久々ですが新年一発目のヨーヨー力学のお時間です。

今回は図に表わしようがない
なんともハッキリしないテーマです。

重さでも重たいでもなく

重さを感じる

って話です。

なんのこっちゃ?と
思われますが

最近1A(ストリングスプレイ)機種も大分増えて
たくさん使ってみた方もいらっしゃるかと思いますが


重く感じるけど実際軽い

とか

反対に


軽く感じるけど実際重たい

なんて機種があるかと思います。

感じ方はそれぞれなのでどこを基準にするかと言う事なのですが

これに関係するのも

慣性モーメント

が関係してると思われます。

あれこれ言ってる内容は今までのヨーヨー力学を見ていただくとして

機種によっては慣性モーメントが大きいけど重量は軽い(多分ダブルジョーカーLF 等)

反対に重量は重たいが慣性モーメントは小さい(多分ノーススター フェノム 等)

といった感じでしょうか。

但し実際に慣性モーメントが大きい、小さいではなく

重量、サイズに対して慣性モーメントを大きく作るか小さく作るかといった事だと思います。

また分かりにいですね。

分かりやすくすると

大きいからずっしりしてそうだと思ったら軽く回っちゃった

なのか

小さいからすんなり回るかと思ったなんか回りにくい

という錯覚みたいな話です。

慣性モーメントが大きくて、その割に軽い機種だと

「投げ出しがずっしりしてるけど直線的に動かす分には軽く速いし動きが変えやすい(ボヨンボヨンみたいなトリック)のに3次元的に動かしたりジャイロをやるともっさりしている」

って感じでしょうか。
なのでレール系やホップ系では早くスイスイ動くのに傾けたり前後(アクセル軸方向)にうごかそうとすると動きが鈍る感じになるかと思います。

反対に

重量が重たいのに、慣性モーメントがそれほど大きくない機種では

「投げ出しが軽いがストリングスが伸びきった瞬間にズシッとした感触があって1つ1つの動きにハッキリした手ごたえを感じるが、かといってジャイロやゴチャ系で複合的な動きをさせてもさほど重さを感じない」

なんかソムリエみたいですがw

要するにレール系なんかでは動かすたびにメリハリのある動きになりやすくてハッキリとした動きになるのですがその割にはアクセル方向やジャイロ方向には動かしやすかったりします。

実際の重さも感じるので分かりにくのですがこれで軽い機種だとフワフワ感がでたりするかもしれません。
アクセル方向の重量配分も関係している気もするのですがそれはまた別の時に考えるとして
こんな考え方もありじゃないかってことです。


実際は色々複雑に関係してるかと思いますけどこれも一つの理由と言えそうです。






















AD

コメント(2)