ドラムサークル 逆キャラバン!

              by せろ


テーマ:
わーごDCは当時、兵庫県は伊丹市で活動していました。
FAのこなちゃんは、ファンタリズム岡山の70回記念の時に見かけていて、ずっと行きたいと思ってたんです♪
WA-GO 

初めてここのに参加した時、サポートメンバーとして奈良のてっちゃんが来ていたことが、更に逆キャラバンの輪を広げる要因に…(笑)

3回ぐらいお邪魔したと思いますが、そのどれもが小規模な感じ。このアットホーム感というか距離感がめちゃくちゃ心地いいのですo(≧▽≦)o

いつもは公共施設の音楽練習室でやってましたが、たまに違うところでやると、そこの会場の人も巻き込んでっちゃうのもイイ♪
上の写真は伊丹の癒しカフェalo-aloさんでやった時のものですが、ここのお茶、美味しかった♪帰りに茶葉買って帰りましたし(笑)
http://alo-alo.ocnk.net/

こなちゃんは小規模DCをやらせたら天下一品♪
少人数ならではの展開、ひらめき、流れがこなちゃんのキャラと相まって、得も言われぬ心地良い空間を生み出すのです。
…こなちゃんのジョブ、空間クリエイターなのかな?(笑)

今は沖縄に引っ越して、わーごもそっちで開催されています。
帰ってきてほしい反面、あっちで楽しそうにやってる書き込みとか見るとこっちも楽しくなるので、あっちに会いに行きたいかも~とも思う、この揺れ動くおっさん心(笑)

沖縄には10年ちょい前に一度行ったきりなので、宮古島も含めて、こなちゃんのいるうちに再訪したいところです(^▽^*)


AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どんちゃか村は大阪のにしすみー村長とはるさんのドラムサークル。
あびこのランズホールを中心に定期的に開催されています。

ここではスタート時間前にはお菓子とお茶でほっこりタイムがあります♪
プラコップを使ってる辺り、コスト意識も高そうです。さすがは関西人(笑)

初めて訪れた時、このほっこりタイムでたまたま梅田の楽器屋さんでミニカホンとか連れて帰ることにしたあとだったのを、そんちょに見つけられて…(笑)
最初からそれ出して叩いてた記憶があります(笑)

このほっこりタイムに遭遇したのはここが初めてでしたが、この時間に中で何が行われていたのかは先日はっきり目撃、いや体感しました(^□^;)

ここのDCはヒーリング的な感じになることが多いかな?特に松山のtomtomさんがゲストFAで来られた回以降、その傾向が顕著な感じでしょうか。
DCって、ドカドカ叩いてコーフンしちゃうと熱くなったまま帰ることになるので、クールダウンやヒーリングの要素はコミュニティDCでは大事だなぁと気付かされたのがここでした。

参加回数でいえば、岡山ファンタリズムとここがいい勝負かな?オイラのホームDCの一つです。
まだ回が浅い頃に、全国のFAが集まる呑み会に混ぜてもらったのも大きいです(笑)
やっぱりDCの外で語り合うと早く馴染めます(笑)
もっとも、ここで大勢のFAと知り合ったのが、逆キャラバンの範囲を広げるブースターとなったことは否定できません(笑)

…と、ここまで書いてどんちゃかの写真が全然ないことに気が付きました(汗)
それだけ夢中で楽しんでるのか、ほぼスタッフ化していてそれどころではないのか(笑)

どんちゃか村の子供たちHP
http://donchaca.jimdo.com/


AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと間が空いてしまいましたね~(^◇^;)

この4月から転勤で東北に来てまして、バタバタしてました(汗)
しかも画像データを入れてある外付けHDDを神戸の家に置いてきたという顛末( ̄□ ̄;)

仕方がないのでmixiの自分の日記から写真をDLして、なんとか書いてます(^□^;)


オイラが次にお邪魔したDCは関西の老舗FA、ぽむ・るーじゅのお二人のもの。
神戸のあっこ1さんと大阪のあっこ2さん、二人のあっこさんズで構成されてます(笑)

お二人は企業等から乞われての出張DCが多く、なかなかコミュニティDCを開けていなかったのですが、たまたま開催されたコミュニティDCに対して参加者のドタキャンが相次ぎ、急遽募集告知がfacebookのタイムラインに出てきたのを見つけたのが初参加のきっかけでした。

神戸にはスゴイFAがいる、というのは岡山で聞いていたので、顔見知りが誰もいない場所でしたが飛び込んでみました。

当日、参加者は3名。そこに会場となった小春日和のオーナーと娘さんも加わってもらい、スタート。

ぽむ1 
ぽむ2 
ぽむ3 
ここの特徴はアフリカ系絵本の読み聞かせ。
その内容に合わせてみんなで音を出し、情景を表現していくんです。

ここのDCのサブタイトルは「音のカレイドスコープ」といいますが、まさに万華鏡のように、絵本と音によって紡ぎだされる数々の場面はとても印象的でした。

ぽむ4 

今まで参加したDCの中で、一番落ち着くのがここですね。
ぽむのお二人の人柄も、心地良さの理由の一つ。
実はシェイカートスを経験したのもここが最初でしたが、ここのやり方、気に入ってます♪ 
 
またお二人のDCに混ざりたいな♪

ぽむ・るーじゅfacebookページ
https://www.facebook.com/pomme.rouge01


AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
同じく初DCからつながった、ファンタリズム岡山。
妹尾美穂さんを含むメンバーで立ち上げ、そこにともちゃんが入り、美穂さんが上京してともちゃんがメインFAになり、美穂さんは東京でファンタリズム東京を立ち上げて現在に至る、老舗DC。

ここに初めて参加したのは確か、70回記念の時。
ファンタリズム70th 

記念会だったこともあって、他の地域のFAが来てたり美穂さんも帰ってきてたりで、また新たな情報を獲得したことを覚えています(笑)

…と、過去の写真データを振り返っていて、ファンタリズムの写真が全然ないことに気付きました(^□^;)
なのでいただきものばっかりです(笑)
ファンタリズムO01 
ファンタリズムO02 
これはクリスマスが近かった時のやつかな?スタッフがみんなサンタ帽だったので、赤いTシャツに赤いバンダナで対抗してみましたが、居酒屋とかラーメン屋とか、散々言われました(笑)
 
ファンタリズム岡山の特徴は、参加者数が結構多いことと、障害のある方やお子さんの参加率が高いこと。
ともちゃん自身が音楽療法士ということも関係してか、ケアは抜群ですね。
 
オイラが今まで参加したDCの中で、ドラムサークルの真の理念「老いも若きも、障害があっても子どもでも、みんなが心から楽しんで繋がれるアクティビティ」という部分を一番よく体現しているのがここかなーと思ってます。

多少の悩みやモヤモヤを抱えていても、ここに来ると笑顔になれるし、元気になれる。
何度もお邪魔している、オイラにとってのホームDCその1、という感じです(笑)

ファンタリズムHP
http://fantarhythm.jp/dc/


いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
初めてのDCで繋がった、鳥取のあいちゃんが主催するDCにお邪魔したのはそれから2箇月ほど後の事。
鳥取DC1 

若桜鉄道関係で通いなれた鳥取県でしたが、市内をウロチョロするのはこの時が初めてでした(笑)

この頃の鳥取コミュニティDCは、まだ立ち上がってからそれほど経っていない状態。
なので、サポートでファンタリズム岡山のともちゃんが来ていました。また繋がった!(笑)
鳥取DC2 

この時のオイラは怖いもの知らずで、自前のちっちゃいカホンという打楽器を持参していました。
初DCと前後して購入していたものですが、自宅ではドコドコ鳴らすわけにもいかず、岡部洋一さんのDVD見ながら練習してもたいして進歩してなくて…(汗)
でも、ともちゃんに「せっかく買ったんだからぜひお持ちください♪」と言われて、つい(笑)
鳥取DC5 
 目線入れるとなんかヘンだなぁ(^◇^;)
オイラが足の間に挟んでいる白木っぽい箱がそのカホン。カホニートといいます。
これもオイラの現在を形作るうえで重要なアイテムでした(笑)

ともちゃんのFAはとても乗り易くて、わいわい楽しい感じ。というのが当時の印象でした。
この人はそんなもんじゃない、と知ったのはもっと後になってからの事(^▽^*)

一度DCを体験しているので、なんとなーく流れも分かってたこともあり、とっても楽しめました♪
鳥取DC3 
なんかすでにキーになるメンバーにこの時何人も遭遇してますね(笑)

その後、何度かお邪魔した鳥取コミュニティDC。今は少し形を変えて続いています。
それはまた後日…(^〇^)



いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分自身、初めてDCに参加したのは、2013年12月東京でのことで、前述した美穂さんのもの。
オイラがDCに出会ってから丸二年が経過したことになりますね♪

正確にはKENさんが主催だったのかも、ですが当時はそこまで気にしてませんでした(^◇^;)

1312初DC 
1312初DC2 

中に入ると円状に並べられた椅子と打楽器たち。なるほど、ドラムがサークル状です。
初めてお会いするKENさんに『どれでも好きな太鼓の前に座ってね~叩いてみて好みの音のところへどうぞ』と言われ、音の違いもわからないぐらいの音楽音痴なオイラが選んだのはこちら。
1312初DC3 

我ながら初心者向けのいいやつを選んでますね(笑)
これは前回お話しした、DCでよく使われるREMO社の楽器でトゥバーノ。
筒状の片打面で、音が抜けやすいように下は足がついています。
ジェンベだと足の間に挟んで、下の穴を浮かせる工夫が必要なのですが、これだとそういう心配もないので、女性や子どもさん、障害のある方や高齢の方にもオススメできる太鼓です。

で、ほどなくして美穂さんも登場。今となっては誰がベースを叩いてたかとか全然記憶に無いのですが…
なんせ夢中で叩いてました、ええ(笑)

こんな楽器、見るのも触るのも初めてでしたが、そんなの一切関係ナシ。
ファシリテーターが上手く楽しみ方を提示してくれる感じで、それに乗ってみんなで楽しむ流れがあって、イレギュラーなことが起こってもそれはその流れの中の一つという、すべてを受け入れてみんなが楽しめるのが凄く面白かったです♪

太鼓の音は、母親の胎内で聴いていた心音に近いとされ、叩いてると気持ち良くなるし、眠くなるんです~とは美穂さんの弁。
その証拠に、この日来ていた小っちゃい子、ドコドコ鳴り響く中でスヤスヤ(^▽^*)
1312初DC天使の羽 
美穂さんがイタズラで天使の羽をつけちゃってます(笑)

あっという間の2時間でしたが、終わった後もリズムが体内に残ってる感じで、みんな笑顔で帰っていくのが印象的でした☆

そして、この時に一緒に参加していた鳥取のあいちゃん、岡山のくさっちという二人の存在が、オイラのこの後の人生を大きく変えることになるのでした(笑)
 

 
いいね!(41)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカから日本にドラムサークルの概念が上陸してきて10年ちょっと。

国内でも多くの地域でドラムサークルが開催されているのですが、まだまだ一般に知られているとは言い難いかも?

ドラムサークルとはなんぞや?というところから始めたいと思います♪
まずはこちらをご覧ください☆
https://www.youtube.com/watch?v=EMeOZTvp8m4

このお二人はオイラもとってもお世話になっている方たちで、東京と岡山を中心に活動しているファンタリズムというドラムサークルのファシリテーター。

カタカナがいっぱいでてきて???ってなりますかね(笑)
ドラムサークル(DC)というのは、ドラムセットを叩き倒すサークル活動ではなくて、簡単に音が出る打楽器を使って、みんなが輪(サークル)になって叩くことを楽しむものです。
DC全景 

ファシリテーター(FA)というのは、参加者に対するガイド役。みんながより楽しめるようにお手伝いしてくれるスタッフのこと。

DCで主に使われている打楽器は、アメリカのREMO社がDCのために作った太鼓が多く登場します。上の写真は全部REMOの製品ですね(笑)

よく出てくる種類は、ゴブレット形(脚の付いたグラス)をしたジェンベ(ジャンベ)、ストーンとまっすぐ筒形で一番下に音が抜けるための脚があるトゥバーノの2つ。
上の写真でもほとんどがその2種です。

これらを参加者が好きに叩いてくんですが、FAが出す合図などをきっかけにみんなで一緒になって音を紡いだりすると、一体感がハンパないのです(^▽^*)

DCはノンバーバルコミュニケーション(非言語会話)だと紹介されますが、まさに音で会話しているみたいになります♪
老若男女、国籍も障害の有無も関係なく、みんなが音で会話できる。それがDCです。

オイラがDCと出会ったのは2年前。動画にも出ていた妹尾美穂さんから勧められて、でした。
美穂さんはジャズピアニストでもあるのですが、オイラは元々そっちから美穂さんと仲良しになり、あちこちのライブにお邪魔していました。
「私のライブ、色んなパターンのやつを聴きに来てくれてるから、あとはDC来てくれたら完璧だね~(笑)」ということで、夜に素晴らしいライブが東京である日に、そのお昼にDCやるからということで参加したのがすべての始まり。

これが面白くて!o(≧▽≦)o

また、そのDCとライブに鳥取・岡山のそれぞれDC関係者も参加していて、その方たちと会話したことも、DCに立て続けに参加するきっかけになりました。

オイラ自身は音楽的な素養は全然無く、大学~30歳ぐらいまで、ニフティのカラオケフォーラムに所属して全国でカラオケしてた程度のもの。楽器なんて小学校以来触ったことも無かった人間です。
それが今では、ドラムサークルファシリテーター協会(DCFA)の会員ですよ(笑)

DCはストレス解消にもいいし、運動にもなります。仲間も増えますし、何より楽しい!

こんなDCの魅力を皆さんにもお届けできたらナァ…ということで、このブログはそっち方面に舵を切ることしました(^m^)

細々と書いていきますが、皆さまよろしくで~す♪


いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さま、ひっじょ~にご無沙汰しております( ̄□ ̄;)
って、ここ読んでる人はほとんどいないと思いますが(汗)

mixiやフェイスブックがメインになって以降、ほとんど休眠状態でしたが…

一部の方のツッ込みにより、再稼働させることになりました(笑)

今までは鉄道メインでしたが、これからは今いちばんハマっている趣味、ドラムサークルについて主に書いていくつもりです。
あとはそこにつながる音楽関係。

というわけで、プリプリのアルバムとは無関係ですがRe Birthと行きたいと思います!


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2年ぶりに記事を書きます( ̄□ ̄;)


直接の知人は既にご存知かと思いますが、私の主戦場はフェイスブックやミクシィに移動しています。


若桜鉄道に通うようになって6年半が経ちました。

きっかけは気動車の体験運転でした。


わかてつの体験運転はその後SLが加わり、DCが抜け、DLが加わって現在に至ります。


私自身、これまでの若桜鉄道体験運転には


DC…8回

SL…35回

DL…6回

合宿…3回


トータルで52回参加しています。おそらく全ての鉄道体験運転参加回数の半分ぐらいは若桜です。


SLが定期開催になってからは常連も増え、その中で志を同じくする仲間と「若桜鉄道サポーターズ」というグループを結成し、若桜鉄道関係のイベントでお手伝いをするようになりました。


先日も10月12日に隼駅まつり、26日に因州若桜鬼っこまつりと、それぞれでボランティアスタッフとして活動したところです。


若桜鉄道を取り巻く環境もずいぶん変わりました。

上下分離をし、12系客車やDD16を購入し、社長も公募されました。


そして新社長のもと、この11月からはお買い物列車や若桜谷観光列車の運行がスタート。

地方創生が叫ばれる昨今、若桜谷を元気にするため、山田社長も頑張っておられます。


そんな若桜を、私もずっと応援していきたいと思っています。



アメブロでの更新はストップしていますが、Yahoo!ブログ・mixiページ、mixiコミュニティでそれぞれ「若桜鉄道サポーターズ」というページを立ち上げています。


私自身が鳥取県人ではないため、ちょっと更新頻度は低いのですが、情報を少しでも拡散できたらと始めたものです。

いずれも若桜鉄道さんのお許しを得ており、Yahoo!ブログとmixiページは3種である八頭・若桜両町の許可もちょうだいしています。


これからも若桜の魅力を発信して行ければと考えています。

皆さまもぜひ、若桜谷に足を運んでみてください。

そこには、昔ながらの四季折々の風景を観ることができます。


4月・10月には若桜町のお祭り、7月には花火大会もあります。

8月にはスズキの大型バイク「隼」が全国から集まる「隼駅まつり」もあります。


来なんせ、鳥取!(^▽^*)


お待ちしております♪




いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまたご無沙汰してしまいました…これまでの状況はmixiみてください(笑)


2週連続で若桜に行っていました。


体験運転はいつものとおり午前の部でやって、そのあとお昼からは標題のシンポジウムに出席するため、バスで丹比駅へと向かいました。

D’accord!-シンポ看板
会場は八東体育文化センター。


D’accord!-シンポチラシ

八頭町の職員さんが受付をしておられましたが、ちょうど同じころにわかてつの社長や隼駅を守る会の会長も到着。どうもお世話になってます~的なあいさつが飛び交います(笑)

D’accord!-シンポ受付
これまで若桜鉄道が紹介されたメディアが集められてました。


で、会場の席に座りました。自由席だったので、思わずC-12という席を選んでしまいましたが、ど真ん中3列目ですよ得意げ

D’accord!-シンポディスカッション
シンポジウムは、日本鉄道保存協会の米山氏の基調講演と、米山氏をコーディネーターに据えてわかてつ社長、むきばんだ史跡公園の所長、隼駅を守る会の会長、鳥取県議会議員の福田先生の4氏をパネラーとして、鉄道と地域活性化についてのディスカッションが行われました。

もう少し時間があったら質問したかったことがあったんですが…


その質問とは、関西広域連合の中で鳥取県は「観光」分野のみ加入しており、その役割を担っているが、現在までの取り組みと、山陰デスディネーションキャンペーンを活用した若桜方面への観光誘導などの施策を打ち出す予定やその枠組みについて、明らかにしたかったもの。


まぁ地元の人たちが考えるべきことなので、部外者のオイラがあんまり口出ししちゃいけませんしね(^-^;)

斬新な提案もありましたが、ほとんどはコスト面を考慮しないものが多く、実際のところ実現は難しいナァという感じでしたが、社長も真正面からコスト面で否定的な発言が多く、もう少し上手く受ければいいのにーという印象もありましたあせる

質問者も、いかにも鉄道マニア、みたいな人が何人かいて、キハ58を持ってこいだの駅舎をデザインしろだのと言ってましたが…パネラーの方々もおっしゃってましたが、そういうこっちゃないんですよね、地域活性化って。

米山氏も言うとおり、車両だけでも施設だけでもダメ。結局は人なんです。ホスピタリティです。


今は沿線活性化協議会がありますが、これまでは沿線の地域でそれぞれバラバラの活動が展開されてきていました。

今もまだ、それは一体的な動きにはなっていないと思います。

やっぱり外から見ていると見えてこないんですよ、地元の方々の想いってのが。


それぞれの会の方は精力的に動かれていると思いますが、大多数の町民の方は「自分にはあまり関係がない」「SLが走ったところで自分にはメリットがない」と思われているのではないでしょうか。


『鉄道が盛り上がったからって、それがどうなんだ』、と。


八頭も若桜も、過疎化が進んでいます。何も手を打たなければ、早晩限界集落化してしまうでしょう。

その打開策は、観光地化と産業誘致しかありません。

産業誘致は細々と進んでいるようですが、この不況ではそれも難しいでしょう。


となると、やはり観光をメインにしなければ地域の生き残り策はないということになります。


外から観光に来てもらうのであれば、その足が必要です。それは若桜谷の公共交通である若桜鉄道と日本交通バスをおいて他にないのです。

それは、若桜線の活性化、国道29号線の活性化が必要だということです。


鉄路は一度剥がすと簡単には再開できません。今、鉄道があるのだから、これを守り育てることが重要です。

まずは、来てもらえるような話題が必要です。

中原所長がおっしゃっていたように、各駅に名誉駅長というのも一つの手です。ただ、すでに他社線でやっているので話題性は薄いとは思いますが。

それでも、名誉駅長としてその駅周辺をPRすることを考えるようになれば、自ずと地域の振興策も浮かびやすくなるのではないでしょうか。


若桜線ミュージアム構想。それを実現する前に鉄道が疲弊してしまっては何にもなりません。

まずは乗ることから。そして、おらが町、おらが鉄道を誇ることから始めましょう。

そして、訪れてくれた人に、再訪したいと思わせるホスピタリティ、おもてなしを。

そうすれば、訪れた人自らが今度は口コミという宣伝媒体になってくれます。


日本の原風景があるこの谷を、どうか多くの人に…


オイラもがんばります。



いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。