相変わらずネタ不足気味なのですがとりあえず形状編のラストになりそうな

インバースラウンド

です。

これを有名にしたのはほぼ間違いなくこのメーカー

ヨーヨージョーカー

ではないでしょうか。(詳しくはリンク参照)

そしてその代名詞と言っても言いぐらいのインバースラウンドを馬鹿正直に書くとこんな感じ。


$趣味を取ったらなんにもない

要するに

ストラトス

を想像してもらうといいと思います。

これの最大メリットは

「外側にストリングスヒットさせても傾きにくい」

ことだと思います。

ラウンド形状の時に説明したことをそのまま当てはめると外側ほど角度がアクセル方向に対して垂直に近づいてくので
外側に行くほど傾ける力が小さくなります。
もちろん中心からの距離の問題がありますのでそれも考慮しなくてはいけませんが、それでもちょっとしたミスの際傾きにくくなるのは大きな武器です。

もちろん若干のデメリットもあります。
それは

「ストレート形状よりさらに重量バランスが外周に寄せにくいこと」

今度これも別に考察してみたいのですが
基本的にメタル、プラ問わず材料が全部同じ場合重量配分は形状でどうしても決まってしまいます。
となると
ストリングスが当たる面の形状は今までの解説のように決めてしまったら残りは
キャップがはまっていたりする面の形状次第になってしまうということです。

となると例えば重量を外周に寄せようとしてその形状を考えてみると


$趣味を取ったらなんにもない
大体図の赤い部分ぐらいだけ材料が残ればいいという話になります。
しかしこの赤い部分が非常に狭いということです。
ストラトスの場合最外周の形状等も工夫してしっかり回転力を生み出しているようなのですが(ずっとにらめっこしててなんとなく気が付いたような気が付かないようなといった感じなので上手く説明できませんがw)

これを簡単にクリアするにはやっぱり
ステップ形状
じゃないかと自分としては考えてます



$趣味を取ったらなんにもない

これだけで赤い部分が増えます。
これでデメリットも無くなるので
ローエッジと同様ステップ形状と非常に相性がよさそうですね。

それともう一つ。

$趣味を取ったらなんにもない

Hプロファイルの時のネタですが
内側の部分のどうしても材料を残さなければいけない部分がかなり内側になるのも一つの特徴になるかもしれません。つまりどれだけ薄く作っても内側寄りに重量が出てくる部分があるということです。
いまいち説明しづらいのですが軸寄りに重量を集めると重量の割りに重たいフィーリングになることが多いようです。
ヨーヨージョーカーの機種で「重く感じる」といったレビューが多いのはこのあたりが理由かも知れません。

重量と形状とフィーリングと色々まとめようとするとホントに奥が深いなと思っちゃいました。
どうしても感覚的な話は賛否ありそうなので難しいですが、なにか情報なり発見があればこっそり修正してたりしますのでよろしくお願いしますw

AD