2017年度の地球の家スタッフをただ今大募集中です!!!!
シェアしていただけたらとっても嬉しいです!!!!
( ´艸`)
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
『地球の家』スタッフ募集中
◆講師1名
◆運営スタッフ1名
◆障がい児サポーター1名
☆詳細はこちら☆
 
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
『放課後 地球の家』について
 
基本水曜日 時間 16:00~18:00
 
こども会員 年中~中学生
おとな会員 20歳~シニア
 
 
会場 : オーガニックサロン きれいのたね
住所 :千葉県松戸市小根本45-12 ありがとう早稲田ビル
交通 : JR常磐線/千代田線 松戸駅 東口徒歩8分
 
 
■活動内容(週替わり)
【1】自然派食育
(米粉、豆乳、粗糖、自然塩などを使用)
【2】工作・アート
【3】サイエンス
【4】子どもプロジェクト
(子どもたちによる企画)
【5】季節の行事
(夏合宿、秋の遠足、クリスマス会、春の発表会)
【6】心をはぐくむお話
 
 
■活動の目的
【1】自分づくり
・自分の人生を自分でつくる創造力と責任感
・自己肯定感を高める → 幸福感の土台
 
【2】調和
・「自分」 対 「相手/集団/社会/自然環境」
と折り合いをつける力
 
【3】共生
・「多様な人間関係」から自然に学び取る
共に生きる力 『ボトムアップ型の共生力』
 
 
子どもも大人も、健常児も障がい児も、
お互いに一人の人間として
楽しくゆったりと関わり合う、成長し合う・・・
これが地球の家の在り方です。
 
 
〇スタッフの必須条件
「共育・共生の場を一緒に創り上げていきたいという気持ち」
 
 
 
 
 
 
 
共育ステーション 地球の家 ≪千葉県松戸市≫
 
 
 
AD

ビリギャル母娘✖中島バオくん+ママのトークイベントへ☆

 

 

 

 


ビリギャルの本は、

発売当初 びびっ!!! っときて
書店で購入して読んでいました。

中島バオくんの本は、
読みたいな~と思いつつも

ずっと読めていなかったのですが、

松戸市の オーガニックサロンきれいのたね さんに

http://www.kireinotane.jp/
ビリギャル母娘✖中島バオくん+ママが
やって来るということで❗❕

1/15の午後に行ってきましたー( ´艸`)♪


全然タイプの違うお母さま二人ですが、
子育てのコアの部分が激しくリンクしている
そうで、

仲良しさんみたいです(o^-^o)✨

 

◆ビりギャルのママ=あぁちゃん(中央)

◆バオくんのママ=やよいさん(右)

◆ビりギャルご本人=さやかさん(左)


ビリギャルご本人のさやかさん進行のもと、
子育てトークを楽しんできました。

 



さやかさんママも、
バオくんママも、
子どもの可能性を

10000パーセント❗❕
信じ抜いていて、

そこが最大の子育てのヒケツだなーーーーと感じました。

 

こーーーーーーーーんなに!!!

わが子の可能性を信じ切っている母親って

そうそういない!!!!!

 

自分の親から

心底信じられている子どもって、

幸せな子どもだよね。

 

さやかさんご自身も、

「もしも、受験勉強の恩師の先生に出逢っていなくても、

わたしは幸せになった自信があります」

とおっしゃっていました。

 


学年ビリの状態の時に、

慶応大学を目指すと

さやかさんが言ったときも、
「やりたいことが見つかったのね!」
とすでに合格したかの勢いですごく喜んだ

さやかさんママ。

 


子どものやりたい!という気持ちを
とことん尊重し続けている
バオくんママ。


それでもって、

バオくんママの

「やりたくないことは絶対やらない!

やりたいことをどんどんやる!

がんばらない!

がんばったらむしろ迷惑!!」

という徹底ぶりもすごい!!!と思った☆

 

がんばってると・・・

「わたし、こんなにがんばってるのに・・・

なんで◆×?♪▼△■・・・(ノД`)・゜・。」

ってなりがちでしょ?って。

 

一人でがんばらないで、

相手にやってもらう。

やってもらったら感謝する。

 

子どもにやらせる。

子どもに考えさせる。

親は心を寄り添わせているだけ。

 

 

それから、

パートナーシップの話題も出て、

バオくんママは二回離婚しているけど、

一回目のパパ、二回目のパパともに

現在は仲良しみたい。

家族でいるときは「当たり前」と思っていたけど、

離婚してからは「感謝」になった、とのこと。

 

 

他にもいろいろ面白い話題があったけど、

(迷惑かけずに生きよう、じゃなくて、

迷惑はどんどんかけよう!とかとか・・・)

書くのはここまでにして・・・(笑)

 

 

 

最後に、バオくんと2ショット♡♡♡



&バオくんのサイン♪

 


 

そして帰りに、カフェに入って

バオくんの本を一気読み!!!!!!!

 

 

いやーーーーーー♪

すごーーーーーーーく良かった!!!!!!

 

ぜひ、みんな、買って読んでみて(笑)!!!!!!

 

 

 

※特に、特に、特に、わたしが気に入ったページ ↓↓↓

 

 

 

いやーーーーーーわたしも本当にそう思う!!!!

イイネ連打だよ、連打!!!!!!!

 

 

 

 

じーーんとくる。

ありがとうバオくん~☆

 

 

他にもたっくさんじーーーーーんとくる言葉がいっぱい

載っているので、

ほんと、買って読んでみてください♪♪♪

 

 

 

(くまがい あきこ)

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

2017年2月5日(日曜日)
開催時間  14時00分~15時00分
松戸市市民活動助成事業 音楽交流イベント
「たたいて・あそんで・つながる!ドラムサークル♪」
 
■ファシリテーター:佐々木 薫(ささき かおる)氏
(国際ドラムサークル協会(DCFG)とVillage Music Circles双方の認定を持つ世界唯一の
ドラムサークル・ファシリテーター)
 
【会場】 森のホール21 地下1階 「音楽練習室1」 http://www.morinohall21.com/event/access1.html
【住所】 〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀646番地の4 森のホール21
 
【参加費】
大人1,000円
4歳~高校生500円
ファミリー(同居家族何名でも)2,000円

 

◎詳細&お申込み

http://ameblo.jp/chikyunoie/entry-12233045731.html

 

 
 
 
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
 
胎内記憶ワークショップ
~家族を選んで生まれてきたよ~
 
◎リーディングメニュー ※複数選択OK
【1】子どもが わたしを「母」に選んだ理由
【2】子どもが あの人を「父」に選んだ理由
【3】わたしが 「わたしの母」を選んだ理由
【4】わたしが 「わたしの父」を選んだ理由
【5】あの人が 「あの人の母親」を選んだ理由
【6】あの人が 「あの人の父親」を選んだ理由
【7】わたしとあの人(夫・妻・恋人・友人 等)が出逢った理由
【8】わたしがあの人と「兄弟姉妹」として生まれた理由
【9】わたしとペット(愛犬・愛猫 等)が出逢った理由
【10】わたしがわたしとして生まれてきた理由

■胎内記憶ワークショップ ≪千葉県松戸市≫ vol.25
2017年 2月24日(金)
10:30~12:00 (受付10:10~)
 
 
AD

迷惑をかけあって育っていく。



『人様に迷惑をかけないように』
という言葉を長年聞いて生きてきたので、

『迷惑をかけあって育っていく』
という言葉は

わたしにとって

一つのカルチャーショックだった。

 


でも、

我が家の個性豊かな3人の子どもたちや、

共育ステーション 地球の家

http://ameblo.jp/chikyunoie/

子どもたちを見ていると・・・

「うん。

正直、迷惑をかけあって育っているなー。
それが真実だよな。」

としみじみ思った。
 

 

 

 

 

 


迷惑をかけないように、
迷惑をかけないように・・・と
ちぢこまって子育てしていると、
親子共々、大変きゅうくつだ。


迷惑をかけあって、
時には大ケンカもして、、、
それでも日々一緒に過ごしていく。

そんなおおらかな空間と、
おおらかな見守りが、
今の時代は少なすぎるのかもしれない。


以前、ご縁のあった

おばあちゃん先生 は、
『ケンカしてもマル○、

泣いてもマル○、

間違ってもマル〇だよ』
と、
いつも子どもたちに温かい言葉をかけてくれていた。
そんなおばあちゃん先生の言葉に、
とてもホッとしたことを今でもよく覚えている。


迷惑をかけあうことは、
『ごめんなさい』

『ありがとう』
の練習にもなる。

 


迷惑をかけっぱなしの知らんぷりだと、
やがて村八分になる。

(子どもの世界でも、おとなの世界でも)

 

 

『ごめんなさい』
『ありがとう』
この2つの言葉を
素直に言えれば、
友だちと楽しく遊べるんだと、

人と気持ちよく付き合っていけるんだと、
少しずつ少しずつ学んでいく。

 

 

迷惑をかけあって、
ケンカもたくさんして、
「ごめんなさい+ありがとう」をして、
その繰り返し繰り返しで、
子どもは成長していく。

 


いつもいつも、

「きちんとしなくちゃ、いい子でいなきゃ」

ではなくて。

 

思い切り自分を出しながら、
ぶつかりながら、
間違えながら成長していく。

人は自分を磨くとき、
凸凹道や凸凹の体験が必要だよね。

いつも「いい子」でいなくちゃならない場所じゃなくて、
素の自分を出せる場所。
おおらかだけど

時には厳しい場所。

 

そういう場所と

おおらかに見守るおとなたちが

もっともっと増えていくといいのかもね。

 

 

 

(くまがい あきこ)

 

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

2017年2月5日(日曜日)
開催時間  14時00分~15時00分
松戸市市民活動助成事業 音楽交流イベント
「たたいて・あそんで・つながる!ドラムサークル♪」
 
■ファシリテーター:佐々木 薫(ささき かおる)氏
(国際ドラムサークル協会(DCFG)とVillage Music Circles双方の認定を持つ世界唯一の
ドラムサークル・ファシリテーター)
 
【会場】 森のホール21 地下1階 「音楽練習室1」 http://www.morinohall21.com/event/access1.html
【住所】 〒270-2252 千葉県松戸市千駄堀646番地の4 森のホール21
 
【参加費】
大人1,000円
4歳~高校生500円
ファミリー(同居家族何名でも)2,000円

 

◎詳細&お申込み

http://ameblo.jp/chikyunoie/entry-12233045731.html

 

 
 
 
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
 
胎内記憶ワークショップ
~家族を選んで生まれてきたよ~
 
◎リーディングメニュー ※複数選択OK
【1】子どもが わたしを「母」に選んだ理由
【2】子どもが あの人を「父」に選んだ理由
【3】わたしが 「わたしの母」を選んだ理由
【4】わたしが 「わたしの父」を選んだ理由
【5】あの人が 「あの人の母親」を選んだ理由
【6】あの人が 「あの人の父親」を選んだ理由
【7】わたしとあの人(夫・妻・恋人・友人 等)が出逢った理由
【8】わたしがあの人と「兄弟姉妹」として生まれた理由
【9】わたしとペット(愛犬・愛猫 等)が出逢った理由
【10】わたしがわたしとして生まれてきた理由

■胎内記憶ワークショップ ≪千葉県松戸市≫ vol.25
2017年 2月24日(金)
10:30~12:00 (受付10:10~)
 
 
AD