• 29 Apr
    • 『日本のいちばん南にあるぜいたく』(楠山忠之)

      日本のいちばん南にあるぜいたく ―不思議空間「八重山」から「もうひとつの日本」が見えてくる 楠山 忠之 私が八重山を訪れることになったきっかけは、カメラでした。 7年前、アナログの一眼レフで作品を撮る写真講座に入りました。 そこで出会った写真講座の講師が 沖縄、特に八重山に通って取材等を続けてきた方で 土地のいろんな話を聞かせてくれました。 その年の夏の終わり。 一眼レフとポジ、ネガのカラーフィルムを持って 初めて八重山の地に降り立ちました。 この本は、その旅の前後に読んだ1冊です。 八重山諸島の地理、歴史、祭祀をはじめとする文化について 実に細やかに、丁寧に書かれています。 1993年に出版されていますが、 内容はまったく色褪せていないと思います。 今も時折り読み返す1冊です。

      6
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 東京写真美術館にて写真展3本立て。

      2009年4月19日(日) 天気もよかったので、ぶらっと東京写真美術館に行ってきました。 最近、休日の都内はすっかりご無沙汰。 用事があれば、会社帰りの平日夜に済ませるようになりました。 でも、こうして美術館、写真などをゆっくり観たいときには 休日によっこらしょ、って感じで出掛けます。 やなぎみわ マイ・グランドマザーズ 若い女性が思い描いた「50年後の自分の姿」を撮影した作品群。 一番印象的だったのは、やっぱりこのフライヤーの写真です。 道楽息子風情の若い男の子が運転するバイク。 そのサイドカーに煙草片手に大口を開け笑う老女。 見た目にもビビッドでエネルギッシュ! 夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 Ⅱ.中部・近畿・中国地方編 この「夜明け前」シリーズは写美が長期的に取り組んでいるもので I は2年前に開催されているそうです。 今はもうこの世にいない古い日本人を、 現代に生きる私が眺めるというところにロマンを感じます。 今まで観てきた古写真の中に、 1人くらいは私の縁者がいそうな気がします。 特に根拠はないんですが... 東京都写真美術館の古写真の展示は 三井さんという学芸員の方が手掛けていらっしゃるようです。 その方のブログがこちら>> 別の企画展ではありますが、 以前三井さんによる古写真のギャラリートークに参加し、 企画展の狙いや思い入れ、写真に関する逸話などを聞くことができました。 ただ見ているのも面白いのですが、 説明を聞くと作品の受け止め方にふくらみができる気がします。 野町和嘉写真展「聖地巡礼」 ナイル川流域、エチオピア、高地チベット、南米アンデスの 聖地に関する写真群。 積雪のなかを巡礼者が進むチベットの写真は過酷でした。 スペインからフランスに続く サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(※Wiki) も テーマに取り上げて欲しいです。 いずれも5月10日(日)まで。

      4
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 泡盛『於茂登』(高嶺酒造所)

      沖縄は石垣島にある高嶺酒造所 の泡盛、於茂登。 2年前の八重山旅行で小浜島に行った とき 宿のご主人が帰りに持たせてくれたものです。 沖縄返還の年1972年に小浜島から本牧に移住し、 今は小浜の先祖代々の土地で宿をやって家督を継いでいる人。 桜木町、野毛、伊勢佐木町、新杉田界隈のお店に やたらめったら詳しくて。 まさか、小浜島でそんな人に会うとは思いませんでした。 その人が 「泡盛のなかで一番美味しいと思う!」 と言っていたのが、この於茂登。 この前友人が来たので、開けちゃいました。 泡盛、家では滅多に飲まないのですが、 これが美味しかった。 ホントに美味しかった! 泡盛、向こうで飲んだ方が美味しいと思い こっちで飲むことは滅多になかったけど これはいい!と思いました。 この季節、食料庫に泡盛を揃えることに決めた! 泡盛のラベルって鮮やかで綺麗ですよね。

      10
      テーマ:
    • 確かに涙もろいけど。

      上司が退職した翌朝、その上司から電話がかかってきました。 「今日休みますからー!」 と。 朝から泣かすのやめてください。 そういう冗談、ホントにやめてください。

      テーマ:
  • 24 Apr
    • 本当だった。

      上司(女性) が雑談中に、時々 「私は女優だから」 と口にすることがありました。 返しづらい冗談は困るなぁ、と内心思いつつ、 あー、とか、へー、とか かなり適当に流していました。 昨日はその上司の最終出社日でした。 机の引き出しを掃除している最中に、 上司が「記念に」といって差し出したチラシが1枚。 あるアマチュア劇団のチラシです。 ずいぶんと古いものですが、確かに上司が写っています。 「ね。舞台女優でしょ?」 本当だったんですね。 そんな一面があるということを知りもせず、 知ろうとも思わず、 仕事と割り切って付き合ってきた2年半。 よりによって最後に知るなんて。 最後って、何かしら後悔が一緒についてくる気がします。

      2
      テーマ:
  • 23 Apr
    • あると思います。

      私の所属する課が、事実上、解散することになりまして。 3人のうち、2人(上司と先輩)が 希望退職制度に応募してしまいました。 先週、今日と、羽ばたいていった2人。 見送る私。 最終日に渡すためのお花を手配し、 寄せ書きのカードを社内に回している私に対し、 声を掛けてくださる職場の人々。 「いやぁ、びっくりしましたぁ!」 何をおっしゃるやら。 わたし、あなたの100倍びっくりしましたよ。 「心の健康は、大丈夫ですか!」 同情よりも、酒を呉れ。 ということで、会社が変な?動きをしているあなた。 あると思います!

      4
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 野外フェス「World Happiness 2009」が待ち遠しい。

      友人のお誘いに乗って、今年、 World Happiness 2009 に初参戦の予定です。 野外フェスって初めて。 マット広げて、寛ぎながら楽しむめるっていいな。 日焼け覚悟で行ってきます。 ちなみに、今のところ、出演予定アーティストはこちら: Yellow Magic Orchestra、 ムーンライダーズ、 スチャダラパー、Chara、LOVE PSYCHEDELICO、 ASA-CHANG&巡礼、 mi-gu、 相対性理論 YMOの御三方、今年は HASYMO というクレジットではないようです。 ちなみに、6月は八景島シーパラダイスに Fat Boy Slim (Norman Cock)による 伝説の野外フェス、Big Beach Festival が上陸。 大沢伸一とRYUKYUDISKO(琉球ディスコ)も出演します。 こっちもいいないいな! でも、私はお財布の事情により World Happiness 1本に魂込めて楽しんできます。

      2
      テーマ:
  • 14 Apr
    • ジョグ・スパ (YOKOHAMA SKYSPA) が気になります。

      ある日の夜。 みなとみらいを走っていて 同じく走っている集団に出くわしました。 トレーナーのような人に先導されて みなさん、何だか楽しそう。 家に帰ってちらっと調べてみたら、 YOKOHAMA SKYSPAが主催している ジョグ・スパ という夜のランニング・イベントのようでした。 イベントは水曜夜の19時から21時。 初中上級に分かれた参加者を インストラクターが引率して みなとみらいから山下公園までのエリアを走るそうです。 スパ主催だけあって 走った後はスパやサウナが待っています。 (気持ちよさそう!) 普段だと定時退社しても開始間に合わないので 仕事が休みのときに参加してみたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 知人の結婚式でした。

      昨日、知人の結婚式がありました。 新郎がフィリピンの方ということで フィリピンの伝統的な挙式のスタイルを取り入れるなど 至るところに趣向が凝らされた式でした。 会場は日本語、英語、タガログ語が飛び交い (私は日本語しかわかりませんけど) 終始アットホームな雰囲気に包まれていました。 写真はカピス貝(和名: 窓貝)のボックス。 カピス貝は、窓ガラスのない時代に、中国やフィリピンなどで 家屋、船舶の窓に使われたそうです。 閑話休題。 思い返せば半年前、 この知人の式に呼ばれたことをきっかけに ジョギングを始めたのでした。 我ながらよく続いたと思っています。 これからもぼちぼち走っていきたいと思います。

      2
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 『シェルタリング・スカイ』(新潮文庫)

      ポール・ボウルズの『シェルタリング・スカイ』。 ベルナルド・ベルトルッチが映画化した際、 坂本龍一が音楽を手掛けたんですよね。 久々にamazonの中古本をチェックしたら 以前よりも値が下がっている気がして思わず購入。 何年か振りに再読して 主人公の夫婦の間にある虚無感と希望が やはり切なく感じました。 以前、新潮文庫より出版されましたが、絶版扱いに。 一旦は復刊されたようですが、 それ以降、復刊されたとの知らせはありません。 ボウルズの代表作だというのに! 書店の棚に並んでいてほしい一冊です。

      2
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。