風と光のなかで 踊るように生きる

◆共育ステーション 地球の家
◆子どもたちの胎内記憶・お空の上の記憶を発信中
◆発達障がいの子どもたちの子育て記録
“「発達障がい」から「発達ゆっくり&発達ユニーク」へ”
◆ホームエデュケーション 実践中
◆ナチュラルライフ・アドバイザー

胎内記憶ワークショップ
 ~家族を選んで生まれてきたよ~

◎リーディングメニュー  ※複数選択OK
【1】子どもが わたしを「母」に選んだ理由
【2】子どもが あの人を「父」に選んだ理由
【3】わたしが 「わたしの母」を選んだ理由
【4】わたしが 「わたしの父」を選んだ理由
【5】あの人が 「あの人の母親」を選んだ理由
【6】あの人が 「あの人の父親」を選んだ理由
【7】わたしとあの人(夫・妻・恋人・友人 等)が出逢った理由
【8】わたしがあの人と「兄弟姉妹」として生まれた理由
【9】わたしとペット(愛犬・愛猫 等)が出逢った理由
【10】わたしがわたしとして生まれてきた理由


■胎内記憶ワークショップ ≪千葉県松戸市≫ vol.24

  2016年 9月27日(火) 

  10:30~12:00 (受付10:10~)

  http://www.kireinotane.jp/event/tainai_kioku.html


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:


≪新規メンバー募集中≫ 2016年度 放課後 地球の家
⇒ http://ameblo.jp/chikyunoie/entry-12140227591.html


◆活動内容(週替わりプログラム制)

・自然派食育
・アート
・工作
・子どもプロジェクト
・季節の行事
・心育 など



◆対象
子ども会員=年少~中学生
おとな会員=25歳~シニア(3歳未満のお子様もご同伴いただけます)
※未就学児&障がい児は保護者同伴が基本となりますが、詳細応相談です。
※16歳~24歳の方は、学生ボランティアスタッフとしてご参加いただけます。
  https://chikyunoie.amebaownd.com/pages/228700/page_201512081751


+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:


◆自分らしい生き方にアクセスするための
『ナチュラルライフ対話セッション』

【ご相談のテーマ】 
1:わたしらしい生き方
2:教育・子育て
3:夫婦・家族・対人関係
4:健康
5:天命


“ナチュラルライフ”
=「わたしらしく生きること・自然体の生活」の

ためのヒントを見つけたい方へ。
心の深部にフォーカスするための3つのツール 
①カードリーディング
②東洋占星術 
③対話 
によって、自分らしい豊かさにアクセス
するためのセッションです。

■曜日  水曜日以外でご相談ください
■時間  10時~14時の間でご相談ください
■ナチュラルライフ・アドバイザー 熊谷 亜希子

≪セッションお申し込みフォーム≫
https://ssl.form-mailer.jp/fms/31bfd9d6270058


テーマ:
いよいよ明日6/26日開催となりました^^
『プロの声優さんによる童話朗読会
  & 共育を楽しむためのトークカフェ!』
会場:まつど市民活動サポートセンター
 
・・・昨日は、わたしは自宅で
第2部の『共育トークカフェ』の準備をしていたのですが、
どんなおしゃべりが皆さんから飛び出すのか
今からワクワクしています♪♪♪
 
6/26(日)のおしゃべりのテーマは・・・
  ◎子どもにとっての幸せとは?
  ◎子どもが幸せになるための『共育』とは?
という内容にしたいと思っています。
 
 
よりレベルの高い学校に行くことだけが
子どもにとっての幸せではない・・・ということに
既に多くの人が気づいていると思います。
 
では、
何のための共育/教育なのか?
共育/教育は子どもたちのために何ができるのか?
 
お茶菓子と一緒に、ワイワイおしゃべりしたいなと
思います☆☆☆☆(*'▽'*)♪
 
第1部のフクロウのろうどくかいさんによる
童話朗読会は、
有名童話2作+オリジナル童話1作の
豪華3本立てです!!
年齢問わずお楽しみいただけると思います☆
 
 
※当日参加ウェルカムです♪♪♪
 
 
 
共育ステーション 地球の家
熊谷 亜希子
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
■第1部
プロの声優さんによる童話朗読会
 
・有名童話 2作
・オリジナル童話 1作
 
〇声優
桜井悠子(さくらいゆうこ)
石塚麻路(いしづかあさじ)
鈴木臨ノ介(すずきりんのすけ)
羽切祥 (はぎり しょう)
 
〇演出
小林通孝(こばやしみちたか)
 
出演:フクロウのろうどくかい
http://roudoku-yomikikasekai.jimdo.com/
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
■第2部
共育を楽しむためのトークカフェ!
 
「共育」で子育ても教育も進化する!?
大人も子どももさらに楽しく育ち合うための「共育」
についてお菓子と一緒におしゃべりタイム。
 
①共育=子どもも大人も共に育ち合う
②共育=異年齢の子どもたちが共に育ち合う
③共育=健常児・障がい児が共に育ち合う
④共育=一人ではなく、みんなと共に育てる
 
※第2部のトークカフェは「大人向け」です。
トークカフェの間、お子さんは保育サポーターと一緒に
遊びタイムとなります。
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
~イベント詳細~
 
〇日時 6月26日 日曜日
 
13:30~15:30 (受付13:15~)
 
〇会場 まつど市民活動サポートセンター
  2階 大会議室
 
http://www.matsudo-sc.com/services
 
〇交通 松戸駅西口 京成バス3番「市川駅」行き
バス停 8個目 「浅間台」下車 すぐ向かい
 
※京成バス 時刻表
  松戸駅13:00⇒浅間台13:07
  松戸駅13:07⇒浅間台13:14
 
〇参加費
大人       1,000円(おやつ付き)
小・中・高校生  800円(おやつ付き)
未就学児     無料
 
○お申込み方法   ※当日も参加受付します※
 
メール  
matsudo★chikyunoie.jp
※ ★ を @ に変更してから送信してください
 
メール件名 「6月26日 イベント」
1 代表者名・ふりがな
2 電話番号
3 お住まいの市町村
4 同伴者全員の名前・ふりがな・年齢
 
〇主催
共育ステーション地球の家
 http://chikyunoie.jp/
 
〇共催
まつど市民活動サポートセンター
 http://www.matsudo-sc.com/
フクロウのろうどくかい     
 http://roudoku-yomikikasekai.jimdo.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

わたしの大好きな大好きな よしおか ゆうみ先生^^

 

ゆうみ先生のような

素敵&かわいい&許容量のおおきな

大人の女性になりたいと

常々憧れております(*’▽’*)

 

ゆうみ先生は、今までも

共育ステーション 地球の家 のイベント講師を

何度も引き受けてくださっていますが・・・

今年も!!

夏休みに親子のアートワークを開催させていただきます。

 

限定15組なので、

ピンと来た方はどうぞお早めにお申し込みくださいね☆

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
自分の子どもに発達障がいの診断名がつくと・・・
 ≪1≫やっぱりそうだったのか・・・とホッとするお母さん
 ≪2≫えぇ!?!?そうなの!?!?と衝撃をうけるお母さん
・・・に分かれるかと思います。

うちの場合は・・・
≪1≫ホッとする=次女の時(当時6歳)
≪2≫衝撃をうける=長男の時(5歳)
でした。
 

子育てをしていて、
次女の時は
「うちの子、ちょっと?いや、結構変わってるかも・・・」

と思っていた期間が一年以上と長かった分、
発達障がいの診断が6歳の時に出て、
ホッとした気持ちがありました。
その後、
市の教育研究所に進路相談をして、
次女の特性を考えた結果、
特別支援学級に入学しました。
・・・が、小学校のリズムと次女のリズムが
本当に合わなかったので、
いま次女は、
 ■ホームエデュケーション(3日)
 ■フリースクール=共育ステーション 地球の家 (1日)
 ■療育(1日)
 ◇月1~2回 小学校に寄る
という流れで平日を過ごしています。
 
 
 
長男の場合は・・・
4歳9か月  構音障がい(滑舌が悪い)の指摘を受ける
        (次女の通う療育施設にオマケで付いて行ったときに)
4歳10か月 近所の小児科医師よりその診断書をもらう
4歳11か月 構音障がいケアのために療育スタート
5歳0か月  子ども発達センターにて言語聴覚の検査を受ける
         同時に小児科医師に診察を受けて
          ⇒「自閉症スペクトラム」といわれ・・・
            母、かなりの衝撃を受ける・・・
5歳1か月 全体発達検査を受ける
5歳1か月 検査結果の説明を受ける
          ⇒認知適応=非常に高いレベル
          ⇒言語社会=高いレベル
          ⇒ソーシャルスキル=低い
という流れで現在に至ります。
 
長男は、この6月頭に
モンテッソーリ教育のH園に途中入園し、
母の予想に反して!! 楽しそうに通っています。
(前の幼稚園は行き渋りが激しく2か月で辞めましたが・・・)
H園でも先生からは、
「穏やかに過ごし、お仕事にも意欲的に取り組んでいます」
と言われています。
 
そして、市の福祉サービス利用者に対して
相談員さんが担当についてくれるのですが、
先日その相談員さんが長男と次女の様子を見に
フリースクール(地球の家)に来てくれて、
「楽しそうですね~」
「発達障がいの診断名がついているそうですが・・・
 グレーゾーンに限りなく近いように感じます」
と言われました。
 
常々わたしは思うことは、
「子どもは、環境によっていかようにも変化する」
ということ。
 
公立学校など一つの環境にもし合わなかったとしても、
他の環境(フリースクール、習い事、自宅学習など)
で楽しく過ごせているのであれば
それでいいのではないか???と。
 
どの環境でも高得点が出せる子は多くはないのだから、
得意な面や自分らしさが発揮できる場所を探して
そこに所属できればいいのでは???と思います。
 
今回、
全体発達の検査結果の説明を受けて
 ⇒認知適応=非常に高いレベル
 ⇒言語社会=高いレベル
 ⇒ソーシャルスキル=低い
 ⇒小児科医師に
   「今は調整可能な範囲にいます」
   「予防的措置で診断名をつけました」
   「診断名が付くグループの中でも、
    グレーゾーン、ボーダーゾーンに
    いると思います」
といわれたのですが・・・
 
 
〇「グレーゾーン、ボーダーゾーン」だったら、
 診断名はつけなくてもいいんじゃない???
 
〇「調整可能な範囲にいる」のであれば、
 もっと年齢が進んで、
 実際に日常生活に困難がはっきりと出た時点で
 診断名をつけたらいいんじゃないの???
 
〇「小学校に入ったら■■の点で困難が出ることが
 懸念される」というけれど、
 その時は、子どもが楽しく適応できる環境を
 一緒に探せばいいだけじゃないの???
 
と母は思いました。
 
 
多様な子どもたちに合わせて、
多様な教育環境が今の日本にはあるんだから、
絶対、小学校で過ごさねばならないわけではないのに。
 
いや、そもそも、
日本の義務教育システムを楽しんでいる子どもって
どれだけいるんだ???
 
教育環境を選択すれば・・・
「学校に子どもを合わせるのではなく、
子どもに学校を合わせる」
という A・S・Neil(英・教育者)の言葉を実践すれば・・・
障がいは障がいでなくなる 気がします。
 
 
結婚相手は選べるし、離婚もできる。
仕事も選べるし、転職もできる。
住む場所も選べるし、引っ越しもできる。
じゃあ、教育の環境だって、
子どもに合う場所を自由に選択しても
いいんじゃない???
 
「不登校」 じゃなくて、
「学習する場所を子どもが自分で選んだ結果」なんだと、
そういう認識が社会に広がればいいね。
 
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
◇学校には行かなければならない。
◇学校のリズムに、子どもたちが合わせるべき。
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:
 
こういうガチガチの認識が、
日本の子どもたちの悩みを増やしているような・・・
そんな気がします。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。