• 26 Jul
    • 25歳の頃

      日付が変わったばかりのタイミングで、こんなメールが入った。 そう遠くない昔... achikoさんが25歳のときって、どんなこと考えてました? メールの主は、私よりも少し年上の男性。 当時に思いを馳せていたら、いつの間にか一時間くらい経ってしまいました。 で書いたのがこんなお返事: そうですね... 尊敬する人(仕事できる人)に認めてもらいたいと思っていました。 あと、いろんな意味で大人になりたいと思っていました。 実のところは、とんがっていて世間知らずな子供だったと思います(イタタタ、苦笑) って、●○さんの質問の答えになっていますか? 皆さんは25歳のとき、どんなことを考えていましたか? 追伸: 突然こんなこと聞いてきて... この人、25歳の女の子に恋してるんじゃないか、と睨んでます(笑)

      14
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 『世界報道写真展』

      7月17日(日) 於 東京都写真美術館 アルコ・ダッタ (インド、ロイター) 「スマトラ沖地震による津波で親族を亡くし嘆き悲しむ女性」(C) Arko Datta 毎年催される世界報道写真展に足を伸ばした。 毎年欠かさず観ているものの、 昨年は行きそびれてしまったのでリベンジ。 この写真展は前年に世界で起きた血生臭い事件から ホッっとする一コマまで、様様な写真をジャンル別に展示している。 ノンフィクションの写真に惹かれる。 どんなに衝撃的であっても。 どんなに胸が締め付けられようとも。 こちらがそれに目を向ける前に、 私の目の届かぬところにおかれてしまうのは落ち着かない。 私がそれに対峙して観るかどうかを決めたいから。

      2
      テーマ:
  • 23 Jul
    • カーテン

      昨春、この部屋にやってきたとき まだどんなカーテンを下げるか決めていませんでした。 カーテンは部屋の雰囲気作りにかなり大きな位置を占める。 そう思って妥協せずに気に入ったものを買おうと思っていました。 カーテン選びでイメージしていたのは、 「ドレープ(厚めの)カーテンの手前(部屋側)に オーガンジーの薄めのカーテンを重ねる」 ということ。 夜カーテンをひいたときに、 ドレープとオーガンジーのカーテンの 重なり具合、透け感を 部屋の内側から楽しみたいと思っていました。 カーテンの見つかる間は 家にあった古いカーテン(この部屋ではかなり寸足らず)や マルチカバーをカーテン代わりに吊るして、半月ほど生活しました。 そうこうしているうちにようやく出会いまいsた。 雰囲気、伝わるでしょうか。

      12
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 新しいことを始めるとき

      何か新しい物事を始めるとき。 失敗しちゃいけないとか 相応の成果を手にしなければと 色々考えて構えて力んでしまう自分がいる。 今日の仕事帰りのお酒の席で、ある人が話してくれたこと。 それをやったことでマイナスにならなければ とりあえずやってみればいい。 だいたいね。 マイナスになることなんてまれ。 ゼロのままなんてこともない。 万が一ゼロだとしても マイナスよりましでしょ。 私が大学院に行くのを決めたのだって こんな理由ですよ。 (※ 日本の大学院在学中に、米国の大学院にも留学している) 行って分かったのは 私は教授職や研究職に向いてないな、ってこと。 それが分かっただけでもプラス。 行ってなければ、教授職に対する憧れや夢を持ち続けたままだったしね。 (抜粋) ちょっと心が軽くなったかな、私。

      4
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 私の『涙そうそう』

      もう二年近く昔の話。友人に誘われて出掛けたゴスペルライブ。女性デュオが定番のゴスペルソングからゴスペル以外の曲まで、次から次へと歌い上げた。 うち片方の女性がソロで「涙そうそう」を歌い始めた。驚いたのが、その静謐でかつ豊穣な声。さっきまでのあの力強い声がこうも変わるものか。その声が、私の体の奥にある何かに柔らかく触れたような気がした。途端に、私の中で、何かが息衝いて止まらなくなっていった。それは涙という目に見える形に姿を変えた。もう自分ではどうすることも出来ず、歌が終わるまで、嗚咽を抑えるのに必死だった。 こんな経験は初めてだった。友人には、楽しい思い出で一杯だった一年前の八重山の旅を思い出してしまった、と説明した。それも確かに一つなのだけれど。 私の涙そうそうは、そのゴスペルシンガーの女性のそれなのだと今も思う。 mogmocoさんのサイトはこちら>>

      4
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 調味料バトン!

      maumeさん から頂いた調味料バトン。うっかり放置ナントカしてしまった、ぎゃふん。ということでまた意味もなくシャカリキに書いてみます。 【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか?薬味は含みません。 目玉焼き   → 胡椒 and 醤油 納豆      → ついているタレ 冷奴      → 醤油 or めんつゆ。これにごま油 or わさび添える 餃子      → 醤油 and 酢 and ラー油 カレーライス → そのまま or パルメザンチーズ or とろけるチーズ *おっと、とろけるチーズが調味料かどうかは微妙ですね... ナポリタン  → パルメザンチーズ or タバスコ ピザ      → タバスコ 生キャベツ  → マヨネーズ or ドレッシング トマト     → マヨネーズ or 塩 サラダ    → マヨネーズ or ドレッシング カキフライ  → マヨネーズ(タルタルソース) or ソース メンチカツ  → ソース or 醤油 コロッケ   → ソース 天ぷら    → 天つゆ とんかつ   → ソース and ねりからし ご飯(おかず無しの時)→ ふりかけ(ゆかりなどが大活躍) 辛いものはちょびっとなら平気です。 【Q2】 周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか? 意外かどうかは分かりませんが、カレーにパルメザンチーズ。なかなかです。 【Q3】 それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか? 中華そばに胡椒。 スキヤキに生卵。嫌いなわけではないのですが、まず卵なしのお肉を堪能し、そのあとの第二幕に卵を堪能したい。最初は肉本来の味を... あっ、いた、いたた、ごめんなさい、屁理屈はもうこねないから叩かないでぇ... ということで次に回す人を考えていたら30分も経っちゃったから今回はここで終わりにしますね。「私やってみたい!」という方がいたら是非バトンをつなげていってくださいね♪

      8
      テーマ:
  • 16 Jul
    • ケイト・モス

      女性誌をぱらぱらとめくっていたら CHANELの広告で気になる写真が。 よく見たらケイト・モス! 一年ほど前に写真展 で彼女のポートレートを観て以来、 自分でも意外に思うほど気になり始めました。 コケティッシュな表情にやられてしまったのだと思います...

      2
      テーマ:
    • 『ルーヴル美術館展』 (横浜美術館)

      先週金曜日、仕事帰りに横浜美術館 に寄りました。 「ルーヴル美術館展」を観るために。 館内は自分と同じような会社帰りの人が少なくなく、 週末の気を失うような混雑振りとは無縁。 ゆったりと堪能することが出来ました。 キリスト教にちなんだ宗教画や、 その当時の社会風俗を描いたものまで、 様様な絵画が展示されていました。   自分が生まれる前に確かに生きていた人がいて、 その人がこのような絵を残している、 そして今自分がそれを観ている。 こんなシンプルな事実に改めて感動します。 絵ももちろん素晴らしい。 衣擦れの音が聞こえてきそうな、繊細な筆遣い、 一体どうしたらこんな風に描けるのか不思議でなりません。 油絵にあこがれて高校時代で始めたものの、 少々かじった程度でやめてしまったので 専門なことは分かりませんが、やっぱり好きですね。 実はその前の日曜日、朝開館直後を狙って訪れたところ、 桜木町からは人がどんどんやってくるわ、 美術館裏にツアーバスがどんどこ到着するわで、 正面玄関前にはすでに長蛇の列。 (当日券を買う場合、そのために一度並び、今 度は入場するための列に並び直すのです) 泣く泣くあきらめて帰ってきたことがあったのです。 その行列、目視確認レベルで、優に200人(苦笑)... その際、係りの人に比較的空いている時間帯を しっかり教えてもらってきました。 それが、「金曜日、土曜日の18時~20時」でした。 この三連休で終わりなので、 普段にも増して混雑すると思います。 雨に降られないとよいですね。

      10
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 箸置き

      前から気になって気になって仕方ありませんでした。 とうとう我が家にやってきました。 同じ色のものでも、一つ一つ形が微妙に違います。 同じ種類のものでなくとも デザイン・色・形の異なるものが食卓を飾ったら楽しい。 気に入ったものがあったらまた買い足そうと思います。

      16
      テーマ:
    • 旬のものを食す

      ささいなことではありますが、 旬の素材を食卓に登場させるって、楽しいですね。 一人暮らしの食生活は 食べ慣れた食材ばかりを使った お決まりのレシピが多くなりがち。 平日の夕飯、土日の食事は自炊で お料理本やレシピの記事等を参考にはしているのだけれど。 そこで、最近は旬のものを買って インターネット等でレシピ調べて料理するようになりました。 すると不思議や不思議。 一人の食卓に季節感が加わって 思った以上に豊かな食卓になるのです。 今日の旬のもの: 初物の白桃

      6
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。