EXPLORER OSAKA 外国人観光客集客日記

多言語観光マップ「EXPLORER OSAKA」の広告販売チーム、エースブリッジが綴る、外国人観光客の集客にまつわる日記です。


テーマ:
大阪初の外国人観光客向け多言語観光MAP「EXPLORER OSAKA」の広告販売チーム、エースブリッジです。

当ブログでは「EXPLORER OSAKA」に掲載を頂いたお店などの事例から訪日外国人客の集客方法、おもてなし、ニュース、その他インバウンドビジネスについて綴っています。

こんにちは。

宮地です。

前回、「素通りしてた外国人の足を止める方法」というブログを書きました。

その方法として、外国語表記をあげました。

これはお店の看板や、メニュー、施設内の標識や、地域のPR全てに当てはまります。

で、外国語表記って何語がいいの?

という事なんですが、

これはまず英語で良いです。

アジアからの観光客も大半の方が英語を話せます。

ただ、ネットの自動翻訳機能を鵜呑みにするのはオススメできません。

伝えたい言葉のニュアンスや文法が、違って訳される場合があるからです。

やはりオススメは専門家に依頼して、ネイティブチェックを行う事です。

これも翻訳について記事を書く時いつも言ってますね。

できれば日本である程度生活して、日本の文化を理解している外国人のチェックが出来ると尚良し。

要するに日本と英語圏の両方を知っている事で、こまかな言葉のニュアンスまで訳す事が出来るからです。

さあ、これから外国人観光客を集客しようとお考えの方、第一歩目を踏み出してみてはいかがでしょうか?





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人観光集客コンサルタント宮地成年です。

当ブログでは訪日外国人旅行者の集客方法やおもてなし、ニュース、その他インバウンドビジネスについて綴っています。

今日はおもしろ画像からどうぞ。

じわじわと笑えてきますね。

要するにこれって翻訳がでたらめなんですが、きっとこれらを作った人達もわざとこんな間違いをした訳では無いはずです。

親切心でやっているとても素晴らしい事なんですが、それに対する翻訳がメチャクチャなせいでより面白くなってしまうわけですね。

では、なぜこのような事が起こるのか?

それは、ネイティヴ(この場合日本人)がチェックをしていないからです。

誤字脱字はしょうがないですが、文脈や文法までおかしいとなれば考えられるのはその理由ですね。

あと、ネットで自動翻訳してくれるサイトもありますが、それによる失敗も多く見受けられます。


ちょっとした単語のみなら良いんですが、日常で使う言葉や文だとでたらめになってしまいます。

言葉ってそれを伝える雰囲気や微妙なニュアンスが大事なんですね。

私たちがメニュー等を翻訳する場合もそこを考慮して翻訳を行います。


例えば、日本語を英語に訳すのならネイティヴ並みに英語の分かる日本人翻訳家が一度翻訳して、そのあと、日本に長年住んでいて、日本の文化や風習、口語に詳しいネイティヴの翻訳家が再度チェックするという流れです。

ネイティブチェックは大切です。

その後は再度入念にスペルチェックを行います。

この方法で、さっき紹介た写真のような事はさけられます。


何事も伝えたい事は、誤解無くきっちりと伝えたいですね。


最後におもしろ写真番外編


これ値段がミスってるってやつなんですが、そんな事よりも外国人からしたら「POCARI SWEAT」って名前がおもしろいらしいです。

というか飲み物の商品名に「SWEAT/汗」が入ってて気持ち悪いらしいです。


こうならないように翻訳する時は気をつけましょう。

関連した過去のブログ
メニューや看板を外国語に翻訳する時の大事なポイント


メルマガも配信しています。
無料メルマガ登録はこちらをクリック

動画も配信しています。
YouTubeチャンネルはこちらをクリック

Twitterもやってます。
Twitterはこちらをクリック

外国人観光客研究所こちらをクリック






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人観光集客コンサルタント宮地成年です。

当ブログでは訪日外国人旅行者の集客方法やおもてなし、ニュース、その他インバウンドビジネスについて綴っています。


外国語メニューがあるだけでおもてなしになります。

そう書くと大げさかもしれません。

ですが、もし言葉の通じない初めて行く国で、いざ飲食店に入るとなると、とても不安じゃないですか?

文化や風習も異なりますし、沢山の不安要素があります。

なにより言葉が最大の不安ですよね?

最悪な場合は食事にありつけず終わる可能性も考えられます。

これらの不安は日本に来る外国人観光客にとっても同じです。

そんな時店先に、「英語・中国語メニューを用意しております。」と、それぞれの言語で書いてあったらどうでしょうか?

言葉が無理でもメニューが翻訳されているなら確実に注文できる。

外国人客を受け入れる体制がある、つまりは歓迎されている。

と言う事が分かります。

この時点でだいぶ不安は解消されます。

やっぱり食事はゆっくり落ち着いてとりたいものですし、そんなちょっとした事で大きく気持ちが楽になりますよね?

外国人の皆さんお店に入る前は何らかの不安を抱えています。

しかし、外国語メニューがあるだけで解消されるのです。

そしてこの不安を解消してあげて、ゆっくりと食べれる状況を与えるという事こそ基本的なおもてなしだと言えます。

これは来店するお客さんにとってもプラスなんですが、お店側も良い印象を持たれます。

旅行中の限られた食事回数の中で選ばれたお店になるんですから、印象づきますし思い出にも残ります。

そんな時やはり良い印象、良い思い出として残ってほしいですよね。

なぜならその旅の思い出は、Facebook等のSNSブログ等を通して多くの人に語られる可能性が大いにあるからです。

そのSNS利用者は海外に至っては日本より沢山居て、利用頻度も高くSNSというものがより身近にある感覚です。

参考までに私たちが撮ったインタビュー動画をどうぞ。



そのSNS上で「このお店には外国語メニューも備え付けてあるし、日本に旅行にいくならオススメ。」というように紹介されたらどうでしょう?

日本に来る外国人旅行者が日を追って増える中です、更なる集客につながる可能性を秘めています。

とこのように、メニュー(その他看板ポップ等)を翻訳する事は、おもてなしや外国人集客の重要な窓口となるのです。

実際私の元にも多くの翻訳依頼を頂いています。

それだけ外国人観光客のニーズがあるんです。

お客さんからいくらで作れるの?という質問を良く受けます。

という事で、分かりやすくこういうチラシを作ってみました。



外国人・外国人観光客集客のお手伝いが出来たら良いなと思っています。



関連する過去のブログ

外国語の看板、メニュー、まずは何語から?

メルマガも配信しています。
無料メルマガ登録はこちらをクリック

動画も配信しています。
YouTubeチャンネルはこちらをクリック

Twitterもやってます。
Twitterはこちらをクリック

外国人観光客研究所こちらをクリック







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人観光客集客コンサルタント宮地成年です。

当ブログでは訪日外国人旅行者の集客方法やおもてなし、ニュース、その他インバウンドビジネスについて綴っています。

以前に飲食店さんのメニュー翻訳・多言語化のお手伝いをさせて頂いており、そのご依頼が非常に多いと書きました。

あれからしばらく経ちましたが、今も尚多くの飲食店さんから翻訳・多言語化のご依頼を頂いています。




いやあ本当に外国人観光客の集客を意識する時代が来ているなあと実感しています。

また、近頃ではメニュー以外にも企画書や、飲食店でのオーダー用のタッチパネルの多言語化の案件もあります。

飲食店のオーダー用のタッチパネルは、以前にメニューの翻訳をされたお店さんなんですが、外国人客の対応をより円滑にするために導入するとの事です。





オーダーを聞く側もそうですが、お客としても注文から食べるまでの流れがスムーズに行く事は嬉しいですよね。

これはおもてなしの一環といえます。

看板やメニューの翻訳・多言語化が第一としたら、次には更なる対応・おもてなしの為のツールを用意するとより良いです。

このオーダー用のタッチパネルの多言語化はその例としてとても素晴らしい物だと思います。

タッチパネルと言わずとも、指差しで伝える多言語ツール等でも良いでしょう。

例えばこんなの。

これは私たちが作成したもので、飲食店用と物販店用があり、実際お渡ししたお店さんからは好評を得ています。

外国人観光客を集客、おもてなしするにあたって多言語化というのは基本で重要な役割を果たします。

もうちょっと色々書こうかと思ったんですが、結構長くなって来ているので、それはまた次回、月曜に書きます。

関連した過去のブログ

外国語の看板、メニュー、まずは何語から?


メルマガも配信しています。
無料メルマガ登録はこちらをクリック

動画も配信しています。
YouTubeチャンネルはこちらをクリック

Twitterもやってます。
Twitterはこちらをクリック

外国人観光客研究所こちらをクリック












いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
外国人観光客集客コンサルタント宮地成年です。

当ブログでは外国人観光客の集客方法やおもてなし、ニュース、その他インバウンドビジネスについて綴っています。

大阪今日も天気が良いし気温も高いですね!

夏が近くに来てる感じがします!


夏待ち遠しいです。

さて、最近はメニュー翻訳・制作の仕事を多く頂いております。

少し前に、なんば心斎橋周辺を歩けば、他言語表記の看板やポップが沢山目に入り、どのお店も外国人観光客集客に力を入れているのが見て分かる、と書きましたが、メニュー翻訳の仕事を頂くとさらに実感します。

どこのお店も言語は様々です。

ハングルへの翻訳や、簡体字、繁体字への翻訳、英語のみの翻訳依頼もあります。

皆さんお店のニーズがどの国に多いか良く理解されています。

これは昨日も書きましたが、実践で得たデータをよく分析されている結果だと思います。

素晴らしいですね。

また、様々なメニューを見ていると、外国人に伝わりやすくするために日本語の段階で工夫を凝らしたメニューの書き方をされているところもあったりと、こちらも制作していて勉強になります。


そして話は変わるのですが、おかげさまで私のメルマガの読者が増えています。


「宮地成年の外国人観光客集客マーケティングメールマガジン」

登録はこちらをクリックして下さい。

ちなみにバックナンバーはここにアップしています。

よろしくお願いします。

では皆さん良い午後を。













いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。