熊野本宮大社の参拝の前に、ここで身を清めます。 熊野本宮大社 裏参道の鳥居 前日と同じく、本殿を参拝しました。この日は参拝客で大賑わいでした。  参道の階段 表参道から参拝する人は階段に木陰があるのが嬉しいですね。   表参道の鳥居に虹が掛かっています。 (ブログを書いていて気づきました)   続く 

      13
      2
      テーマ:
    • 2016年夏 熊野詣(4)

      2016年7月4日 朝食は素朴ながら胃袋に沁みわたる優しい味の和食で少しずつ身体が目覚めていきました。温泉粥、温泉コーヒーが美味しかったです。コーヒーは柔らかい味でした。   宿の女将さんが宿泊客にクッキーを焼いてくれました。嬉しいですね。 予約の時に、電話が遠いのと私の滑舌がよくなかったのとで宿泊人数が「ふたり」と聞こえてしまったようで…すみませんでした。  宿を出発し、まずは熊野本宮大社へ向かいます。 本宮大社の前 快晴です。 ここで発心門王子(ほっしんもんおうじ)行きのバスに乗り換え30分ほで到着します。       発心門王子跡 発心門王子跡から熊野本宮大社まで、約7キロの行程を歩きます。     田んぼの稲の緑も鮮やかです。 この緑を観たくて来たのでした。  伏拝王子(ふしがみおうじ)へ向かう分岐点です 水呑王子(みずのみおうじ)  水呑王子(みずのみおうじ)から古道の石畳へ入っていきます。   続く 

      6
      テーマ:
    • 2016年夏 熊野詣(3)

      那智の滝の参拝を終えてから、路線バスを乗り継いで熊野大社へ向かいます。 トンネルを抜けると、これまでの市街地から一変、山と川だけの風景になります。この風景の変化が好きです。熊野川(新宮川)沿いに、国道168号線を上っていきます。  採石場なのか、雨で崩れたのかはわかりませんが山肌が出てしまっている場所があります。  バスのルート上に、この日泊まる予定の宿がありましたがチェックインまでに随分時間があったので熊野大社を参拝することにしました。 この路線バスのルートには複数のバス会社が入っておりバス会社により停車するバス停も少し異なります。バスの運転手さんに話をすると、龍神バスであれば、熊野大社から宿そばのバス停までの便が出ていると教えてくれました。 バスの運転手さん曰く、ここ数年、海外からの観光客が多くなかでもオーストラリアからの観光客が最も多いとのこと。いまは梅雨のせいか、少ない時期のようですね。 熊野エリアに来るたび思うことですがバスの運転手さんがみなさん親切で、土地に不慣れな人間には本当にありがたいことです。  熊野本宮大社 鳥居  熊野本宮大社 参道  祓戸大神(はらいどおおかみ) 参道の石段途中にある神社です。本殿をお参りする前に、この祓戸大神にお参りし、身を清めます。  神門証誠殿(しょうじょうでん)第一殿から第四殿まであるうちの第三殿で主祭神は家都美御子大神(けつみみこのおおかみ)です。 本殿は四つあり、参拝順序は三殿、二殿、一殿、四殿の順です。第一殿と第二殿は相殿になっています。   満山社  参拝後、茶房珍重庵で、かき氷をいただきました。なかに葛団子が入っています。  夕方近くなり、宿へ移動しました。この日お世話になったのは民宿 ゆの里です。湯の峰温泉の中心地から徒歩500m前後離れた下湯川(しもゆかわ)バス停のそばにあります。 宿の2回に良質の温泉があり、目の前の川べりにも露天風呂があります。  少し休んでから夕飯をいただきました。どれも本当に美味しいお料理で特に7月に解禁になったばかりの鮎の塩焼きは贅沢でしたね。宿のおばあさんが釣った鮎でなんでも鮎釣りの名人なのだそうです。    ・タコ飯と白飯・茄子の揚げ出し・山菜いたどり(別名「ごんぱち」「すかんぽ」)の煮付け・キュウリの酢の物・マグロの刺身・アユの塩焼き・手作り野菜の天ぷら・蒸かしジャガイモ 品数も多くどれも美味しいお料理でお腹も満たされました。特にタコ飯はタコのうまみがしみて絶品でした。  続く

      4
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 2016年夏 熊野詣(2)

      飛瀧神社(ひろうじんじゃ)に到着。熊野那智大社の別宮です。 飛瀧神社 鳥居 この鳥居の先に見える緑と木漏れ日が好きです。緑のなかの石段を降りていきます。    那智滝 滝には龍神様がいるといわれています。      拝所から瀧を望む 滝まで3メートルほど離れた拝所に水しぶきが霧雨のように降りかかってきます。この水しぶきに触れると延命長寿が叶うといわれています。霊験あらたかな滝です。 飛瀧神社に来たからには拝所で間近に滝を眺めたいですね。    拝所の手前からも滝を望む 飛瀧神社は那智滝自体が御神体で、本殿はありません。滝を拝みます。        日本三大名瀑の碑    来た道を振り返る   世界遺産の碑 「那智御瀧」 境内の石段脇では、14日の扇祭(那智の火祭り)の準備も進められていました。火祭り、一度は見てみたいですね。    セミノール 100% のみかんジュース酸味のきいた濃い味の果汁でした。  大門坂から那智の瀧までの散策時間は2時間程度みるとよいかと思います。  午前中の雨も止みました。これから熊野大社へ向かいます。 続く。 

      12
      2
      テーマ:
  • 14 Jul
    • 2016年夏 熊野詣(1)

      2016年7月3日 前日深夜に夜行バスで横浜を出発し、8時過ぎに那智勝浦町に到着。 那智勝浦町はいつも中継地のため長居をすることがありませんが、海もきれいで魚も美味しいので、別の機会にゆっくり滞在したい場所です。 那智勝浦町からさらにバスで大門坂駐車場前まで移動。    大門坂 この日は午前中に雨、午後から晴れの予想。傘を差しながら歩いている人もちらほら。   夫婦杉   多富気王子   熊野那智大社に向かう参道 この脇の売店で目にする那智石のお土産が気になっています。今度のぞいてみようかな。   那智山熊野権現 鳥居 高温多湿、拭うそばから汗が吹き出します。    また昇りです。   那智山熊野権現 社殿 白い服を着た皆さんが、お祓いを受けていました。   那智山 青岸渡寺 神社の隣にお寺があります。朝早くから大勢の人がお参りをしています。   那智山 青渡岸寺  青渡岸寺から望む那智山飛瀧大社(那智の滝) 那智の滝に向かいます。   続く

      6
      2
      テーマ:
  • 06 Jul
    • 今年の熊野

      一年振りに熊野に行ってきました。今回、帰路のみ飛行機を使い1時間で羽田に戻れたのは便利でした。ただ、熊野から南紀白浜空港までの移動と離陸までに約4時間を要するため日中の時間を満喫したいときには夜行バスが向いているように思います。実はマンションのトラブルにより旅中に地元の警察、警備会社、管理会社、在宅の夫、ご近所さんたちと連絡を取り合う事態に至り、ある意味思い出深い一人旅となりました。使用期限の迫った結婚休暇を使い夫を置いて一人で出掛けたのが災いしたのでしょうか。何はともあれ、近日中に旅日記を載せたいと思います。

      7
      2
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 7月

      6月は仕事の忙しさゆえに、あっという間に過ぎ去っていった感があります。7月は「いま」を意識して過ごしたいと思います。

      8
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。