とろとろひとりごと

東京から高知、そして愛知へと流れてきましたヽ(ΦωΦ)ノ
住めば都。どこでも楽しくやってます♪
いろいろテキトーなことを綴っているブログです(笑)


テーマ:
さて、しばらく間が空いてしまいましたが、
忘れてしまう前に記事を書いておきます(^^;)

革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)
革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)

何度も登場しているこの本(笑)
決して回し者ではありません。
こちらの本の中で作り方を説明している、
ラウンド型のカバンを作ってみました。

$とろとろひとりごと-1

まずは、本の型紙をコピーし、
革のハギレにあてて切り出します。
型紙にはあける穴の位置も書いてあります。

$とろとろひとりごと-3

そして、今回は少しだけ道具を用意しました。
右から木槌、カッター(オルファのカッターはよく切れる!)、
穴あけポンチ(1ミリ)、目打ち。

木槌と穴あけポンチはホームセンターで購入。
穴あけポンチはどこで買えばいいのか悩みましたが、
ホームセンターで売ってて意外でした。

$とろとろひとりごと-2

型紙から切り出したら、
次は針を通す穴を穴あけポンチで打ちます。
ホームセンターで一緒に買った台のようなものの上に
革を置き、穴あけポンチを垂直にあてて
木槌でコンコンと叩きます。
力が弱すぎると穴が開かないし、
強すぎると予想外に大きな穴になってしまうので、
加減は適当にやってみるとわかってきます。
ちなみに、穴の位置がばらばらにならないよう、
革の上に型紙をマスキングテープなどで留めて、
型紙ごと打ち抜くと良い感じです。

なお、木槌でコンコンやると、
場合によっては振動でいろんなものが落ちてきますので、
お気を付けください。今回は、
作業机の横に飾ってあるハムスターが落ちてきました。
つぶらな瞳がかわいいです。

$とろとろひとりごと-4

$とろとろひとりごと-5

こちらがすべての材料に穴をあけたところ。
地道な作業です。

$とろとろひとりごと-7

いよいよ組立作業に入ります。
まずは、カバン本体とタブ(留め具になる部分)を縫いつけます。
本では、カシメを使用してますが、カシメがなかったので、
チェコビーズの4ミリを針と糸で縫い付けました。

$とろとろひとりごと-6

次に、本体とマチ部分を縫い付けたら、
持ち手部分を縫い完了です。

$とろとろひとりごと-8

切りだず部分が少ないので、
割と簡単に完成したラウンド型のカバンです。
針を通す穴を、穴あけポンチを使用してあけたので、
楽にできました。目打ちでちまちまやるのは、
おススメできません。
木槌と穴あけポンチでコンコンやるのが良いと思います。


では、完成したものたちをディスプレイしてみました。

$とろとろひとりごと-カバン1

こちらはキットにあったカバンと同じものを、
型紙から打ち出して作りました。
持ち手には、メタルパーツのハートをつけてみました。

$とろとろひとりごと-カバンクツ2

左奥から、ケロロ軍曹。手前はタママ二等兵、
右はギロロ伍長です。


$とろとろひとりごと-ディスプレイ

100円ショップで見つけた、
ディスプレイ用のケースに並べてみました。
それなりに見えますね(*^ω^*)
革小物制作はなかなか手間がかかりますが楽しいです。
いかに歪まずに型紙から切り出せるか…が
ポイントだと思います。

以下の記事も合わせてお読みください。
初めての革小物制作―カバン編
初めての革小物制作―ブーツ編

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は先日制作した革小物-カバン編に続いて、
ブーツ編をお送りしたいと思います。

使用したキットはこちらです。
革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)
革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)

さて、キットの内容はこんな感じ。
$とろとろひとりごと-13

中身。当然ですが、左右1足づつ入っています。
革にはすでに針を通す穴が開いています。
$とろとろひとりごと-1

まずはキットの説明に従って、バックルとベルトを取り付けます。
裏側で糸を結ぶんですが、糸が細い場合、針を通す穴から
抜けてしまうので、結び目をたくさん作ってボンドで留めた方がいいかも。
バックルとベルトを取り付けるとこうなります。
$とろとろひとりごと-2

靴の側面を縫っていきます。縫い方は往復縫いというやり方です。
つまり、普通の縫い物をするように並縫いをして、
端まで行ったら最初に戻ってくる…という感じです。
写真は、下から上に向かって縫って、また下に戻ってくる途中。
$とろとろひとりごと-4

両足分を縫ったところ。
$とろとろひとりごと-5

今度は靴底と靴先を縫い付けます。
$とろとろひとりごと-6

こちらは縫い付けた靴底。
$とろとろひとりごと-7

靴底と靴先を縫い付けたら、水に2分ほど浸します。
すると革が柔らかくなるので、水から出して靴の形を整えます。
ちなみに、古い革の風合いを出すために水に浸して癖付をするという
ウォッシュ加工という方法があるそうですが、
革の素材によるかもしれませんので、お確かめください。
$とろとろひとりごと-8

形を整えたら靴先にちょびっとだけ丸めたティッシュを入れます。
たぶん硬い方が形を維持しやすいため、綿でなくティッシュなのかな。
$とろとろひとりごと-9

靴底と側面を縫いつけます。
縫い付ける穴を間違えると、ずれてしまうので、
キットの説明をよく見て穴を間違えないようにします。
 …はい。自分は穴をずらして縫ってやりなおしました。
最後に、靴底にカカトをボンドでつけます。
$とろとろひとりごと-11

バックルにベルトを入れたら完成です。
バックルが小さいので、ベルトの先端の裏側を少し削るとよいかもしれません。
$とろとろひとりごと-10

キット付属のカバンとブーツ、
これで完成です!
$とろとろひとりごと-12


今回初めて革小物制作をしました。
カバンは簡単でしたが、ブーツはちょっと難しいかも。
縫う穴を間違えると靴底と側面がずれるから(^^;)

ちなみに、本屋さんにいくつかキットがありましたが、
この本のやつは革に穴が開いていたので作りやすかったです。
革に穴が開いていないキットもありましたが、
柔らかめの革でも、穴なしで針を通すのは結構大変じゃないか?
とか思います。また、専用の道具があれば、
穴をあけるのは簡単ですが、なければ目打ちでも穴をあけられます。
ただ、すげー大変ですが!!

なんか、穴のことばっかり言ってるな(^^;)

ということで、練習にまずはカバンを作っています。
キットのは作ってしまってもうないので、
革のハギレに型紙を当てて切り出し、
自分で穴をあけて作っているわけで、
そりゃぁ、初心者ですから穴あけが大変なわけで、
それであなあな言ってるわけです。

では、新たに出来上がったカバンは後日UPするということで、
ブーツ編は終了したいと思いますw

こちらもどうぞ。
初めての革小物制作―カバン編
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日初めて、革小物制作をしてみたのですが、
ついでなのでサイトのコンテンツとして
記事を書き、該当記事をリンクさせてみました。

こんな感じ。

サイトのトップページがあまりに寂しいので、
何かほんの少しだけ有益なコンテンツを
増やせないかと考えた次第です。
そしてあわよくば少しでも、
サイトの集客につなげたいというコスい考えですw

さて、
前回の記事はカバン編でしたが、
ブーツの方も写真撮影しながら制作しました。
記事はまた後日書きます(^^;)

革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)
革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)

ちなみに本は↑。
付属のキットを2つ作ってしまったので、
家にあった革のハギレでカバンを2つ作ってみました。

$とろとろひとりごと-1

真ん中のがキットの奴。
左と右が自分でハギレをカットして作ったものです。
やっぱり革はなかなか大変ですね。
針を通す穴をあけるのに、目打ちしかなかったので、
目打ちでちまちまあけてたんですが、
革の材質によってはあけにくくて、
左手の甲がめちゃくちゃ痛くなった。

$とろとろひとりごと-2

ブーツはキットのものを1足完成させましたが、
縫う穴を間違えてズレてしまうわ、
結んだ糸がほどけてやり直すわで、
えらく時間がかかりました(^^;)
これは簡単なカバンで練習してからじゃないと、
材料の切り出しからつまずいてしまいそうです。

そんなこんなで、革小物制作。
ちょっと楽しいかもしれません。
実用的なものというよりは、
ミニチュア的なものの方をやりこんでいきたい感じ。
なので今日はホームセンターで少しだけ道具を購入。
木槌と1mmの穴あけパンチと、穴をあけるときに台にするやつ。
一気にそろえるとお高いし、
ホームセンターではそろわないものばかりだし、
この3点があれば、革に針穴をあけるのが、少し楽になりそう。

とりあえず、当分の間は、
カバンを量産してコツをつかみたいと思います。
ビーズはどうした?という突っ込みはなしで(^^;)

ちなみに、カバンとブーツの大きさがわかるよう、
ケロロ小隊のみなさんに来ていただきましたw

$とろとろひとりごと-3

左奥-ケロロ軍曹
右奥-ギロロ伍長
手前-タママ2等

…まったく参考になりませんかね?ククク
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミニチュアの革小物、最近よく見かけますよね。
前々から気になっていたのですが、
革となると道具がいろいろと必要になるし…

ということで、二の足を踏んでたのですが、
本屋さんでキットを発見したので、
試しにやってみることにしました!

革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)
革で作るミニチュア小物&雑貨たち (レディブティックシリーズno.3603)

必要な道具は、針が2本、刺繍糸など好きな糸、ハサミ、ボンド…

これくらいあればとりあえずはできますので、
さわりだけでもやってみたい!という、
何か作りたいけど、ビーズアクセサリー作り以外は
ド素人で縫い物苦手なんですーって方にはおススメです(笑)

さて、キットの内容はこんな感じ。

$とろとろひとりごと-1

カバンの材料となる、
革1枚、マチ2枚、持ち手2枚、
鍵チャーム、丸カン2個が入っています。

材料の革には、すでに針を通す穴があいています。
自分で型紙から起こして作るときは、
「目打ち」や「菱目打ち」などを使って
針を通す穴をあけるみたいです。

本には、「トコノール」や「スリッカー」があると
なおよいとのこと。
「トコノール」を革の切り口に塗って毛羽立ちを抑え、
「スリッカー」を使って磨くと切り口が綺麗になるそうです。

ま、今回はないので、毛羽立ちをハサミでちまちまカット。

$とろとろひとりごと-2

結構くずがでますね(^^;)

下準備が整ったら、まずは持ち手から縫います。
本格的な革製品なら糸はロー引きの物を使うようですが、
ミニチュアなので、そんなに気にしなくてもOKのようです。
今回はベージュのミシン糸(#60)を2本どりで使いました。

$とろとろひとりごと-3

持ち手を取り付けたところ。

次はいよいよ、本体とマチを縫い付けます。

$とろとろひとりごと-4

ここからが初めての縫い方!
針を2本使います。糸が2本どりなのでややこしいですが、
糸の両端に針を通して写真のようになります。

2本の針で縫うのは「平縫い」といい、
レザークラフトでは一般的な縫い方のようです。
また、布を縫う時と同じように並縫いをして、端まで縫ったら
折り返して隙間を埋めるように縫う「往復縫い」という
方法もあります。

$とろとろひとりごと-2

そんなこんなで、それほど大変なこともなく、
丸カンでチャームをつけたら完成。
針の通りが悪い時は、ペンチで針をつかむと
楽に抜けます。

$とろとろひとりごと-1

マチの部分はこんな感じです。

思ったより簡単にできました。
ま、準備万端のキットだから、
できて当たり前なんでしょうけど(笑)

出来上がり具合をバズに試してもらいました。

$とろとろひとりごと-2

いい感じのようです♪

キットにはもう1つ、ブーツのセットもあるので、
また作りたいと思いますヽ(ΦωΦ)ノ

こちらもどうぞ。
初めての革小物制作―ブーツ編
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。