$趣味を取ったらなんにもない

ラウンドバタフライといったらまぁこんな感じです。
曲線が上手く書けずにかなり格闘しましたw

フリーハンドホイールズに代表されるこの形状。
ストレートに並ぶスタンダードです。


さてこれの特徴はなんといっても回転力。
$趣味を取ったらなんにもない
図の通りなのですがストレートと比べてみると全体的に外周に重量を持っていきやすいです。

そのせいか、アンダーサイズやプラ機種の回転力確保のためといった感じになっているものが多いような気もします。ただ最近のフルサイズにステップ形状やHプロファイルが多いというのもありそうですが。


ここからは特徴というかなんというか次はこの図から。

$趣味を取ったらなんにもない

前回のストレートの時とほぼ同じなの図ですがストリングスが当たる場所によって

角度が全部違う

というのが当たり前ですが特徴です。

888の様に端まで有効幅があるという機種でも外側はほぼ水平になるので
ボディを傾ける力が外側ほどどんどん大きくなってしまいます(赤矢印)。

実際は当たるポイントに触れる線(接線といいます)の角度で決まるのですが
これが内側(ベアリング側)ほど縦になる(アクセルに垂直)ので内側でほとんど傾きに影響しなくなるので、そこから外に向かうほど距離の影響も合わせて一気に傾きやすくなるといった極端な特性になります。

とはいっても実質外1/3~1/4はほとんどリカバリ用というかミスっても引っかかればとかごちゃ系でなんとか引っ掛けたい時といった感じで使う程度なのでそこまで心配は要りません、むしろそこを割り切って回転力を少しでも上げようというのがおそらくフラットリムということになるでしょうか。(DV888等)

ほんの少しですが最外周に重量持ってこれることはかなり回転力には効くかと思います。

さて回転力についてはべた褒めですがやっぱり弱点が。

内側に丸みを持たせる分仮にカーブの初めとストレート形状のエッジの初めを同じ位置にした場合
どうしてもストリングスが当たりやすいので(但し昔はみんなエッジが高かったのでハイエッジのストレート形状に比べると当たりにくかったりします)

スリープロスしやすくなります。


$趣味を取ったらなんにもない

大げさに書いてみましたが一目瞭然です。

逆に言えば傾きが直しやすい、コントロール性が高いとも言えますし
その上で回転力も強いのでスリープロスは多少気にしなくても良くなるといった感じでしょうか。

とはいえやっぱりスリープロスは少ないほどいいということで
ストレート形状と上手く組み合わせられればといった流れでHプロファイルやステップ形状といった話になっていったのだと思います。あくまで推測ですが。

一応時系列的にはHプロファイルが先のはずなので次はそちらから考察していきます。


H23.8.12追記

ラウンド形状の場合エッジは無い(ほぼ無い)と説明してますが試しにストリングスが接触した時を考えます。

$趣味を取ったらなんにもない

すでに矢印書いちゃってますがラウンド形状ですとどうしてもストリングスが面で当たってしまうことになりますので各接触点ごとに方向と力の大きさを考えて、その合計ということになります。

そうするとおそらく赤矢印みたいな感じになるはずなのですが
コレだと実際のカーブのスタートより外側になってしまいます。
なのでカーブをローエッジの様レスポンスぎりぎりにしても
見た目より外側に力がかかってしまいます。

ただこのストリングスの接触。
ストリングスのあたり具合で接触面が広がったり狭くなったりするはずですよね。
つまりすごく微妙な変化の話ですがこれがエッジ形状であれば
スリングスがエッジに掛かる力=そのままエッジを押す力なのですが
ラウンド形状の場合
接触範囲が変わるため力の加わり方が緩やかになるので
微妙なコントロールがしやすいということになります。
とはいってもどんどん外側に接触範囲が増えるのでそうなるとそれに合わせて合力の点も外に移動していくのでどんどんスリープロスも増えちゃうという話になっちゃいますからほどほどにってとこですけど。

想像するよりはもしラウンド形状のヨーヨーをお持ちの方はストリングスを当ててみて力のかけ方を色々変化させみて下さい。力の大きさで糸のたわみ、接触具合が変わるのがよくわかるのではないでしょうか。こういった変化が加わるだけでもフィーリングが違ってくるのかもしれませんね。


AD