ということで力学復活です。

といっても次はミッドシップリムかアバンギャルドの形状についてでも考えてみようかと思ったのですが
その前に

結局重量配分ってどうやって考えてるの?

ってことを自分なりのやり方で解説してみたいと思います。
これこそそれは違うんじゃ?ってツッコミを受けそうですが
ご意見についてはコメントプリーズってことでお願いします。

さて話を戻して

趣味を取ったらなんにもない

ちょっと汚いですがステップ形状の図に色をつけてみました。
厚さもこんな感じかな?といった感じに適当ですが(これだとアクセル入れる場所が無いw)

きっと真っ二つに切ればこれに近い形になるんじゃないかと思います。

金リム機種のようにいくつかの材質が合わさると少し話が変わってしまうのですが
フルメタル、プラ機種の場合

原則的に重量=体積、重量バランス=形状そのもの
といえます。

一気に話が飛びましたけど

モノの重量はその体積×材料の密度になります。

なのでメタル、プラの場合

そのままベアリング、アクセル以外の部分は
デザインによって重量、重量バランスか決まってしまうということです。

3次元的に見れば体積なのですがこれは全体の重量は間違いなくこれで決まります。

バランスを見るにはヨーヨーってあくまで円形(円柱、円錐っぽい形)なので
断面を見れば擬似的に面積=重量で考えることができます。

$趣味を取ったらなんにもない
ちょっとだけ説明しますと
緑の線で切ってまっすぐ伸ばすと多分長方形になります。
ホントはこれじゃまずいのですけど。
小中学校の教科書で円の面積の計算の説明を思い出していただけると助かるのですが
円の面積を考える時は切ったケーキを交互に並べると四角に近づくというのがあったはずなので、それをもうちょっとむりやりやったものだと思って下さい。

そうするとこの長方形の断面は最初の図の色をつけてある部分ってことになるのでこの形を変えると色々調整ができるってことになります。

脱線してきたので本題へ戻します。

とはいってもヨーヨーの外側(ストリングスが当たる面)は
今までの解説の通りストリングスヒット時のことやエッジの位置等の制限があります。

となると重量バランスをコントロールするためにあれこれできるのは

趣味を取ったらなんにもない
赤い部分しかありません
つまり内側部分から大体ヨーヨーの端までの空間です。

となると強度なども考えつついかに外周に重量を持ってくるかとかブレが出ないようにするかといったことにこの赤い部分だけで最後は挑戦することになります。

とはいってもこれは設計者にがんばってもらうことなので(自分で作りたい人は別ですが)

僕らはこれを「ふーん」って言いながら観察して楽しめばいいわけです。

そこで自分としてはまず大雑把に9等分します。


$趣味を取ったらなんにもない

そこでまたこの図です。

この図で色分けした感じに面積を考えて
「一番外側に面積がきてるな」とか
「こいつはきっと中心の集まってるな」とか
想像するわけです。
そこからさらに各色分けごとに重心位置を考える等、もうちょっと細かいことを考えたりもしますが
そこまではいいかなと思います。

なんだか自分でも何が言いたいのか分らなくなってきたのでこのくらいでちょっとまとめに。

要点を簡単にすると
・外側のデザインはストリングスヒットの関係もあるのでいざ決まると変更しにくい。
 但し一番端の外周の重量にはすごく係わる部分。(例:ラウンドとストレートの違い)
・外側が決まった上で内側部分の設計が重量配分の味付けにすごく係わってくる。
 というかそこでしか調整できない。
 (YYF機種の内側がくねくねしてるのはきっとこの関係だと思われる。)
・上の二つを観察するには断面で考えるのが分りやすい。

ってことです。

この3つをここまで長く説明しているかと思ったらなんかアホらしくなってきました。
とはいえこれを見ていただいた後にじっくりお手持ちのヨーヨーを観察していただいたり
今までの形状についてのお話を見返していただいて
なんとなく言いたいことは分ったと思ってもらえましたら幸いです。

AD