―フィリピン支援にかかわるNGO役員・職員の研修プログラム


この研修プログラムは、フィリピンで活動するNGO、特に中小規模NGO役員・職員の組織・事業運営能力向上と、日比間の協力関係構築を支援することを目的に、(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21) (財)地球市民財団 が共催で実施する研修プログラムです。

ACC21 活動紹介>フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-12-22 17:43:18

【1/14@名古屋】アキノ政権下における開発政策と経済および移住労働者への影響

テーマ:2011年度 研修案内

フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修と交流

名古屋プログラムのご案内


「フィリピンの人々の暮らしは変わるか?日本のNGOの今後の協力とは?:

アキノ政権下における開発政策と経済および移住労働者への影響」

2012114日(土)130018:0016:3018:00交流会含む)




開催の趣旨

 (特活)アジア・コミュニティ・センター21と(財)地球市民財団は、フィリピン支援に関わるNGO(市民組織)の役職員の能力向上と、フィリピンの人々への支援・協力活動を行う団体間の情報・経験共有を通して協力関係を築くことを目的として、2009年度から「フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム」を実施してまいりました。これまで研修の参加団体が主として関東地域に限られていましたが、本年度は、名古屋で開催することにより、地域を越えた関係NGOの役職員が出会い、そして交流することにより、今後に向けた協力関係の基盤づくりに寄与したいと考えました。

 本プログラムを計画するにあたり、名古屋および関西地域の関係NGOの方々とご相談し、

貴重なるご助言をいただきました。本プログラムの規模はささやかですが、フィリピンに関わるNGO役職員の方々の新しい知識・情報の習得、さらなる意識向上、そして他団体との関係構築に活用されることを願います。



主催と協力団体

 主催:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、(財)地球市民財団

 協力:(特活)名古屋NGOセンター、日比NGOネットワーク



研修・交流の達成目標

 1.フィリピンのアキノ新政権が推進する開発政策の内容と、開発政策がフィリピン人海外出稼ぎ

  労働者(とりわけ在日フィリピン人労働者)へ及ぼす影響について理解を深める。


2.フィリピン政府の開発政策(貧困者や子ども支援、地場産業の育成など)と国際協力を行う

  日本の市民組織(NGO)との関係について考えるきっかけを得る。


 3.フィリピンに関わる名古屋地域のNGOと関西および関東地域のフィリピンに関わるNGO役職員、

  その他関係者間の繋がりを深める。

研修の対象

1.フィリピンに関わるNGOの役職員

2.フィリピンに関わるNGOの会員、賛同者、フィリピンに関心を持つ市民・学生


研修テーマ(講演と学習)

「フィリピンの人々の暮らしは変わるか?日本のNGOの今後の協力とは?

 アキノ政権下における開発政策と経済および移住労働者への影響」

講師/リソースパーソン

佐竹眞明(さたけ まさあき)氏

名古屋学院大学外国語学部国際文化協力学科教授。上智大学大学院外国語学研究科国際関係論専攻博士課程修了、国際関係論博士。四国学院大学講師・助教授を経て、20054月より現職。フィリピン開発論・移民研究。

主な著作『フィリピンの地場産業ともう一つの発展論 鍛冶屋と魚醤』 明石書店、1998. People’s Economy: Philippine Community-based Industries and Alternative Development, Solidaridad Publishing House, Manila, 2003.『フィリピン日本国際結婚 移住と多文化共生』(共著)めこん、2006。編著『在日外国人と多文化共生地域コミュニティの視点から』、明石書店、2011.翻訳書『ジェンダーの政治経済学 フィリピンにおける女性と性的分業』(エリザベス・ウイ・エヴィオータ著。共訳)、明石書店 2000.『フィリピンと日本の戦後関係歴史認識・文化交流・国際結婚』(リディア・ユー・ホセ編著・共訳・仮題)、近刊、明石書店。



プログラム

12:30 受け付け開始

13:00 開会のあいさつ

 参加団体紹介(名古屋、関西、東京から1520団体予定)

14:40 公開セミナー(講演と学習)

講演

「アキノ政権下におけるフィリピンの開発政策と経済・移住労働者への

影響」

講師:佐竹眞明(名古屋学院大学 教授)

参加NGOの役員・職員による意見交換・討論

16:30 交流会(費用別(1階 カフェ・クロスロードを予定))

18:00 閉会



会場

JICA中部なごや地球ひろばセミナールームA1A2

453-0872 名古屋市中村区平池町4丁目60-7、 電話:052-533-0220

地図:http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/information/access.html



申込方法

以下を記載し、Eメール(info@acc21.org)またはFAX03-3945-2692)でACC21事務局までお申込みください。

(1)団体名

(2)参加者名(役職名、勤務年数)

(3)団体のフィリピンでの活動内容と活動地域

(4)ご連絡先(Eメール、電話、FAX

(5)交流会参加の可否



申込み宛・問い合わせ先:

(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F

電話:03-3945-2615 FAX03-3945-2692 担当:西島、酒井 宛て

E-mail:info@acc21.org



主催団体と協力団体について

(特活)アジア・コミュニティ・センター21〔東京〕

20053月に設立。公益信託「アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)」の事務局、日比NGO連携事業の推進および日比NGOネットワークの事務局、「アジアNGOリーダー塾」の運営等を行う。ホームページhttp://www.acc21.org



(財)地球市民財団〔東京〕

19933月に設立。開発途上国の住民の福祉および教育の向上、援助活動を行う人材の育成、援助活動への認識および地球市民意識の高揚を図るNGO事業等への助成ならびに自主事業を実施する。ホームページhttp://www.gcf.or.jp/



(特活)名古屋NGOセンター〔名古屋市〕

19881月に設立。国際協力を行う中部地域の47団体で構成。以下の7つの柱を中心に活動。ネットワーキング、コンサルティング、情報収集、発信、調査・研究、政策提言、国際理解・開発教育、人材・活動育成。

ホームページhttp://www.nangoc.org



日比NGOネットワーク〔東京〕

20064月に設立。2011年現在、フィリピンに関わるNGO20団体で構成し、次の事業を行う。学習会、NGO との人材・情報交流と協働事業の推進、比側NGO グループPhilippines-Japan NGO Partnership(PJP)との連絡維持・調整。事務局はACC21が担当。ホームページ http://jphilnet.org/



AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-04 12:18:29

【10/18】-協働イベントをやってみよう パート1- 「協働イベント」の意義と実践のためのノウ

テーマ:2011年度 研修案内

主催:()地球市民財団、(特活)アジア・コミュニティ・センター21

協力:日比NGOネットワーク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム2011 


       -協働イベントをやってみよう パート1-
       「協働イベント」の意義と実践のためのノウハウ

         2011年10月18日(火) 17:00-19:00


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 924日に予定していました「協働イベントの立案ワークショップ」を延期し、1018日に行うことになりました。今回は、「協働イベント」に焦点をあて、複数団体によるイベントの経験がある森村ゆき氏(PARACUP)を講師にお迎えし、複数の団体が協力して行うイベントの意義と実践のためのノウハウをお話いただきます。

さらに、意見交換では、参加者で「共に何ができるか」を考え、実際に出たアイデアの中から、実現可能な案を策定し、実践に向けて計画をたてていきます。同じフィリピンというフィールドで活動する仲間を増やして、共に活動する方法を学びませんか?

積極的なご参加をお待ちしております。


*次回の研修「協働イベントをやってみようパート2」では、実際に出たアイデアをもとに、実践に向けた計画立案の研修を実施します。


【詳 細】

日  時:20111018() 1700から1900(受付1645から)

研修会場: (公財)ジョイセフ 保健会館新館 7階 会議室

   東京都新宿区市谷田町1-10 

     (地図:http://www.joicfp.or.jp/jp/info/access/

主たる参加対象:フィリピン支援に関わるNGO職員、関係者

定  員:25

申込方法:以下を記載し、Eメール(info@acc21.org )またはFAX(

03-3945-2692
03-3945-2692
ACC21事務局までお申込みください。

①参加希望研修のテーマ名

②団体名(参加者のお名前、役職、勤務年数)

③フィリピンでの活動内容と活動地域

④参加動機または聞いてみたい内容

⑤ご連絡先(Eメール、電話、FAX

申込み宛先:下記 事務局まで


【講師紹介】

■森村ゆき(モリムラ ユキ)氏  

一般社団法人PARACUP 代表理事 http://www.paracup.info/

 2004年、ホノルルマラソンで、フルマラソンに参加し、感激と感謝を味わう。その感動を沢山の方と味わいたいと、そのころ、参加をし始めたフィリピンにある孤児院を支援する社会人による団体「パラサイヨ」にて、チャリティ・イベントとしてのマラソン大会を企画し、20055月に第1回「パラカップ」を開催。のちに法人化され、「一般社団法人PARACUP」となる。年々、参加者数が増え、2010年、 6回目の大会では、ランナー約3,300人、ボランティア約500人が集まり、参加費収入は約1,700万円、企業などからの協賛金などを含めると合計で約2,000万円の収入があった。

 2011108日(土)、お台場で、震災支援特別大会 『PARACUP EKIDEN~東北につなぐTASUKI~』を実施する。

http://www.paracup.info/ekiden/

【当研修プログラムについて】

 この「フィリピン支援にかかわるNGO役員・職員の研修プログラム」はフィリピンで活動するNGO、特に中小規模NGO役員・職員の組織・事業運営能力向上と、日比間の協力関係構築を支援することを目的に、(特活)ACC21()地球市民財団の共催、日比NGOネットワークの協力により実施する研修プログラムです。

詳細は→http://acc21.org/action/07.html

【事務局】

(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F

電話:

03-3945-2615
03-3945-2615


FAX

03-3945-2692
03-3945-2692
 

担当:西島 恵

E-mail:info@acc21.org

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-06 15:02:32

「力を合わせて効果倍増!協働イベントの立案ワークショップ(2日間)

テーマ:2011年度 研修案内

中止のご案内

参加者数が少なく、中止とさせていただきました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
()地球市民財団・(特活)アジア・コミュニティ・センター21 共催

フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム2011 第1回


 力を合わせて効果倍増!協働イベントの立案ワークショップ(2日間)


    2011年9月24日(土)、25日(日) 10:00-17:00 (25日は16:00まで)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



(財)地球市民財団との共催で実施している「フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム」は、3年目となりました。

 2011年度(計56回を予定)は、NGO間の連携推進、NGOの役員・職員による組織の能力向上を目的にした、より実践的なワークショップを中心に行います。各回で取り上げる具体的なテーマは「協働イベントの立案」、「申請書の書き方」、「組織の問題解決方法」などです。そして従来の東京都内に加え、他都市での開催を予定しています。

 研修第1回目は「力を合わせて効果倍増! 協働イベントの立案ワークショップ」として、92425日に開催します。

 複数のNGOが協働して活動する意義と可能性を知り、実際に計画案を立案するこのワークショップでは、稲場雅紀氏((特活)日本アフリカ協議会、国際保健部門ディレクター)と森村ゆき氏(一般社団法人PARACUP、代表理事)を講師としてお招きし、協働のアドボカシー(提言活動)やイベントの実践者として豊かなご経験をお持ちのご両名に、具体的な実例をお話しいただきます。

実例から、企画の立て方や協働活動を行う場合の注意点を学ぶとともに、ワークショップ形式で、皆さんが日ごろ気にかけているフィリピンに関わる課題を共有し、そのなかから、協働で取り組むことができそうな課題を特定したうえで、実際に「協働する」活動の計画をたてます。

「フィリピンの活動に費やすお金が足りない」、あるいは「フィリピンの子どもの問題を沢山の人に知ってもらいたい」という時、一緒にイベントやキャンペーンを行えば、影響力も資金力も2倍になるはずです。同じフィリピンというフィールドで活動する仲間を増やして、ともに活動する方法を学びませんか?


【実施概要】

-フィリピン支援に関わるNGO役員・職員の研修プログラム2011

■□■「力を合わせて効果倍増!協働イベントの立案ワークショップ(9/24-25)」■□■



日時:2011年 9月24日(土)、25日(日) 10:00-17:00 (25日は16:00まで)

研修会場:アジア文化会館 2階 129教室

        http://acc21.org/contact/index.html

主たる参加対象:フィリピン支援に関わるNGO役員、職員、関係者

参加費:500

申込締切:2011年 9月20日(火) ※定員に満たない場合、当日受付可

申込方法:団体名(参加者のお名前、役職、勤務年数)、フィリピンでの活動内容、活動地域、参加動機または聞いてみたい内容、連絡先(Eメール、電話、FAX)を記載し E-mail(info@acc21.org) 又はFax(03-3945-2692)までお申し込みください。


【研修で得られること】

1. 実践者の体験を聞き、学ぶことから、NGO同士が協働する意義とその可能性を理解する。

2. 自らの事業運営・組織運営の改善案・強化案を「協働」という手段で計画(および実践する準備が)できるようになる。



【プログラム内容】(予定)

■1日目(924日)

午前 ・自己紹介

・協働で何ができるかを知る(講師による実例紹介)

テーマ1「社会に訴える」(稲場雅紀氏)

テーマ2「資金調達と人の動員」(森村ゆき氏)

午後 ・お互いの活動、経験の共有(「強み」と「弱み」を知る)

・ワークショップ

(連携することで解決できそうな課題の特定と、解決方法を考えるワークショップ。

グループ作業後、発表)



2日目

午前 ・講義「イベント主催時のポイント」 (森村ゆき氏)

 ・協働事業の実践計画(案)の作成ワークショップ(グループ作業、発表)

*活動案はイベントに限定せず、自由に考えていただきます。

  

午後 ・協働事業の広報計画(案)の作成 

ワークショップ (グループ作業、発表)


・講師からのコメント、アドバイス、参加者間の意見交換

*このほか、イベント実践へ向けた準備などで必要な課題について、今回の研修に参加された方の希望に応じた研修を、20123月末までに1回実施する予定です。


【詳 細】

参 加 費:500円 

主たる参加対象:フィリピン支援に関わるNGO職員、関係者

定  員:25

申込方法:団体名(参加者のお名前、役職、勤務年数)、フィリピンでの活動内容、活動地域、参加動機または聞いてみたい内容、連絡先(Eメール、電話、FAX)を記載し、以下にお申し込みください。

     (特活)アジア・コミュニティ・センター21ACC21

      E-mail(info@acc21.org)またはFax(03-3945-2692)

      担当:西島 恵 宛て


【講師紹介】

■稲場雅紀(イナバ マサキ)氏

「動く→動かす」(GCAP Japan 事務局長 
(特活)アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター

 

横浜市の日雇労働者の町「寿町」で医療や健康の問題にかかわり、その後、ゲイ・レズビアンの人権運動やHIV/AIDS問題に取り組む。2001年より「アフリカ 日本協議会」で、他のNGOとの連携したアドボカシー活動を実施。現在、アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター、「動く→動かす(GCAP Japan)」事務局長。

稲場氏は2008G8サミットNGOフォーラムの「貧困・開発ユニット」の政策チーム・リーダーを務め、サミットにおいて保健が重視されるよう政府に働きかけ、現実となった。身近な問題から国際レベルの政策提言まで、幅広い経験を持つ。

 



■森村ゆき(モリムラ ユキ)氏  

一般社団法人PARACUP  代表理事 


 2004年、ホノルルマラソンで、フルマラソンに参加し、感激と感謝を味わう。その感動を沢山の方と味わいたいと、そのころ、参加をし始めたフィリピンにある孤児院を支援する社会人による団体「パラサイヨ」にて、チャリティ・イベントとしてのマラソン大会を企画し、20055月に第1回「パラカップ」を開催。のちに法人化され、「一般社団法人PARACUP」となる。年々、参加者数が増え、第6回大会(2010年)では、ランナー約3,300人、ボランティア約500人が集まり、参加費収入は約1,700万円、企業などからの協賛金などを含めると合計で約2,000万円の収入があった。

 2011108日(土)、港区台場で、東日本大震災支援特別大会PARACUP EKIDEN~東北につなぐTASUKI~』 を実施する。

http://www.paracup.info/ekiden/


【当研修プログラムについて】

この「フィリピン支援にかかわるNGO役員・職員の研修プログラム」はフィリピンで活動するNGO、特に中小規模NGO役員・職員の組織・事業運営能力向上と、日比間の協力関係構築を支援することを目的に、ACC21()地球市民財団が共催で実施する研修プログラムです。


【問合せ先】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F

電話:03-3945-2615 FAX03-3945-2692 担当:西島恵 

E-mail:info@acc21.org




















AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。