• 24 Mar
    • グラチネ:いわしとトマトのグラチネ、アッシェ・パルマンティエ

      数年前、台所のオーブンを活用したいと思いグラタンの本を買いました。 グラチネ ~アツアツのグラタンを召し上がれ/成美堂出版 ¥1,050 Amazon.co.jp この本がなかなかの優れもの。 日本でグラタンといえばホワイトソースとマカロニの上に チーズが載っていて焼き目がついているものを指すのが一般的。 でも、フランスではグリルする料理はどれもグラタンに分類されるそうで この本ではフランスの発音に近い「グラチネ」という表記を用いて 料理系、デザート系のグリルを紹介しています。 ということで、先日グラチネを2品作りました。 いわしとトマトのグラチネ いわしが安かったので作ってみました。 ニンニク風味のパン粉、ローズマリー、オリーブオイルを掛けて焼いたもの。 下味の塩コショウを少し強めにしておくのがみそ。 ちなみに野田琺瑯のバットはオーブンも可で、重量も軽く手入れも楽なので重宝しています。 アッシェ・パルマンティエ マッシュポテトとひき肉の重ね焼き。 フランスの伝統的な家庭料理だそうです。 副菜はブロッコリーのタルタルソース添えと酸辣湯(スワンラータン)。 タルタルソースはニンニクをきかせたのが大正解。 酸辣湯、お酢の加減がうまくいって美味しくできました。 ご馳走様でした。

      20
      6
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 3年目の3.11

      3年目の今日、東京都内の職場で東日本大震災に遭いました。 対応に追われるなか、家族と彼の安否確認をしました。 彼は離れて暮らす娘の無事も確認できました。 その日は電車が動かず、都内在住の職場の人の自宅に泊めてもらい、 翌日午後に帰宅。 翌週明けの14日は運行を見合わせたJRに代わり 私鉄の始発電車で通勤しました。 その翌週から1週間程度、 本社(米国)が原発事故を懸念して東京都内の事務所への出勤を禁じるとともに 日々の業務を回すために必要な最小限のスタッフを 大阪で勤務させることに決めました。 私も大阪行きの一人で、 同僚たちと家族等と離れたことの不安を共有しながら 業務にあたりました。 あのころのブログを見ると、 食べ物の記事しか書いていません。 被災地で食糧が不足している状態で 不謹慎ではないかという思いもありましたが できるだけ普段と変わらない生活を続けたい、 できるかぎり普段通りブログを続けたい、 そんな思いがあり書きました。 それ以外に何を書いたらいいか、見当がつきませんでした。 あの地震で尊い命を失った多くの方々、 家族や大切な人を亡くした多くの遺族の方々のことを 改めて胸に刻みたいと思います。

      25
      テーマ:
    • 3年目

      黙祷。 3年前の今日、あの震災によりお亡くなりになった多数の方々の ご冥福を心よりお祈り申し上げます。 いまなお仮設住宅での生活など、 不自由な暮らしを強いられている方々が 一日でも早く落ち着いた生活を送ることができますように。 あの日のことを忘れない。 自分ができることを続けていきます。

      1
      テーマ:
  • 09 Mar
    • 子供

      さっきニュースで、『親ががんになったら子供にどのように伝えるか』を考えるシンポジウムを取り上げていました。米国から来日した医師で、自らもがんを患い自分の子供に伝えた経験のある女性が、次のようなことを言っていました。親ががんになったら、子供にもしっかりと説明をする必要がある。なぜなら、子供に説明しておかないと、子供はお父さんやお母さんの具合が悪くなってしまったのは自分のせいだと勘違いしてしまうから。親になった経験はないけれど子供であった経験はあるから、その医師の言葉の意味が実によく理解できました。子供は子供なりに、自分の持てる最大限の想像力を使ってお父さんお母さんのことを心配するんですよね。その医師の言葉がなぜかとても印象深かったのでその理由が何なのか考えていたら、思い当たることがありました。親ががんじゃなくても同じ。親が泣いていたり、悲しんでいたり、怒っていたりそんな様子を見るにつけ自分のせいなんじゃないかと自分を責める子供もいます。私がそういう子供でした。他に方法を知らなかったので自分の狭い世界のなかでそんな風にして帳尻を合わせていました。何だか、その女医さんのおかげで、ずいぶん昔のことを思い出しちゃいました。

      10
      2
      テーマ:
    • 念願のテーブル生活

      遂に、念願のダイニングテーブルを買いました。これまでの低い生活(ソファーとローテーブル)から一転、配膳も楽になりました。今後は、友人を招いても足の痛い思いをさせずに済みそうです。ちょうど配送の日が関東で数十年ぶりに降った大雪の翌日。IYEAの配送の人も、雪で車が坂を上れないなどご苦労を経て届けにきてくれました。ありがとうございました。

      1
      2
      テーマ:
    • 2月8日

      ちょうど先月の今日、2月8日が大雪だったんですよね。あの日は仕事で、雪による電車遅延を想定して6時前に家を出ました。8日朝の横浜駅周辺の様子行きは問題なかったのですが、帰りが大変でした。1時間掛かるところを4時間掛けて帰宅しました。運転見合わせ中の新橋駅にて。この後、社内に吹き込む風のあまりの冷たさに車掌さんがドアを手動開閉に切り替えてくれました。運転再開の目途が立たないとの放送があった直後の川崎駅京浜東北線ホーム。駅員さんが多数やってきて、雪かきが始まりました。JRのほか京急も運転を見合わせたため川崎駅周辺でビジネスホテルを探すもどこも満室、何とか路線バスで横浜駅に辿り着きました。横浜駅の地下街には、キャリーケースを携え夜を明かそうとする人たちの姿がちらほら。バス待ち中の冷えが原因で、風邪と持病の気管支炎をこじらせましたが自宅で寝られただけでもありがたい話だなと思いました。私の長靴を濡れないように胸に抱えて最寄駅まで迎えに来てくれた彼にも感謝。

      1
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 美容師さんとの再会

      あっという間に2月が過ぎてしまいました。例年と変わらず、ちょうど今が仕事の繁忙期で春先まで平日に不定休を取る日が続きます。通常は残業せずに定時までに仕事を片付ける(やむを得ぬ場合は早朝出勤する)ことを自分のルールとしています。ただ、毎年この時期は業務の関係上、外部要因による残業が発生するため残業をセーブできる状態にはありません。たとえ一時的であったとしても今後も自分が時間管理をできない勤務を続けていくべきなのかそもそも健康管理の面からも続けていけるのかどうかを問う自分もいます。色々な思いがよぎりつつ、周囲の人への感謝を忘れずに、せめて家で過ごす時間は心穏やかに、そんなことを心に留める今日この頃です。閑話休題。2月に嬉しい再会がありました。懇意にしていた美容師さんが産休を経て我が家の近くの店舗に職場復帰されました。お子さんが小さいため当面は平日勤務とのことでしが私が平日休みとなったおかげで、先日ようやく伺うことができました。久々にお会いして、施術すべてに変わらぬ安心感を得ました。お元気そうで嬉しかったです。

      14
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。