流暢さと速さの違い

テーマ:

日本人が考える

英語の上手い人

本当に上手いのかというと

それはちょっと違うような

・・・

 

この英語の上手い人というのは

ここでは

英語の発音のキレイな人ということです

 

その英語の発音のキレイな人ですが

 

日本人は

ペラペラ話す人を

上手と言いますね

ほぼ間違いなく

速さが上手認定に比例します

 

でも

そうなのかなぁ

 

速く話す人って

結構酔いしれてる感じするけど

(失礼)

発音がキレイということとスピードは

そんなに関係ないと思うんです

 

なめらかに話すことは

早いスピードを必要とはしないです

 

むしろ

気持ちを乗せるとするなら

声にメリハリがあって

口元も大げさに動いて

ねえ、聞いて聞いておいで

が前面に出るので

 

スピードが早いのとは

逆でしょう

 

興奮度合いが強いと

きっと

興奮によって

リズムがずれて

 

歩き方でいうと

早足で走ったり

コケたり

ゆ〜っくり歩いたり

みたいな

ヘンテコな動きをするでしょう

 

どちらにしても

英語を話すときに

スピードを重視する話し方の方には

ちょっと・・・ドン引き?汗

 

この人は

伝えたいメッセージは

内容ではなくて

自分の英語の流暢さ

だけ

何だろうなあと

聴き手不在みたいな

 

そういうのは

一人録音して聞き惚れてください

 

でも

お話としての英語なら

どうぞ

聴き手が理解することに

主眼を置いて

丁寧にペースを落として

お話くださると

良いと思います

 

少なくとも

私のように

スピードごときで

こいつ自分好きだよなニヤリ

と勝手にjudgeするような人間の前では

危険だからやめましょう

 

 

 

 

もっと真面目に話すと

英国人の

音声学と発音矯正の大御所も

速く話すことをかなり厳しく禁止します

上矢印

これ

自分だけじゃないよ

という

虎の威を借りる狐あせる

 

お気に召しましたら

どうぞポチッと

お願いいたします

 にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ にほんブログ村 英語ブログ 英語発音へ


人気ブログランキング

ベル照れベル

ありがとうございます

どくしゃになってね…

 

AD