とろとろひとりごと

東京から高知、そして愛知へと流れてきましたヽ(ΦωΦ)ノ
住めば都。どこでも楽しくやってます♪
いろいろテキトーなことを綴っているブログです(笑)


テーマ:
とあるメルマガの書評を読み、
相方が興味を持ったので
アマゾンにて注文。

とっても良かったらしく、
嫁よ読めとすすめるので(^^;)
久しぶりに小説以外の本を読みました。
こちら。

上京物語 僕の人生を変えた、父の五つの教え/喜多川 泰
¥1,470
Amazon.co.jp
まぁ、いわゆる一種の自己啓発系の本ですが、
これが一風変わった、ストーリー仕立て。


前半は、とある若者が理想の人生を求めていくお話。

主人公は、成功を夢見て上京し、大学を卒業。
希望を抱き社会へと出たものの、
自分が思うサクセスストーリーは何一つ実現しないまま、
老齢を目前に後悔する…というもの。

物語としては何の盛り上がりも無く、
奇跡の展開もない。むしろ、
若干哀愁を誘うような…
というか、もう、リアル過ぎて泣けてくる感じ。
そう。その通りだよな…と肩を落とす場面もしばしば。

そして、後半は、
その物語を読んだ青年の視点から始まります。

その物語を書いたのはその青年の父親でした。

父親は、大学進学で東京へ向かう息子のために、
父親として伝えたいことを、1つの物語として贈った。
そして、この物語の主人公のように
ならないためにはどうするべきか。
幸せとは?成功とは何か?
それを~5つの教え~として、
手紙の形で伝えていく、というものです。

なかなかどうして。
現状とリンクする部分もあり、
かなり共感して読むことができました。
相方が、そうそう。と言いながら没頭して読んでいた
気持ちがよーくわかりました。

最終的に、成功者になるためにどうすればいいか?

この答えが(答えってわあけじゃないけど)、

「本を読め」

ということだったのが、なんか凄くカクッてくると同時に
その通りですな。とも思ったり。

(本はたくさん読んでるけど成功者とはいえないあたくし。
読んでる本のジャンルが問題か?(^^;)
っていうか、世間で言う成功者ではないけれど、
この本を読んで、自分は成功者だといえるかも
しんないな。ウフ)

まぁ、この本は人に薦めてもいいなと思える本でした。
特に、若者。これから将来何をしたいか漠然としか
考えていない若者に読んでもらいたいと思います。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
稀代のストーリーテラー、スティーブン・キング。

ホラー作家とお思いの方も多かろうと思います。

しかし、そんなことはございません。

青春群像小説なのかな?かの有名な「スタンド・バイ・ミー」も、

感動巨編の「グリーン・マイル」も、

オチで突っ込みを入れたくなった「ミスト」も、

スティーブン・キングの作品なんですよ。

…ま、「ミスト」が一番キングらしいかもしんないがな!

霧の中に化け物がいて、みんなを襲うという展開だし!

そんなベタな展開が好きだけどな!

…ま、「ミスト」は置いておいて(^^;)


キングの小説は、長編になればなるほどのめりこめます。
キングは短編がいい、なんて声も聞かれますが、
あたくしは断然長編派です。
長編になればなるほど、登場人物の描写が精緻で、
その人物のそれこそ生まれた頃から現在までのさまざまな
エピソードがストーリーに織り交ぜられ、過去と現在が交錯しつつ、
現行のストーリーが展開していくのです。
これで登場人物に感情移入できないはずがありません。
…印象的なエピソードを何度も繰り返して主人公に語らせたり
するなど、若干しつこい部分もありますが、それはそれで
キングの読者をとりこむ手法のようで、まんまと罠にはまります。

さて、キングが出版している小説で長編ものは幾つかあります。
「ザ・スタンド」全4巻(割と厚め)
「ドリーム・キャッチャー」全4巻(薄め)
「ダーク・タワー」全16巻(キャッホー)
はい。すべて読みました(^^;)

そして最後の長編もの、
「IT」全4巻(割と厚め)
をちょいと前に読み終わってしまった。

もうキングの長編はない…あぁ、もう何巻も何巻も続けて読める
小説はないんだ!!と、失意のあたくしでしたが、
「IT」の続きの世界、同じ舞台を題材とした小説を読み始めました。
それがこちらです。
不眠症 (下)/スティーヴン キング
¥3,150
Amazon.co.jp
「不眠症」上下巻(全2巻)

ハードカバーの重たさにもめげず、
毎朝夕通勤時間に読みました。
中身は二段組で、上下巻。
文庫本にしたら、4冊分はあったんではなかろうか?

「IT」は主人公たちが子どもだった時代の過去の冒険と、
大人になった現在、子ども時代に遣り残したことをなす、
というお話でした。
一方「不眠症」は、老人たちのお話です。
老いと、迫り来る死と、若かりし頃よもう一度、というのが
テーマのような感じです。
静かに、淡々と進んでいくストーリーが、だんだん躍動していき、
その頃にはもうお話の虜になっています。
キングにしては?!なかなかよい後日談も描かれており、
読後感は大満足でした。

これでホントに、キングの大作は読みきってしまった。
辛うじて上下巻2冊の文庫本1組と、
上下巻2冊のハードカバーが1組あります。
それを読んだら、あと読んでないキング作品は
短編のみとなってしまいます。

あぁ、非常に残念でなりません。
もっとたくさん書いてくんねぇかなぁι(´Д`υ)




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日記連投もこれが最後ヽ(ΦωΦ)ノ
今度は本の話w

今日は病院だったため、待ち時間に本を読みました。

いつものことですが(^^;)

で、最近読んでいたのは

スティーブン・キングの『骨の袋』

えぇ、キングですよ、キング!

上下巻の下巻、半ばまで読んだあたりで病院終了。
ちょうど物語りは佳境に入り、
続きが気になる気になる気になる!!

ということで、帰ってから2時間とっぷり読みふけり、読了。

最近読んだキングの長編ものの中ではちょっと異色?
幽霊がらみのお話でした。
そしてキングにしては珍しく?でもないか(^^;)
ハッピーエンドでございましたヽ(ΦωΦ)ノ

さて。次に読むものは何とか手に入れておきました。
『アトランティスのこころ』と『第四解剖室』
前者は上下巻、後者は短編集。

短編集はあまり好きじゃないんです。
長編だと登場人物にのめりこみやすいですが、
短編だとそうでもないし、特にキングは微妙なお話が多いし。
キングの醍醐味は、緻密なディティール、
それぞれの登場人物の人生や感情表現にありますから、
短編だと、登場人物のバックボーンがあまり語られないのでは?
という危惧が…。まぁ、短編はあんまり読んだことがないから
そんなことないのかもしれないけど。

ということで、とりあえず、明日の通勤時間は
『第四解剖室』の方を読みはじめたいと思います。

『アトランティスのこころ』はあらすじを読んだ限りだと、
あんまり引き込まれるものはない(^^;)
でも、もうキングが手に入りません(;´Д`)
読んでない本はアマゾンのマーケットプレイスで
探すしかない…

とりあえず覚書。
今のところ読んだキング。

『ダーク・タワー』全シリーズ
『セル』上・下
『呪われた町』上・下
『ドリームキャッチャー』1~4巻
『デスペレーション』上・下
『デッド・ゾーン』上・下
『ブラック・ハウス』上・下
『回想のビュイック8』上・下
『骨の袋』上・下

…うーん。
まだまだたいして読んでないことが判明だな。

今一番読みたいキング。
『IT』

…探してもやっぱり店頭にはどこにもないのよね。
アマゾンか…4巻まであるから面倒だけど、
そろそろホントに注文しないとな。
でも、『IT』はホントに読むのが楽しみなので、
まだまだとっておきたい気もする。

…一気に読んでないキングをアマゾンで注文して、
本棚にコレクションするか!!

とか夢想したりする…アハハ

でもさ、そんなことしちゃったら絶対読み続けちゃうだろうし、
これからの人生、キングを読みきっちゃったら、

何を読んだらいいのさ(´・ω・`)


伊坂幸太郎があったか…(^^;)

いや、今はキング脳がとけないから…

ごめん。

キング脳は一昨年から続いてるよ…orz

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
読み終わりました。
スティーブン・キングの「ザ・スタンド」全4巻。

あぁ、読み終わってしまった…(;´Д`)

今日はもう最終巻の半分以上を過ぎており、
会社帰りの電車の中でむさぼるように読んだ。
ホントなら、来週の出勤時の楽しみに取っておくところ
なのですが、
もう、クライマックスなんだもん!!
帰宅してからご飯も食べずに読み続け、
途中で本を持ったままご飯を温めて…

あぁ、今日の相方のお昼用に用意していたご飯。
多くて食べ切れなかったんだって。
だから残ってたの。それを食べたの。楽ちんだったの。

で、ご飯を食べながら読み、
煙草を吸いながら読み、
とうとう最後まで読みきってしまった…。

あぁ、なんという感動!
言葉では表せません…。
だって、ネタばれしちゃうもん。

ってか、キングを読む人を見た事ないけど…身近には皆無。

おもしろいんだけどなぁ。

人物描写がたまりません。
微に入り細に入り、丁寧に書き込まれた登場人物たち。
主人公だけじゃありません。それをとりまく人々も
それこそしつこいくらい細かく書いてる←それを嫌う人が多いかな?

で、登場人物に感情移入したところで、
彼らはあっさり死んだりするんだけどね(´・ω・`)

えっ!そこで死ぬん?こいつそこで死ぬん?
とか多いです。
でも、ストーリーの展開上は必然かなぁ。

まぁでもしかし。
キングはおもしろい。
稀代のストーリーテラーですね。

まだまだキングで読んでない本はあるので、
あちこちから発掘して読みつくしたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
このところ毎週水曜日は病院の日になってます。
めまい症のために耳鼻科、
腰痛のために接骨院。

そもそも、毎週水曜日の仕事を休みにしたのは、
病院通いするためじゃなかったんだけどなぁ(^^;)

えっと、家事と仕事が両立できなくて、
体調壊す日々が続いたから、
春くらいから土日のほかに水曜日も休みにして、
週休3日で仕事してますw
まぁ贅沢ヽ(ΦωΦ)ノ

っても、洗濯・掃除(さぼりぎみ)・炊事・買い物と、
やることはいろいろあるし、
なかなか休み~って日はないものですが、
そこらへんは相方も気を使ってくれて、
体調が悪い日なんかは、

「今日は寝てなさい。命令です」

とか言うわけですよ(^^;)

まぁ、最近は毎日ちゃんと薬も飲んでるし、
疲れたら休憩するように気をつけているので、
めまいに襲われることはなくなりました。
仕事中に睡魔に襲われることは昔からですが(^^;)

腰の方も最近調子がいいです。
神経痛が入ってるから、
油断しないようにと先生からは言われております。
でも、先週からは調子がいいので、
鍼治療から電気に変わりました。
予防のため、週1で電気は通うように、とのことで。

いやぁ、ほんと、
人間からだが資本ですなぁ。まったく。
でもさ、睡魔には勝てないんだよねぇ。まったく。
1日3~4時間寝ればOKって人がたまにいるけど、
うらやましい。うらやましいったらありゃしない。
あたしゃ1日最低7時間は寝ないとダメだし、
ホントは8時間寝たいところだけど、
なかなか時間がなくてねぇ。
下手にお昼寝すると夜眠れなくなるお年頃だし(^^;)
って、昼寝する時間は無いけどね←仕事中は居眠り!

めまいの方は調子がいいから、来週あたりで通院は
終了するかな?とちょっと期待しているんですが。
耳鼻科はいつも混んでるから待ち時間が長いんですよ。
まぁ、それはもう折り込み済みなので、

スティーヴン・キング

を読んでますがw
今読んでるのは、

「ザ・スタンド」

という4巻ものです。
とうとう、4巻目にまで進んでしまいました。
あー
読み終わってしまうのが切ないっすねぇ。
次に読むキングは上下巻のものを2セットばかし
用意してあるんですが、
あたしゃながーいのが好きなんですよね。
「ダーク・タワー」シリーズはたまりませんでしたよw

で、アマゾンで検索したところ、

「IT」

というこれまた4巻くらいかな?のものがあるので、
これに期待したいところですが、まだ入手していません。
近いうちに探さなきゃだけど、
結局アマゾンで買ったほうが早いだろうね。

と、キングばかであることをご披露してみましたw

あ、「ドリームキャッチャー」も読んだよw
キングには超長編をまた出してもらいたいものです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さてさてさて。

綺咲ロンさんがのブログが本になりました。

その名も、


「コンセントの穴」


ローソンで絶賛発売中です!!

手にしていないあなたは是非お買い求めくださいw


コン穴ファミリー4女のしろくま、地道に宣伝活動中!!


あ、


ごめん、


うちの近所にローソンなくて…


まだ買ってない!!スンマシェンスンマシェンヽ( `Д´)ノ ウワァァァン


で、でもでも、

週末には相方の家の近所にあるローソンでGETしますから!!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダークタワー<6>上下


イヤイヤイヤ。今日は浅草橋に行ってきたんですがね。

もちろん、花火見物じゃぁありません。

ビーズの仕入れにね(´・ω・`)

必要なパーツがみあたらず、あちこちの店をはしご

していたら、あっという間に午後になってしまい、

あわてて(ドトールで一服して)帰ってきました。

花火見物客で電車が込みそうだし。

っていうか、夏休みの関係もあるのだろう。

浅草橋界隈は人手がわんさかでした(^^;)

今夜は隅田川の花火大会ですが…

浦安に帰ってきたら、

浦安も今夜は花火大会…

しかも、うちの近所ではお祭り…

あっちゃこっちゃで夏満載イベントでやんすなぁ┐( ̄ヘ ̄)┌

まぁ、あたくしはそんなこんなには目もくれず、

帰宅しましたが…


途中に本屋に寄った!!

いつもの惰性で(^^;)

そしたら、

ふと気づいた。

7月28日にダークタワー<6>が発売されてるやんけ!!

あわてて本屋のSFコーナーに向かう。


ふぅ(^^;)

上下巻残り1冊づつだったヽ(;゜Д゜)ノ


ほくほくしながら帰宅したのは言うまでもありません。

でも読むのは月曜の朝の通勤時間にします。

それまでは手をつけないようにします。


さて。

買ってきたビーズの仕分けでもするかな?

しかし、よぉ~…

またしてもしこたま買ってしまったよ┐( ̄ヘ ̄)┌


こりゃ、ビーズを買うのが趣味ですか?

状態ですが(^^;)

まぁ、いつものことですから┐( ̄ヘ ̄)┌

…って、気づいたら、今月2度目の仕入れだわよ。

ホント、もう、足りないものないよねぇ?!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

伊坂S


届きました、届きました。

伊坂幸太郎、第2弾っ!!

とりあえず、今回は4冊注文しました。

はまってます。伊坂幸太郎氏。


とりあえず、何の計画もなく、

今まで読んだ本を羅列してみようとおもいます^^



まず最初に読んだのが、

伊坂 幸太郎
死神の精度

↑これ。

本屋で、青い表紙とタイトルに惹かれた。

読んだらこれが面白い面白い。

ウィットに飛んだ会話。

スマートでクールな語り口。

思いがけない展開。

しかも主人公が死神っ!!


主人公の死神は、人間界に派遣されて、

死ぬ人が「可」であるか「不可」であるかを見極め、

死ぬ時まで見届けるというのが仕事。

死神は決められた期間、死ぬべきか死なないべきかを

見定める人間に近づき、

観察したり、人間心理を不思議に思ったり…という。


いやぁ、はまりましたはまりました。

どれも1話読みきりではあるんですが、

しかし、後々に繋がってたりして。

非常に巧みです。ストーリー展開が。

最後は、はぁ~なるほど。

と、思わせられました。

なかなかこの「伊坂幸太郎」氏は、素晴らしい小説を書きまする。


で、他のも読みたくて、3冊をアマゾンにて注文した。

伊坂 幸太郎
魔王

↑「伊坂幸太郎」氏の小説、2冊目に読んだのは、この、

「魔王」です。

これもヒットです。素晴らしい。ブラボー。

ちゃんと感想を書きたかったけど、

結局放置してしまったわ(苦笑)


主人公は何事も考えてしまう人。

「考えろ、考えろ、マクガイバー」と自分に言い聞かせつつ、

どうすべきかを考える。このセリフが非常に印象的でした。

物語の中では、非常に魅力的な政治家が現れ、

支持率を集めていく。その政治家に国民は期待を寄せるようになるが、

主人公はそれを危惧する。

ナショナリズムちっくになっていくような世論に危惧し、

ファシスト的になっていくような政治家にも危惧する。

あるとき、自分が心の中で思ったことを人に言わせることができる

特殊能力があることに気づき、

国民の心を捉えようとしている政治家を止めようと、

その特殊能力を使おうとするのですが…。


本書は2つの物語でできています。

1つ目は主人公。2つ目は主人公の弟。

1と2の繋がり。1は兄で2が弟。

その物語の構成が絶妙です。

現実問題(小説の中の話じゃなくて)もかなーり絡めてあるので、

そういう視点もあるのだなぁ…みたいに思わせられた。

読む価値ありあり。


伊坂 幸太郎
ラッシュライフ

さて、次に読んだのが↑これ。

「ラッシュライフ」

先日も記事にしたのですが、

これも例外なくブラボーです。

時間軸を自由に操るこの作者の、

頭の中身を見てみたいっ!

素晴らしいストーリー構成に脱帽ですわ。


伊坂 幸太郎
陽気なギャングが地球を回す

で、昨日から読んでいるのが、↑これ。

「陽気なギャングが地球を回す」

銀行強盗の4人組のお話です。

まだ半分しか読んでおりませんが、

イヤイヤ、

相変わらずのクールな語り口。

機知に飛んだ会話。

読んでいると楽しくて、物語の世界に没頭します。

通勤時間がスゲェ早く感じるくらいです。



ふぅ~。

こんなにどの小説も当たりだなんて作家は久しぶりに

めぐり合いました。

「ナイトヘッド」や「アナザ・ヘブン」なんかを書いている、

「飯田譲治」以来です。


で、新たに届いた4冊の伊坂幸太郎氏の小説。


何気に、この作家さんの本は、

前作に出てきた登場人物が、別の本(全くストーリは関係ない)

のちょい役で出てたり、

別の本で起きた事件が、また別の本で語られたり。

そういう連鎖があるようなのです。


まるで、

ドラゴンボールにアラレちゃんがちょこっとでてくるような。

銀河鉄道999に宇宙海賊キャプテンハーロックがでてくるような。


そういうのって、スゲェ好き。

だもんで、デビュー作から順番に読みたくなったのよねぇ。

あ、まだ入手しそびれたのもあるようだから、

第3弾ですべて揃えようとは思っているけど(苦笑)


しかし、こんなに素晴らしい小説を読むと、

完膚なきまでに、

「やはり、自分には小説家は無理だったんだなぁ」

と、痛感する。

赤川○郎みたいなのを読むと、

「自分でもできそうだw」

とか思うんだけど(苦笑)

あ、もう赤川○郎は中学生以来読まなくなったけどね。

なぜかは…アハハハハッ~



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
金森 藍加, 七宮 昴
正しい占いのすすめ

さてさて。こちらは占いの本です。

といっても、占う訳ではありません。


古今東西の占いの歴史とか成り立ちとか、


どの占いが何を占うのに向いているかとか、


占い師は占いを信じるのか?とか、


占いに依存する人たちの症例とか…。


占いに関する本は数多あれど、

まぁ、占い師になるわけじゃないから、

占いというものについて、

広く浅く知るには、

ちょうどよい一冊でした。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アレックス・ロビラ
Letters to Me

さて、こちらの本は…なんでしょう?

癒しの本でしょうか??

まぁ、人は何のために生き、何のために仕事をし、

幸せになりたいのに、どうして自分を苦しめているのか…


まぁ、そんなことを解きほぐしてくれる、

25通の手紙になぞらえて語られた本です。


…良い本でした。


やはり、人間生きている以上、幸せに生きていたいものです。

そのためにはお金が必要であり、働く必要があり、より多く稼がなければ

いけないという暗黙の常識。

しかし、そのせいで、やりたくもない仕事をして時間を無駄にし、

ストレスを溜め、心を壊す…

幸せになりたいのに、自分で自分を不幸せにしている悪循環。

発展することが必ずしも幸せになるとは限らない。

ぢゃぁどうするべきか。

自分自身を良く知り、

自分の人生のボスになること。

人生の脚本を書き換えることは不可能ではないこと。


…そんなことが書かれてあります。


まぁ、考え方を変えれば良いのですね。


…って、簡単にいうなって??

まぁ、どん底まで落ち込めば、

考え方を変えることもできますから(汗)


…っていうか、連チャン4冊目の記事。

さすがに書くのが疲れてきました(苦笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。